阪急神戸三宮駅周辺を歩く(4) 信誠飯店

SinseiHanten.jpg
今回も三宮センタープラザで昼食をすますことにした。今日は**にしよう、と心に決めて店に入ろうとすると満員だった、ということはよくあるものだ。そんなとき、何か他の店にするしかないのだが、これという決め手もないまま、いたずらに歩き続けてしまうことも多い。じつは今回、そんなことになってしまったわけなんですね。センタープラザの西の端に焼そば専門店があって、目の前で鉄板で焼いてくれるんだけど、この店に行列ができていないことはない。

もう一つ必ず行列ができているのは、その焼きそば専門店を曲がって少し歩いたところにあるてんぷら屋さん。両店とも屋台を大きくしたような店構えなのに、どういうわけか必ずものすごい行列ができており、私(乙山)などは見ただけでそばを通り過ぎるだけである。何にしようかな、とかぼんやり考えながら歩いていると、いつの間にかセンタープラザの食堂街を一周して、いちばん初めに立ち寄って満員だった中華料理店まで来てしまった。

やれやれ、とか思いながらちらっと見るとまだ満席状態である。もう一度、同じ道を通るとカレー屋〈サヴォイ〉があり、近くに中華の〈八番館〉がある。ここはこの前食べたからなあ、とか思うのはウェブログの記事の種にしようという魂胆があるからだ。〈八番館〉を過ぎて少しの所に〈信誠飯店〉という中華料理店があったので、あまり考えず入店することにした。時間に限りがある身としては、あまり店選びで長考しているわけにはいかないのである。

赤色か黄色が使われることの多い中華料理店だが、この店は白い壁で下のほうは薄い緑色になっていて少し変わった雰囲気。だけど高級感とかお洒落な感じはなく(失礼)て、庶民的・大衆的雰囲気の中華料理店だと思う。お勧めとしてジャージャー麺や海老玉丼、葱ラーメンを推しているようだけど、私としてはメニューにあるのならば「いつものやつ」を選ぶ心づもりである。で、どうやらいけるようなので迷わずそれにした。

さて料理が来ましたよ。ラーメンは葱、モヤシ、焼豚のみの実に簡素なトッピング。スープの透明度はそう高くなく標準的で、麺は中太で少し縮れている感じもするストレートだろうか。スープを飲んでみると、鶏ガラが効いているのがわかる。しょうゆも少し使っているような色合いで、なかなかいい感じである。めんとの絡み具合というかバランスもよく、全体として具はいささか貧相なれど出来の良いラーメンではないかと思う。

ところが、炒飯は写真だけでもわかると思うが、油の回りが良くないぱさっとした仕上がりになっている。これはちょっと残念だなあ。炒飯の米粒はぱらっしていないといけないが、全体としてはふわっとしっとりしたものであってほしい。そして油はきつ過ぎてはいけないけれど、ある程度回っていないとうまく感じないもので、単純だけど仕上げは難しく奥が深い。ラーメンがわりと良かっただけに、余計に残念に感じてしまうものらしい。

やはり、ラーメンと炒飯の双方とも出来の良いセットは滅多にないものだと痛感した。もし炒飯の出来が良かったらたぶんリピーターになったかもしれない。今までいちばんいいなと思った炒飯は〈友屋〉のそれで、後日「炒飯一人前と半分ラーメン」というふつうの逆パターンのセットを頼んだほどである。けれどラーメンのスープが上品すぎて、日本のラーメンに慣れ親しんだ者にとってはいささか物足りぬ感じがした。ノックアウトさせてくれるセットは、いったいどこにあるんだろう?


【付記】
● 炒飯はいま一つの感じでしたが、ラーメンの出来からすると他の料理はおいしいのではないかと想像します。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三宮、元町

只野乙山さん、こんにちは。私もラーメンが好きです。スープの種類は問わず豚骨から、醤油、塩、佐野ラーメン、喜多方ラーメン、尾道ラーメン、久留米ラーメンとみんな大好き。インスタントはサッポロ一番味噌ですね。私が作ると麺の湯で方が絶品だと次男が賞賛してくれます。
 サラリーマン時代に元町にある会社の営業所に勤務していました。
  なのでこのブログは懐かしい。加えて家内は南女と言われる学校を出てまして、三宮によく連れていかれました。コロッケで有名な「もん」というお店をご存じでしょうか。とても美味しくて、お店の作りも優雅でリッチな気分に浸れるお店です。もう9年行ってないのです。

Re: 三宮、元町 ; トニーさん

トニーさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあ、全国色んな所へ出かけていらっしゃるんですね! お仕事の関係でしょうか。
サッポロ一番の味噌がいちばん好きという方、多いようですね。
サンヨー食品のサイトで知ったのですが、すべて麺は別立てで、本当に色や細さ、
絡め具合がそれぞれ違っているというレポートもネットで見ました。

奥様が南女ご出身……わかります、わかります。たいへん人気のある女子校です。
阪急の岡本またはJRの摂津本山駅の周辺に甲南大学と甲南女子大学があって、
学生が集中する時間に行くと、「えっ」と思うくらい美人との遭遇率が高い所です。

レストラン〈もん〉はトアロード、かに道楽の横にあるお店ですね。
行ってみたいとは思っているのですが、つい中華に走ってしまいます。
乙山もいつか〈もん〉で食事をするつもりです。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (5)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)