アンノック14年 シングルモルト(ハイランド)

AnCnoc_01.jpg
今回はノックドゥー(Knochdhu)蒸留所のオフィシャル・ボトルであるシングルモルト〈アンノック(AnCnoc)14年〉を飲んでみた。蒸留所の名前とボトルの名前が違うが、これは〈ノッカンドゥ〉と似ていて紛らわしいことからそうなったのだという。ウェブ地図で確認すると、ノックドゥー蒸留所は東ハイランドで、スペイサイド地区から東側に少し離れた所にあるようだ。小さなグラスに注いでみると、やや淡いブロンド。

グラスからは有機溶剤の匂いに混じってフルーティーさと木質香を感じ、ふっとナッツ系の甘い香りも漂う。スモーキーさはほとんど感じられない。口に含むと、モルトの甘みがまず感じられ、次に微弱なスパイシーさが来る。塩(潮)気やビターもほとんどない、ライトタイプのモルトのように感じるが、どこかオイリーで、ナッツ類を思わせる甘さも感じられる。カラメルやヴァニラ系の華やかな甘さはない。

フィニッシュの余韻はかなり長いもので、モルトの甘みからほのかなスパイスへ移行し、舌にはモルトの甘みが残り、鼻腔にはナッツのような甘さが抜ける。舌に残った甘みは麦芽香なのだが、それがナッツ類を思わせる味わいからアロマキャンドルのような感じになってかなり後を引く。グラスからはアロマティックな香りとオーク樽由来の木質香、そしてピートの痕跡があるか、ないかといった感じ。

若干の加水でも味わいのバランスは崩れず、スパイシーさはまだ残っている。加水によってオーク樽と思われる木質香、どこかアロマキャンドルを思わせる香りが前に出てくる。以前、どこかで味わったような、何かに似ているなとは思う。間違っているかもしれないが、いちばん似ているのはクライヌリッシュではないかと思う。だから、これをブラインドで出されたら一発でアンノックだと当てる自信はなくて、「クライヌリッシュかな」とかうっかり言ってしまいそうである。

AnCnoc_02.jpgトゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていくと、スパイシーさは消失するも独特の香りは失われずに残っており、グラスから漂う香りを楽しむことができる。加水によって木質香(ウッディさ)とリンゴを思わせる味わいが前に出てくる。ピート香やスモーキーさはほとんどないと言っていいくらいの微妙な感じ。1:1まで薄めてもかなり楽しめるのではないだろうか。引き際は多少あっさりしてしまうが、まだ後を引きますね。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、なかなかいい感じだ。どこかオイリーでナッツのような感じの味わいと、リンゴのような味わいと木質香が混じった味わいのバランスが面白い。じつに軽めの味わいなのでつい「もう一杯」となってしまうのは要注意。ううむ、これ、やばいですね。日本のウィスキーにありがちな「華やかな甘さ」とはまたちがった「軽さと甘さ」があるわけでして、面白いなあと思わざるを得ない。

1:1水割りを氷に注いだ「ハーフロック」スタイルでは、さすがに立ち上る香りを楽しむことはできない感じだ。けれど「飲みやすさ」という点では比類のないもので、スモーキーさが苦手な人にはお勧めできるかもしれない。もう少し伸ばしてみようということで、1:2水割りにしてみたが、やはり伸ばし過ぎの感じは否めない。これはやらないほうがいいでしょうね。ライトタイプのモルトは、やはり濃いめで飲んだ方がうまいというのがよくわかった。

もう予想はついているけど、一応ものは試しということでソーダ割り。ここではアンノック30mlを氷とともに8オンス・タンブラーに入れ、軽くステアしたのちソーダで満たしてだいたい1:2になるよう仕上げた。グラスから漂く香りはなくて、全体に薄まった感じがする。アロマティックな味わいは残っているものの、元がライトタイプだけに、そんなに面白い感じはしなかった。悪くない飲み物だけど、あえてソーダ割りにするメリットはなく、やはりストレートか若干の加水、あるいはオーバー・アイスで楽しみたい。


【付記】
● ライトタイプで飲み口はあっさりしているのに、飲み終わった後でかなり長く後を引く味わいが印象的でした。どこかロウソクを思わせる香り、オイリーさやナッツ類を思わせるあたりがクライヌリッシュと似ていると感じました。ノックドゥー蒸留所の現在の所有者はタイ・ビバレッジ社で、インヴァーハウスやヘイグの原酒になっているようです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>どこかロウソクを思わせる香り

この前コメントした石鹸と同じような香りでしょうか?
最初に感じたのが20年くらい前に飲んだサントリーオールド
の何とかの限定版で、今うちにあるのでは竹鶴のノンエイジにも
少し感じます。(余市にはもっとあったような?)
この香りはかなり好きですね。

Re: kazさん

kazさん、コメントありがとうございます。
そうです、おそらくこれは石鹸と表現してもいい香りでしょうね。
ある種のアロマソープの匂いに、とても似ているのです。
それが、日本のウィスキーにも感じられるのは、なんかうれしいですね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)