FC2ブログ

男鹿半島と周辺を歩く(25)〈省吾〉(男鹿市船川)

20180704142338d85.jpeg
ラーメンと炒飯のセット(できればラーメン一人前+半分炒飯)が好きで、以前からその記事を書き続けて読者を閉口させてきた。自分の体格や年齢を考えると、ラーメンも炒飯も単品で済ませるべきなのだが、ラーメンに半分の炒飯が添えられていると、とても幸福な気持ちになる。食べ終わった後の満足感が違うのである。

関西ならどこにでもあるラーメンと半炒飯のセットだけど、秋田(男鹿)ではどちらかというと少数派のようだ。ていうか、男鹿に中華料理店がないのだから、少数派云々という議論自体が無効である。このように、ほとんどの事柄が無効になってしまうのが広域限界集落なんですね。でも、意外と男鹿にもラーメンと炒飯のセットはあるんです。

そのひとつが、今回行った男鹿市船川の〈省吾〉。JR男鹿駅から歩いて行ける距離にあります。もちろん私たち(姉と)はクルマで行ったわけだが、平日のランチタイムだけあって、かなり混雑している。地元の人気店だけに混み合うのも当然かもしれない。注文するものは決まっている。いつもの、アレですよ。

さて料理が来ましたよ。おおっと、なんちゅう(おいおい)ツユダク! 浮いているのは白ネギの小口切りで、焼き豚とかメンマ、カマボコは完全に水没している。関西の感覚からするとかなり濃い目のスープに思えるが、塩分濃度自体はさほど高くないんですよ。色だけで毛嫌いする関西人がいるけど、そういう文化なわけです。

スープをレンゲで飲んでみると、ああ、やっぱり砂糖が入ってますね。醤油ラーメンということだが、 明らかにそれと感じられる程度の塩梅で、入れ過ぎってわけではない。いつぞや味わった「正油チャンポン」からすると、まだまだ(?)って感じの許容範囲内である。比内地鶏のスープらしく、深みのある味わいが好ましい。

麺は細めの縮れ麺で、なかなか良い感じである。なのでスープの分量、もう少し加減すればよかったのに、と感じた。これがスタンダードなのか、たまたまそうなったのか不明。偶然そうなったとすれば、基準のラーメンはかなり甘さが際立つ感じじゃないかと想像する。てか、やっぱりこれが基準だと思いたいですね。

炒飯は分量がわりとあって、玉ねぎの粗みじん切りが使われている。油もしっかり効いていて、パサつく感じがない。中華の炒飯なんだがどこか洋風に傾いている感じで、これ単品でも成り立つくらいである。付け合わせが福神漬けというのが象徴的で、完全に中華寄りだったら、ここは紅生姜がベストでしょう。

ラーメンも炒飯も単品で成り立つレベルで、たんに単品を合わせた感じ。なので相互補完的な組み合わせにはなっていないように思えた。やはり言えるのは、ラーメンと炒飯のいずれも出来が良く、しかも相互補完関係にあるものは滅多にない。ていうか、そういう理想を求めるのは間違っているかもしれない。

だけど、このお店のセットは良く出来ているのではないかと思う。お値段は忘れてしまった(おいおい)けど、食べても損した気分にはならないはずである。いやむしろ、もうそろそろラーメンと炒飯のセットを卒業しないといけないかも、などと思ってしまった。ホントの話、そんなに食べる必要ないんですよね。


【付記】
⚫︎ 〈省吾〉のセット、もしスープに砂糖が入ってなければ、ほとんどノックアウトされていたかもしれません。それだけ炒飯が良かったのですが、全体としては分量多過ぎで若い人向けですね。船川は、道の駅も出来たことですし、目が離せない感じが……って言ってもね、まあ男鹿ですから。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/10 (7)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)