エコノミー焼き

Oekonomie_Yaki.jpg
大阪といえば、焼肉、お好み焼き、タコ焼きのイメージがあるのではないかと思っている。大阪人はみんなそれらが大好物、と思う人も多いのではないだろうか。ところが私(乙山)は大阪市生まれなのに、それらが大好物というわけではない。そもそも「好き」というのはそれを食べないとどうにも我慢ができなくて、いつしかむさぼるように食ってしまった、というようなものではなかろうか。

なんと、もうかれこれ10年以上、自分から進んで焼き肉店とかお好み焼き屋に入っていないのだ。それで身体が何ともないのだから、たぶん身体がそれらを欲していないのだと思う。かと言って、だれかに連れて行かれたら入店すると思うし、焼肉もお好み焼きもおいしく楽しむことができるはずだから、嫌いではないのだ。まったくもって不思議なことだが、こんな大阪人もいるのである。

そんな大阪人失格間違いなしの男だが、お好み焼き屋のメニューで好きなものがある。それは「ねぎ焼き」で、ねぎ焼きを食うのであればお好み焼き屋に行ってもいいかな、と思うほどである。自宅で焼けばいいのに、と思うかもしれないが、家には中華鍋しかなくて実行できなかった。中華鍋はたいていのことができるけど、さすがにお好み焼きとかねぎ焼きは苦手だと思う。

ところが最近、マーブル加工のフライパンを購入したことを思い出し、駅前のスーパーマーケットの食料品売り場で葱、キャベツ(なんか随分高いんですけど)を買い物籠に入れた。お好み焼きといえば豚バラの薄切りが定番だが、豚の挽肉でも構わない。具材は豚ひき肉と葱、キャベツ、紅生姜だけというシンプルなものにした。ここに人参の千切りを入れるのも好きだ。

かんじんのお好み焼き粉も忘れないようにしよう。さすがに大阪だけあって「お好み焼き粉」が売っているけれど、ふつうの小麦粉でも全く問題はないと思う。作り方を見ると、お好み焼き粉100gに水120g、卵1個を混ぜる、とある。これでじゅうぶんできるはずだが、ただの水では面白くないので、今回は粉末昆布と削り節で出汁をとり、混ぜることにした。ちなみに後日、ただの水だけで作ってみたが、味の違いは天と地ほどの差はなく、無視してもいいんじゃないかと思っている。

だから順番としては何より先に出汁をとることでしょうね。一番出汁と二番出汁を合わせたものをボウルなどに移して冷ましておく。泡立て器で混ぜよ、とあるけれど箸を四本くらい持って適当に混ぜた。多少ダマが残っていても気にする必要は一切ない。一人分の材料として葱は1/2束、キャベツは1/8個くらいだろうか。豚挽肉は100gくらいで、前もってフライパンで炒め、みりんと醤油で下味をつけておき、これも混ぜる前に冷ましておく必要がある。

キャベツはせん切りにするが、芯のところもスライスして針状に切ればすべて食べることができる。できるだけ生ごみは出さぬようにしている。葱は半束使ったけれど、一束全部使ったほうが良かったかもしれない。何しろ気分は「ねぎ焼き」なのだから。フライパンに油を引き、弱火で焦げていないかチェックしながら3~4分くらい焼き、ちょうど良いきつね色に仕上がっていれば裏返し、蓋をして3~4分ほど焼く。

さて、乙山流ねぎ焼ができましたよ。豚挽肉を使い、高級食材は一切使っていないゆえに舌代はすこぶる安く、じつに経済的なのでこれを「エコノミー焼き」と命名しておこうではないか。こいつをね、しょうゆをちょっと塗って食べるわけです。このしょうゆ味ってのが大好きでしてね……ていうか、もう完全に大阪人(関西人)失格だよね。せっかく出汁をとって作った甲斐があって、出汁のきいた味わい深いものに仕上がっており、葱の風味と紅生姜も良く合っている。いや、これまたビールが進みますなあ。


【付記】
●ドイツ語で経済は "Ökonomie" ですが、この「オー・ウムラウト」は唇を「お」の形にして「え」と発音します。ちょうど「お」と「え」が混じったような音で、聞きようによっては「オコノミ―」と聞こえぬこともなく、「経済焼き」はまさに「オ(エ)コノミー焼き」だったわけです。偶然の一致なのですが、面白いものですね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

