西宮名塩を歩く ラーメン店 だしと麺

Ago_Dashi_Ramen.jpg
題名は「西宮名塩を歩く」だけどちっとも歩いていないのである。何しろ、駅を出てすぐの所から自動車に乗せてもらい、視聴会の会場までそのままだった。確かに厳密には歩いていないのだが、同じ題名で書くようにしているから仕方がない。その日は、「自作の友」さんご自作の「正12面体SP・BOX」を聴かせてもらいにJR西宮名塩駅を訪れた。

JR西宮名塩の駅に到着したのが11時20分頃だったので、そのまま昼食をとりましょう、という流れになった。自作の友さんは拙ウェブログ「遊歩者 只野乙山」に目を通して下さり、私がラーメンと炒飯の記事ばかり書いていることを気遣って下さったのか、「乙山さん、ラーメンでも食べに行きましょうか」ということになった。ラーメン大好き人間としては願ったり叶ったりの展開なのだが、少し申し訳ない気持ちも。

「近くに新しくできたラーメン屋があるのでそこにしましょうか」ということになり、車で数分、〈だしと麺〉という店に入った。11時半頃でもうすでに行列ができかけている。自作の友さんと私は、店員さんがテーブルを片付ける間だけ待って、席に案内された。店の壁にはいろいろな種類の削り節のサンプルがディスプレイされていて、魚介系の出汁に力を入れていることがわかる。

メニューを見ると、「あっさり」と「濃厚」があるようなので、迷わず「あっさり」を選択した。私は〈天下一品〉でも絶対に「あっさりスープ」を頼む人間である。「こってり」を頼まずして何のための天一(てんいち)か、とファンの人は呆れると思う。だが、自分はあっさりスープでもかなり濃厚に感じるのだ。というわけで、あっさり派の「飛魚(あご)だしそば、熟玉なし、高菜ご飯」にした。

さて料理が来ましたよ。表面を覆ってしまいそうな大きな焼豚(煮豚?)、青菜が乗っていますね。そして玉ねぎの生をざっくり切ったものがゴロッと入っている。生の玉ねぎの硫化アリルが苦手な人は困ると思うが、いろいろ試した結果、この生玉ねぎを採用したのだろうと想像する。スープはわりと透明感があり、テーブルの上に置かれた段階でもう魚介系の香りが漂ってくるのがわかる。

一口飲んでみると、「おっ」と思うほど魚の出汁が強烈に効いているのがわかる。メニューに「焼き飛魚煮干しと鶏節を使用したコクうまスープ」とあるので、魚だけではなく鶏も使われているようだが「鶏節」とは何のことかわからない。確かにあっさりしているけれど、コクとうまみがしっかりあって何度も飲みたくなるスープである。これが、生の玉ねぎとなるほど合っている。

麺は平麺のような感じで、自家製麺なのかもしれない。もちっとした感じでなかなか面白い食感。これだけスープがしっかりできていれば、麺はどんなものでもよさそうに思うが、この平麺が飛魚だしスープに最も合っているということなんだろう。なるほど、これなら人気が出て遠くから車で来る人がたくさんいるのもうなづける。自作の友さんも私も、スープを最後まで飲み干してしまった。私が玉ねぎを残したのはここだけの話。


【付記】
● 以前、西宮/宝塚に住んでいた時、今津線を使っていました。西宮市と宝塚市の境界線は仁川という川になっていて、仁川から北は宝塚市だと思い込んでいたのです。なので、名塩(なじお)は西宮市の飛び地なのかな、と思っていました。だけどウェブ地図で見ると、確かに飛び地ではなく、西宮市だったんですね。ラーメン店〈だしと麺〉を出た後、コープこうべがあるのを見て、思わず立ち寄ってみたくなる衝動に駆られました。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (6)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)