シングルモルト白州(新ボトル)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Hakushu.jpg
今回はシングルモルト白州(熟成年数無記載)を飲んでみた。小さなグラスに注ぐと、ブロンドに近い琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発に混じってリンゴ、洋梨、レーズンなどのフルーティーな香りが漂ってくる。スモーキーさやピート香は感じられないが、木質香(ウッディさ)がある。口に含むと、モルトの甘味を感じ、次いでスパイスが舌に来る。時間の経過とともに、カカオやヴァニラの香りも混じってくるようだ。

フィニッシュの余韻はそう長くはない。スパイスが引いた後にモルトの甘みが舌に残り、旨味に変わって引いていくのだが、引き際はあっさりしていると言える。鼻腔には麦芽香と木質香が混じって抜けていく。若干の加水をしても味わいのバランスは大きく崩れることはない。加水によって白州の核にある「硬さ」とでも言うべきものが後退し、飲みやすくなる印象を受けた。

トゥワイス・アップまでもっていくと、まだモルトの甘味は残っているけれど、香りの複雑な広がりが失われてしまう。あまり薄めずに飲むほうが良いと言えるが、予想ではミキサー(割材)を使用することも前提にした方向に仕上げているのかな、と思っていたので意外だった。飲み干した後のグラスからは木質香にヴァニラやキャラメル系の香りが混じって漂ってくる。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、モルトの甘みが凝縮されるわけではなく、木質香とかすかに樽由来と思われる煙っぽさの痕跡のようなものを感じるのが面白いところ。氷が溶けて加水が進むにつれて、リンゴのような味わいが出てきてスペイサイド・モルトのような印象を受けるが、このあたりは山崎(の熟成年数無記載)とよく似ている。

オーバー・アイスの結果から、「ハーフ・ロック」スタイルや、1:2水割りを試してみることを断念した。えっ、ひょっとしたらうまいかも? なるほどそうかもしれないが、今回はスキップしておこう。そんなわけで、最後に白州ハイボールを飲んでみた。ここでは、だいたい1:2のソーダ割りになるように仕上げた。

ソーダによる酸味と白州のウッディさの組み合わせはなかなかだと思う。確かに、飲み物として悪くはないけれど、ソーダ割りにすることによって白州の良いところを引き出せたかどうかは疑問である。むしろ、四千円を超えるウィスキーをソーダ割りにするか? という気持ちのほうが強いのではないかと思う。

この高価格は、原酒不足と需要の拡大が重なった結果の「希少性」によるもので、ウィスキー自体の「品質」によるものではない。だけど、ストレートで飲む限り、スコットランドのシングルモルトに負けていない品質は保っていると思う。価格と品質を天秤にかけ、さらに過去の状態も含めて価値を問うてしまうのは、自分も含めてみなさんそうだと思うのだが、これはもう仕方のないことなのではないだろうか。


【付記】
● 以前飲んだ経験から、甘く華やかな山崎、そしてウッディで硬質な白州、という印象を持っていましたが、それらの特徴は両者に残されているようです。ただし以前ほどはっきりした違いは感じられず、どちらも似ているといえば似ていると感じました。


≪ 山崎(新ボトル)へ   響JHへ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回は新白州ですね。
サントリーのラインナップの中では、白州が一番自分の好みに合っている様な気がします。
口当たりの良さに重きを置いていると思われますが、白州は余り派手さはないけれどしっかりした酒だと思っています。
余韻は山崎と共通するものを感じるんですけどね。

ただ仰有る様に値段が高くなってしまったので、日常的に飲むという訳にはいかなくなりましたねぇ。
原酒の希少性からみたらそれなりの値段なんでしょうが、昔の10年・12年ものを知っている人から見たら「なんでやねん」となるのでしょう。

あと数年我慢したらもう少し選択肢が増えてくる気もしますので、それまでゆっくり待つのも良いかなと最近考えてます。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
白州はやはり良いシングルモルトだと思います。
思ったより硬質で、ウッディな感じがあって、楽しめるのです。

仰るように日本製シングルモルトの高騰は、希少性によるもので、
ウナギやクロマグロが高いのと同じ原理だと言えますね。
国産ウナギでなくても、どこか遠洋でとれたマグロであっても、高いですからね。

意識して悪く書かないようにしていますが、
以前の10年物を知っている人にとっては納得できない価格であるのも事実。
そっぽを向かれることがなければよいのですが……
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)