シングルモルト宮城狭(新ボトル)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Miyagikyo_Noage.jpg
今回も店に置いてあるけれどちゃんとテイスティングしていないものとして、シングルモルト宮城狭(熟成年数無記載)を飲んでみた。これもすでにバーで飲んではいるけれど、味の印象が薄れてしまっているので、もう一度味わってしっかり記憶にとどめておきたい気持ちである。もう以前のように好きなだけ飲むわけにもいかないので宮城狭20mlを小さなグラスに注ぐと、やや淡い琥珀色で、余市より少しだけ濃い。

蓋をとって香りを確かめると、わりと強めのアルコールの揮発に混じってバナナ、レーズンのフルーティーさ、ヴァニラやキャラメルの香りが混じって漂ってくる。口に含むと、モルトの甘みがかなり強く感じられる。微弱な塩(潮)気があり、穏やかなスパイスが次いでやって来る。スパイスの後にウッディさを感じるが、スモーキーさやピート香はほとんど感知できない。

フィニッシュの余韻はわりと長めで、スパイスが引いた後の舌にモルトの甘みが残るのだが、スパイスが意外と長めに引っ張るようで、それが後に残る感覚を長引かせているようだ。舌に残る甘みも麦芽の旨味に変わり、それがかなり後まで残っているように感じた。飲み終わったグラスからはチョコレート、ヴァニラ、キャラメルと木質香が混じって漂ってくる。

若干の花穂をしても味わいのバランスは大きく変わることはない。レーズンに加えてリンゴのような味わいが前に出てくる。相変わらずモルトの甘味はしっかり残っているので、かなりよく伸びそうな気配がする。トゥワイス・アップまでもっていっても、まだグラスからフルーティーな香りがしている。予想通りしっかり伸びており、当初からミキサー(割材)と合わせることを想定したブレンドにしたのかと思ってしまう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、香りが冷却によって抑えられてしまうが、モルトの甘味は凝縮して感じる。ドライフルーツの影に隠れていたリンゴのような味わいが加水が進むにつれて前に出てくるのが面白い。1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルでやると、モルトの甘味は感じられるけれど「宮城峡らしさ」の大半は失われてしまうように思った。

これ以上薄めた水割りを試すべきだろうか? 悩むところだが、「宮城峡の水割りを」という注文が通らぬとも限らない。実際、「**の水割りを」という注文があったのだ。ここでは1:2の水割りに仕上げた。うむ、まだ伸びているけれど、これをブラインドで出されたら何の水割りか当てるのは非常に難しいだろう。それだけ、本来の味わいが失われているということだ。

最後に宮城峡のソーダ割りも試しておこう。ここではだいたい1:2のソーダ割りに仕上がるようにした。うむ、酸味に負けることもなく、甘みがしっかり残っており、飲み物としては悪くない。だが、これが何のソーダ割りか、ブラインドで出されたら一発で当てることは無理だろう。悪くはないけれど、宮城峡の良さがソーダによって引き出されるような感じではないので、積極的にお勧めし難いように思う。


【付記】
● 余市も宮城狭も、熟成年数無記載のボトルは水やソーダで薄めてもいけるように仕上げていると予想していたのですが、いずれも「あまり薄めないほうが良い」という結果になって意外な感じがしています。両者は確かに違うはずなのですが、かつてのように「余市らしさ」とか「宮城狭らしさ」がかなり薄れて、違いがわかりにくくなっているように感じました。もしブラインドで出されたら、外してしまうかもしれない、そんな気までしてきました。


≪ 余市(新ボトル)へ   山崎(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)