乙山、ついに携帯電話を持つ

MobilePhone.jpg
この度は〈BAR FLANEUR〉開店準備に伴って引っ越しも行った。ガス、水道、電気は滞りなく手続きが終了したが、電話とネットだけが一週間ほど通じない状態になってしまった。この21世紀における生活上、コミュニケーションの手段がないというのは非常に由々しき事態である。「は、一週間も? ていうか、いつの時代ですか? ありえないでしょう」とNT*西日本のオペレーターに苦情を述べ立てても「申し訳ございません」の一点張りで、どうあっても工事期間の変更は不可能であるようだ。

考えてみれば、オペレーター個人には何の罪もないわけで、彼女(彼)にいくら謝ってもらっても仕方がないのである。工事の現場も休む暇もないほど忙しい思いをしているに違いない。おそらく悪いのは、何をしているのかよくわからない、やたら暇そうだけど偉そうにしている例の人たちなのだと想像する。なのでどれだけ寂しい思いをしても、ウェブログのお付き合いができなくても、これはもうどうしようもないこととあきらめるより他はなかった。

どういうわけか、店のほうは早々と電話とネットが開通した。だがこれも色々あったんですよ。ネットその他で調べてみると、今のこの時代にビル自体が光ファイバーネットもケーブルネットも使えない(!)と判明した。「お前は陸の孤島か!」とか叫びたくなる状態で、じゃあWiMAXとかにしないといけないのかなあ、だけど室内はつながりが悪いというしなあ、導入したはいいけれど使えなかったら最悪だぞ、などと悶々とし、結局あろうことかADSLを選択するしかない事態になった。

なんでこの時代にADSLなんだよ、と泣きたくなってしまったが、それしかないんだから仕方がない。しかもADSLはもう数年すると新規加入を断ることになっている「終わりかけのシステム」で、理由はADSLモデムの生産が終了したから、という何とも間抜けな話。それでADSLモデムが故障したらいったいどうなるんだろう。ネットでADSLモデムを見ると3~4万円しており、驚くというか呆れるよりほかはない。

価格は需要と供給の関係によって決まるので、本マグロやウナギの値段が高いのとまったく同じ原理であって、あきらめるしかないのが何ともやるせない。で、ADSLをつないで通信速度を測定すると、時間にもよるがその時はイーサネットで下り約3Mbpsだったので、泣きたくなるのを通り越して「アホか」とか言いながら一人でゲラゲラ笑ってしまった。その後、恐ろしいほどの虚しさが去来したのは言うまでもない。静止画の表示に時間がかかるなんて、ブロードバンド環境が整う以前の「ダイヤルアップ接続」以来の珍事ではないだろうか。

WiMAXのお試し版を使ってみていけるようだったら、ADSLは即座に解約してやるつもりである。そんなこんなでほぼ毎日ノート型PCをバックパックに入れて店に通い、準備に向けて色々なことを進めているが珍騒動はまだ続くのである。携帯電話はもたぬ主義を通してかなり以前から変人扱いされてきた私だが、SIMフリーの激安版スマートフォンは一応持っていた。これでメールとネットの軽い閲覧は可能なわけで、なかなか役に立っていたのである。

だが通話機能を使っていなかったのが決定的だった。複数の業者に「連絡先はないんですか?」と言われ、いや悪いのは私じゃなくて、NT*西日本なんだよ、と口に出かかったのを押さえながら、そうかこの時代に携帯電話を持っていなかったら変人どころか人間扱いされないんだ、とつくづく思った。仕方なく「050アプリ」とやらをインストールし、通話機能が使えることを確認したうえで業者に電話番号を伝えた。

そういえば「鳴らない携帯」って何かのタイトルにあったっけ、とか思っていたら、業者が「あの……電話つながらなかったもので」と言った。思わずポケットに入っているスマートフォンを取り出して地面に叩きつけたくなる衝動に駆られたが、何とか押しとどめた。これはもう、携帯電話を持つしかないな、というかそれが必要な職種になってしまったんだ、と思い、いちばん近い心斎橋の携帯電話店に行った。

スマ―トフォンの通信費が高いのでSIMフリー激安版にしていたわけである。ただの携帯電話をください、というと、店員さんは「こちらになさった方がよろしいかと……ガラホっていわれてるものですが」とか言う。いや、そういうのじゃなくて、折り畳み式のやつを、というと、「ああガラケーですか」とくる。携帯屋がガラケーとかガラホとか言うんじゃねえよ、と心の中で叫びながら対応を待っていたら、折り畳み式は一個も在庫がない、という。

