FC2ブログ

南佳孝『the best』(1997)

今回は南佳孝の『the best』(1997)をもう一度真面目に聴いてみた。そもそも「スローなブギにしてくれ」だけのためにかなり以前に借りたコンピレーション盤だが、一曲目「モンロー・ウォーク」を聴いて「ちょっと待ってくれ」と再生をやめてしまった。それ以来、まともに聴いたことはなかったという呆れた奴である。

いやね、同曲は郷ひろみがカバーしてヒットしたもので、聴いているとどうも歌謡曲みたいに思えて……違うちがう、なにも郷ひろみが云々じゃなく、彼は押しも押されぬアイドルそしてパフォーマーではないか。それにしてもなんで日本でサンバをやるとおちゃらけになってしまうんだろうね、「マツケン」とか「お嫁」とかさぁ。

おいだから違うってば。「モンロー・ウォーク」も含めて今回は南佳孝のコンピレーション盤を聞いてみたんだけど、南佳孝ってこんなにラテンな人(?)だったっけ、と思ってしまった。ふざけんな、「スローなブギにしてくれ」しかちゃんと聴いてなかったくせに、である。全部は無理なので今回も印象に残ったものをピックアップする。

「ソバカスのある少女」はティン・パン・アレーの『キャラメル・ママ』収録のカバーだが、自身がゲスト・ヴォーカルとして歌っている。これは「イパネマの娘」を意識してますね。ボサノヴァ風ではあるが、なり切らないところで敢えて寸止めした、とも取れる。この絶妙な匙加減がティン・パン・アレーらしさだろうか。

ヴォーカルにイフェクトをかけて控えめに仕上げたティン・パン・アレー版とは違って、南版ではヴォーカルを前面に出している。歌モノはやはりこうでなくちゃね、と思うがその辺りは好みによるだろう。次の「日付変更線」ではきっちりボサノヴァでキメている。ナイロン弦のギター、サンバ・ホイッスル、あのフカフカいう楽器(?)も使っている。

「僕は浅い眠りから/窓の外へ目を移す/巻き忘れた腕時計はずし/海を隔てた日付に合わせる」わけだから、飛行機の中だろう。歌詞は松任谷由実。「朝焼け 海流 スローな貿易風/僕を明日へ運ぶものは揃った/君の心を二度とは探さない」ってそうか、別れの歌だったんだ。どこか軽やかでドロドロした修羅場がないのが南&ユーミンの世界なんだね。

「ブルースでも歌って」はスロー・バラッド。いささか説明的に傾きがちな南の歌詞だが、かなり断片的かつ暗示的で「これぞ都会派ポップ」と言いたくなる。サウンドはマイケル・フランクスを思わせる仕上がりで、個人的には到達点の一つと感じた。バンドではないので編曲者のセンスで決まることもあるだろうけど、成功例の一つだと思う。

「Midnight Love Call」はなんとレゲエじゃないですか。『The Harder They Come』がそうであるようにブルーズみたいにヘヴィで、だからこそパンクと癒着しやすい(利用された)部分があったりするのだが、同曲では軽く仕上がっている。でもレゲエよりボサノヴァのほうが南佳孝には似合う気がする。

「スローなブギにしてくれ」は片岡義男の同名小説を映画化した際のテーマソング。映像的/カルトゥーン的なものを志向した片岡と都会派を売りにする南の歌はベストマッチだったと言える。ただ現実が、片岡や南のセンスに追いついていなかったのは映画の中でも如実にわかるのだが、これは映画監督のセンス*も大きいだろう。

片岡や南の「都会的な雰囲気」は小説や歌の中でこそキープされるので、ベタの実写だと壊れてしまうわけ。だからタルコフスキー『ソラリス』あるいはゴダール『アルファヴィル』、またはリドリー・スコット『ブレードランナー』みたいに「現実離れ」してないとね……岩井俊二みたいな人が『スローなブギ…』を撮ってくれてたら、と思うね。

* センスというのはそもそも頭で理解したり、習得したりするものではなくて、その人に「あるか、ないか」だけで、ない人にできるのは真似だけ。だから『スローなブギ…』の映画監督のセンスが片岡や南のそれとは完全に異質であることが、ただ単に露呈しているだけの映画になっている。

【付記】
⚫︎ 「スローなブギにしてくれ」だけで南佳孝を済ませていた私は愚か者でした。さて、今回が今年度最後の更新です。一応、正月にご挨拶する予定です。皆様よいお年を。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2019/01 (5)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)