カードゥ12年 シングルモルト(スペイサイド)

Cardhu12y_01.jpg
今回はスペイサイドのシングルモルト〈カードゥ(Cardhu)12年〉を飲んでみた。以前、ジョニー・ウォーカー黒のおまけとしてミニチュアボトルが付いていたこともあった。ウェブ地図で見ると、確かにスペイ川沿いにあるけれど、ノッカンドオ蒸留所のさらに北部に位置しており、物の本*によると、スペイ川の水を仕込み水にしているのではなく、マノックヒルの泉の水を使っているという。現在の所有者はモエヘネシー・ルイヴィトン社傘下のディアジオ社。

ブロンドに近い琥珀色。蓋を取ると、アルコールの揮発に混じって洋梨、リンゴ、ドライフルーツの香りがする。スモーキーさやピート香はほとんどしない。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘みをまず感じ、次にじつに穏やかなスパイスが来る。このスパイスはブラックペッパーというより、ペパーミントのような感じで、塩(潮)気もほとんど感じない。フィニッシュの余韻はそう長くなく、軽いスパイスが引いた後の舌に甘みがわりと残り、鼻腔には麦芽香が抜けていく。

ほんの少しの加水でヴァニラ系の香りが開く。基本的に味わいのバランスは崩れないが、スパイスはやや後退し、あっさりといくらでもいけてしまいそうな味わいになる。まずストレートで香りと味わいを楽しみ、次にほんの少しだけ加水して変化を味わうのが面白い。飲み切った後のグラスからはヴァニラ香に混じってオーク樽由来と思われる*木質香が漂ってくる。

トゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていくと、もうかなり薄まってしまった感じがする。スパイスは完全に消失するが甘みはまだ残っているところを見ると、これは典型的なライトタイプのモルトだと言える。ほんの少し加水しただけで「いくらでもいけてしまいそう」になるのだから、トゥワイス・アップにするとどれだけ飲みやすくなるか、容易に想像できると思う。

Cardhu12y_02.jpgオーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、冷却によって香りの広がりが抑えられ、グラスからはリンゴの瑞々しい香りがふっと漂ってくる。口に含むと、モルトの甘みが凝縮されたように感じ、スパイスがいくぶん後退するようで、これもすいっと飲めてしまう。煙臭さは全くないので、「ウィスキーが苦手な人」や「何かウィスキーを飲んでみようと思うんだけど」という女性にも勧められそうなほど、軽くて飲みやすい。暑い夏などにも向いていそうに思える。

さて、ここからが問題で、ストレートか少しの加水、あるいは氷に注いで飲むのが良いのがわかったが、さらに薄める方向はどうなのだろう。本当にダメかどうかは、実際にやってみないとわからないもので、自信を持って勧めることができるのは、実際に味わってみたからこそ、なのである。というわけで、「ハーフ・ロック」スタイル。おお、飲みやすい、だけど何の水割りなんだろう? これをブラインドで出されたら「カードゥ12年だね」などと当てる自信はない。

ただ、これを水を少し控えめにしてしっかりステアして仕上げたものなら、きりっと冷えて夏にはおいしいんじゃないだろうか。何しろこちらでは夏に35℃を超える暑さなのだから、本場のスコットランドと一緒にするのはそもそも無理な話なのだ。原理主義者は認めたがらないだろうが、こちらにはこちらのやり方があるっていうものだ。だが、そうは言うものの、さすがにこれ以上薄めて飲むのは断念したいと思う。

では、例によって(おいおい)ソーダ割りにしてみますか。ここでは、だいたい1:2になるよう仕上げている。うむ、多少酸味が立っているが、甘みもしっかり残っているので両者が拮抗する面白い味わい。ぶち壊しにはなっておらず、わりと合っているほうだとは思うけれど「バッチリ」とは言えないもどかしさが残る。なので積極的にお勧めする気にはなれない。そのままか、ほんの少しの加水、または氷に注いで飲むのが最良と感じた。

*土屋守『シングルモルトウィスキー大全』(小学館、2009年)
**カードゥ12年の箱に "matured for twelve years in old oak casks" と明記してある。

【付記】
● まことに軽やかで飲みやすい味わいのカードゥ12年ですが、ご存知のようにジョニー・ウォーカーの原酒として知られています。記事の本文ではパスしましたが、一応1:2の水割りも試しておきました。やはり、薄い! ウィスキー好きの人ならまずやらない飲み方でしょうが、苦手なんだけどなんか飲んでみたい、という人にはお勧めできるかもしれません。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スコッチはバーボンに比べて水割りにすると味が薄くなり過ぎて
個性の少ない飲み物になります(ある程度以下の価格のものです)
今1番多い飲み方は、スコッチ対水が1対0.5~1をちびちびですね。
節酒するよう努力してるのですが、ちびちびでも飲む時間が長いので
けっこうな量になってしまうのです。

Kazさん、コメントありがとうございます。
諸般の事情で対応できずにいます。ご容赦ください。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)