ホワイトオーク シーアンカー(ブレンデッド)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】


SeaAnchor.jpg
今回は久しぶりに日本のウィスキー〈ホワイトオーク シーアンカー(Sea Anchor)〉を飲んでみた。ホワイトオークという名前からわかるように、江井ヶ嶋酒造によるものだが、販売店のサイトによると「三菱食品のプライベート商品」ということだそうだ。江井ヶ嶋酒造の公式製品一覧にもないし、三菱食品の製品一覧にもなく(2016年2月現在)、店頭で見かけることもない不思議な一本。今回はシングルモルトを買うついでに、通販サイトで入手した。小さなグラスに注ぐと、琥珀色だが着色している可能性がある。*

蓋を取ると、アルコールの揮発に混じって蜂蜜とヴァニラ系の香り、微弱なスモーキーさと木質香が混ざった香りを感じる。口に含むと、モルトの甘みに次いでかなり強めのスパイシーさが来る。塩(潮)気はほとんど感じないし、スモーキーさやピート香もほとんどわからぬくらいの微弱な入れ方。フィニッシュの余韻はそう長くはなく、スパイスが引いた後、舌に甘みが残り、ヴァニラと木質香が混じった香りが鼻腔に抜ける。舌に残った甘みや香りの引き際はあっさりしている。

若干の加水でも味わいのバランスは崩れないが、スパイシーさが後退する分、甘みが前に出てくる感じがする。トゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていくと、スパイスはかなり後退するもわずかに残っている。甘みもしっかり残っていて、比較的伸びるタイプではないかと思う。同社の〈ホワイトオーク あかし〉に比べると、明らかにスモーキーさとピート香が控えめになっており、飲み干したグラスからはドライフルーツ、ヴァニラ、木質香が混じって漂ってくる。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、スパイスと甘さが同時に来る感じがして、これはこれで面白い。甘さもいくぶん凝縮されているように感じるが、さすがに香りは冷却によるのか広がりが抑えられているように思う。じっくり飲むと氷が溶けた加水によってスパイスが後退することで、甘みが引き立つポイントがあるので、氷に注いでゆっくり飲むのもいいかもしれない。

1:1の水割りを、氷を入れたオールドファッションド・グラスに注いだ「ハーフ・ロック」スタイルを試してみた。香りの広がりは抑えられているが、モルトの甘み(というかモルティさ)は残っていて、楽しむことができる。比較的伸びているとは思うが、スパイスは完全に消失してしまうように感じる。悪くはないが、これが最良の飲み方だとはとても言えない。1:2の水割りを試してみる気が失せてしまう感じ、と言えばいいのだろうか。

だがまあ、1:2の水割りも試しておこう。ここではシーアンカー30mlを氷を入れた8オンス・タンブラーに注ぎ、水60mlを加え軽くステアして飲んでいる。アルコール度数は約13.3%に仕上がっている。ああ、なるほど。確かにこれは「ウィスキーの水割り」なんだけど、もう何の水割りかわからなくなっており、これをブラインドで出されたら「江井ヶ嶋のシーアンカーだね」などと当てる自信は全くない。ただ、たいへん飲みやすい水割りになっていると思う。

最後に、ソーダ・ハイボールに仕立ててみる。ウィスキー30mlがだいたい1:2のソーダ割りになるように、8オンス・タンブラーで作った。うむ、確かにぶち壊しにはなっていないけれど、これも何のソーダ割りなのか、判断できぬ味わいになった。同社の廉価品〈ホワイトオーク レッド〉のソーダ割りのほうが個人的には好きである。江井ヶ嶋レッドには、確かにピート香があって、それでソーダ割りにしても楽しめるのだが、〈シーアンカー〉はおそらく非ピートに近い製法で作られているのではないかと想像する。

*江井ヶ嶋酒造のシングルモルトには「無着色」と明記されているので、その表示がない場合はカラメル色素などで着色されていることがある。これはスコッチ業界でも同じことで、とりわけ悪質な違法行為というわけではない。

【付記】
● シーアンカー、なかなか面白い一本でした。江井ヶ嶋酒造のウィスキーはシングルモルト以外すべて飲みましたが、いずれもピート香を感じる仕上がりになっていました。その中で、シーアンカーはほとんど(まったく)スモーキーさやピート香を感じることのないもので、三菱食品からの意向で非ピートの麦芽を使ったのではないかと想像します。ストレートでも楽しめる品質ですが、薄めると面白くないように感じました。何でも年間1000本の限定品だそうです。


≪ ボストンクラブへ  シングルモルト余市(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シーアンカー。江井ヶ島酒造のウイスキーラインナップの中でも異端ですよね。

ただ、水割りにした時の呑み易さは「あかし」と同じ印象で、「ああ、ここ(江井ヶ島)のウイスキーなんだな。」と個人的には納得しました。

「シングルモルトあかし」も良いウイスキーですよ。こちらも是非←

Re: 北摂在住の名無し。さん

北摂在住の名無し。さん、コメントありがとうございます。
本当に仰る通りで、江井ヶ嶋酒造のウィスキーはピート香がきいています。
おそらく、クライアントの意向で、フェノール値の低い、または非ピートの麦芽を、
限定量でスコットランドの精麦業者から買い入れたのだと想像します。

シングルモルトあかし、飲んでみたいですねえ。
どういうわけか、今は欠品状態になっているようです。

No title

自分もシーアンカーを試してみましたが、ストレートに少々の加水で飲むか、オンザロックで味わいの変化を楽しむ飲み方が一番かなと思いますねえ。
某コンビニの別コンセプト系店舗に置いてあったので、数本纏め買いしてあります。
シングルモルトあかしは、いまだったらメーカーのサイトで直販分が購入可能でしたね

Re: nandemonaさん

nandemonaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
〈シーアンカー〉は、江井ヶ嶋酒造のアイデンティティー(自己同一性)ともいうべき、
ピート香やスモーキーさを、クライアントの意向で削ぎ落してしまった一本かもしれません。

乙山はストレートで飲むのがいちばん好きでした。ストレートでやるのがいい時期ですからね!

> シングルモルトあかしは、いまだったらメーカーのサイトで直販分が購入可能でしたね

本当ですね、つい買えないものとばかり……今はちょっと難しいですが、
そのうち飲んで記事を上げてみようという気になりました。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)