FC2ブログ

Sweet memories about natural monument

今はもう過去の思い出になったので書いても構わないと思うが、私は男鹿温泉のホテル(温泉旅館)で天然記念物と働いたことがある。なにもサラマンダーやカブトガニの話ではない。世の中には天然記念物としか言いようのない稀有な存在の人間がいる。これは、そんな女の子(仮にSAとしておこう)の話である。

SAとはFB(料飲)スタッフとして一緒に働くことになったのだが、すでに「不思議ちゃん」だとか「変わった子」という噂を聞いていた。ある日、「ねえ、この水差しはね、ピッチャーって言うんだよ」というと、「へぇ、そうなんですか……じゃあ、キャッチャーはどこにいるんですか?」ときたのである。

力が抜けてズッコケそうになるのをかろうじて抑えながら、いやだから野球の話じゃないでしょ、なのでキャッチャーはいないんだよね、と苦笑いする。でも可愛くて仕方がないのである。なのに他日、朝から調子悪そうにしているのでどうしたのか尋ねると、「そのう……もう何日も出ないんですよ、雲知(音読みして下さい)が」だと!

う? なんか言った? いやはっきり聞こえたぞ。だあーっ、だからあんたは女の子だろうが、そんなことは別に言わんでもええねん、と心の中で叫ぶのだが、数日後、ニコニコしながら「出ましたよ〜」って報告するんだもんどうしようもないやね。いや別に俺訊いてないから、とか言っても無効なのである。

冬、秋田市内の某食品工場に出張研修としてSAと私、調理場の人の3人で行くことになった。出来上がった食品がベルトコンベアーで流れてくるのをひたすら袋に詰める作業が延々と続く。やっと休憩時間になり、SAとばったり鉢合わせになったので、さっきは時間が長く感じたよね、というと、「だれがですか?」って返ってくる。

だ、だれが、て……あんたとオレしかおらんがな、ここには。意味不明なことを言うヤツだとは思っていたが、まさかここまでとは……しかもこの子、とにかく人の話を聞いていない。話に割り込んでくるのはいいんだけど、それまでの文脈にまったく関係なく、自分のことに結びつけて話を転換する。で、話を戻すんだけどって何回言ったっけ。

食品工場の2年目、私は違う課に配属されたのでSAと仕事することはなくなったが、SAがいる課のおばさんが訪ねて来て「只野さん(仮名)、今日なんの日か知ってる?」というのである。いきなりの事に、こっちは両手を空に向けて少し持ち上げながら口をすぼめ、首をかしげる他はない。いったいぜんたい、なんだっていうんだよ?

「あーもう、やっぱりね。今日はSAちゃんの誕生日だよ、いい? 20歳のお祝いなんだからね、ちゃんとご馳走してあげなさいよ、今日はあんたたち2人だけなんでしょ?」だとよ。おまけに帰りにもSAと私がいるところで「只野さんにちゃんと言っといたからさ、何でも好きなもの奢ってもらうといいよ」などと言うのである。

シフトの関係上、今日はSAと2人だけであること、じつは今日がSAの誕生日というのも知っていた。でもね、黙って何もなければ、そのままのつもりだった。面倒なことはできれば避けたいじゃないですか。食品工場にも若い女の子がいて、彼女もSAのことを言う。なので「ああ、ヤツはテキトーに体育会系みたいなノリでいいんですよ」と応えた。

すると「ヤツ? なに言ってんですか、ちゃんとレディーらしく扱ってあげてください。でないと私が許しませんよ!」てか。あれ、なんかオレ怒られてる? なるほど、ここではフツーの可愛い女の子として通ってるってわけか。ま、オレは正体を知ってるんだけどな。でもやっぱ、ここで雲知の話はできないよね?

こうなった以上、SAと晩ご飯を食べないわけには行かなくなってしまった。何が食べたいか尋ねると、回転すしがいい、と言う。面倒くせえことになっちまったな、と内心思いながら、俺たち今年は一回もケンカしなかったね、前はよくケンカしたのにね、と言った。すると「あれは私が一方的で意味不明なことばっかりで……」とSAはいった。

あんたホントに成長したよな……前はろくに話もできなかったんだぜ、とか言っていると、「ご注文の品が到着します」と列車の模型に乗ってタコ焼きが3皿やって来たのである! は、なにこれ、あんた注文した? というとSAは黙って首を振るばかり。「まぁなんて言うか、只野さんらしいっていうか」とくるので、すかさず「あんたがそれを言うか?」と突っ込んでおいた。

タコ焼きのことはその場を和ませてくれたけど、私たちはもう、会話がなくても苦痛でないようになっていた。実際、2人で並んで仲良く(?)寮まで歩いて帰るほどになったくらいで、「もっと誘ってくださいよ」とまで言うようになった。若い女の子からその言葉が出てくるのは嬉しいんだけどね、調子に乗って本当に誘ったりはしない。

言えるのは、SAにはこれから将来があるけど、私はそうではないということだ。そして今思い出してみると自分でも意外なほど甘い記憶になっているけど、これは私の中だけでのことなのである。彼女にとって、忙しい日々の中で薄れてゆく記憶より、新しい出来事のほうが重要であることは間違いない。


【付記】
⚫︎ 念の為申し上げておきますが、この文章はフィクションです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/09 (7)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)