クラガンモア12年 シングルモルト(スペイサイド)

Cragganmore_01.jpg
今回はスペイサイドのシングルモルト〈クラガンモア(Cragganmore)12年〉を飲んでみた。ウェブ地図で確認すると、クラガンモア蒸留所はスペイ川とエイボン川の合流する付近にあり、その南西にトーモア蒸留所がある。現在の所有者はモエヘネシー・ルイヴィトン社傘下のディアジオ社。物の本*によると、オールド・パーやホワイトホースの原酒であり、ウィスキー評論家マイケル・ジャクソン氏の評価もザ・マッカランやロングモーンに次いで高い点数だったという。蓋つきの小さなグラスに注いでみると、やや淡い琥珀色。

蓋を取ると、レーズンやドライフルーツを思わせるフルーティーな香り、蜂蜜、有機系の接着剤が混じって感じる。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘みが来て、かなり糖度も高く感じる。少し遅れて微弱なスパイシーさが来るが、じつに穏やかでペパーミントとハーブが混じったような味わい。スモーキーさやピート香はほとんど感じ取ることができないが、樽由来と思われる木質香が含まれており、かなりデリケートな入れ方をしているように思う。

フィニッシュの余韻はそう長くなく、微弱なスパイスが去った後にはモルトの甘みが舌に残り、麦芽香が鼻腔に抜ける。モルトの味わいがずっと舌に残り続けるということはなく、引き際はあっさりしている。少し加水しても味わいのバランスは崩れない。加水によって何かが変わるということはなく、飲み終わった後のグラスから漂ってくるのは白檀(サンダルウッド)を思わせる木質香で、これをスモーキーさだと感じるかもしれない。

Cragganmore_02.jpgトゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていくと、フルーティーな香りが後退して、フローラルと木質香が支配的になる。ストレートでもすうっと飲めるくらいなので、ここまで加水が進むともう本当にいくらでも、という感じになる。それでも甘みは残っていて、時間の経過とともにアロマティック・キャンドルを思わせる味わいが付加されてくる。あまりお勧めできないが、苦手だが飲んでみたいという人には向いていると思う。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、ストレートよりも糖度が増したように感じるが、香りの広がりはさすがに抑えられる。元々穏やかなスパイスはさらに後退したいへん飲みやすい。クラガンモアは香りと味わいが複雑でデリケートなため、それらを十全に楽しむにはストレートとほんのわずかの加水がベストで、たぶん間違いないと思う。だが日中35℃を超えて夜でも30℃以下にならない最夏期にウィスキーを飲むとしたら、氷に注ぐのも悪くない。

あまり気が進まないのだが1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルも試しておこう。確かに冷却によって香りの広がりは抑えられるし、スパイスは完全に消失しているようで、これが最良の飲み方だとはとても言えない感じがする。なんというか、ちょっと勿体ない気がするのである。けれど甘みはしっかり残っているし、アロマティックな味わいも感じられるので、飲み物としては悪くない。いくら物は試しとはいえ、さすがに1:2水割りは断念するとしよう。

では最後にソーダ・ハイボールにしてみますか。8オンス・タンブラーを用いてだいたい1:2で仕上げたものを飲んでみる。酸味が立ってしまうのでは、という予想を覆し、甘みがいくぶん支配的に仕上がっている。アロマティック・キャンドルのような味わいもふわっとするし、飲み物としては悪くないと思う。だが、ソーダ割りにしたほうがうまい、とまではとても言い切れない。できるだけ薄めずにモルトとスパイス、木質香の繊細で複雑な味わいを楽しみたい。

*土屋守『シングルモルトウィスキー大全』(小学館、2009年)

【付記】
● ストレートがうまい厳冬期、そのままでくいっといけてしまうクラガンモアは本当に危ない美酒だと言えましょう。モルト、スパイス、木質香のバランスが繊細かつ複雑で、飲んでいて楽しくなるモルトでした。また、飲みやすいため女性にもお勧めできると思います。ストレートが最良ですが、暑い時期には氷に注いで飲むのもいいのではないでしょうか。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/03 (8)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)