男鹿半島と周辺を歩く(2) 農園りすとらんて ハーベリー(三種町)

20170413172406419.jpg
車がないときは「クルマを買ったら**へ行ってみよう」とか色々想像して楽しみにしていたけど、いざクルマがあるとなると、あまり出かける気が起こらないのはどういうわけだろう。これは本当に不思議で、自分でもわけがわからない。男鹿半島のことをあまり知らないということが大きいだろうけど、それだけなのかな。

忘日、冬タイヤと夏タイヤを交換するから、と姉に会うことになった。冬タイヤと夏タイヤがあることも初めての経験。確かに、秋田で一冬を越した今では、雪道を走るためのタイヤが必要なことがよくわかる。昔、阪奈道路を走っていたとき、凍結していたのかブレーキを踏んだら後タイヤが横滑りして冷や汗をかいたことが一度だけある。

InnerOfHerberryその日は久しぶりに中華料理を食べた後、姉とちょっとしたドライブになった。男鹿に住んで長い姉は、男鹿半島の名所とか地域の人しか利用しない良い店をよく知っていて、先達としては本当にありがたい。私にとって、まさに「あらまほしき先達」なのである。若美から大潟村に入って三種町へ抜け、海水浴場があるのを教えてもらった。

海岸沿いには巨大な風車があり、風力発電をしているようだ。これは、初めてフェリーで初めて秋田に来た時にも見たもので、秋田港に風車が備え付けてある。国道101号線沿いに潟上市から男鹿市へ入ると、巨大ななまはげ立像とともに、風車が見える。へぇ、すごいなあ、という感じで見ていたのだが、これだけ並ぶと壮観である。

GoatOfHerberry海水浴場の浜はかなり砂の量が多く、鳥取砂丘とまではいかないものの、それを思わせるレベルの堆積ぶり。そのため、周囲に防風と防砂を兼ねた松が植えられているのだが、松たちはものの見事に傾いている。何もそこまで斜めにならなくっても良いじゃんよ、と言いたくなるほどだが、風に加えて雪の重みもあるんじゃないかと想像する。

ここまで砂が多かったら、いっそのこと「秋田にも砂丘があるの、知ってた?」みたいな感じで観光資源にできないかな、とか思ってしまう。でもすぐ背後に農家の人の畑があるので防砂が最重要の課題となる。JA王国だからね。地域の人の生活を優先して確保しながら、観光資源のことも考えるのは難しいですよ。

さてその後、ちょっとカフェでも寄っていく? ということで三種町の〈農園りすとらんて herberry(ハーベリー)〉さんに立ち寄った。どうやって行ったのか、もう思い出せないけど、姉のナビゲーションによってたどり着いただけ。こんな所(失礼)にレストラン&カフェがあるの、という感じ(てか、男鹿はどこでもそうだけど)。

お邪魔したのは昼過ぎ、ランチの営業が終わったカフェ時間。ご夫婦でやってらっしゃるので、クルマで出かけようとするご主人に「今、大丈夫ですか?」と問い合わせ、ご主人が奥様と携帯で確認してからの入店となった。いかにもレストラン、という感じの門構えではなく、個人邸宅を改装した感じ、だろうか。

OtszanChoiceでも天井が高いのが良いですね。そんなに詰め込んだ感じがしなくて、横に蔵書があったりするのだが、本棚が異様に高い。こんなに高い本棚、図書館以上かも。もし萩原朔太郎がいたらお気に入りになるかもしれない感じのレストラン。朔太郎なら「ふらんねる」のシャツにネクタイをつけ席に着き「ふらゐ」(たぶん白身魚)を食べたんだろうな。

もうね、中華でお腹いっぱいだったのでケーキも食べられない。中華料理店〈東東〉でたらふく食べた後、コーヒー・ゼリーとホット・コーヒーをやったからね。姉の「とんちゃん定食」にコーヒーゼリーが付いているのを見て、「ねえ、後でコーヒーが来るんならさ、それ、俺にちょうだいよ」とか言って、コーヒー・ゼリーをせしめたわけ。

ElderSisterChoiceで、私はコーヒー、姉は「何とかハーブティー」(忘れた)を頼んだ。「お好きなカップをお選びください」とのこと。乙山チョイスは画像4枚目で、姉チョイス5は枚目。コーヒー屋さんではないので、味がどうとか野暮なことは言わない。ちなみに姉はコーヒー屋さんです。大潟村の道の駅の、コーヒーのテイクアウト店ね。

ああ、本当にいい天気、静かな時間が流れてゆく。〈ハーベリー〉の離れではヤギを飼っていて、ヤギが昼寝をしていたり、気が向いたら表に出てきてゆっくり歩いたりするのを見ながら時間が過ぎ行くのを楽しんだ。姉がいなかったら、私がここにいることもなかったと思う。姉に感謝である。


【付記】
⚫︎ 風車、ハーベリーの内部、ヤギが写っている画像は、姉からもらったものです。基本、すべての画像と文章は乙山によるものですが、このようにして、ごく稀に乙山以外のものもあります。提供に感謝します。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (7)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)