竹鶴ピュアモルト(新ボトル)

TakePureMalt.jpg
今回は竹鶴ピュアモルトを試飲した。色は余市や宮城狭より深く、琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発に混じってフルーティーな香りがするが、どこかウッディでかすかにスモーキーさを感じる。口に含むとモルトの若さを感じるけれど、ストレートで十分楽しめる味わいに思う。モルトの糖度はそう高くなく、意外にスパイスを強く感じるのが面白いところ。香りで期待したスモーキーさは舌にほとんど感じることはない。

フィニッシュの余韻はそう長くはないがわりと続く。スパイスが舌に残り続けるのが後を引くのだろうか、それが引いた後はモルトの甘味が舌に残り、麦芽香が鼻に抜ける。飲み終わったグラスからはキャラメルやヴァニラ系に混じって木質香が漂ってくる。若干の加水をしても味わいのバランスは崩れないが、ほんのわずか加水したほうが甘みをより感じるような気がした。

トゥワイス・アップまでもっていくと、薄まった感じはするものの、まだ伸びている。ただ、この味わいは「ジャパニーズ・ウィスキー」ではあるけれど、ブレンデッド・スコッチのような感じでもある。ブラインドで出されたら、「ああ、これは竹鶴ピュアモルトですね」と、一発で当てることは本当に難しいのではないだろうか。自分が長年存在すると信じてきた「日本のウィスキーらしさ」って何だろう、と改めて考えさせられてしまう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、香りの広がりは抑えられてしまうけれど、甘みとスパイスをしっかり味わうことができる。ストレートで飲んでこそウィスキーの本当の味わいを楽しむことができるという意見もあるだろう。けれどこれはこれでいいではないか。申し添えておかないといけないのは、飲んでいて「これ何だろう」とか、ふと思ってしまうことで、今確かに竹鶴ピュアモルトを飲んでいる、という感じはあまりしない(おいおい)。

トゥワイス・アップを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルはどうだろう。ここでは竹鶴ピュアモルト20mlに対して水20mlを氷に注いで飲んでみた。うむ、悪くない。甘味は薄まっているけれど、まだかなり伸びているし、スモーキーさと錯覚させるような木質香も感じられて面白い。だが、これ以上薄めることは断念しようと思う。何度も書いているが、これは「竹鶴ピュアモルト」とわかって飲んでいるからそう言えるだけのことである。

TakePureMalt_Soda.jpg最後に「竹鶴ハイボール」を試してみよう。何しろ、竹鶴ハイボール用として専用グラスがあるくらいなのだから、メーカーとしても推奨している(?)飲み方ではないかと思う。いわゆる「角ハイボール」に対抗するというか、さらに上級のハイボールを提案した、ということだろう。専用グラスがあるので、せっかくだからそれを使って竹鶴ハイボールを作った。なるほど、すっと背が高めのグラスは高級感がある。

店によっては、金属製のタンブラーを使って竹鶴ハイボールを出す場合もあるようだ。さてそのお味は……うむ、なかなかうまいじゃないか。甘味はちょっと後退して、ソーダによる酸味と拮抗している感じがする。ソーダ割りにすることによって、竹鶴ピュアモルトの良さを引き出しているのかどうか、自分では判断できない。そんなに甘くない「キリッとしたハイボール」になっているのではないかと思う。


【付記】
● エントリークラスのジャパニーズ・シングルモルト(とブレンデッド・モルト)の主な銘柄を飲んでみて思うのは、仕上がりの傾向(味にあらず。宜しく)が奇妙に似ているということでしょうか。一言でいうと「品質ぎりぎりを保った高価格」ということです。

原酒不足だから仕方がない、ということでしょうが、高い金を払ってまで飲む必要があるのかな、とも感じます。これを機に、スペシャル・リザーヴやローヤル、あるいはスーパーニッカを見直す(それこそ re-spect, to look at something again:もう一度見る)動きがあってもいいように思いました。


≪ 響JHへ   終


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ

乙山さん、今回は大変でしたね。辛いことも多かったのでしょうね。でもブログは続けて欲しいです。もう乙山さんと会えなくなってしまうじゃないですか。今回の閉店も、ちょっとヤケドしたかなで、いいじやないですか。ブログの継続を切に希望します。

