大吟醸 北秋田

Daiginjo_KitaAkita
以前〈北あきた にごり酒〉を飲んでわりと良かった印象があった。同酒は株式会社北鹿が出しており、秋田県大館市有浦、とラベルに書いてある。早速ウェブで秋田県大館市を見ると、北秋田市や鹿角市に接しており、青森県との県境に位置し、秋田県最北端であることがわかった。なるほど、それで「北秋田」なわけである。

少しずつ秋田の地名と位置が理解できてきたけれど、とにかく秋田(というか東北の県)はでかい。男鹿温泉郷から秋田市内まで約50kmだけど、関西だと50kmも車で走ればたいがい他府県まで行きますよ。あ、兵庫は別ね。兵庫って、関西では例外的にでかい県で、尼崎(東端)から赤穂(西端)まで行ってこい、とか言われると目眩がしそうになるほどだ。

だから大館市(北端)から湯沢市(南端)まで行くとなると、これはもう「旅行」である。そんな大げさに言うんじゃねえよ、と秋田の人に叱られるかもしれないが、温泉郷から秋田市内まで車に乗せてもらうだけで疲れてしまう(おいおい)私にとって、秋田県の広大さはただ事ではないのだ。そんなのが秋田で暮らしていけるのかよ、って話ですな。

さて某日、所用で姉と会った帰り道、どこかに寄らなくていいか、と言うのでスーパー市場的な所に寄ってほしいとお願いした。チャンスがある度に酒を買っておこうという魂胆である。近所に酒屋はあるんだけど、いわゆる「観光地値段」なんだもん……ゴメンな小母さん、と一瞬心で思ったけれど、北浦の何とかいうスーパー(?)に入った。

いやね、温泉郷に来た頃、ほらあれ、北浦にある何だっけ? えっと「ココット」? じゃなくて「コケット」? とか、わけわかんないことを言って同僚を不思議がらせた商店があるんですよ。ネットで調べてわかったんだけど「nicot」(ニコット)でした。ここで〈高清水〉の紙パック酒を買っておこうかな、と。

ところが〈高清水〉の前まで来てフリーズしてしまった。えっ、うそ、高いじゃん……これって近所の酒屋も真っ青になるくらいだよ? 一応スーパーでしょ、何でこんな値段設定になってんの意味不明、とか思いながら他を探すと、〈大吟醸 北秋田〉の4合瓶が目にとまった。これ、にごり酒の蔵元だ、と思った瞬間買っていた。

原料は米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。精米歩合50%、アルコール分15度以上16度未満、とラベルにある。酒米の銘柄は不明で、日本酒度とか酸味、アミノ酸度なども不明だが、50%まで精米した米で醸造し、醸造アルコールを添加して作った、ということだと思う。純米大吟醸ではないので念の為。

さっそく飲んでみよう。なるほど「大吟醸」というだけあって、果実を思わせる香りが鼻に抜けて行く。どっしりした重さはなく、むしろ軽いほう。しかしコクと旨味はわりとしっかりしている。どちらかと言えば甘口寄りかもしれないが、スッキリしているので〈爛漫〉〈高清水〉〈太平山〉〈雪の茅舎〉などより辛口に感じた。

余韻は今ひとつで、えもいえぬ旨味がずっと残って後を引く、ということはない。醸造アルコールの平坦な味わいに近いものが残ってしまうが、そんなに悪い後味ではないと思う。2日に分けて飲んでみたけど、1日目の方が美味しく感じた。フレッシュなだけあって、変質も早いのだろうか。3〜4人で、一晩で飲み切るのがいい感じかも。

食中酒としてもぴったりの酒で、刺身とか焼き魚、魚の煮付けなどにも合うと思う。フライやてんぷらなどと合わせても、油をすっきり洗い流してくれるのではないかと想像する。特定の料理と合うというより、かなり広範囲の料理と合う、もてなす側としては使い勝手のいい一本ではないだろうか。

しかもこれ、かなり安い値段で入手したんですよね。詳細は理由(わけ)あって割愛するが、費用対効果からすると、相当出来の良い部類に入ると思う。さすがは「美酒の国」というだけのことはある、この値段でこの品質、灘(兵庫)でも探すのは難しいんじゃなかろうか。冷蔵庫が欲しくなってしまいましたよ。


【付記】
⚫︎ さすがに手放しで大絶賛、というわけには参りませんが、安くて美味い酒が、秋田にはたくさんありそうです。県南にものすごく良さそうなのが……取り寄せになりそうですが、そのうち、と思っています。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (8)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)