fc2ブログ

ゴールデンバットにまつわる、かなりマイナーと思われる伝説

goldenbatzippo.jpg
「ゴールデンバット」という煙草があるのをご存知だろうか。
それは緑色(青色の箱を見たこともある)の薄い紙で包まれていてセロファンの包装もない、非常に廉価の煙草である。金色のコウモリの絵があって「SWEET&MILD」などと書かれている。以前は一箱80円くらいで買えたが、今はもう少し高くなって140円である(2009年9月現在)。

このゴールデンバットにはフィルターも付いておらず、吸うときにはトントンと一方の端をどこかにぶつけて煙草の粉を寄せておき、余ったほうの端を閉じておく。それからおもむろに煙草を咥え、火をつける。そうすると煙草の粉が口に入ってこないわけで、いわゆる両切りの煙草を吸うとき、人はそれぞれいろんな工夫をしたものだ。

味はともかく、何しろ安い煙草なので私などは一時愛用したことがある。アルバイトをしながら大学に通っていた頃、お金がまったくなくて、正月から雑炊を作って啜っているひどい金欠状態だった。お金はないが煙草だけは吸いたくて、ゴールデンバットを買い求めたのである。

ところが、くだんのゴールデンバットは近所の煙草屋には置いてないことが多いのだ。
経済的理由からどうしてもそれを必要とした私(乙山)は、ゴールデンバットを求めて街を歩き回ることになった。ここにならあるだろうと目星をつけた商店街を歩く。

いったいどれくらい歩いただろうか。
商店街の出口付近にその煙草屋はあった。店の規模は大きく、普通の店にはまず見つからないような外国製の煙草がずらりと揃っている。それを横目で見ながらゴールデンバットを探す。金のコウモリの絵が付いた緑色の小さな箱は、控えめながらも存在を主張していた。長い距離を歩いてここまで来た甲斐があったのだ。
妙に嬉しくなった私は、ゴールデンバットをまとめ買いしていた。

goldenbatzippo2.jpgところで、ゴールデンバットには妙な噂がある(らしい)ことをご存知だろうか。
これは私がある男から聞いた話で、おそらくガセネタに違いないと思う。そう思うのだが、その男があまりにもそれらしく振舞うので、私もついそうかなと思い込んでしまったのである。

その男によれば、ゴールデンバットはマイルドセブンやピース、ホープといった日本製の煙草の屑を寄せ集めて作られており、多種多様の煙草の屑をブレンドした結果、一本一本の味が微妙に異なるというのである。

実際、彼はゴールデンバットを吸いながら、「お、今日はあかんなあ。マイセン(=マイルドセブン)の味や」などとのたまうのである。そうかと思えば他日「今日はラッキーやでぇ。缶ピー(=缶入りピース)が集まっとる」などと言いながら、実に旨そうに惜しそうにうっとりしながらゴールデンバットを吸っている。

いったいぜんたい、そんな話は聞いたことがない、と私が言うと、「なんや知らんのかいな。ゴールデンバットの楽しみを知らんやっちゃなあ。いっぺん吸うてみいや、ほれ」と言ってゴールデンバットを一本手渡してくれる。私はそのとき初めてゴールデンバットを吸った。

缶ピースの味、と言われてもよくわからない。しかしゴールデンバットは決してまずい煙草ではないことはわかった。
「どや、うまいやろ。ええ味やのう。これやからゴールデンバットはやめられへんねん。味、ちがうやろ。奥が深いんや」と男は言う。

ゴールデンバットを見ると、私はあの男の幸福そうな横顔を思い出す。そして今でも、たまにゴールデンバットを買うと、あの男いうところのゴールデンバット製造秘話を思い出しながら、その一本一本違う味の奥義を極めるべく慎重に吸い比べてみて、今回は何がブレンドされているか探ろうとしてみる。だが一度だって、味の違いがわかったためしはないのだ。

あの男のゴールデンバット製造秘話が、何の根拠もない与太話だというのはわかっている。
でも、いいではないか。
変な話だが、私は騙されたままでいたいのだ。あの男が、数ある煙草の中からゴールデンバットを選ばざるをえなかったのか、好き好んで選んだのか、それはわからない。だが、私はJTこと日本たばこ産業株式会社にゴールデンバットの製造工程を確かめて本当のことを知るなど、したくないのである。


【付記】
● ゴールデンバットにまつわるこの伝説を、少なくとも乙山は出身地域の異なる三人の人物から聞いたことがあります。彼らは、いったいどこで、だれからこの伝説を聞いたのでしょうか。そんなわけで私は、この伝説を知っている人はわりと存在するのではないかと考えています。

● その話なら聞いたことがある、という方はお知らせください。ただし、本当のことは教えていただかなくてけっこうなので、そこのところはどうぞよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あります!

学生の頃、友人から聞いたことあります。 
ただ銘柄が・・・。なんだっけ? 
ふたつあったような。
もうひとつはオレンジ色のパッケージのです。
その頃は福袋みたい。と感じた記憶があります。
自分が吸わないのであまりよく覚えてなくて、
すみません。

Re:nyaaomiさん

nyaaomiさん、コメントありがとうございます。
お身体のほうはもう大丈夫ですか。

そうですか、ありましたか!
やはりゴールデンバットの伝説はかなり広まっているんですね。
オレンジ色のタバコはたぶん「Echo」というものだと思います。

家族たちも、乙山以外は風邪気味で心配しています。
くれぐれもお大事に。

昔普通に煙草の下に色々な味がする煙草!
一本一本味が違うと説明にかいてありましたよ!

Re:ボンさん

ボンさん、コメントありがとうございます。

>一本一本味が違うと説明にかいてありましたよ!

その説明を、乙山も見てみたいです。

ありますねぇ

自分も聞いたことがある・・・と言うかずっと吸っているので感覚的にですけどね

自分はマイルドセブンとハイライトとセブンスターのブレンドと聞いたことがあります。
巻紙の脆さや詰まってる葉の不揃いな事、それを考えるとこの値段で納得です

『煙草吸うなら本物の味わい方をしろ』と言われて薦められたのがGOLDENBATでした

Re: GOLDENBAT一筋さん

GOLDENBAT一筋さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ゴールデンバット=屑説、やはりあるんですねえ。
しかも、銘柄まで指定してくるとは!

伝説ならそれでいいんですけど、私は東北の震災後に、
大阪の煙草屋さんで、その話を聞いたんですよ。
21世紀ですよ、2011年のことですよ!

煙草屋さんが本気で、ゴールデンバットの出荷はもう少し後でしょうね、
主要銘柄を出した後で云々、と、例の屑説を持ち出すんですよ。
これには本当、たまげましたね。

だけど、そんなことはどうでもいい、ゴールデンバットはいい煙草だってこと!
今も吸ってますよ。

同じく聞いたコトあります

真偽は別として熊本の私の周りでもそう聞かされていました
でも味が変わると感じた事はありません。゚(ノ∀`)゚。

Re: 同じく聞いたコトあります ; はるいろさん

はるいろさん、コメントありがとうございます。
この話、かなり広範囲に流布しているようですね。
煙草の葉でも硬い葉脈の部分、そして紅茶でいえば「ダスト」のようなもの、
それらをブレンドしているのかなあ、と想像しています。
仰るように、一本一本、味が変わるとは思えませんね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (5)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)