このタイプは生産が少なくなっておりまして、それに当店は場所柄か法人契約が多くございまして、という。いやはや、どうしたものか……と困っていたら、店員さんが近隣のショップに在庫を確認してみます、機種はどうなさいます、と言ってくれた。こちとら携帯の機種の違いなんてちっともわかんないのである、なのでもしあるなら機種は何でもいい、色はピンク以外だったらどれでもいい、と伝えたところ、道頓堀のショップに一機種だけ残っている、という。

こういう契約って書類にたくさん書き込むのがうざいんだよなあ、と思っていたら、運転免許証とクレジットカードを提示すると、後は店員さんが入力してくれるではないか。良い時代になったもんだねえ、と感心していると、お客様、運転免許証が……と止まってしまった。引っ越したばかりだから、住所が以前のままになっているのだ。なにか現住所を確認できるものはございませんか、というが、郵便物を持ち運んでいるわけではないし、健康保険証もまだ発行されていないのである。

おっ、そうだ、あれがあったじゃないか、とマイナンバーとやらを書いてある紙きれを取り出した。これは大阪市中央区役所において正式に手続きしたもので、裏面に現住所の手書きと中央区役所の印鑑が押してある。ところが、それでは通らないのだという。なんということであろう、役立たずのつまらぬ紙切れを即座に破り捨ててしまいたくなったけれど、あとで困るかもしれないからやめておくことにした。住民票があると一番いいらしい。

また中央区役所まで行くのかよ、と思っていたら、店員さんが「住民票だったらすぐ近くで出してくれる所がありますよ」という。「御堂筋まで出て、南に向かって行って……地下に降りてすぐの所です」と良い情報をくれた。ところが、それらしい所はちっともわからないのである。スマートフォンを取り出し、検索してみると、難波サービスカウンターというらしいのだが、公式ページのアクセスマップがまったくもって理解不可能な代物である。

はあ……なんでいい歳をして迷子みたいなことになってんだろう、いったいどれだけ歩き回ったことか。少年探偵困難みたいな声で「あれれぇ?」とか言いたくなる気分だ。もう昼の12時を回っている、午後1時に店で業者に会うことになっているから、むやみな探索を諦めて店に戻った。店の近所の中華料理店で中華丼を食べ、業者と打ち合わせを済ませた後、店から難波サービスカウンターに電話をかけて行き方を訊いた。結局、こうするのがいちばん手っ取り早いわけである。

というわけで、こんな時代に(いやこんな時代だからこそ)ただの、ふつうの携帯電話を持つことになりました。電話は本来嫌いである。こちらの都合に一切お構いなしに、いきなりかかってくるからで、即席めんとかスパゲッティを作っているときにかかってきたら放置しているくらいである。だけど、不動産屋をはじめ複数の業者とどうしても連絡を取る必要があり、今度ばかりは電話がおおいに役に立ってくれた。不思議なもので、いざ持ってみると「鳴らない携帯」って少し寂しいような、妙な気分になるのが自分でも解せない。


【付記】
● 複数の業者と取引する以上、携帯電話は必携アイテムで、持たないわけにはいかなくなってしまいました。実際、すぐに連絡が取れないと「話にならない」んですよね。自宅の電話とネットも2月22日にようやく開通し、久しぶりにネット閲覧ができるようになりまして、コメント対応もOKです。どれだけ自分がネットやパソコン環境に依存しているか、身に沁みてわかったように思います。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

相手の土俵で苦労されましたね。
私ならどこかで、キレちゃいます。
昔、通ったバーでPHSがつながらなかったのを
思い出しました。
それはそれで、心地よかったんですよ。

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあ、今回はもう「参った」としか言いようがありません。
悩ませてくれることが色々ありすぎて、もうね……
「元気出していこうぜ」って、自分に言ってるのも笑ってしまいます。

No title

お、お疲れさまでした(^^;)
この手の手続きってほんまウザいですよねぇ・・・
ちなみに私もガラケー使いのWiMAXユーザーです♪
WiMAX、中央区日本橋某所の自宅集合住宅4Fでは
ほぼ問題なく使えるのですが、心斎橋某老舗百貨店内や
地下鉄御堂筋線の難波~梅田間、雑居ビルの地下階など
「えっ何でここだけ!?」といいたくなる位のピンポイントで
挙動が怪しくなったりします(^^;)
乙山さんのご自宅とお店のネット環境がストレスなく
つながることを陰ながら祈っています~!
(結局運頼みかい!と言われそうですが(笑)

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやもう、疲れましたよ。ほんとにね。
そうですか、ふつうにWiMAXが使えるんですね!

