地下鉄長堀橋駅周辺を歩く(3) 中国料理 一風亭

Ipputei.jpg
自宅周辺の中華料理店の三軒目は〈一風亭〉という店にした。場所的には以前紹介した〈富品〉の横並びにあるといってよく、長堀橋の駅から行くとすると、長堀通りを東向きに進んで、阪神高速のところまで来たら左折し、しばらく歩くとたどり着くと思う。角の所に店があって、黄色やその他写真などたくさん貼ってあるから目立つのではないかと思う。

定食類はたくさん種類があって、選ぶのに迷うくらいである。驚くのは月~土曜日の13:30分まで「日替わりサービス」があることで、通常価格の680円よりさらに値引きした580円になっていること。カウンター席がいくつかあって、四人がけのテーブル席や、大人数で利用できる円卓もあるので、一人で行くにもいいだろうし、団体で入店するのにも対応できるようだ。

メニューなどに書いてある字などから類推すると、おそらく大陸系の人たちが経営しているのではないかと思う。もう腰が曲がってしまったお爺さんの店員さんが料理を運んでくれるのだが、この人はただの配膳係ではなく、料理人でもあるようだ。ふだんは配膳をしているのだけど、他日入店してみたら、いつも料理をしている人が配膳をしていて、あのお爺さんが料理をしていることもあった。

不思議なのは彼らの人間関係である。お爺さんに対する態度がちょっときついこともあるので、雇い人なのかなと思うのだが、実はあのお爺さんと料理人は親子ではないか、とも思う。昔はあのお爺さんが中心になってこの店を切り盛りしていたのではなかろうか。だがそれも想像の域を出ないもので、実際のところはよくわからない。注文は例によって「半定食」である。

さて料理が来ましたよ。あのお爺さんが持って来てくれるのだが、足取りがあぶなかしい時があり、見ていてヒヤッとする。片手にラーメン、もう一方に炒飯を持ってこちらに向かってくるのだが、あの例の、親指がスープに……というのが現実に起こるなんて思ってもみなかった。珍しい現象ではあるがあまり歓迎すべきではない。けど、お爺さんだからなあ。

ラーメンはスープの透明度が高い、神戸の大陸系中華を思い出させるような色合い。焼豚、モヤシ、メンマ、葱、ワカメなどが乗っており、麺は中太の縮れ麺である。スープを飲んでみると、何ともあっさりした味わいで、たぶん魚介系は使っていないと思う。やはり大陸系の味付けといえる。自分はこのあっさり、さっぱりした味わいが好きだが、日本のラーメン専門店と比べるべきではないだろう。

炒飯は焼豚、卵、葱、人参などが使われたごく普通のもので、具材はすべてかなり細かく刻んであるのが特徴。好みとしてはざっくり刻んで「五目炒飯」風に仕上げたものが良いと思うが、こういうスタイルも、それはそれでいいんじゃないだろうか。油の回りも良く、ぱさっとした感じがなく、ラーメンとのバランスはうまく取れているように感じた。

これで680円だからお得な感じがする。しかも土曜日だったら、13:30分までに入店すると、これが580円で食べることができるのが驚きだ。土曜日、何度か利用させてもらったのは言うまでもない。ただ、これは重要なことなので書いておかないといけないが、あのお爺さんが料理をしているとき、焼きそば定食を頼んだら、どういうわけか妙に甘かった。なぜあんなに甘く仕上げるのか理由はわからないが、あまり好きになれなかった。


【付記】
● いろいろと謎の多い〈一風亭〉ですが、とにかく値段が良心的なのがいいですね。そして味はそこそこおいしくて、何かの間違いがない限り、おおむね満足できるものだと思います。やはり近隣で働いている人たちに人気の店で、11時過ぎに行くか、あるいは13時過ぎに行くかのどちらかにして利用させてもらいました。

後日、13時過ぎに利用したところ、あのお爺さんが料理をしていました。なんだか嫌な予感がしたのですが、やはり料理の出来はあまり良くありませんでした。どうやら、少し暇になると料理をお爺さんに任せているようで、もしそうだった場合は運が悪かったとあきらめるしかありません。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)