アランモルト10年 シングルモルト(アイランズ)

ArranMalt10y.jpg
今回はシングルモルト〈アランモルト(The Arran malt)10年〉を飲んでみた。ウェブ地図で確認すると、アラン島はキャンベルタウンがあるキンタイア半島の東にあって、アイル・オブ・アラン蒸留所はアラン島唯一の蒸留所ということだ。同蒸留所はアラン島の北部、A841道路沿いのロックランザという町の付近で、ロックランザ城やゴルフ・コース、ホテルも近隣に存在している。ちょうど観光スケジュールの一つに蒸留所見学というのがうってつけの感じ。

小さなグラスに注いでみると色はかなり淡い琥珀色。蓋を取ると、アルコールの揮発に混じって麦芽香、どこかオイリーでナッツを思わせる香り、そしてバナナのようなフルーティーさもある。スモーキーさやピート香はほとんど感じられない。口に含むと、モルトの甘みがまず来るが、オイリーでナッツを思わせる味わいもある。わずかに塩(潮)気も感じられ、次いで微弱なスパイスもある。

フィニッシュの余韻はそう長くなく、スパイスが引いた後にモルトの甘みが舌に残り、麦芽かが鼻腔に抜ける。飲み終わった後のグラスからはウッディな香りが漂ってくる。若干の加水でも味わいのバランスは崩れないが、ほんの少しの加水で甘さが引き立ち、フローラル系の香りが開くような気がした。

トゥワイス・アップまでもっていくと、さすがに薄まってしまった感じがするが、モルトの甘さはしっかり残っている。ただし、香りは多くの要素が欠落してしまうようで、飲みやすいけれどそんなにお勧めできるものではない。オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、甘みが凝縮されて感じ、スパイスもしっかり味わうことができる。

冷却によって香りはある程度抑えられてしまうけれど、暑い時期、氷に注いで飲むのは悪くないと思う。何しろ日本は夏の日中温度が30度を超えるので、そんな時には何か冷たいものが欲しくなるのではないだろうか。加水が進むにつれて、リンゴを思わせるフルーティーさも感じられ、オーバー・アイスもうまいモルトだと言える。

トゥワイス・アップを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルも試してみた。ここではウィスキー10mlに対して水10mlという「ひかえめ」の分量だが、飲みまくっていては仕事にならぬので適度で抑えておく必要がある。うむ、ライトボディのスペイサイド・モルトを思わせるリンゴのような味わいに、ふっと漂うナッツ類のような味わいが面白い。

この際だから1:2水割りも試しておこうと思う。製造元では水で割って飲むことなど思いもよらぬかもしれないが、日本では「水割りを」というオーダーが通ることも決して珍しいことではない。飲み方はあくまで自由であり、好きなものを好きなように飲んだらいいじゃないか、という気持ちもある。ううむ……やはりこれは「薄くなりすぎ」の感じがした。比較的伸びるほうだとは思うが、ウィスキー本来の味を楽しむにはちょっと……と思ってしまう。

さて、最後にソーダ割りもやっておこう。というか、シングルモルトのソーダ割りをオーダーした人は誰もいないんだけど……まあ、いいではないか。ここではいつものようにアランモルト10年の30mlを8オンス・タンブラーで、1:2のソーダ割りに仕上げた。うむ、飲み物としては悪くないんだけど、「これは何のソーダ割りでしょう?」とブラインドで出されたら一発で当てることは至難の技であろう。

まあ、それくらいアランモルト本来の属性が失われているということなんだけど、日本ではソーダ割りの人気が高いの実情なので、一応「やっておく」必要があると思って実行したまでのことである。飲み物としては悪くないが、わざわざ「アランモルトで」と指定してソーダ割りをする必要があるほど、原種の良さを引き出せているわけではないと思った。


【付記】
● シェリー樽やバーボン樽で熟成させたモルトに人気があるのですが、オーク樽熟成のモルトも捨てがたい味わいがあると思いました。スモーキーさやピート香はなく、たいへん飲みやすいライトとミディアムの間くらいの感じでしょうか。何杯かウィスキーを飲むときの、最初の一杯として楽しみたいですね。その後、シェリー樽熟成の芳醇タイプ、そしてヘヴィリー・ピーテッドのモルトへ進むのがお勧めです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)