目玉焼き丼を食う

FriedEggOnBoiledRice.jpg
バー〈フラヌール〉でお客様が私(只野乙山)を見た感想でわりとあるのが「もっと体格のいい人(もっと太っている人)だと思った」である。これはおそらく、ウェブログの記事でラーメンと炒飯のセットばかり書いているので、そう思われたのだと想像するが、たとえば神戸元町とか三宮周辺へは週一回で通っていたので、毎日ラーメンと炒飯のセットを食べているわけではない。

以前の職場なら移動することが多かったので、途中〈阪急そば〉で何かそばなどを食べて終了、というパターンが多く、ふだんは意外にもそんなに「がっつり」食べているわけじゃないんですよね。むしろかなり小食と言っていいのではないだろうか。何しろできるだけ「腹八分目作戦」を心がけており、休日の昼食など干し蕎麦100gをゆでてワサビとめんつゆで食べるだけ、のこともある。

最近は夜がどうしても遅くなるので「深夜食」(炭水化物と油脂を避けるのがポイント)を食べて睡眠、昼近くに起きて「昼食」、そして開店前の腹ごしらえとしての「夕食」というパターンになってしまった。近所にはランチをやっている飲食店や弁当屋がたくさんあるので昼食には困らないけれど、11時過ぎに行くか、13時過ぎに行くかを選ばないと混雑していて慌ただしいことこの上ない。

なので当初は喜んでいたけれど、だんだん混雑を避けてランチをとるのが面倒になってきて、自宅で軽いものをさくっとこしらえて済ませてしまうようになった。今回は実行している方も多いと思う「目玉焼き丼」。前夜から米100gを洗ってザルにとり浸水を済ませた米を保存容器に移して冷蔵庫に入れておくのが最大のポイント。すぐに炊けるようにしておかないと、やる気が起きないんですね。

炊飯専用土鍋を〈フラヌール〉に持って行ってしまったので、家にある鍋を使って炊飯を行う。いや、炊飯器などなくても米は炊けるんですよ。一人分だけだったら、炊飯器を使うより鍋のほうがいいかもしれない。浸水を済ませた米と同量の水で加減はOKで、実際には米100gに対して水110~120mlの間のいずれかに自分の最適ポイントがあると思う。

米を蒸らしている間に味噌汁の用意をする。できるだけ高たんぱく低カロリーを目指して木綿豆腐を具材にした。大阪市内に引っ越してきて困ったのは「コープこうべ」の食材が入手できないことだろうか。私はコープこうべの木綿豆腐が大好きなのだ。あれに代わる物はないと断言してもいいくらいで、またコープこうべの「五割蕎麦」がないのも悲しい。

MomenTofu_FM.jpgところが、自宅近所のファミリーマートで木綿豆腐を買ったところ、これがかなり「いける」ことがわかった。コンビニ店の豆腐がこれほどとは思わなかった。だけどこれ、店舗によって置いている所とそうでない所があって困惑してしまう。どのコンビニだって同じでしょ、と思っていたが、店長の仕入れのセンスでラインナップが少しずつ変わってくるようなのだ。

タイマーを見ながら、蒸らしが終わる2分ほど前にフライパンに少量の油を入れてバーナーを点火。フライパンが熱せられたのを見て卵を割り入れる。白身がある程度固まり、黄身はほとんど生の状態がいいのではないかと思う。そんなに時間はかからないけど、目玉焼きの仕上がりは好みでいけばいいだろう。これを炊きあがったご飯の上にのせて出来上がり。

黄身をぐちゃっと潰したところに醤油を垂らし、軽くかき混ぜて食べる。いやあ、うまいなあ! もうこれだけでじゅうぶんである。炊きあがったご飯全体に黄身が行き渡ることはないので、残りのご飯は豆腐の味噌汁で食べ切ってしまうという寸法。卵がなくても、ふりかけと味噌汁だけで炊き立てのご飯は美味しく食べることができるんですね。


【付記】
● 目玉焼きの食べ方として、ハムエッグやベーコンエッグはとてもよく出来ていますね。だけど「目玉焼き丼」もかなりいい線をいってるんじゃないかと思いました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいですなあ。卵かけごはんよりうまいと思うことがあります。
黄身が濃厚ですからね。
もっとも僕の場合はご飯に乗せる場合はWです。

>ご飯全体に黄身が行き渡ることはないので、残りのご飯は豆腐の味噌汁で食べ切ってしまうという寸法。

ここのところ、とことん卵で飯が好きですね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
目玉焼き丼は、じつに巧くできていると思いますね。
黄身の濃厚さを残しながら、白身はわりと固めてしまうので、
あのぬるっとした白身が口に入ってくることはありません。
(あれが好きだ、という人もいると思いますが)
なので、目玉焼き丼をやることが多いんです。

No title

半熟の黄身、めちゃ美味しいですよね~
「あの」炊き立てご飯と目玉焼き、お味噌汁・・・
下手な外食より余程ご馳走だと思います♪

私は屋台で売っている「たまごせんべい」(大判のえびせんべいに
目玉焼き・お好み焼きソース・マヨネーズ・青のり・天かすを乗せた)も
好きなのですが、とろりとした美味しい焼き加減のものほど食べる時に
苦労するんですよね(^^;)
(我ながらB級グルメですが)

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
黄身は半熟までもっていってもいいんですが、
乙山はほとんどレア(生)に仕上げるのが好きです。
白身がある程度固まったら、ご飯に乗せてしまいます。

> とろりとした美味しい焼き加減のものほど食べる時に苦労する

そうそう、それなんですよねえ。
白身も、ある程度固めないと乗せるのが難しいですね。
目玉焼き丼はその点、食べるときは楽です!