店のネット問題については、たぶん解決しそうです。
それについてはもう記事を用意してあるんです。
暇だから(おいおい)オフラインで記事を書いてましたよ。

自宅のほうは全く快適で、問題なくやっております。
といっても、マンションタイプのVSLD方式ですから光ファイバーのありがたみはありませんが。
本当に、ネットにつながってないと不便だなあって実感しましたよ。

たしかSoftBankでもWi-Fiのサービスをやっていて、
それを店で使っている人もいるようですね。
店舗次第では、Wi-Fiでいける場合があるのですが、やはり怖いです。
使ってみるまで、わかりませんものね。

No title

こんにちは。

おやおや。^^
開店とお引っ越し両方ではどれほど大変かお察しいたします。
そんなときにネット環境がすっと整わないと、ほんとさらに大変。
でも。何もかもが新しく始まって行くのですからわくわくですね。
『引っ越し大好き人間』の私としましては、お話伺っているだけで目がきらきら
してきちゃいます(笑)。近ければお手伝いに参上しますのに。^^

すてきなお店になるだろうなあ!
ほんとに楽しみです。
開店も間近。目が回るほどお忙しいと思いますので、これにお返事はいいですよ~。
その分少しでもお体休めてください。
初日のオープニング一番最初にかける曲は何かな~?
これも楽しく想像しています~ ^^

Re: 彼岸花さん

彼岸花さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあ、引っ越しは本当に体力を使いますね!
荷ほどきも店とか生活に必要なものだけとし、あとは放置しています。
しばらく、段ボールと寝起きする生活が続くと思います。

楽しみも大きいですが、不安も大きいですよ!
人脈作りが苦手なものですので、それはまずかったな、と。
ある程度ネットで種をまいておいたのですが、
大阪の方のアクセスが少ないのは苦笑いするしかありません。

だけど前向きに考えていくしかありませんよね、
元気出していこうぜ、って思います。
ありがとうございます。

No title

私も携帯電話を持ち始めたのは周囲から比べればかなり遅く、気がつけば50人ほどの職場で、私など及びもつかないほど偏屈な方と二人だけが携帯電話を持っていない状況でした。

私の場合一月以上の長期の出張が入って、それを機会にやむを得ず導入しました。でも気がついてみれば、一日中携帯が鳴らずにいる日の多いこと多いこと。只野さんと同じ洋に私は電話嫌い。顔の見えない相手と話をするってのが苦手なんですよね。そんな私が自分から電話するわけもなく、そうすると自然と向こうからかかってくることもなくなるわけで・・・

・・・でも、世の中の仕組みが持っていることを前提に動いているようで・・・息苦しいですね。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
前の職場は自分が複数の業者と取引する必要がなく、
携帯電話がなくても何とかなったのですが、
今は「なくては話にならない」ものとなってしまいました。

仰るように、世の中の仕組みが携帯を持っていることを前提にしているんですね。
ある機器をお試しレンタルしようとすると、携帯がなくては手続きできぬのです。
これにはびっくりしましたね。なんということでしょう。

携帯はほとんど業者とのやり取りに使うものでして、
プライヴェートには家族親類以外、まだ使っておりません。
今後、店の関係上、増えることになるかもしれませんね。

No title

> 電話は本来嫌いである。こちらの都合に一切お構いなしに、い
きなりかかってくるから

 昔イギリス人だったかなあ、大の電話ぎらいの人のおもしろい
エッセイがありました。やはり「こちらの都合にはお構いなしに
」というのが一番の理由だったと記憶しています。

 結局かける側には便利だけれど、受ける側にとっては必ずしも
そうではないという機械ですね。その点では、Eメールのほうが
ずっとマシでしょう。

 そうはいっても無ければないで困るのが厄介なところです。い
まや公衆電話も激減したし、ぼくもやむなくガラケーをポケット
に入れております。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうなんですよ、ホントはキライなんですけどね。
だけど、複数の業者と取引しないといけない以上、
もうこれなくては成立しないことになりました。

結局、案件をスムースかつスピーディーに進めるには、
了解だの承認が必要で、取引先とかクライアントに、
すぐ連絡が付いたほうがいい、というわけだと思います。
今日も不意に携帯にかかってきてびっくりしましたよ。

だんだん、こういうことにも慣れていくんでしょうね。
そして、やがては携帯なしには生きていけない状態に……
「マイナンバー」より「携帯ナンバー」のほうが、
圧倒的にアイデンティティーの証明になるという事実に呆れてしまいます。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)