正12面体SP・BOXを聴く

Fostex10cm.jpg
4月26日(2016年)にウェブログでお付き合い頂いているトニーさんがご来店なさった時、同行者として「自作の友」さんもいらっしゃった。すでにトニーさん のウェブログ「トニーの回覧板」を拝見して自作の友さんのことは存じ上げていた。アンプ本体ケース(シャシー)作りの名人で、トニーさんの自作真空管アンプの多くに、自作の友さん製作のシャシーが使用されている。

その夜はオーディオ談義、真空管談議で大いに盛り上がったのだが、もうひとつ、自作の友さん御自作の「正12面体SP・BOX」の話も聞かせてい ただいた。これもトニーさんのウェブログで拝見していたのだが、ご本人がいらっしゃるとは思わなかった。トニーさんによると「かなり低い音まで再生されている」そうで、正五角形を組み合わせた正12面体のエンクロージャーにフルレンジ・スピーカーがマウントされている。

一度乙山さんにも聴いてもらいたいですね、と自作の友さんは仰っていたのだが、その後メールで連絡があり、実際に正12面体SP・BOXを視聴する機会を得ることができた。自作の友さんのご自宅近所のコミュニティ・プラザの一室を借りて、セッティングして下さっていた。ふだんお聴きになる CDをご持参ください、とのことで、ロック/ポップス音源としてイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』からタイトル曲を用意した。皆さんご存知だと思うが、あのイントロに重低音が入っていますね。

クラシック音源としてシュミット・イッセルシュテット/ウィーン・フィル/バックハウスによるベートーヴェン『ピアノ協奏曲第一番』第一楽章を選んだ。ピアノの繊細な音と、シンフォニーのスケール感が再現できるかどうかの確認用。1958年の録音だが、気に入っている音源である。ジャズ音源としてマーティ・ペイチ編曲による『アイ・ゲット・ア・ブート・アウト・オブ・ユー』(通称『お風呂』)の「モーニン」を選んだ。

FlatSp.jpg アート・ブレーキ―による演奏のほうが有名だろう。知っている人は多いと思うが、マーティ・ペイチはTOTOの鍵盤奏者デヴィッド・ペイチの父親である。絵に描いたような音楽一家というわけ。編曲者としてギル・エヴァンスが有名だが、マイルス・デイヴィスと組んだギルのような雰囲気ではなく、リッチでゴージャス、洗練されたサウンドといえる。

試聴はCDプレーヤーを自作の友さん自作の真空管アンプにダイレクト接続して行った。まずは、オーディオ誌『ステレオ』付録のフォステクス製 10cmフルレンジから。音量は可変抵抗器を12時付近にセットした、かなり大きめの音(おそらく85dB以上)である。なんという迫力、これが 付録の10cmフルレンジの音とは信じられない。「ホテル・カリフォルニア」のイントロの重低音がしっかりと出ているではないか。

10cmフルレンジでシンフォニーはどうなのかと思ったが、これも十分な迫力である。薄いカーテン一枚隔てて聴いたら、だれも雑誌付録の10cmフルレンジとは思わないのではないか。定格入力は10Wとあるけれど、たぶんアンプの出力は3Wも出ていないんじゃなかろうか。とにかく元気な音が前に出てくるが、定位は少し後ろの方に感じた。音は大きいけれど、うるさくないのだ。これは非常に重要なことで、強調してし過ぎることはないと思う。

次に聴いたのが小さな平面スピーカーで、SONYのロゴが入っている。音の発生源が小さいのでどうなのだろうと思ったが、低音はしっかり出ている。音に元気さがないのはフォステクスの後に聴いたからだと思う。元気さはない代わり非常にクリアで素直な音で再生している。バックハウスのピアノが美しく、つい聴きこんでしまう。シンフォニーの再生は少し苦しそうだけど、アコースティックのギター、例えばバーデン・パウエルなんかを聴けば最高じゃなかろうか。

P610.jpg最後に三菱ダイヤトーンのフルレンジ、P-610を聴いた。「ホテル・カリフォルニア」のイントロの低音を聴いたとき、鳥肌が立ってしまったほどだ。ヴォーカルやサクソフォンの生々しさは特筆もので、オーケストラの再生におけるスケール感も申し分ない。思いの外、高音が綺麗に鳴っており、P-610の潜在能力の高さに感心したが、じつは正12面体エンクロージャーを得て初めて、こういう鳴り方になったのかもしれない。

正12面体SP・BOXはバスレフ型で、ポートが開いている。ユニットによって最低共振周波数が違ってくるから、厳密にはポートを変更しないといけないと思うが、そのままのポートで全てのユニットを鳴らして違和感がなかったのはなんだか不思議な感じがした。どういう理屈であの低音が出るのか、わからないけれど、とにかくいずれのユニットでも素晴らしい低音が出ているのは間違いない。特定のユニット専用ポートにして追い込めば、もっと低音が出るような気がする。

そして、ほぼ球面に近いエンクロージャーによるのか、スィート・スポットがかなり広めなのではないかと思う。音の回折が起きているので、壁から少し離してセッティングするのが良いようだ。このエンクロージャーに、例えばPARCオーディオとか、MarkAudioあたりのユニットを使い、バスレフポートをユニットに合わせてチューニングしたら、どんな音を鳴らしてくれるだろう。ものすごい可能性を秘めたエンクロージャーだと思った。


