鶏胸肉の黒胡椒焼き マスタードソース

ChickenBreastMeat
鶏肉は好きな方だと思う。近頃でこそ豚肉で鍋をすることも多くなったけど、鍋といえばもっぱら「鶏の水炊き」だった。鶏もも肉に塩をもみ込み、魚焼きグリルで焼いたものはかなり美味しく、変なから揚げよりよほど良いものに思えた。鶏のから揚げも、良いものに当たれば本当に幸せな気持ちになるものだ。

思い返せば、それら鶏肉料理は全て「もも肉」である。鶏のもも肉以外で食べるのは「手羽先」とか「手羽中」あるいは「手羽元」だろうか。よほど気の向いた日には鶏のささみを買ってきて、湯引きしてあっさり食べることもあるけれど、ほとんどの場合、鶏料理=もも肉だったのは事実である。

鶏肉にはもも肉や手羽先以外に「胸肉」があるのはみんな知っていると思う。私も特にそれを毛嫌いしているわけではないが、なぜか「見て見ぬ振りをする」感じだった。いや、目の隅に捉えさえしかなかったかもしれない。嫌いではないのだ、でも、目の前にもも肉があったら、誰だって(?)もも肉を選ぶんじゃないだろうか。

YouTubeで中華料理とか釣りのチャンネルを見ていたら、おすすめ動画になぜか鶏胸肉料理が入っていたようで、何気なしに見ていた。すると、鶏胸肉は低脂肪高タンパクで、必須アミノ酸のナントカやらビタミン類が多く含まれていて、栄養的に優れた食品だという。しかも鶏もも肉に比べてかなり安いというではないか。

栄養のことなど、正直どうだって良いのである。最後の「安い」という部分に惹かれてさらに次の鶏胸肉関係の動画を見た。鳥の胸肉を塩水につけておき、取り出したら皮を剥いで黒胡椒を振り、フライパンで蓋をして2分焼く、と。裏返してもう2分焼いたら火を止め、蓋をしたまま15分間放置する。

時間になったら鳥の胸肉を取り出し、フライパンに残った肉汁に粒入りマスタードとオリーブ油を加え、混ぜる。加熱する必要はない。そぎ切りにした鶏胸肉を皿に並べ、マスタードソースをかけて完成、とな。へえ、なんだか良さそうじゃないの。今度休みの日にやってみようかな、という気になったではないか。

というわけで、某休日、クルマで脇本まで行ってHomacで小型包丁を買った。刃渡りの小さな多機能ナイフでは限界ってものがある。1000円以下のステンレス製だが、包丁からハサミまで研げるから、別になんだっていいの。ついでにダイソーであれこれ買って、最後にドジャース男鹿店という定番コース(?)になった。

まず、肉売り場に行って鳥の胸肉をチェックしてみる。あ、本当だ、鶏胸肉って300g=200円くらいだよ! 一番安くて小さなものを買っても、一人だと多すぎるくらいだ。でも冷凍保存できないから仕方なく買い物カゴに入れた。次に、魚売り場を見ると、青森産の天然ワラサのサク(背側)が198円だったので買った。

帰って来てから、鶏胸肉を塩水で保存するための袋を買い忘れたことに気がついた。塩水処理こそがこの料理の肝だと思うけど、肝を見事に外す男である。ていうか、もう12時過ぎてんだよ、だれが今から肉を塩水につけてしばらく待つなんてするかよ。かわりに(なってないけど)鶏胸肉の周りに粗挽き黒胡椒をたっぷりなすりつけて焼くことにした。

電気鍋の火力を最大にセットし、オリーブ油を入れて鍋が熱せられるのを待つ。あとは、上記の通り進めていく。電気鍋を使っているので余熱がかなり強いのが注意点で、発熱体から離して放置する。15分後、取り出して切ろうとすると、かなり熱い。これね、調整すれば好みの最良点が見つかると思うけど、それこそが「肝」なんでしょうね。

さてパクリ料理ができましたよ。完全に火が通っており、これはこれで悪くないが、もう少し浅めに仕上げたいものだ。食べてみると、なかなか美味い。特に、マスタードソースはいい感じではないだろうか。まあ正直、うま過ぎてヤバいとか、ノックアウトされたとかいうようなことはありません。ちゃんと作ってないもんね。


【付記】
⚫︎ これ、やっぱり昼飯向きじゃありませんね。塩水につけてしばらく置くってのがネックでして、昼前に買って来て下ごしらえをしておき、夕方に食べるのがベストでしょうか。調理法や加熱時間を工夫すると、もっとよい料理になると思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)