秋田美人考

201702211725460bd.jpg
秋田美人という言葉をいつ、どこで知ったのか定かでないが、秋田に住むことになった、と報告すると、「美人……いいなあ」という声が聞こえてきた。九州在住の人なので、やはり「秋田美人」はかなり広範囲に行き渡っていると推測される。JR秋田駅にも「美人に会える? んだ。んだ。秋田。」なる宣伝文句があったほどである。

ネットで「秋田美人」を検索してみると、やはりかなりの数がヒットする。なぜ秋田に美人が多いのか、という説もまあ色々あるんだけど、それらをここに引用するのは差し控えておく。だけどねえ、秋田に住んで半年以上になるけれど、衝撃を受けるほどの美人に会ったことはないんですよね。

これには事情があって、現在(2017年)私は男鹿温泉郷に在住しており、そこは周囲にコンビニ店もない辺境の地。そもそも、人の存在する数そのものが少ないのだ。もし仮に、私がJR秋田駅の改札で切符を切る係をしていたら、衝撃を受けるほどの美人に遭遇する可能性はずっと高くなったに違いない。

秋田は日本三大美人の産地の一つである、とかいうらしいけど、実際は他の地域とそんなに変わるわけではないと思う。また面白いことに「三大不美人の産地」もあるという。ネットで調べて初めて知ったが、それも他の地域とそんなに変わるわけではなかろう。だけどまあ、秋田県のイメージ戦略にたいへん役立っているのは確かだろう。

秋田に来てまず感じたのは、瞳(虹彩)の色が淡い人がわりと存在することである。全ての秋田人がそうだというわけではないが、性別を問わず、おやっと思うほど瞳の色が薄くて、ちょっと独特の印象がある。原因は不明だが、もしかすると日照時間の少なさかもしれない。なんでも秋田は「日本一日照時間が少ない県」だとか。

もう一つは、これも日照時間に関係があるのかもしれないが、比較的色白の女性が多いような気がする。もちろん職業や年齢によって一概にそうと言い切れない部分もあるけれど、ご両親のいずれかが白人なのかな、と思うほど肌の白い女性を見たことがあり、その瞳が淡い色だったのでとても印象に残った。

とまあ、そんなわけで私にとって秋田美人とは、「肌がとても白く」て「淡い瞳」の女性のような気がする。だけど、それだけだと「美人」にはならないんですね。決定的要素は顔の造作というか、各パーツの形状と大きさ、および配置であろう。程良い形状と大きさというものがあって、それらがしかるべき配置にあれば、じつは肌や瞳の色はあまり関係ないのではないか。

絵に喩えると、例えどれだけ美しい色だとしても、それだけでは「美」にならない。ある色や色彩群を見て「いいなあ」というのは「快」に近いもので「美」から少し離れた所にある。ところが、色がない鉛筆や木炭、ペンによるドローイングだけで、美的満足を得ることができるのはご存知かと思う。だから「かたち」が美的要素の大部分を占め、「色」は副次的なものだと言える。白黒写真とか銀幕映画でも、じゅうぶん満足できるでしょ?

これに少し補足しておくと、トイレにマーブル模様の床(意図しないランダムな模様であれば何でもいい)があったとしましょう。ぼんやり眺めていると、どうしてもある一部が人の顔に見えて仕方がない、という経験はありませんか? 模様が「ある配置」になっていると、それを無意識のうちに人の顔として認識してしまう「認識パターン」が脳内にあるのではないか。

美人にもこれが当てはまり、美女美男に見える「認識パターン」がたぶん存在するはずで、そうでなかったら美人と不美人の差は生じないだろう。人は、誰かに教えられて美人を知るのではなくて、たいへん幼い頃からすでに美人を「知っている」のである。幼稚園とか保育所にいる頃から、美人の先生を見分け、憧れてきたではないか。ゆえに、美人の認識パターンは、遺伝子によって脳のどこかに生まれながらに備わっていると考えざるを得ない。

でもね、いわゆる「三大美人の産地」における、顔を構成する各パーツの形状と大きさおよび配置が「美的に見える最良バランス」である確率が、他の地域より高いかどうかなんて、わかるはずないでしょ? こういう事柄は測量して数値化できないものである。顔の造作が美的配置になっている人は、たぶん、全国的にうまいこと散らばっていると思う。根拠ないけど。

だから秋田に美人が多い、というのは個人としては懐疑的である。だけど「あなたの住む地域には美人が多い」と言われて悪い気はしないので、他都道府県の人がそういうのはいいと思う。けど秋田県がそれを使うのはどうかと……初めはね、へぇって思うだけだったんだけど、今ではちょっと恥ずかしい気持ちになるって、ちょっとだけ秋田人的になったってことなんだろうか。


【付記】
⚫︎ 大阪の池田に住んでいた頃、衝撃を受けるほどの美人を見たことがあります。2011年〜2012年頃、池田の駅前にダイエーがあって、その中のパン屋さんの店員さんが驚くほどの美人だったのです。そのころ、朝にレタスのサンドイッチを食べてまして、パンは絶対ここで買おうと決め、8枚切りのスライスをお願いしていました。