No title

お疲れさま。
って言っていいのかわからないですが、繋がりが切れちゃうのは寂しいです。
この時代、どんな方法でも繋がっていられます。
FBで待ってます。

乙山さん、心中お察し致します。
色んな事がありますが、私もブログはまだ見たいです。
「街を歩く」でのラーメン炒飯への乙山さんの愛が見れなくなるのはファンとしては悲しいです。
落ち着いたら、ブログ再開してもらえると嬉しいです。
ぼちぼち行きましょうよ。

No title

就活でバタバタしてご無沙汰している間にこんなことになっているとは・・・(>_<)
とりあえずは本当にお疲れさまでした!
色々大変だったことと思います・・・
少しの間お休みして心身ともに回復したら、まずはブログから再開して下さるのを
お待ちしています!

皆様、ありがとうございます

皆様、コメントありがとうございます。
まとめて返事いたしますことご容赦ください。
どうも精神的、肉体的に疲弊しているようでして、
返事が遅れましたことお許しください。

ちょうど良い区切りがついたように思えましたので、
拙ウェブログも終了するのが良いと考えました。
ですが皆様のご意見を賜るに、いつかそのうち、ひょっこり、
「再開します」として、何事もなかったかのように、
ウェブログを継続していくのも「あり」かな、と思えるようになりました。

今しばらく休みを頂こうかと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2年ほど前からこのブログを見にきておりました者です。
当方、北海道在住の40代ですが、いつか大阪出張の時にでもと思っておりました。
何も存じてませんが、さぞお疲れのことと思います。どうぞ、ゆっくりお休み下さい。
ご自分のペースで充電なさった後の復活を心待ちにしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お元気で

楽しく拝見していました。
私はこういうとき、必ず『アラビアのロレンス』を見てこう思うのです。
砂漠は何よりも美しい…東京江戸川より。

No title

米国からいつも拝見しておりました。並々ならぬご苦労もあったことだと思います。いつかそのうち落ち着いたらブログ再開してください。楽しみにしています。

カーテンコール

残念です。一度しか訪問できずごめんなさい。
こだわり尽くした、乙山さんのお店。
脳裏に焼き付けておきます。
そう、ブログが復活するまで。

一人でシングルモルトの旅を続けます。
ブログが復活するまで。

待ってます。
ありがとうございました。

No title

乙山さん!
びっくりしました。
こんな遅くなってのコメント、ごめんなさい!
つまらないことに心も体力も奪われていて、皆さまのところもお訪ねしないでいるうちに…。

ほんと、驚きましたが、乙山さんらしいなあ!とも思います。
潔いと言いますか…鮮やかと言いますか…。

BAR FLANEURはね。永遠に心に残りますよ!^^
皆さんの心の中にも私の心にも。無論乙山さんの心にも…

今は、苦い想いでいらっしゃるかもしれません…。
きっと、涙も溜め息も…たくさんあったことでしょう…
(愚痴をこぼしにおいでくださると良かったのにな。でも、乙山さんはそういうことなさる方じゃないってこともわかってる…)

でもね。人間が何かを決断してやることって、私、そのこと自体がとても美しいと思うんですよ。始めることも…潔く去ることも…
やらなければね、なにもそもそも存在しないんですよ。この世に。
思いきってやったから、痕跡が残るのです。存在のしるしが…。
そのこと自体が、「ああ、美しいなあ…」と思います。わたし。

BAR FLANEURをね。悲しまないでください。
彼が人間ならば…見事な奴だったじゃありませんか!
綺麗な後ろ姿残して去って行ったじゃありませんか。
私は、大好きですよ。^^
『残念だ』、とは、私は言いません。
私の心の中には、ずっとBAR FLANEURは、生き続けるから。

ブログはね。皆さんおっしゃるように、しばらくして落ち着かれましたら、
また絶対に!戻ってきていただきたいです。
乙山さんのお酒の話だけじゃなく、そう。食べ歩きの話も、昔のように音楽の話も(私、いい曲いっぱい教えていただいた…)、映画の話も…、本の話も…
着るものへの蘊蓄話も…、また聞きたいですもん。
実は、そういう記事が少なくなってちっと寂しかったんですよ。^^

