ベンリアック12年 シェリーウッド シングルモルト(スペイサイド)

Benriach12y_SherryWood.jpg
以前、ベンリアックのクリオシタスを飲み、そのスモーキーさに惹かれて店(フラヌール)にも置こうと思っていたのだが、ちょうど酒屋が欠品中で、メニューに載っているにもかかわらずボトル棚にない、というのが続いていた。何とかしないといけないのだが、考えてみるとスモーキー系はアイラのいくつか、そしてアイリーク(イーラッハ)やブラックボトルがあるではないか。

スモーキー系のボトルはけっこうある一方、シェリー樽熟成の芳醇なタイプはマッカランとグレンドロナックくらいである。だったら、ベンリアックも普通の12年物より、シェリー樽熟成のものを選んだ方が面白いのではないか。お客様からも「赤いラベルのがお勧め」とご意見を頂戴した。なので今回は、ベンリアック12年のシェリーウッドを入れてみることにした。

小さなグラスに注ぐと、見事な琥珀色。蓋を取ると、アルコールの揮発に混じってプルーンやレーズンを思わせるドライフルーツの香りが漂ってくる。スモーキーさやピート香はほとんど感知することができない。口に含むと、モルトの甘味がまず来るが、少し遅れて穏やかなスパイスを感じる。わずかな塩(潮)気を感じるが、煙臭さはほとんどと言っていいほど感じない。

フィニッシュの余韻はやや長めで、穏やかなスパイスが去った後にモルトの甘味が舌に残り、フルーツとヴァニラの混じった香りが鼻腔に抜ける。モルトの味わいが舌に残り続け、しばらく後でも鼻腔に甘い香りが漂ってくるのが感じられる。ほんの少し加水をしても味わいのバランスは崩れない。加水によってヴァニラやキャラメル様の香りが開くように思える。

トゥワイス・アップ(ここでは20ml)までもっていっても、薄まった感じがそれほどしないので、比較的よく伸びるタイプのモルトだと言える。たいへん飲みやすくなるわりに、味わいはそれほど損なわれないので「トゥワイス・アップで」というオーダーも「あり」かと思う。加水すると、極めて微弱なスモーキーさの痕跡を感じるように思うが、これは樽由来の木質香と混じっていて複雑である。

オーバー・アイス(ここでは20mlを氷を入れたオールドファッションド・グラスに注いでいる)でやってみる。確かに冷却によって香りの広がりは多少抑えられてしまうものの、甘みは凝縮しているように感じる。ストレートで味わった時の十全な香りを楽しむことはできないけれど、元々持っている香りが強いためか、氷に注いでもやるのも悪くない。

かなりよく伸びるタイプのモルトだと思うので、1:2水割りも試してみよう。ベンリアック12年シェリーウッド20mlを氷を入れた6オンスタンブラーに注ぎ、だいたい、もといメジャー・カップできっちり量って正確な1:2の水割りになるよう仕上げる。うむ、よく伸びていますね。確かに香りのほとんどは脱落しているし、全体に薄まった感じはするけれど飲み物としてはそんなに悪くない。「何か飲みやすいものを水割りで」というオーダーに出してもいいのではないかと思う。

20mlを基準にするのはセコいな、という声が聞こえてきそうだが、以前と違ってこのベンリアックは売り物なので、店主が飲みまくっていてはいけないのだ。例によってソーダ割りも試してみるのだが、ここでも同じ6オンス・タンブラーで1:2のソーダ割りに仕上げた。飲んでみると、ぶち壊しになっておらず、なかなか良い印象。ただ、持ち味の甘い香りがふわっと漂ってくる完璧な組み合わせには今ひとつ、という感じだった。


【付記】
● テイスティングは酒の量販店で買ったボトルを自宅でのんびりやるのがベストなのですが、いくらでも飲んでしまいそうなので、酒屋に店まで運んでもらって行いました。写真はiPad Air2付属のカメラで撮影しましたが、そこそこ使える品質のようなのでこれで良しとしました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今日はお世話になりました!本当に楽しいひと時をありがとうございます。もう家に着いて、まさに白プードルをお散歩中なので、意外と近いなぁと。

連れもとても楽しんでいたようなので、またお伺いしますね。

今日のラインナップでは、やはり2杯目が素敵でした。色々教えて頂いて面白いなー

Re: 白プードルとお散歩さん

白プードルとお散歩さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあ、大山崎の蒸留所の話、本当に驚きました。
ついこの間まで「ビールしか飲めなくて」と仰っていた方とは思えません。

二杯目は〈グレンファークラス12年〉でして、まさに直球勝負、
いまだに大資本が入らずに一族経営している珍しい蒸留所なんです。
その一杯がお気に召されたと伺って、ただ感心している次第です。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)