元々は、サンドイッチを食べるためにパンを買いに行ったはずなのですが、いつしか彼女の顔を見るためにサンドイッチを食べているかのようになってしまったのです。こんなことは、滅多にあるものではありません。だけど、衝撃を受けるほどの美人を見てしまった以上、面食いには抗いがたいことだったのです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

色の白いは七難隠す

わたくし、50を過ぎてから、色の白いは七難隠すを実感しております。
若い時には気にも留めなかった造作的にはそうでもない?!方も、透き通るような白い肌だと、キラキラ見えてしまいます。
単に老眼になって細かい造作が見えなくなっただけということもありますが。
白い肌に幻惑されていないのは、乙山先生がまだまだお若い証拠では?(笑)
そんな訳で、秋田美人というカテゴリは必ず存在すると思いますよ。
とは言っても、現代的なはっきりした顔立ちではなく、昭和な感覚での美人ということになるのかもしれませんけど。

わかります。美人に会いに行くために買い物に行く気持ち。
以前、時々買いに行っていた和菓子屋さんで、とっても可愛いくて愛想の良いお嬢さんが入りまして、しばらくは会いたいがために和菓子を買いに行っていました。
その娘さんがいなくなってからは、パッタリと買いに行かなくなってました。
元々、そこのお菓子が好きで行っていたお店なのに、なぜかガッカリして足が遠のくんですよね。
しばらくしてからは時々買いに行くようにはなりましたが・・。

No title

乙山さん、こんにちは。

もくもくさんもおっしゃるとおり、色の白いことが重要だと考えられてた訳です。形が重要視されてるのは最近のことです。
何故秋田県に色白が多いのかは、乙山さんの推察通り日照時間が短いからです。もちろん目の色が淡いのもです。メラニン色素が多いと日光を取り込めなくなるので、ビタミンD合成のために色白になるのです。逆にオーストラリア人に皮膚癌が多いのも、もともと白人だったヨーロッパ人が日当たりの良いオーストラリアにエグザイルされたために日光を取り込みすぎるためです。

美人に囲まれてうらやましいです。

Re: 色の白いは七難隠す;もくもくさん

もくもくさん、コメントありがとうございます。

> 白い肌に幻惑されていないのは、乙山先生がまだまだお若い証拠では?(笑)

いやあ、私、面食いでしてね、断然「かたち」派なんですね。
顔の造作が良ければ、肌が小麦色でも漆黒でもあまり気になりません。
この傾向はたぶん、幾つになろうと変わらないような気がします。
世界には、いろんな肌の色の人がいますから。
ですが色白の人って、なんか良いですよね。

大阪池田のダイエーのパン屋さんの美人がいなくなると、
いつの間にか私もパンを買いに行かなくなりました。
不思議なものですね。
彼女がいなくなっても、レタスのサンドイッチを食べ続けるだろうって、
そんなふうに思っていたのですが、ご飯と味噌汁になってしまいましたね。

Re: ありもとさん

ありもとさん、コメントありがとうございます。
なるほど、やはり色白は美人の大切な要素だったわけでしょうね。
かつては造作よりも肌の白さが重要視された、と言うことでしょうか。

もし乙山が中世に生まれたとしても、たぶん面食いですので、
肌の色より造作を気にしたんじゃないか、と思います。
野郎みんなが色白女性に殺到する中、
小麦色美人とよろしくやっていたんじゃないか、とか。

> 美人に囲まれてうらやましいです。

だからあ!
そんなことないですって。
美人、ていうか、人そのものが少ないんですよ、男鹿は。

8月の観光シーズンというのに、JR男鹿駅前には店が「ない」!
目抜き通りには草が生えている!
そして、人が歩いていない!
もう、笑っちゃうくらいですよ。

No title

私の生まれ育った宮城は、秋田とは県境を接していながらも日本3大▽○(▽はブ・○はス)で有名ですから、何時もあこがれていたんですがねえ・・・

まだ一歩も足を踏み入れたことがないんですよ、いつか行きたいとは思っているのですが・・・・只野さんのいらっしゃる男鹿あたりも一度ねえ・・・海のものがうまそうだし・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。

> 私の生まれ育った宮城は…(中略)…で有名ですから、何時もあこがれていたんですがねえ・・・

えっ、そうなんですか? そういう土地があることだけはつい最近知りましたが、
具体的な都道府県名までは挙げることができませんよ。
記事にも書きましたが、実際にはそう変わらないと思っています。

男鹿は何もありません(と書いてもたぶん怒られない)からね。
現代的なアミューズメントのようなものは、特にそうでしょう。
ですが、実にのんびりしていて、星がきれいですよ。

^^

ご無沙汰です。秋田美人はひとりほど知っています。
なるほど色が透けるように白かったように思います。
一緒に「神戸美人」もいたので。そっちが好みでしたがw

美人に弱い=優れた子孫を残したい=快。
~という男の本能が現れた故なのだと思います。
かくいうワタクシも美人に弱いですw

秋田ではなく岩手県産の美人と付き合ったことがあります。
秋田美人と違い。どちらかと言えば「仲間由紀恵ふう」な。
つまり沖縄=東北・北海道=縄文人ふう美人といいましょうか?

