ブルイックラディ〈ザ・クラシック・ラディ スコッティシュ・バーレー〉シングルモルト(アイラ)

TheClassicLaddie.jpg
今回はシングルモルト〈ブルイックラディ ザ・クラシック・ラディ スコティッシュ・バーレー〉を飲んだ。ガラス瓶は薄目のブルーが施され、白で文字が書かれており、バーのボトル棚においてもひときわ目立つにちがいない。現行品は透明のボトルになっているから、だんだんなくなっていく品種なのだが、ブルイックラディは「これといった一本」がなく、どれもブルイックラディだから選ぶのに困る。非ピートで仕込むのが本来のブルイックラディのようなので、ザ・クラシック・ラディを選ぶことにした。アルコール度数は50%と極めて高い。

小さなグラスに注ぐと、浅めの琥珀色。アルコールの揮発に混じってドライフルーツのような香り、木質香。口に含むと、モルトの甘みがまず感じられ、次に微弱なスパイシーさが来る。モルトの核にビターさがあり、非ピートと表示してある*わりには重厚さも感じさせてくれる。フィニッシュの余韻は長めで、ビターさからスパイシーさに移行した後、モルトの甘みが舌に残り、ヴァニラ系の甘い香りが鼻腔に抜けるのが心地よく、その甘さがかなり尾を引いて舌に残り続ける。

若干の加水をしても味わいのバランスは崩れない。加水によってヴァニラ系が開く感じがするが、その奥にはどこか硬質のビターさを思わせる何かがある。ほんの少しの加水でスパイシーさは後退し、モルトの甘みが前面に出てくるわけでもないようだ。ビターさはしっかり残っていて、非ピーテッド・モルトなのに、甘いだけではない奥深さを感じさせてくれる味わいになっている。

トゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていくとどうなるか。味わいの相似形は保っているけれど、香りがかなり失われてしまうようだ。それでもフルーティーさや淡いヴァニラ香は残っているし、ビターさの角が取れたような感じがする。たいへん飲みやすくなるんだけど、このモルトらしさともいえる硬質のビターさの片鱗は残っていて、それが「芯」を形成しているのではないかと思う。飲み干した後のグラスからはヴァニラ香とビターさを思わせる香りが漂ってくる。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、非ピートなのにもかかわらずビターさと合わさった木質香を感じ、それがまるでスモーキーさであるかのように感じられるのが面白いところ。モルトの甘みはビターさの陰に隠れているが、ビターさとモルトの甘みによって組み立てられているのがわかる。冷却によって香りの広がりは抑えられているものの、氷で飲むのもそんなに悪くないが、加水が進むにつれて少しずつ開いてくるので、ゆっくりじっくり飲むがお勧め。

1:1水割りを氷に注いだいわゆる「ハーフ・ロック」スタイルはどうだろうか。ビターさはまだ残っているものの、たいへん飲みやすくてつい杯を重ねてしまいそうになる。ダルモアやアイル・オブ・ジュラでも感じたが、甘さと拮抗するようなビターさがブルイックラディにあるのが面白いところではないかと思う。かといって、甘みもしっかり感じられるのがブルイックラディで、ヴァニラ系の香りがグラスから漂ってくる。

定番と言われる1:2水割りではどうか。ここではブルイックラディ30ml:水60mlを8オンス・タンブラーに氷とともに入れて軽くステアして飲んでいる。さすがに薄めすぎの感も否めなくて、これをブラインドで出されても何の水割りか当てることは極めて難しいだろう。人それぞれ、好きずきだろうけど、ブルイックラディはあまり薄めずに飲んだほうがいいのではないかと思う。だけど飲み物としては決して悪くないもので、まだビターさの痕跡は残っている。

さて、それでは最後にこれをソーダ割りに仕立ててみよう。ブルイックラディ30mlを氷を入れた8オンス・タンブラーに注ぎ、軽くステアしてソーダで満たし、だいたい1:2で仕上げてみた。しっかりビターさの「芯」は残っており、甘さがかなり後退している。といっても、甘みは残っており、ぶち壊しにはなっていないと思うが、積極的に勧められる「いい味」ではないように感じた。ブルイックラディはそのままか、ほんの少しの加水が合っているのではないだろうか。

*Unpeated Islay single malt scotch whisky /Distilled, matured and bottled, un-chill filtered and colouring-free at Bruichladdich distillery.

【付記】
● 熟成年数無記載のブルイックラディですが、なかなか良いモルトだと感じました。非ピートのモルトを作り続けてきたブルイックラディですが、へヴィリー・ピーテッド(フェノール値50ppm)の〈オクトモア〉など個性的なモルトも出しているようで、ますます目の離せない蒸留所ですね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
ウィスキーお好きなんですね。
自分も好きで、先日ダルモア12年を買いました。
barでもウィスキーやブランデーを飲んでます。

Re: 新人さんへ

新人さん、コメントありがとうございます。
良い酒を、乾杯!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)