カシミアのマフラー

CasimierMuffler
職業柄、シーズン中は毎日温泉に入ることができる、というと、羨ましがられることが多い。確かウチのはナトリウム泉で、美肌効果があるとか聞いたことがある。私に美肌効果が有ろうと無かろうと、どうでもいいような気もするが、近頃では男性向け美容サロンもあるというではないか。そういえば、なんだか顔のホクロがくっきりしてきたような……

確かに夏季は申し分ないんだけど、12月にもなると笑っていられない。ホテルから寮まで徒歩で6〜7分ほどだが、もうヤバいくらい寒くて、すっかり湯冷めして風邪をひきかねないのである。防寒としてニット帽と手袋は必ず着用したい。体の熱が逃げていく約70%が頭と手からだというのをどこかで聞いた。

暖かい帽子と手袋は必須だが、防寒対策の最後の締めくくりとしてマフラーを着用したい。首や胸元が寒風にさらされていると、そこから熱が奪われ、体温の低下を招く。頭と手、そして首まわりを完全にガードしてしまえば、かなりの防寒対策になるはずだ。だが長年使っていたウールのぱっとしないマフラーも処分してしまった。

新しいマフラーが欲しいなあ、でもお金にそんな余裕はないのだ。諦めようか、と思っていたら、楽天ポイントが貯まっているのを思い出した。世の人々は楽天ポイント、どれくらい貯めているんだろう。私、10000ポイント以上放ったらかしにしてました。やっぱ、これって変? かもしれない、いや、確実にそうだろ!

ということで、貯まりに貯まった楽天ポイントを一気に使い切ってしまおう(極端だな)。 だいたい、頼みもしないのに勝手にランク付けしてくる「何とか会員」ってのもあんまり好きじゃなかった。やれ金だの白金だの金剛石がどうのって、知らんよそんなもん。金剛石会員になったからって、たいした特典もなかったし(ちがうか)。

だけど電気鍋を買うことができ、マフラーも買う気になれたのはやっぱり楽天ポイントのおかげなんだから、あんまり悪くいってはいけない。むしろ感謝しないといけないくらいだ。そんなわけで、マフラーもちょっと良いのを買えるんじゃない? ちょっと良いマフラーとくれば、やっぱりカシミアでしょう。

フェイクのフライト・ジャケットを常用している男になんでカシミアのマフラーが必要なんだ、という非の打ち所のない正論、そして内なる声が盛んに聞こえてくるのだが気にしない。理性的でないのは自分でもよくわかっている、だが欲しい物があって、それが購入可能な場合、人は非論理的で説明不可能な行動を往々にしてするものである。

マフラーといえば、バーバリーみたいなチェック柄に人気があるが、近頃私は無地が好きになっている。それに、ダッフル・コートのフードにすでにチェックが入っているのだ。チェック柄を選べば「チェック・オン・チェック」になってくどくなる。それを無造作にできるのはウィンザー公のような洒落者か、衣服に関心がない人だけであろう。

色は、茶系のダッフル・コートに合わせるのを意識してベージュを選んだ。同じ茶系にまとまって落ち着いた印象になる、と思う。これ以上薄い色を選ぶと首の汚れが付着しそう(おいおい)だ。濃い色を選ぶこともできるのだが、茶系が地の場合、いささか重たくなるし、コントラストがなくなる気もする。やはりベージュあたりが手の打ち所と思う。

さて、ベージュで無地のカシミア・マフラーが届きましたよ。うむ、なんて良い手触り、そして巻き心地だろう。明日はダッフル・コートに合わせて外を歩いてみようか。気分は何だろう、ワンループ巻きかな? で翌日、靴を履いて、と……ドアを開けると、外は一面の銀世界、これじゃあ黒のゴム長靴しか履けないじゃんよ!


【付記】
⚫︎ そうなのです。雪が降る地域ではまず長靴ありきで、それも膝近くまである特別の長靴なんかがあるとベストでしょう。だから長靴を履くのが前提で、それに合わせた衣服を選んで全体を整えるのが雪国の達人と言えましょう。初心者がやってしまいがちなミスを、絵に描いたようにやってしまうのが、そう、私なんです。

またしても公開時期がずれてしまったのですが、秋田はまだ寒いです。あまり寒いと、10度を超えたらもうあったかくて、春みたいな気分になることがあります。画像のマフラーはオフ・ホワイトのように見えますが、実物はもう少し茶色がかっています。茶色系、カーキ系の色再現は本当に難しいですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (7)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)