でもはっきり言うと。こういうタイプは自分の美人の範疇には入らない。
色白・細面・・・秋田美人の典型のようなヒトがいい!!
これはもう。無抵抗で目じりが下がってしまうわけで。けして逆らえない。

衝撃を受けるほどの美人とまでいかないですが。
かつて東京の地下街で見たヒトは美しかったです。
おもちゃ屋だったか?店頭でヨーヨーをしていました。
黒い衣装を身に付け八頭身・髪・手足長く面長・色白。
こちらを見て「にこり」@@;

人生のほんの一瞬のシーンにも関わらず。
その「絵柄」は記憶装置の中で。
ずっと消されず内蔵されているのです^^)/

Re: ^^

waravinoさん、コメントありがとうございます。
お久しぶりですね、そちらにはちょくちょく伺っておりました。
秋田には確かに色白の人、多いですね。

> つまり沖縄=東北・北海道=縄文人ふう美人といいましょうか?

このあたりの事情は、乙山はもう少し勉強しなければいけないようです。
原住民が縄文人で、西から攻めて行ったのが弥生人ですかね?
東北・北海道は原住民の血が比較的残っていると聞いたことがあります。

東北の日本海側には彫りの深い顔立ちの人がいる、という説もありますし、
秋田美人は現代的というより近世的な美人(お雛様顔?)という意見もあって、
ちょっと混乱してしまいますね。

乙山としましては、色白で瞳の色が薄く、
顔の造作が美しい、秋田で生まれた人が「秋田美人」です。
典型的な秋田美人を知らないものですから。
どなたか秋田の人が「これが秋田美人だ」と紹介してくれないかなあ。

waravinoさんの思い出のひと、文字からでもなんだか想像してしまいますよ。
いや、文字だからこそ、想像できるのかも。
美しい映像は、なぜか胸の中に残り続けますね。

No title

乙山先生、お久しぶりです。南の島からごあいさつ。
こちらは、みんな小麦色のキュートなお姉さんばかりです。

No title

オッカイポです。
私の好む話題を書いていただいてありがとうございます。
私の関係する業界(労働組合)では「あの女性〇〇やね」と私が言うとイエローカードを突き付けられます。理由は〇〇ハラ発言との事。ホントにつまらない業界です。
そんなどうでも良い事はさておき、私は40年ほど昔に、秋田駅から出てきた女子高生の集団に出くわした時は衝撃でした。ここはホントに日本なのか!なんでこんな美少女がそれも複数存在するのかという驚きでした。それ以来、私は「北の国の美少女」というすり込みが、消えないままです。ちなみに私の妻は残念ながら南方系です。
私の根拠の乏しい考察ですが、秋田県民は、マタギの子孫、もっと言えばアイヌの子孫のDNAが、色濃く残っているのではないかと。明治初期に日本を広く旅したイザベラ・バードの「日本奥地紀行」を読むと、北海道アイヌの人々は、日本人と違って、体格も良く男女とも美しい民族だと書いてあります。

Re: 根岸さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
お久しぶりですね。お忙しそうなので、見てるだけ、でした。
こっちも、久しく閉じてましたから。

小麦色美人、よろしいですなあ!
全く知らないのですが、九州とかそれより南(西?)の女性って、
情が厚いんじゃないのかな、って思ってます。
ヤバいくらい、惹かれそうです。

Re: オッカイポさん

オッカイポさん、コメントありがとうございます。
私は面食いで、好みはピンポイント(?)ですので、
それこそ全国、いや世界各地に散らばっているはずの美人がいいなあ。

労組のおかげで、世間に恥ずかしくない会社で収まっているのに、
そこのところがわからない経営者さんは多いようです。
株式非公開(親族が株主)の小さな会社ほど、その傾向が強い。
とにかく労組を排除しようと躍起になっていますね。

ある機会に、テレビで流れていた「マタギ」という言葉が気になって、
同僚の若い女性(秋田人)に「マタギって本当にまだいるのかな?」って言うと、
即座に「いますよ」、と反論の余地もない断言ぶりに圧倒されました。

後になって、彼女が「マタギの里」の出身だと知りました。
このあたりは乙山、もう少し勉強しないといけません。
秋田美人とマタギの関係は、よくわからないのです。

南方系の美人、乙山はなんとなく惹かれます。
「情が厚い」というイメージでしょうか。
北国の美人もいいし、南方系の美人もいい。
結局、世界には美人が多すぎて、選べない!

もう選ぶ権利はないんですけど。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)