シングルモルト山崎



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Yamazaki.jpg
店に置いてある酒としてやはり山崎も味を知っている必要がある、ということで飲んでみた。小さなグラスに注ぐと、ライトアンバー(淡い琥珀色)。蓋をとると、わりと強めのアルコールの揮発を感じる。シェリー樽由来と思われるフルーティーな香り、バナナやキャラメル、ヴァニラ系の香りも混じっている。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘みが来て、次いで穏やかなスパイスが来る。若いモルトもスパイスに絡んでいると思うが、それはそれで味わい深いものがあると思う。

フィニッシュの余韻はわりと長めで、スパイスが引いた後にモルトの甘みが舌に残り、ヴァニラとキャラメル系の香りが鼻腔に抜ける。そのあとでもモルトの甘みが旨味に変わりながら後を引いて舌に残り、鼻腔にも甘い香りが残り続けるのが快い。塩(潮)気はあまり感じられず、スモーキーさやピート香もほとんど感知できないほどだ。ノンピートかもしれないが、断定することはできない。

飲み終わったグラスからも木質香に混じってヴァニラやキャラメル系の甘い香りが漂ってくる。若干の加水でも味わいのバランスは大きく崩れないが、山崎の核になっていると思われる若いモルトがふいと顔を出すように感じた。トゥワイス・アップまでもっていくと、かなり薄まった感じがするのが意外だった。予想ではもっと伸びると思っていた。だが、甘みが失われているわけではなく、どちらかと言えば伸びるほうだと言えるだろう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、ストレートで感じたモルトの甘みが後退するように思えるのが不思議で、前に出るのはスペイサイド・モルトにありがちなリンゴのようなフルーティーさなのだ。上質のスペイサイド・モルトを飲んでいるかのような不思議な感じがした。いわゆる「山崎らしさ」とか「ジャパニーズ・ウィスキーらしさ」が見えにくいような気がした。

トゥワイス・アップの結果からするとあまり気乗りがしないのだが、1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルも試しておこう。ううむ………これをブラインドで出されたら山崎だと一発で当てることは相当難しいんじゃないだろうか。下手をすると、スペイサイド・モルトの何かと間違えてしまうんじゃないか。けれど、ウィスキーとしてはそんなに悪くないと思う。

日本のウィスキーは水割りに合うようにブレンドされている、というのはもはや過去の都市伝説になってしまったのだろうか。やめたほうがいいような気がするけれど、やはり試しておかなくてはならないだろう。1:2水割りである。やってみたけれど、悪いことは申しません、やめておかれることをお勧めします。

では最後にソーダ割りも試しておこう。ここでは山崎20mlを氷を入れた6オンス・タンブラーに注ぎ、軽くステアした後ソーダで満たしてだいたい1:2に仕上げた。飲み物として決して悪くないと思う。だが、以前に山崎ハイボールを飲んだ時のようなリッチな雰囲気はなくて、何だか拍子抜けしたような気もした。予想では、ハイボールにぴったりのブレンドじゃないかと思っていたのだ。


【付記】
● 日本のシングルモルト・ウィスキーだと思って飲むと、そんなに悪くないというか、むしろよく出来た良いシングルモルトだと思います。しかし、どうしても以前の山崎の価格と味わいと比べてしまうので、その結果、評価が辛くなってしまうのは仕方のないことかもしれません。


≪ 宮城狭(新ボトル)へ  白州(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

海外で普通に評価の高かった日本のシングルモルトですが、某朝ドラに始まる俄かウイスキーブームを経て、海外からの爆買いもあり、なんだか「残り僅かな原酒で苦労して現状こうなってます。」感がありますね。

10年ほど前の、普通に年数標記ある頃の山崎や余市なんて有り難くて仕方なかったですけど。
水割りで飲み易いのは当たり前で、個性が失われるのはなんとも。

Re: 北摂在住の名無し。さん

北摂在住の名無し。さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
本当ですね、あの1990年代に、だれがこのウィスキーブームを予想できたでしょう。

自宅に近い酒の量販店で、日本のウィスキーを箱買いしている外国人の方を見て、
気の遠くなるような思いです。自分で飲むのか、お土産なのか、それにしてもレベルが違う。
今は大阪の北新地で焼酎を飲んでも問題ないとの話を聞きました。

サントリーもニッカも、少ない原酒の中で最低限の品質を確保しているのでしょうか。
確かにふつうに飲んだら「おいしい」のですが、昔のことを思うと……

No title

今回は『新山崎』ですね。
年数表記のある『山崎』の事を知ってしまうと、かつての10年物とこれが同じ価格というのはなかなか納得のいかない所です。
余市や宮城峡などはそれでも以前のノンエイジよりは若さを感じさせないものになってますが、この酒は若さと練れてない部分を感じてしまいます。
白州も10年物はなかなか良かったんですけどねぇ…。

まあジャパニーズウィスキーの趨勢がそうなので仕方のない部分なんでしょうが。
とはいえキリンから出ている新しい普及版ブレンデッドは、結構面白かったので近日中に記事にしようと思って居ります。
でも私の手が遅いので乙山先生の記事が先になる事でしょうが…。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
仰るように、若さと練れていない部分がありますね。
少ない原酒の中で、なんとかやりくりしている、というのがわかります。

どうしても以前のものと比べてしまって、評価が辛くなりがちですが、
これはこれで、シングルモルトとしては悪くないと思います。
価格も「希少なジャパニーズ・モルト」と考えれば妥当なところですが、
やはり以前のことを思えば納得しがたいものがありますね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (5)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)