ブナハーブン12年 シングルモルト(アイラ)

Bunnahabain_01.jpg
今回はアイラのシングルモルト〈ブナハーブン(Bunnahabahain)12年〉を飲んだ。ウェブ地図で見ると、アイラ島の北東部、ジュラ島とアイラ島の海峡の海岸沿いにブナハーブン蒸留所があるようだ。物の本*によると、現在の所有者はアンゴスチュラ社で、傘下のバーン・スチュワート社が運営しているそうで、ブラックボトルやカティ・サーク、フェイマス・グラウスの原酒となっているという。早速開栓して蓋つきの小さなグラスに注いでみると、惚れ惚れするような琥珀色。

蓋を取ると、レーズンやドライフルーツを思わせるフルーティーな香りに、開栓直後のゆえかどこかゴムを思わせるような臭いや接着剤臭も混じっている。スモーキーさやピート香は感じられない。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘みをまず感じるが、糖度が高いように思う。同時に若干のビター、次いで穏やかなスパイスが来る。フィニッシュの余韻はやや長めで、スパイスが引いた後の舌にはクリーミーなモルトの甘みが残り、鼻腔にはナッツとヴァニラ香が抜けてかなり後を引く。

若干の加水でも味わいのバランスは崩れない。わずかな変化だがビターとスパイスが少し後退して甘みが前に出てくるようで、きわめて微弱な塩(潮)気も感じられる。トゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていってもスィートさは残っているが、ビターやスパイスは消失する。以前飲んだブルイックラディ(クラッシック・ラディ)にはビターさや木質香が強く残っており、それに比べるとかなり軽い味わいで、おそらく「アイラで最も軽いモルト」ではないかと思う。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、やはり香りの広がりは抑えられてしまうが、それでもフルーティーな香りがグラスから漂ってくる。モルトの甘みが凝縮されたように感じ、ビターがいくぶん後退する。スパイシーさはやや後退するもまだ残っていて、微弱だが舌に来る。加水が進むとビターとスパイスが消失して甘さが際立つポイントがあるので、じっくり味わってポイントが来るのを待つ、という飲み方もいいのではないかと思う。

Bunnahabain_02.jpg1:1水割りを氷の入ったオールドファッションド・グラスに注いでみよう。トゥワイス・アップを冷やした味わいなので、甘さが際立っていて飲みやすい。一方で香りはグラスからほとんど立ってこない。こちらを立てれば、あちらが立たず、というわけである。だけどこれは最夏期の飲み方として悪くないと思う。ちょっと水を少なめにしてしっかりステアすることで冷却することができるだろう。夏に35℃を超える日本では、こういう飲み方も「あり」じゃなかろうか。

加水しても味わいのバランスが崩れず、よく伸びるモルトだと思うので、1:2水割りも試してみた。ここではブナハーブン12年30mlを氷を入れた8オンス・タンブラーに注ぎ、水60mlを加えて軽くステアしたものを飲んでいる。うむ、なかなかいいじゃないか。ブナハーブンのほとんどの属性は失われているけれど、甘みはしっかり残っていて、アロマティック・キャンドルのような味わいと香りも楽しめる。これをブラインドで出されたらブナハーブンと当てる自信はない。

それでは、最後にブナハーブン&ソーダをやってみますか。ここではブナハーブン12年30mlを氷を入れた8オンス・タンブラーに注ぎ、軽くステアしてソーダで満たしたものを飲んでいる。だいたい1:2の割合に仕上げているが、いわゆる「ハイボール」はウィスキー:ソーダ=1:3または1:4(かそれ以上)になっていると思う。おっ、ぶち壊しにはなっていなくて、甘みとアロマティックな味わいが残っていて、ブナハーブンとソーダの相性はいいんじゃないかと思う。

*土屋守『シングルモルトウィスキー大全』(小学館、2009年)

【付記】
● 物の本によると、本来ブナハーブンは非ピートで仕込んでいるそうですが、近年ではフェノール値35ppm前後のピーテッド・モルトでも仕込みを行っているそうです。それにしてもクリーミーでスパイスが穏やか、甘い香りが重層的で複雑、なんとも魅惑的なモルトでした。これで、アイラのモルトはキルホーマンを残すのみとなりましたが、バーで飲んでみたところ、かなりピートがきいてスモーキーな味わいでした。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)