【付記】
● 自作の友さんと相談して、〈フラヌール〉を会場にして正12面体SP・BOXの試聴会をしたらどうだろう、ということになりました。といっても、カウンター席9席ですから、小さなオフ会(?)になると思います。「日曜日の午後から」になる予定で、関西在住(そうでなくても)で興味をお持ちの方は、拙ウェブログのコメント欄またはメールフォームからご連絡下さいね。「自作の友」さんのウェブログから申し込んで下さってもけっこうです。4~5名集まれば、正12面体SP・BOXの試聴会を開催できると思います。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

乙山さん、あの低音は、不思議です。とにかく、安価に設定しながらも外観をスマートに決めれば、売れそうな気がします。
日曜日の午後、試聴会を開かれるとのこと。行きたいなあと。結果ご報告楽しみにしています。

Re: トニーさん

トニーさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
仰るように、低音が出るのが不思議です。
どのユニットも同じポートであれだけ出るのですから、
専用にしてチューニングすれば、もっと出るかもしれません。

立体的な構造が素敵ですので、木目を気にしたらきりがありません。
なので自作の友さんにはMDFをお勧めしました。
加工するほうも、そちらの方が楽ではないかと思います。

試聴会は、募集を始めたばかりです。
集まらないかもしれませんが……
不思議な体験ですので、多くの方に実感して頂きたいものです。

No title

初めまして。

さくどう親父と申します。

自作の友さんとはブロ友の関係です。

自作の友さんの正12面体SP.エンクロージャーは素晴らしいと思います。

この記事を読ませていただいて、うれしくなってついコメントさせていただきました。

有難う御座いました。

Re: さくどう親父さん

さくどう親父さん、初めまして。コメントありがとうございます。
ということは、もう正12面体SP・BOXをお聴きになっていると思いますが、
あの低音の出方は本当にすごいですよね。
どういう原理でそうなるのか、知りたいのですが、
とても解析できそうにありません。
今後ともよろしくお願いします。

No title

ご無沙汰をしております。
開店祝に駆けつけたいと思っていながら、中々この場所を抜ける事もままならず、大変に失礼をしております。
申し訳ありません。

今回はまた非常に興味深い記事を拝見致しました。
『スピーカーがいっぱいあれば偉い派』の私でも、すごく興味深く読ませてもらいました。
『ホテルカリフォルニア』を是非聞いてみたいなぁと…。

まだ仕事が予断を許さない状況なので参加する事は難しいですが、心ばかりの御祝いをお贈りさせて頂きます。
送付伝票には本名を書いておりますが、出来ましたら他の方にはナイショでお願い致します。
とは言ってもそう大したものではありませんが…。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ウェブログの更新などからしても、お忙しいのだろうと想像しております。
ご無理なさらず、のんびりいらしてください。

今回の「正12面体SP・BOX」はすごいの一言でした。
乙山も、10cm程度のフルレンジからあれほどの低音が出るとは思ってもいなかったのです。
「ホテル・カリフォルニア」のイントロも、12弦ギターの音も美しく、
バスドラムとベースの音もきっちり分かれて聞こえてきました。

贈り物、誠に申し訳なく、ありがたく存じます。
お名前の件、承知しました。楽しみにしております。
ありがとうございます。

正12面体SP・BOX 関連

乙山さん

正12面体SP・BOXの音にほれ込んでいただき嬉しい限りです。
まあ、”継続は○○○”でしょうか。
ところで、スタンドに一工夫をしてみました。
詳細は、下記参照下さい。

正12面体BOX 新型スタンド(5/13モデル)
http://blogs.yahoo.co.jp/sato_yama_no_kanri_nin/42180038.html

ご意見をお聞かせ下さい。

Re: 正12面体SP・BOX 関連 ; 自作の友さん

自作の友さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
早速、新型スタンド拝見しました。
一本足はスマートですが、多少見た目に心もとない感じもあります。

見た目の、心理的なものだと思いますが、
新型スタンドは安定(安心)感がありますね。
折り畳み式スタンドも、一本足より安定(安心)感があるように思います。

安定(安心)感があって、デザイン的にもスマートなもの、
そういう方向を模索していくのが良いと思いました。
高さも稼ぎたいですしね。ちょうど耳の位置に、
フルレンジのセンターキャップがくるようにしたいですよね。

No title

昨日は、デザイン関係の方を交えた試聴会でした。

ユニットはP-610Aを使用しました。この低域は、正に鳥肌ものです。

女性の観点は素晴らしいものがあります。男では見過ごす点を見事に指摘してくれました。次の試聴会が楽しみです。

詳細内容は、下記ブログを参照下さい。

正12面体SP・BOX試聴会 ***5/25西宮市春風公民館***
http://blogs.yahoo.co.jp/sato_yama_no_kanri_nin/42197192.html


追伸
 乙山さん。5/29に助っ人できてくれませんか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 自作の友さん

自作の友さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
西宮での試聴会、何よりでしたね。
オーディオ関連のイベントに女性が参加するというのが良かったですね。

オーディオというと、どうしても(どういうわけか)
中高年男性ばかりの集まりになりがちなのですが、
男性では気付かない点を教えていただけるのが素晴らしいと思いました。

No title

乙山さん

先程、ヤフオクに出品しました。

自作の友 RD-17 BOX(未塗装) 発売記念セール
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c565143630

メールが届きませんのでこの場を借りてお知らせします。

時間がありましたらお見せしたいですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

12面体SP

乙山さん、お元気ですか。自作の友さん、現在このSPボックスをオークションに出品中ですが、苦戦してらっしゃるようですね。
 購入して欲しい価格設定がうまくないのでしょうか。カテゴリーをSPのところではなく、管球オーディオのとこにも出品してよいとおもうのですが、手はありませんでしょうか。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (7)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)