ストラスアイラ12年 シングルモルト(スペイサイド)

Strathisla12yo.jpg
今回はシングルモルト〈ストラスアイラ(Strathisla)12年〉を飲んでみた。ウェブ地図によると、ストラスアイラ蒸留所はスペイサイド地区の北東部、エルギンからA96道路を南東に進んだキースにある。アイラ川沿いで、近所にはグレンキースやストラスミル蒸留所があるようだ。小さなグラスに注いでみると、ウィスキーならこれ、と言いたくなるようなアンバー(琥珀色)。

アルコールの揮発に混じって蜂蜜、リンゴやドライフルーツを思わせる香り。口に含むと、モルトの甘みがまず来て、次に穏やかなスパイシーさが立ち、それが引いた後にもう一度モルトの甘みに戻る。甘みの糖度は中程度で、ハーブ香はかなり控えめに感じる。若干の塩(潮)気があるのだが、スモーキーさやピート香はほとんど感知できない。

フィニッシュの余韻はそう長くないが、穏やかなスパイシーさの後にモルトの甘みが口に残り、微弱なヴァニラやカラメル系の甘い香りが鼻腔に抜ける。少し加水でスパイシーさが後退し、モルトの甘みが前に出てくる。味わいのバランスは崩れず、モルトに含まれるハーブ香をより感じられるように思うが、ひょっとしたらスパイシーさの悪戯かもしれない。

トゥワイス・アップ(20ml:20ml)までもっていくと、本当にさっと飲めてしまえる味わいになる。スパイシーさは完全に消失し、モルトの甘みも糖度が高くないせいなのかもしれない。かなり軽めのライトボディと言える。加水によってドライな感じになるのだが、それで味わいが一様にならずにどこか深みがあるように思えるのが面白いところ。

オーバー・アイス(氷に注いで)飲むと、隠れていたカラメルとヴァニラ系の香りが立って、モルトの甘みがより凝縮したように感じられる。穏やかなスパイシーさも健在で、それらのバランスが良く配合されている。スモーキーさやピート香はほとんど感知できぬほどで、スペイサイドらしくごく軽いピートかノンピートで仕上げていると思う。これをブラインドで出されたら「スペイサイドかな」くらいはわかるとしてもストラスアイラだと当てる自信はない。

トゥワイス・アップを氷に注いで飲む「ハーフ・ロック」スタイルはどうだろう。加水はかなり進んでいるはずなのだが味わいのバランスは崩れないようで、かなり良く伸びるタイプだ。飲み始めはトゥワイス・アップより糖度が高いように思えるが、氷が溶けて薄くなるにつれてドライな味わいになるのは仕方ないだろう。飲みやすさは抜群で「濃いウィスキーが苦手なんだけど飲んでみたい」という人にお勧めできる。

よく伸びることは間違いないのだが、元々がライトボディなのであまり加水すると面白くないような気もする。だが1:2水割りも試しておく必要がある。もしかすると、ということもあるではないか。思い込みだけで済ませるのではなく実際にやってみることが大切だ、とか何とか言い訳をしながらやってみると……いや、本当によく伸びますね。味は壊れていないがスパイシーさは完全に消失していることは書いておかねばなるまい。

ストラスアイラの水割りを飲んでいると〈モンキー・ショルダー〉を思い出した。両者とも飲みやすくよく伸びるタイプ。初心者や女性にお勧めできる一本ではないだろうか。それでは、例によって最後にソーダ・ハイボールに仕立ててみよう。うむ、酸味にすべてが潰されず、甘みもしっかり残っている。控えめなカラメルとヴァニラ系の香りも残っていて、かなりソーダとの相性はいいんじゃないだろうか。


【付記】
● 元々角が取れたタイプの味わいなので、それをストレートや氷で飲んで「ん?」と言っているより、思い切ってソーダ割りにしてもいいのではないか、とか思ってしまいました。日本で主流の味わいのウィスキーにどこか似ているような気がしてなりません。個性的な味わいで大々的に売るシングルモルトというより、ブレンド用のモルト原酒なのかな、と感じた次第です。ちなみにストラスアイラは、シーヴァス・リーガルの主要モルトの一つです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。オールドプルトニーの際は無名でしたが返信を下さりありがとうございました。

ストラスアイラはブレンデッドのキーモルトになるほどですから、甘みは割としっかりとしていますよね。しかし麦の風味は繊細なので、とても不思議な軽さになっています。(薄っぺらいともまた違う)

そういった対比を感じながら飲むとまたひとつ御酒の秘密の扉を一枚開けたような気がして、最近ではその辺りに愉しさを感じたりしています。

また来ます。

Re: sereneさん

sereneさん、コメントありがとうございます。
仰るように、ストラスアイラは軽めの仕上がりですが、味わいは深さがありますね。
ブレンド用といっても、容量を稼ぐための原酒ではなく、
ストラスアイラだけを飲んでも楽しめる品質を保っていると思います。

ただ、記事にも書きましたように、これをブラインドで出されたら当てる自信はありません。
昔からシングルモルトで勝負していたブランドではないんでしょうね。
こういうシングルモルトは、他にもたくさんあると思います。
ややこしい感じもしますが、だから面白いのかもしれませんね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)