またもフェイクのMA–1型フライトジャケット

201702111329209be.jpg
男鹿温泉郷に来たのは夏のこと、Tシャツに薄手のズボン(トラウザーズ)があればよかった。北国とか雪国では、四季の移り変わりは少し変わっていて、極端な話、夏と冬が繰り返される感じがする。夏の終わりは比較的早めなんだけど、「秋」って感じではなく、夏の続きのよう。そんな日が続いたかと思うと、いきなり冬が来る。

もっともこの現象は、日本の広範囲で起きているような気もする。大阪にいた頃、「クールビズ」とやらでネクタイを外していいのは10月いっぱいまでだった。実際、10月でもTシャツ一枚で外を歩いている人を何度も見かけたし、上着を着ていると暑く感じたはず。秋が来ないなあ、とか思って11月下旬になると、ある日、突然寒くなるのだ。

関西でも3月はまだ寒く、4月に入ってもコートを手放さぬ人もいる。なのに5月の連休頃になると、もう汗が出てたまらない夏のような感じになってしまう。どうも近頃は春と秋が希薄になり、長い夏と冬が繰り返されるようになった気がする。この原因は不明だが、昔を知る人は口を揃えて「昔はもっと寒かった」と言う。

だから所有物をほとんど処分した人間にとって、冬の到来は恐怖すら覚えるもので、防寒用の上着をなんとかしないと身の危険に及ぶほどである。もう洒落たコートはいらない。車がないので、どうせどこにも出かけたりしない(できない)のだ。作業時に使える防寒用上着で、普段着として外出するにも使えるものでなくてはならない。

ネットでそれらしい物を探してみるのだが、なかなか見つからない。しばらくしていると作業服やユニフォーム専門店で「ドカジャン」なるものを見かけた。おっ、これじゃないのかな、たいへん実用的だし……と一瞬思ったが、普段の外出着として使えるんだろうかという疑念が湧いたので保留した。

こういう時はもう、あれしかないでしょう。またかよ、のフェイクのMA–1型フライト・ジャケットである。ブラックで、裏がオレンジ色のフェイク物を長年にわたって着用してきたが、じつに便利で役に立つ衣服である。なにもAvirexとかブランド品とか本物のミリタリー服である必要もなくて、5000円前後の偽物でじゅうぶんだ。

いやね、まあ、人の数自体が少ない辺境の地でいくら気張ったって、どうせ誰も見てないんだもん。ていうか、大阪市中央区に住んでいた時だって、別に気張ったりしなかったわけだし。というわけで、フェイクのMA–1をネットで買い求めた。ブラックでもなんでも(どうでも)いいけど、モス・グリーンっていうの? そんなのにしてみました。

なんか投げやりですなあ。なるほどネット上では「MA–1をベースに、モダンにアレンジを加えました。すっきりしたシルエットに仕上がっており、オシャレ系カジュアルのマストアイテムとして云々」とかあるけど、なんか違うんだよな。あ、私が買ったのはそれじゃなくて、作業服専門店のいかにも偽物って感じのね。

というわけで、フェイクのMA–1タイプが届きましたよ。本物を知らないからチェックできないのが残念である。だけど、この偽物感、安物感がどこか懐かしい。もはや着潰し(?)感覚で、たとえどれだけ汚れてしまっても平気のような気分。まあでも、いくら偽物の安物でも、一応は大事にしないとね。


【付記】
⚫︎ やはりフェイクのMA–1型フライト・ジャケット、役に立っています。ネイビーのオーバーオール(つなぎ服)の上に着ていますが、本当にこれ一着で、秋田沿岸地域の冬を乗り越えることができそうな感じです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。 オッカイポと申します。
私もおしゃれには人一倍かどうかはさておき、とても関心を持っています。
とは言え、年金生活者の身分では、おしゃれに費やす資金がないので、四苦八苦しています。たとえば、古い安物の靴であっても手入をれしながら大事に履いているとか、ヨレヨレの古い上着でも大事に着ているという事で、自分のおしゃれ気分を満足させているのが現状でしょうか。
おしゃれをするとか、おしゃれをしたいという気持ちは、異性にもてたいという事なんだろうと思います。もっと言えば、異性だけではなくすべての人に良い感じを持ってもらいたいという気持ちなんでしょう。それが、いわゆる色気という事につながるんでしょう。
とにかく私はおしゃれを忘れたら、人生は終わりだと思っています。えらそうにうんちくを語りまして申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いいたします。

