響ジャパニーズ・ハーモニー



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Hibiki_JH.jpg
今更という気もするが、響が「ジャパニーズ・ハーモニー」として熟成年数無記載ものになったので試しておこう。山崎や白州より少し濃い目の琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発をわりと強めに感じる。有機接着剤とバナナ、レーズン、チョコレート、カカオなどの香りが漂ってくるが、スモーキーさやピート香は感じられない。口に含むと、モルトその他の甘みを感じ、微弱だがスパイシーさもあるように思う。

フィニッシュの余韻はそう長くないが、甘みが口の中に残って旨味に変わっていくのがわかり、ヴァニラやキャラメルのような甘い香りが鼻腔に抜ける。塩(潮)気はそれとわかることはなく、ほとんど感じることができなかった。飲み終わった後のグラスから、木質香に加えて赤ワインを思わせる香りが漂ってくる。

若干の加水をしても味わいのバランスは崩れない。ほんの少しだけ加水すると、何だか甘みをより強く感じるような気がするが、これはあまりあてにならない。何かスポイトのような物を用意して、少しずつ加水しながら飲んでみるのも面白いかもしれない。店でも、そういうスポイトのような道具を置いてみようかな、という気にさせるほどだ。

飲み終わったグラスからキャラメルやヴァニラの甘い香りや木質香が混じって漂ってくる。トゥワイス・アップまでもっていっても、まだ甘さがしっかり残っているのに驚かされる。なんてよく伸びるブレンデッドだろう。ブレンデッドとはいえ、私たちはもう〈知多〉を知っているわけで、単体で楽しめるグレーンあればこその響なのだろう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、やはり甘みを強く感じる。さすがに冷却によって香りの広がりは抑えられてしまうけれど、真夏などはこうした飲み方も良いのではないかと思う。氷が溶けて加水が進んでも甘みはしっかり残っているので楽しむことができると思う。ただし、かつての〈響12年〉と比べるべきではないだろう。

1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルを試してみる。さすがに甘みは残っているけれど、香りの広がりはなく、飲み物として悪くはないけれど、水割りにすることで〈響〉の良さが引き出されるわけではない以上、積極的に勧められる飲み方ではないと思う。よって、1:2水割りを試飲するのは断念した。

では最後に、響ハイボールを試してみよう。実際にやる人はいないと思うが、だからこその試飲である。だいたい1:2くらいになるように仕上げ、飲んでみた。ソーダによる酸味と、ウィスキーの甘みがちょうど拮抗する感じで、後からふっと甘い香りが口と鼻腔に広がる。ハイボールとしてはかなり高級なものだと思うけど、普通こういう飲み方はしないだろう。


【付記】
● どうしてもかつての〈響12年〉と比べてしまい、その結果、辛い評価になってしまう「ジャパニーズ・ハーモニー」ですが、虚心に飲むとふつうにうまいブレンデッドではないかと思います。

≪ 白州(新ボトル)へ   竹鶴(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

響のボトルはいつ見ても美しい。

基本的にどの酒も美味く呑めるハズなので、蘊蓄述べるに至らない程度の呑み助ですけどこういうレビュー上がってると試したくなりますね。
個人的には「加水しても崩れない。」という点が非常に気になりました。

そんなワケで、来月また店の方にお邪魔します←

Re: 響のボトルはいつ見ても美しい。 ; 北摂在住の名無し。さん

北摂在住の名無し。さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ニッカにしてもサントリーにしても「ちょっと試す」には価格が……
同じ金額を投入すると、それよりうまいスコッチがありそうでしてね。

これは本当、困ったことになってしまいましたね。
ちょっとした金額を払ってまでわざわざ飲む必要があるのか、
そこのところは何とも言えない、としか言えません。

だけど悪くはなくて「ふつうにうまい」よく出来たブレンデッドなんですよね。
後は、消費者個人が「納得できるかどうか」だけの問題でしょう。
消費者にそっぽを向かれぬことを危惧しています。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/03 (7)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)