アバフェルディ12年 シングルモルト(ハイランド)

Aberfeldy12yo_01.jpg
今回はデュワーズの主要モルトとして知られるシングルモルト〈アバフェルディ(Aberfeldy)12年〉を飲んでみた。ウェブ地図で確認すると、アバフェルディ蒸留所は南ハイランド、A9道路とテイ川が交差する付近からテイ川沿いに15kmほど西に進んだアバフェルディ村にある。物の本*によると創業者はデュワーズ&サンズであったが、現在はバカルディ社が所有者であり、同傘下のデュワーズの他、ブラック&ホワイトのブレンド用としても使われているという。

小さなグラスに注ぐと、きれいな琥珀色。蓋を取るとリンゴを思わせるフルーティーさ、そしてヘザーハニーというのだろうか、ハーヴ香と蜂蜜が混じったような香り。口に含むとじつにまろやかなモルトの甘み、次いでごく微弱なスパイシーさが来る。塩(潮)気は少なく、スモーキーさやピート香はほとんど感知できない。フィニッシュの余韻はそう長くはなく、スパイシーさが抜けた後でモルトの甘みが舌に残り、麦芽香が鼻腔に抜ける。

若干の加水でフルーティーさが前に出て、飲みやすく、落ち着いた感じになるが、味わいのバランスは崩れていない。トゥワイス・アップ(ここでは20ml:20ml)までもっていってもフルーティーさは残っており、モルトの甘みもじゅうぶん感じられる。さすがにスパイシーさは消失してしまうので、ストレートと若干の加水で楽しむのがいいのかもしれないが、トゥワイス・アップも捨てがたいライトボディでスウィートな味わいのモルト。

Aberfeldy12yo_02.jpgオーバー・アイス(氷に注いで)飲むと、モルトの甘みが前に出て、スパイシーさもそれを追いかけてくるので楽しい。このスパイシーさはブラック・ペッパーのような刺激的なものではなく、ペパーミントのような雰囲気で、どこかハーブを感じさせる。氷が溶けて加水が進むにつれてフルーティーさも出てくるので、飲み方としては氷でやるのも悪くないと思う。冷却のゆえに香りの広がりは抑えらるところがあるけれど、変化を楽しむのもいいではないか。

1:1水割りをオールドファッションド・グラスに氷でやる「ハーフ・ロック」スタイルはどうかというと、かなり薄まった感じがするものの、まだ伸びておりそれなりに楽しむことができる。フルーティーさは残っているがスパイシーさは完全に消失、モルトの甘みもないではないが「ストレートでないといかん」という原理主義者(?)には不向きな飲み方だろう。元々ライトタイプだけあって、伸ばしてみるのもこのあたりが限界かな、と思わぬでもない。

最後にソーダ・ハイボールに仕立ててみよう。ここではアバフェルディ12年40mlを10オンス・タンブラーに氷とともに入れてステアし、ソーダで満たしたものを飲んでいる。あっ、これはすごく相性がいい! アバフェルディのいいところが前に出て、ソーダ割りなのに甘い感じがする飲み物に仕上がっている。元々スウィートな味わいなんだけど、ソーダ割りにするとそれがぶち壊しになることもある。その点、アバフェルディ・ソーダはいい感じの「カクテル」に化けていると思えた。

*土屋守『シングルモルトウィスキー大全』(小学館、2009年)

【付記】
● ライト・ピーテッド(あるいはノンピート)のじつにまろやかで軽やかなモルトでした。元々デュワーズの原酒確保のために建てられた蒸留所のようで、かつてはボトラーズで有名なUD社から「花と動物シリーズ」としてアバフェルディのシングルモルトが出ていたようです。バカルディ社の所有になってから蒸留所の公式ボトルがリリースされた模様で、かなり近年になって姿を現したシングルモルトでしょうね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、今回はアバフェルディですね。
デュワーズのメインモルトだとは知っていたのですが、今だに飲んだことがありません。
記事を拝見しているとなかなか良さそうな塩梅ですね。
見つけたら買ってみようと思います。

最近は安価な酒ばかり飲んでいますので、たまには良い酒を飲みたくなりますよね。
まあその1000円スコッチの中にも侘び寂びの世界がありまして、ちょっとしたことで感動出来るのは面白いかなと。

ただあまりそればかりだと飲むのがイヤになったりしますけど。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
アバフェルディはライトタイプですが、なかなか奥深い味わいでした。
デュワーズがそうであるように、じつに飲みやすいのです。

1000円前後のスコッチでもいいものはたくさんありますよね。
じつは乙山もそういうスコッチを横において、交互に飲んでいるわけです。
どうしてでしょうね、ライトタイプだけでは何だか他に飲みたくなるのです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)