阪急神戸三宮駅周辺を歩く(3) 中華料理 八番館

Hachibankan.jpg
今回は三宮センタープラザに来ている。所用は午後からで元町方面なんだけど、阪急の神戸三宮からだとセンタープラザで食事をしても遠回りにはならない。センタープラザといっても、東側の「さんプラザ」と「センタープラザ」そして「センタープラザ西館」がつながっており、地下は飲食店街になっている。そして二階にはいわゆる「おたく」の人たちが集まりそうなフィギュア店やカード店、コスプレ用の衣装などを売る店がたくさんある。

そして三階には「乙女&BL専門店」という何だかよくわからない店が何軒もあるんだけど、ちらっと見ると、若い女性の数名が店内で物色している様子。本屋さんなんだろうか。いずれにしても「乙女」とか「BL」に用がある若い女性が少なからず存在していることは確かである。これらの店には一切用がないんだけど、センタープラザの二階の一角に〈茶房Voice〉というジャズ喫茶があって、そこだけはつい立ち止まってしまう。

店の横にガラス張りの一室があって、そこにスピーカーユニットや真空管アンプが展示してあり、よく見ると値札が付いているものもあったりする。店はカウンターが見えるけれど、いちばん奥にはアルテック・ランシングの大型スピーカーが並べられていて、その上に300Bシングルと思われる真空管アンプが鎮座し、ジャズのLPレコードを演奏しているのだ。グルンディッヒのユニットが5万いくらで売っているのをついつい見てしまうのはなぜだろう。

そんな三宮センタープラザの地下飲食店街に〈サヴォイ〉というカレー屋さんがあり、そのすぐ近くにある〈八番館〉という中華料理店に入った。またかよ、という声が聞こえてきそうだが、じつは〈サヴォイ〉でカレーを食べたこともあるのだ。ただウェブログに上げていないだけなので、本当のことである。店はコの字型のカウンターだけで、壁にはあのイチロー・スズキ選手がオリックスでデビューした頃と思われる写真が何枚か貼ってある。

さて料理が来ましたよ。なんとまあ、これは……本当に昔ながらの「ラーメン」という感じではないか。ナルトが乗っているなんて、いったい何年ぶりのことだろう。神戸や大阪で色々なラーメンと炒飯のセットを食べてきたけれど、ナルトを見ることができるのはもうここだけじゃないだろうか。そして海苔。関西ではどちらかというと少数派(?)だと思うが、関東のほうではわりと見かけそうな感じがする。店主が関東の出身なのかもしれない。

スープは醤油をしっかり使ったいかにも醤油ラーメン、という感じ。麺は中太の縮れ麺で、これも日本ではお馴染みのスタイル。なのでもう「神戸スタイル」のラーメンではなくて、日本の昔ながらのラーメンという感じがした。初めからコショウが振り込んであるので、ラーメンが来た瞬間、反射的にコショウを手にする人はご注意を。神戸の大陸系中華のラーメンが薄いなあと感じる人にはちょうど良い塩梅に仕上がっていると思う。

炒飯は奥の厨房ではなく、手前で奥さん(?)がさくっと作ってくれるようで、油の回り具合がいい感じである。わりと、ぱさっとした炒飯が出てくることがあるのでこれはうれしい感じがする。ただし、値段が値段(ラーメンと炒飯のセット=680円)なのでそんなに豪華な具材は使われていないのは写真でもわかると思う。「ずば抜けておいしい」とか「絶対に食べる価値がある」わけじゃないけれど、神戸の中華料理店の中では懐かしい味わいのセットだと言える。


【付記】
● 客のほとんどは地元の人たちで、観光客が入ることはあまりなさそうな雰囲気でした。ということは、他が混んでいて入る店に困ったときなど、利用するにもってこいの店でしょう。もちろんこれは、時間に制限がある近隣の仕事人向けの話であって、観光客だったら、多少時間待ちをしてでも食べたいものを選ぶべきでしょうね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔テレビでこういうラーメンが出ると「これが一番おいしい」
というひと(ほとんど年配者)がよくいましたが、多分若い頃それしか
無かったからで、おいしいではなく好きというのが正しい表現でしょう。
死んだ父親は若い頃食べたことが無いもの(シチュー、スパゲティなど)
は絶対食べないというちょっと変なひとでした。

No title

 「乙女&BL専門店」とはおもしろいですね。BLというのは
business lady なんでしょうか? 以下そうだとして……

 OL (office lady) や BG (business girl) は和製英語とし
て OED にも載っていますが、BL はないですね。

 Lady というのはもともと雇い人を使う立場にある女性をい
うんですけど、いまや人に使われて、息抜きに三宮センタープ
ラザへ通うとは、時代も変ったものです。

> これらの店には一切用がないんだけど

 ぼくも乙女と BL がいかなるものか、見物に行きたいもので
す(笑)。

Re: kazさん

kazさん、コメントありがとうございます。
そうですね、自分の食べなれたものしか受け付けない人っていますよね。
叔父は、昔のオーシャン・ウィスキーしか飲まなかったのですが、
いつかジャック・ダニエルズをお土産で持っていっても、
「バーボン? そんな臭いもん飲めるか」とダメでした。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
まあ、調べたらわかると思うんですけど、いまだに「乙女&BL」は謎です。
たぶん「乙女」は少女漫画の中でも「いかにも奥手で初心な女の子の話」だと想像しました。

ですが、少女漫画って、男が想像するより肉体も精神も「上」の設定でびっくりします。
ガキでバカな男に比べて、女は先に大人になってしまうんでしょうね。

> BLというのはbusiness lady なんでしょうか?
>  ぼくも乙女と BL がいかなるものか、見物に行きたいもので
> す(笑)。

BL=business lady。なるほど、そうかも……いやあ、わかりませんねえ。
だけど、見物はたぶん無理じゃないかと思います。
女性対象の店でして、外から見ているのはいいんですけど、中に入っていくのは……
無理、絶対無理ですよ!
なんかね、男子禁制みたいな雰囲気に満ち満ちてるんですよね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)