ダルウィニー15年 シングルモルト(ハイランド)

Dalwhinnie15yo_01.jpg
今回はシングルモルト〈ダルウィニー(Dalwhinnie)15年〉を飲んでみた。ウェブ地図で確認すると、インヴァネスからA9道路をかなり南下した所、スペイ川の上流にダルウィニー蒸留所がある。地図上ではハイランド地方の真ん中あたりに位置するのではないかと思う。現在の所有者はモエヘネシー・ルイヴィトン・グループ傘下のディアジオ社で、ロイヤル・ハウスホールドやブラック&ホワイトの原酒になっているようである。蓋つきのティスティング・グラスに注ぐと、ブロンドに近い浅めの琥珀色。

蓋を取ってグラスから立ち上る匂いは、アルコールの揮発に混じってリンゴや洋梨のようなフルーティーさを感じるが、スモーキーさはほとんど感知できない。口に含むと、ハーブを含んだモルトの甘みをまず感じ、次にスパイシーさが来るのだが、それほど強烈なものではなく、ミントに近いような味わい。フィニッシュの余韻はそう長くはなく、スパイシーさが去った後にほんのりとモルトの甘みが残るが、引き際はあっさりして尾を引かない。

ほんの少し加水しても味わいのバランスは崩れない。じつに穏やかな味わいのハイランド・モルトだが、ブラインドで「これスペイサイドだ」と出されてもそれと見抜けぬほどじゃないだろうか。スモーキーさやピート香は極めて微弱で、かりに「ノンピートだ」と言われれば「なるほどね」などとうっかり言ってしまいそうになるほどデリケートな入れ方のように感じる。

トゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていっても、フルーティな香りが漂ってくる。口に含むと何ともいえないまろやかな味わいだが、スパイシーさは消失している。モルトの甘みはしっかり残っているのですいすい飲めてしまう。スモーキーさは全くないと断言したくなるほどである。際立った特徴が見つけにくいモルトと言えるが、物の本*によると、シングルモルトとして流通しているのは5%以下だという。ほとんどがブレンド用の原酒なのだ。

Dalwhinnie15yo_02.jpgなのでこれをブラインドで出されたら、一発でダルウィニーだと当てるのは難しいというか自信がない。ブレンド用の特徴のないモルトのリストを作っておき、日頃から訓練していれば消去法でたどり着けるかもしれない、くらいの微妙さである。氷に注いで飲むと、スパイシーさが感じられ、モルトの甘みもどこか糖度が上がったかのように感じる。さすがに冷却されただけあって香りの広がりは楽しめないけれど、飲み方としてはそんなに悪くないと思う。

1:1水割りを氷に注いで少し伸ばしてみた。リンゴのようなフルーティーさは残っているものの、スパイシーさはなくなっているがよく伸びている。たいへん飲みやすく、いくらでもいけてしまいそうなのが怖いほどだ。もう少し伸ばしてみたらどうなるだろう? 1:2水割りを8オンス・タンブラーでやってみると、おお、まだ伸びていますね! ただし、スパイシーさモルトの甘みと香り、そうしたものはかなり失われてしまうので、ダルウィニー本来の味を楽しみたい向きにはお勧めできない。

それでは、最後にダルウィニーのソーダ割りを試してみよう。ここではダルウィニー15年30mlにソーダ60ml程度が収まるように、8オンス・タンブラーで仕上げてみたので、およそ1:2のソーダ割りになっている。ソーダ割りとか水割りは、濃度によってかなり変わってしまうので条件を明示しておいた。少し酸味が前に出てきて、甘みは後退する感じ。悪くないんだけど、そんなに良いね、とか言いたくなるほどでもない微妙な感じのハイボールになった。

*土屋守『シングルモルトウィスキー大全』(小学館、2009年)

【付記】
● 本来はブレンド用のモルトですが、これといった特徴がつかみにくくて本当に微妙な味わいです。ブレンド用のモルトにはそういう傾向があって、確かにうまいんだけど特徴がない、という感じなんです。逆にいうと、なるほどこういうモルトならブレンド用として使いたくなるのがわかる気がします。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/03 (8)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)