厳寒期の快適な入浴法

Denouve_Repulsion
秋田の冬が寒い、というのを肌で感じたのは「今年一番の大寒波」が襲ってきた時だった。何しろ、最高気温が氷点下で、朝から晩まで雪が降り続けるという、関西ではまずあり得ない気候である。比較的雪が少ない方だと言われる秋田沿岸地域でもかなりの積雪があり、ゴム長靴を履いても雪が靴の中に入ってくる有様。

こんな日は部屋に帰ってきても寒く、空調をかけてもすぐに暖まるわけではないので、ずっと上着を着て部屋の中で過ごすことになる。いや、本当に寒いんだけど、噂に聞いた「痛くなるほどの寒さ」にはまだ至っていないような気もする。沿岸地方は雪が少ないけれど風が強く、それで体感温度をより低めに感じて「痛く」なるのかもしれない。

大阪の池田にいた頃は公団の集合住宅に住んでいたけれど、高気密の部屋だったので、暖房をかけずにいても室内は10度前後に保たれており、寒い外から帰ってくると暖かく感じられたのだった。8畳程度のワンルームだったが、暖房は小さなガス・ファンヒーターで充分で、布団も毛布と肌掛け布団にカバーをかけたもので大丈夫だった。

それからすると、会社の寮はかなり寒いと言える。室内はともかく、公共空間は吐く息が白くなってしまうほど冷え込むのである。風呂場もそうで、食器洗いのシンクが装備された洗面所と隣り合わせになっているが、かなり寒い。こう寒いと風呂に入る気も失せてしまうが、入浴しないわけにもいかない。

できるだけ短時間で入浴を済ませてしまいたい。普通のように、バスタブに湯をたっぷり張って入浴し、バスタブの外で体を洗っていたら、その間に身体が冷えてしまう。もはや日本の普通の入浴の仕方では対応できぬ状況なのは間違いない。では、どうすれば体を冷やさず、短時間で入浴を済ますことができるのか?

答えはこうである。バスタブの中で身体を洗ってしまうのだ。バスタブに湯をたっぷり張るまで待つ必要はない。だいたい15cmくらい湯が溜まったくらいが「入り頃」だろうか。寒いけれど、尻や腰、足を温めることができるのは大きなポイントだ。そこで身体洗い用の化学タオル(?)に石鹸または液状のボディ・ソープなどをつけて身体を洗う。

座りながら洗うのだから、腕や首、胸などが一番先になるだろう。洗いにくい下半身はバスタブの中で立ち上がって洗ってしまおう。足先なんかはバスタブに乗せて、さくっと洗い上げましょうかね。えっ、行儀が悪い? だけどね、映画『反撥』の中で、カトリーヌ・ドヌーヴは洗面台に足を乗せて洗っていた*ではないか。

もちろん垢が湯の表面に浮いてくるのだが気にしないようにしよう。どうしても気になる人は洗面器で灰汁を取るみたいにすくえばいいと思う。髪もバスタブの中で洗うのだが、シャワーなど使わず、垢が浮いた湯(おいおい)をすくって頭にかける。バスタブの湯は身体を洗った石鹸やら、シャンプーやらで汚れているが気にしない。

いや、まあ「そういうもの」なんである。映画『Brazil』でもヒロインが入浴するシーンがあったけど、バスタブの湯は白濁していた。というか、表面に泡が浮いていて、垢とかはごまかされていたけれど、「そういうもの」だと思う。一人一湯(?)が基本であって、何人かで湯を共有する日本式の入浴方法とは違うのである。

身体を洗い終わった頃にはバスタブにたっぷり湯が溜まっているので、そこで「入浴」となる。湯は白濁し、表面には垢が浮いているけれど気にしない。ゆったりと身体を温めようではないか。ひとしきり身体を温めたら、栓を抜いて排水するのだが、排水しながら化学タオルでバスタブをこすって洗ってしまえばよい。

最後に、シャワーを浴びて汚れを流すようにする。キレイさっぱり、身体や髪に付着した垢なんかを洗い流しておきましょう。面倒くさいのでそのまま上がっても(おいおい)それほど壊滅的にひどいことにはならない(と思う)。この方法、じつに合理的でお気に入りなんだけど、理解してもらうのは難しいだろうなあ。

*今回の画像は、まさにカトリーヌ・ドヌーヴが洗面台に足を載せている『反撥』の一場面です。

【付記】
⚫︎ やはり「バスタブの湯は綺麗でなくてはならない」という日本の伝統的な入浴概念は、なかなか根深いものがあって、汚い湯を受け入れるわけにはいかないと想像します。ですが、もうこの方法以外で入浴する気がしません、というか「できません」。寒すぎるんですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)