揚げ出し豆腐もどき

FriedTofu
とある休日の午前、通販で買ったユニクロのノンアイロン・シャツを返品するために潟上市のユニクロに車で行った。返品の理由はメーカーではなく、勤務先にあるのだが、普通の感覚だと笑っちゃうようなものだ。だけどその詳細をこの場で書くのはフェアではないし、私の趣味にも合わない。一言だけ書かせてもらうなら、こういうのが田舎臭いってこと。

返品は郵送でもできるのだが、送料はこちら持ちだし、返金の時間もかかる。まあ、そんなわけなんだけど、案内装置は持っていないので、事前にgoogelマップで調べておく。ふむ、国道101号線を走って棒沼台で左折、しばらく行って7号線に入り、285号線を右折、と。これをメモに書いて、出発。

思ったよりすんなり到着できた。「メルシティ潟上」っていうショッピング・モールなんだけど、巨大な多層構造のハコを作らず、各店舗の集合体。平屋の寄せ集め、つまり土地が余ってるってことだな。ユニクロの店舗で返品手続きをすると、その場で現金を返してくれるから良いね。わざわざ車でやって来た価値があるってもんだ。

せっかくだからメルシティ潟上をぶらっとすれば良いのだが、今日は色々やることがある(って本当かよ?)。そんなに買い物をする必要もないけど、靴屋さんがあるので寄ってみた。暑い季節に向けてエスパドリーユみたいなのが欲しかった。買う気がないのがバレバレなのか、店員さんも近寄ってこなかった。

Ajidoraku帰り道、秋田に来てからいつも利用している理髪店に立ち寄ってみたが、待っている人が5人以上いたので、即パス。あとは、昼と晩に食べる食材を買うだけになった。船越のアマノとか脇本のマックスバリュでもいいのだが、なぜかドジャースに行ってみたくなる。ちょっと遠回りになるけど、ドジャース男鹿店まで車を走らせた。

101号線沿いにラーメン店がたくさんあって、そこで昼食を済ませてもいいのだが、せっかくの休日なんだし、昼ビールでもやりたい気分なのだ。ドジャース男鹿店で、夜のテキトー鍋の材料(豚バラ肉切り落とし、モヤシ、水菜、木綿豆腐)を買い、昼ビール用として厚揚げ(3個70円)とサラダ用カット野菜(150円)、ミニトマト4個(50円)を買った。

厚揚げは船川の吉元豆腐店のもの。以前買ってぽん酢(味ぽん)をかけて食ったらうまかったので再購入。ぽん酢もいいけど、これ、ひょっとして揚げ出し豆腐みたいになるんじゃない? 出汁は秋田の読者の方に教えていただいた「味どうらくの里」を用いた。秋田で有名なら、ぜひ味わっておくべきでしょ?

用意するものは厚揚げ(既製品)と、味どうらくの里だけ。えっ、それだけでいいの? もちろん、いいんです。豆腐は「揚げ」てあるし、つゆに「だし」も入っているから、それだけで「揚げ出し豆腐もどき」になるわけです。ただ、豆腐を揚げる時に片栗粉をつけておらず、葱・生姜・鰹節などトッピングがないだけじゃん?

厚揚げを電子レンジ対応の器に入れ、味どうらくの里をお好みで希釈して同じ器に投入、あとは電子レンジで加熱するだけ。舐めてないか、という声が聞こえて来そうだけど、本気である。これとカット野菜のサラダで、昼ビールを楽しもうという魂胆である。カット野菜のサラダは、後日ウェブログで記事にするつもり。

Agedashi_Tofuさて揚げ出し豆腐もどき(ここポイントね。揚げ出し豆腐、とは言ってないからね)ができましたよ。トッピングがないのが寂しいけど、毎日使うならいざ知らず、休日だけの料理ごっこでしょ、だからこんなのでいいの。食べてみると、うん、それっぽくなってる。本物には届かないけど、もどきだったら上出来だよ。

揚げ出し豆腐は、つゆを全て飲み切ることができる薄味タイプと、濃いめのつけつゆにして、つゆを飲まないタイプがあるんだけど、どちらもそれぞれ、いいところがあって、甲乙つけがたい。個人的には飲み切るタイプが好きなんだけど、味どうらくの里は、つけつゆにするのが似合っているのかもしれない。


【付記】
⚫︎ 味どうらくの里、とても使いやすくて気に入りました。ラベルにも書いてある通り、本当に色々なことに使える「万能つゆ」ですね。最後の画像は同品を使った揚げ出し豆腐もどきですが、これでもまだ甘辛いかな、というくらいの味付けです。つけつゆタイプとしてバッチリで、飲み切りタイプにするなら、希釈と同時に出汁の成分も薄れますので、ほんだしなどを加えると良いでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)