岡谷の僕の友達はネギ焼きにはうるさくて、フライパンに流し敷いた生地の上にネギをばらまき、煮干し粉をばらまいていました。余計なことを言うと危なそうな雰囲気だったので、「ふ~~ん」とだけ声を発していました。
昔、カミサンが「夕飯、お好みでいい?」と言ったので、東京者の僕は、お好み焼は飯ではないと言い換えして喧嘩になりました。
最後の【付記】のうんちくが傑作でした。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ご友人のねぎ焼きは広島焼風の感じですね。たぶん大阪でもねぎ焼きはそうするんだと思いますが、
乙山のは完全にすべての具材を混ぜてしまう「大阪焼き」ふうのねぎ焼きです。
本当はもっとねぎを入れないとねぎ焼きにはならないんだと思います。

お好み焼きとエコノミー焼き。発音と意味が近似する面白い偶然です。

No title

めっちゃ美味しそう~!
そういえば私も学生時代以来お好み焼き屋さんにほとんど行ってないですね~
食べたくなったら自分で作るパターンで・・・
エコノミー焼き、また作らせていただきます!
別に伊勢海老だのホタテだの豪華な具材を入れなくても、シンプルなもので
十分美味しいですよね~♪
「高くて美味いのは当たり前、安く美味く作るのが腕の見せ所」と思うあたりは
実質本位の大阪人らしいといえるかもしれないですね(笑)

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあ、お好み焼き屋に行かないものですんで、
あのコテで食べるってのができないんですよね。

なんか恥ずかしくってね。ホント、大阪人失格ですわ。
だけど近頃キャベツとか葱って妙に高くありませんか?
エコノミー焼きは、葱をたっぷり使った「大阪焼き」なんです。

No title

 最近はどこのスーパーに行っても、お好み焼き粉やたこ焼き粉は
もちろん、専用ソースまで売っています。世の中変れば変ったもの
です。

 エコノミー焼きというのははやりそうな名称ですね。商売になる
かもしれませんよ。ぼくも今度マネをして作ってみます。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
仰るようにソースの細分化が進み、とんかつ用、焼きそば用、タコ焼き用、
そしてお好み焼き用までありますね。本当に使い分けしないといけないんでしょうかね。

エコノミー焼きをやるのなら、葱をたっぷりご用意くださいな。
それこそ「えっ」というくらい、葱を使うといいですよ。
そしてできればしょうゆで、やってくださるのをお勧めします。

ソースが嫌いというわけでは、決してないんですけどね……

こんばんは^^

「お好み焼き」 を「エコノミー焼き」って、面白い!って思いましたよ。
^^
かえるままは、道産子ですがお好み焼き好きです〜。
でも、家庭用のホットプレートは火力が弱いせいか、あまり上手に出来ません。
大阪に行って、本場のお好み焼きを食べたいです。
大阪のたこ焼きは一度並んで(くいだおれおじさんの近くの行列の出来るたこ焼きやさんで)食べましたが、とても上品なお味でびっくりしたのを覚えてます。
乙山さんのお好み焼きも、想像するに、きっと上品なお味でしょうね?^^

Re: こんばんは^^ ; かえるママさん

かえるママさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
まあ、お好み焼きはエコノミー焼きでもあるってことで、
なんとなく発音が似ていて、意味もそれなりに近似しているのが面白いですよね。

家庭用のホットプレートがダメですか?
それこそ、素人がお好み焼きとか餃子をうまく焼ける唯一の道具だと思うんです。
乙山は、エコノミー焼きを弱火で焼きましたので、
そんな強い火力は必要でないのではないかと思います。

大阪のタコ焼きでは「会津屋」がありまして、これはソースなしでおいしいものです。
また、明石のタコを卵多めの粉で焼いて出汁をつけて食べる「明石焼き」(玉子焼き)も明石にあります。
ご存知と思いますが「広島焼き」も大変おいしいお好み焼きですよ。

こんばんは。再び。

「明石焼き」っていうんですね?
友人が、旅行に行き、たこ焼きを注文し、出てきたお出汁のスープのようなものを、スープだと思って、ぐびっと一気に飲み干してしまったら、周りの人は、それにつけて食べてたということで、大変びっくりしたと言ってました。^^
「明石焼き」という名前が分かったので、こちらも是非一度食べてみたくなりました。

Re: こんばんは。再び。; かえるママさん

かえるママさん、こんにちは! 再コメントありがとうございます。
ご友人が召し上がったものはまさしく「明石焼き」でしょうね。
地元ではたんに「玉子焼き」というらしいんですけど……

大阪ではもともと「ラヂオ焼き」といって、肉やこんにゃくなどを入れて焼いていたそうで、
明石でタコを入れているらしい、という話を聞き、入れてみたところ好評で、
それから「タコ焼き」になったそうです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)