Re: オッカイポさん

オッカイポさん、初めまして。コメントありがとうございます。
仰る通りで、人に良く見られたい気持ちはありますし、
それを忘れたらお終いですよね。

心がけてはおりますが、いつまでできるやら。
ほとんど人のいない辺境の地で、ちょっと、一息ついている感じです。

もし宜しければ、ですが、
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

No title

フライトジャケット懐かしいですね。アメ横に買いにいったなぁ。私が今ハマッているのは作業着屋(○ークマンとかね)を覗くこと。これが結構面白いんですよ。釣りや自転車に凝ってる頃ウェアーやら小物がやたらと高いのでチョコチョコ通っていたのですが、防寒着なんて価格の割りに機能性とかファッション性(若干ガテン系のね)が素晴らしいです。まあオシャレ感はないですけどね。東京にいると季節感は薄れがちですが、まだ少しは春と秋は感じられるかな。でも確かに暑さ寒さが極端になってきた気はしますね。地球的にはそんな周期の中にあるだけなのかもしれませんが…。

No title

こちらこそよろしくお願いいたします。
今は老母の介護のため旅に出られませんが、そのうちバイクで日本一周を夢みております。その折に機会があれば、お会いできればと思います。

Re: choorIngさん

choorIngさん、コメントありがとうございます。
なるほど、作業着屋さんなら、面白いものがたくさんありそうですね。
乙山のフライトジャケットも、ネットの作業服専門店で買ったのです。
いわゆるオシャレ系の店より、作業服専門店のほうが、まだ良いように思えました。

今様にアレンジしたお洒落な偽物より、偽物感まるだしの方がなんか好きです。
どうせ偽物なら、徹底した偽物感がある方が良いのです。
何で自分でもこうひねくれてしまうのか、わけがわかりません。
偽物でも、かなり役に立つのが良いところですね。

温暖化現象については、あまり語りたくありません。
あまりに流布し過ぎてしまった「例の説」も信用できません。
本気で信じて強要する人たちを見ると、不気味で恐怖すら覚えます。
正義の市民は、怖いです。

Re: オッカイポさん

オッカイポさん、再コメントありがとうございます。
バイクで日本一周、夢が大きいですね!
そのうち、お会いできると良いですね。
楽しみにしております。

Re.re.chooring

正義って相手によって変わりますよね。今日は正義でも明日は不正と言われることもシバシバ。小さな楽しみを見つけてゆっくりいきましょう。

Re: Re.re.chooringさん

chooringさん、再コメントありがとうございます。
仰る通りですよね。変わり身の早さに言葉を失います。
小さな楽しみ、見つけていこうと思います。

No title

こんばんは~。

殿方のカジュアルファッションについては、あまり語るほどの知識を持たない私ですが、要するに、値段がいくらしたなどということより、男女を問わず、『着こなし』が大事だと思うなあ…
自分に似合うものを知っていて、そのことに自信を持って堂々と着こなしている人はきっとすてきだとおもいます。

作業着屋さん。面白いですよね。
昔、娘の作業用オーバーオールを買いに、よく行っていました。
私の住む街は、割と古い町なので、作業着屋さんというか、野良着とか祭り着とかまでいろんな要するに仕事着を雑多に置いている昔っからのお店があって、いつもそこの前を通るとつりさげられている商品で季節感がわかって面白いです。
女だてらに、DIYの店とか、荒物屋さんとかが妙に好きな私です。^^

寒さもあと少しですね~

Re: 彼岸花さん

彼岸花さん、コメントありがとうございます。

>値段がいくらしたなどということより、男女を問わず、『着こなし』が大事だと思うなあ…

仰る通り、乙山もそのように思っております。
とりあえず流行りの服を買ってきて、おすすめコーディネートそのまま、
そんな人が多いのではないかと想像します。
自分流の「着こなし」ができる人はかなり少ないのではないかと。

乙山のフライトジャケットは、もはや作業着と成り果てておりまして、
つなぎ服(オーバーオール)の上に羽織ってゴム長靴を履き、歩き回っています。
着こなしているのではありませんね。

> 作業着屋さん。面白いですよね。

じつはね、今着ているオーバーオールもフライトジャケットも、
すべてネットの作業着屋さんで買ったものなんです。
作業服からお店のユニフォームまで、まあ色んな服がありますよ。
ネット上で見ているだけでも楽しくて、つい時間がすぎてしまうことも。

まだ寒いのですが、少しずつ緩んで来ているのがわかります。
もう少しですね。こちら(秋田)ではたぶん、4月下旬かな。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)