クライヌリッシュ14年 シングルモルト(ハイランド)

Clynelish14yo.jpg
今回はシングルモルト〈クライヌリッシュ(Clynelish)14年〉を飲んでみた。ウェブ地図で見ると、クライヌリッシュ蒸留所は北部ハイランド、インヴァネスからA9道路を北上し、北海沿いのブローラという町にあるようだ。このA9道路をさらに北上するとプルトニー蒸留所があって、ハイランドでもかなり北部にあることがわかる。小さなグラスに注ぐと、少し浅めの琥珀色。

アルコールの揮発に混じってドライフルーツのような芳醇な香り、フローラル系のアロマキャンドルのような匂いを感じる。スモーキーさやピート香は感知ほとんどできない。口に含むと、モルトの甘みをまず感じ、次いで意外と強いスパイシーさを感じる。フィニッシュの余韻はわりと長めで、スパイシーさが尾を引くのがその要因かと思われる。スパイシーさはブラック・ペッパーとハーブが混じったような味わい。モルトの甘みは蜂蜜に香草が微量に加わった感じ。

少しだけ加水してみると、いささかスパイシーさが後退して飲みやすくなるものの、完全にスパイシーさが消え去ったわけではないのがよくわかる。最後に口に残るのは麦芽の甘みで、この甘みはかなり後まで尾を引いて残り続けるので、先のスパイシーさと合わせて余韻の長さを生み出していると思われる。鼻腔に抜けるのはレーズンと麦芽、そしてどこかナッツ類が合わさった匂いで、カラメルやヴァニラ系の華やかな甘さとは違う種類の甘さだ。ピート香やスモーキーさはない、と言われればそう思うだろうし、ある、と聞けばそうかなと感じる微妙な感じである。

トゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていっても味わいのバランスは崩れないが、スパイシーさはかなり後退する。蜂蜜とフローラル系のアロマキャンドルが混じったような香りが前に出てくる。総じてライトボディの味わいと言えるが、若干の塩(潮)気とスパイシーさがあるので、人によってはいくぶん重たく感じられるかもしれない。だが、一口含んで「あっ、これは……」と明らかにわかるような感じではないので、ブラインドで出されたら、これをクライヌリッシュだと見抜けるかどうか自信はないが、アロマキャンドルを思い出せたらいけると思う。

オーバー・アイス(氷に注いで)飲むと、アロマキャンドルのような味わいと、どこかオイリーでナッツ類のような味わいがふっと口に広がり、スパイシーな刺激が去った後でモルトの甘みが舌に残る。さすがに冷却されただけあって香りの広がりは抑えられてしまうが、舌に感じる快味はじつに楽しい。ここは好みの分かれるところと思うが、ストレートで飲んだ後、氷に注いで飲むというのもいいではないか。ちなみにテイスティングは、一度に行っているわけではなくて、ストレート、若干の加水、トゥワイス・アップでいったん終了し、他日オーバー・アイスから水割り、ハイボールと進んでいる。

1:1水割りを氷に注いで飲む「ハーフ・ロック」スタイルを試してみる。開栓してから少し経っているが、若干の白濁が確認できる。これはある種のバーボンでも起きる現象で、心配することはないと思う。アロマキャンドルのような味わいは健在で、スパイシーさは消失する。確かに飲みやすくなるのだが、全体に薄まった感じがするので、これ以上伸ばしてみることは断念する。

それでは、最後にこれをソーダ・ハイボールにしてみよう。ここではクライヌリッシュ14年40mlを氷ともに10オンス・タンブラーに入れ、軽くステアしてソーダで満たしたものを飲んでいる。どうかなあ……クライヌリッシュであること、それがなんだか失われてしまったみたいで、これを自信を持って勧めるわけにはいかない感じがする。なんでこう、ソーダで割ると違いが出てしまうのか、本当に面白いとしか言いようがない。


【付記】
● クライヌリッシュ14年は、フローラル系のアロマキャンドルとでもいうべき独特の香り、そしてナッツ類を思わせるオイリーさや若干の塩(潮)気があって、かなり個性的な味わいのモルトでした。こういう味わいは、日本のウィスキーにはおそらくないもので、色々なモルトを飲んでみたいという人にはぜひ味わっていただきたい一本でしょう。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アロマキャンドルのような味わいというのは、私がこの前言った
石鹸と同様なモノなのでしょうか?
どちらも脂肪酸エステルなのでそうなのかもしれません。
何年モノ表示の酒は偶数しか見たことがありませんが
なにか決まりでもあるんでしょうか?

Re: kazさん

kazさん、コメントありがとうございます。
匂いや味わいが、ロウソクを思わせるものだったのです。
石鹸に近いかもしれません。ただ石鹸は、香料を使ったものが多く、
そこまではっきりとはわかりませんでした。

熟成年数に感じては、最低3年、ヘッジス&バトラーの5年、
バランタイン17年、21年など、奇数もありますので、
法則性はないのではないかと想像します。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)