No title

炊飯器がないと米が炊けないと思っている人の
なんと多いことか・・・。
飯盒炊飯という言葉も死語になりつつありますねぇ。

No title

ファミマに限らず、コンビニのオリジナルの食品て結構いけるものが多いですね。
まあ、それぞれのお店を背負って店頭に並んでいるんだから当然なんでしょうが・・・。

目玉焼き丼は私も結構やりますよ。熱が入っている分ただの卵ご飯よりも味が濃厚になって・・・いいですね。でも大切なのは卵はもちろんのこと、醤油ですね。卵がいくら良くっても醤油が悪ければ・・・ね。

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
じつは家に炊飯器が「ない」のです。
キャンプとか野外学習で飯盒炊爨を実習する機会はありそうな気がしますが、
使われなくなりつつある言葉でしょうね。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
コンビニ店の商品のいくつかは、本当になかなかいける物がありますね。
仰るように、しょうゆを吟味するとよりおいしくなると思います。
米、卵、しょうゆをそれぞれ吟味すると、限りなくA級に近付くような気がします。

いつも拝見しています

目玉焼き丼は、間違いないですね。木綿豆腐の味噌汁も最高です。
味噌汁の具は、豆腐と油揚げが、一番と思っていますが、玉子もよく入れます。
温泉玉子や目玉焼きも、味噌汁に入れたりしますが、黄身が、硬くなりすぎるといまいちなので、半熟にしています。

Re: いつも拝見しています ; バーメンダーさん

バーメンダーさん、コメントありがとうございます。
目玉焼き丼は、飽きませんね!
味噌汁の具に、油揚げを入れるのは好きです。
油揚げとほうれん草、または油揚げと大根、人参とか。
味噌汁に卵を入れるのは、したことがありません。
またよろしくお願いします。

No title

こんにちは~。
目玉焼き丼で盛り上がっていますね。^^

私は目玉焼きは好きだけれど、丼にしたことはないなあ…
亭主は目玉焼きを、勝手にごはんにのっけて食べているようですが、
そっかあ、美味しい食べ方なんですね。^^

あのですね。お味噌汁やお吸い物に溶き卵を回し入れて『かきたま汁』
というのは普通によくやると思いますが(合わせる具はタマネギが美味しいですよ)、お味噌汁に丸ごとのたまごを一個そっと割り入れて煮るって言うのも、美味しいですから是非お試しください。それもね、このお豆腐と葱の味噌汁とか、お豆腐と白菜の味噌汁とか言うのが、よく合います。
煮具合は、黄身が半熟よりちょっと固め、っていうくらいが美味しいかな。
これはね~、ともすれば敬遠されがちな白身の部分も美味しいのですぅ。
特に、白身の縁の部分、お味噌汁と混じり合って煮えてるところが、味がしみて
美味しい。決して見かけのいいものではありませんが、これだと汁ものというよりはもう完全な『おかず』になります。^^
お味噌は、白みそから中味噌くらいがいいかな。赤みそは合わない(かな)。
煮るときの注意ですが、卵をそっと煮立った味噌汁に割りいれたら、そのままに
しておくとたまごが底に沈んで、鍋に焦げ目を作ってしまうので、一度そうっと
お箸の先で生状態の卵を浮かせるように動かしておいてください。

B級の食べ方といえば、冷ややっこが美味しいのは無論ですが、
お醤油かけた冷ややっこをぐずぐずに壊して(あんまり細かくでなく)、ごはんにのっけて食べるのも、これが意外なほど美味しいです。さっぱりした冷ややっこが濃厚な味わいに変わる。(刻みネギも一緒に混ぜこんじゃう)
これ。子供の頃、好き嫌いのすごく多かった私が、他におかずがない時
こっそりやっていた食べ方です。母も兄も、行儀よく食べることにうるさかった
んですが、私がこうして食べることは、顔をしかめながらも黙認してくれていました。(笑)お魚もお肉も嫌いでたんぱく質不足気味の子供が、お豆腐なら食べる。『…仕方ない・・』と思っていたのでしょう。^^
そう言えば、味噌汁で卵を煮る、というのも、私が病気上がりの時、母が
やってくれていたような。たまごがぜいたく品の時代でした・・・
今は好き嫌いは全然ありません。^^
 

Re: 彼岸花さん

彼岸花さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
目玉焼き丼は、黄身の濃厚さを味わうことができ、
同時に白身の塊が苦手な人でもおいしく食べることができるやり方です。

最大のコツは、できるだけ黄身に火を通さないようにすることと、
白身に軽く火を通すようにすることでしょうか。
超半熟目玉焼きを作るようにする、というわけです。

味噌汁に卵を入れるのは、あまり(というかまったく)今までしませんでした。
なぜそうなったのか、自分でもよくわかりません。
彼岸花さんが仰るようにすると、おいしい「かき玉汁」になると思います。
今度やってみようかな。

なるほど、冷奴をご飯に乗せて食べるというのは「あり」ですね。
刻み葱を入れるのがポイントのようですが、
たぶん葱がなくてもおいしいんじゃないかと思いますね。

醤油をかけた冷奴を先に口に入れ、それからご飯を食べて咀嚼すれば、
結局は「同じ」はずなんですが、どういうわけか「冷奴ごはん」を実行する人は、
なんだか少ないような気がしてなりません。

ゴマ油を垂らすと、とてもおいしくなりそうな気がしますね。
これも今度、やってみようと思います。
彼岸花さん、どうもありがとうございました。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)