乙山さん。お待ちしています。
そう遠くないいつか。きっと。ふらっと戻ってきらしてください。

BAR FLANEUR。ありがとう♪

さよなら、とは言わないぜ!(笑)




No title

こんばんは。


久しぶりに訪れてみたらびっくりしてしまいました。

秋くらいに大阪に用事が出来そうなので、その時にでもバーに行けたらなと思っていました。
私も乙山さんの人柄と文章のファンでしたので他の方達同様いつの日か戻って来て頂きたいです。


自分も良い歳こいて未だ迷走を続けていますが、最近読んだヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」という本がとても良かったのでよろしければ一読してみては如何でしょうか?作中にこんな言葉があります。



どんな時も人生には意味がある。

この人生のどこかにあなたを必要とする「何か」があり「誰か」がいる。

そしてその「誰か」や「何か」は

あなたに発見されるのを待っている。

だから、たとえ今がどんなに苦しくてもあなたはすべてを投げ出す必要はない。

あなたがすべてを投げ出しさえしなければいつか自分の人生に

“イエス”と答えることのできる日が必ずやってくる。

いや、たとえあなたが人生に“イエス”と言えなくても人生のほうからあなたに“イエス”と光を差し込んでくる時が

いつか、かならずやってくるはず。


既に御存知であったらすみません。
御自愛くださいませ。駄文失礼しました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

オープン前から楽しみにしていたflaneurでの一杯

ようやく9月の大阪出張が決まり、出張先からflaneurまでどうやって行こうか検索しようと思いブログを開けば、よもやまさかの閉店…

お会いすることを非常に楽しみにしていただけに残念でなりません 寂しいですが今はゆっくり静養ください

漸く。というか何と言うべきか。

過日のLogを見て正直、心ここに非ず。と言った感じだったか。
あの時、即座に書き込みを試みるも何がNGなのか不明なまま投稿蹴られてそのままに。

今、漸く落ち着いて。
今更何だかんだと反芻したことをアレコレと書き込んで見ても後の祭りなので、それは割愛するとして何より一言。せめて身勝手な一言をお許しいただきたい。

シングルモルトあかしのレビューまだ書いてないやんか!


とりあえず店持ち込む事を念頭に置いて仕入れたのは自家消費します。
酒の肴みたいなここが再開されるのを願いながら。

まずはお休みください

まずはお疲れ様です。

バーがうまくいかなかったのは残念ですが、経験をしただけでも無駄ではないと思います。
私も1年間個人事業をやって、人のつながりの大切さを学んだものです。

とりあえず、私のブログは何とか継続できる状態にありますので、ウイスキーに飢えてきたときにでもミテください。

No title

久々の訪問です。
いつの間にか色々あったのですね。
知っていればバーにも行ってみたかった、、
あまりにも突然で怒涛の展開に驚いています。
乙山さんは中々魅力的な人物と思います。
私の父親も料理店が成功はしなかったのですが、開いたことを誇りにしていました。(まだ存命ですが)
それでいいんじゃないかな、そう思います。

乙山さんありがとう。お疲れ様です。
コメントが届くことを祈って。

晩秋

乙山さん、いかがお過ごしですか。お仕事なども始められたのでしょうか。気が付けば金木犀の花も散ってしまいましたね。
 晩秋から初冬にかけて、どんなウィスキーがお奨めでしょうか。教えてほしいなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

乙山さん、明けましておめでとうございます。
去年のことは、大晦日で全て終わってしまいました。
今年の乙山さんの、活動に期待します。
取り敢えず、新年の出発のウイスキーを紹介いただきたいと、思っています。

皆様ありがとうございます

色々あって、気分がふさぎ込んでおりました。
皆様の温かいお言葉に励まされ、少し元気が出て来ました。
いましばらく多忙のため、記事の更新がままならぬ状態です。
そのうち、何か書くと思いますので……
今年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)