ニッカ G&G



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】


GG_WholeImage.jpg
どうやら今年最後の記事は「日本のウィスキーを飲む」という企画、いや「特別企画」によるものとなりそうだ。なんだか只野乙山という男はウィスキーを飲みまくっているように思う方もいらっしゃるかもしれないが、ふだんは一日一杯だけ、帰って来たときにまず飲む「帰宅後の一杯」で愉しむだけである。もう以前のように寝しなに好きなだけ飲む、などということのできぬ身体というか年齢になってしまったのだ。

キリンのエンブレムやブラックニッカ8年を飲んでいると、華やかな香りがあり過ぎてちょっと閉口することがある。そんなときはお気に入りスコッチの一本、インヴァーハウス・グリーンプレイドなんぞをそっと取り出してソーダ割りにして飲み、ほっとしている。これは若いピート香がきいたもので、はっきり煙臭さを感じる。最近流行りの「甘く、華やかなブレンド」ではないウィスキーが好きなのである。

さて今回はニッカウヰスキーの〈G&G(ゴールド&ゴールド)白瓶〉である。これも存在だけは知っていたものの、飲んだことのなかったもので、なんだか申し訳ない気持ちがしないでもない。どうしてなんだ、と訊かれても答えに窮してしまうのだが、なんて言えばいいのだろう、ものを知らぬ若輩者あるいはブランドに弱い見栄っ張りな浅薄者ならではの勘違いの結果によるものだと、とりあえずは答えておこう。

G&Gといえば1970年代の半ば頃だったろうか、あのオーソン・ウェルズがテレビCMに出演していたのではないかと思う。記憶を確かめるためYouTubeで「G&G」で検索すると、ありましたよ。あの『第三の男』のテーマを背景に"perfection"なんて言ってるではないか。しかも信じられないことにCMの最後に「2000円」とある。これ、当時としては破格なんじゃないだろうか。

GG_InClose-up.jpgおそらく仮想の敵というかターゲットは、ずばりサントリーオールドだろう。G&Gのボトルデザインも、どこかオールドを思わせる丸いなで肩になっているし、名前も、オールドとゴールド。記憶の曖昧さから間違いがあるかもしれないが、たしか当時オールドは2800円くらいしていたのではないか。それからするとかなりお得な感じのするG&Gだが、「だるま」の牙城を崩すことができたかどうかは歴史の示すとおりである。

G&Gを常備している店も、今では少なくなっているのでネット通販で入手したG&Gを飲んでみる。まずはトゥワイス・アップ(ウィスキー:水=1:1)でやってみると、うむっ、これはいい! いささか食傷気味の、例のあの「甘い、華やかなブレンド」ではない、むかしのウィスキーが持っていた、パンチのある味わいではないか。

ああそうだ、こういう味を求めていたんだ、としみじみ思わせてくれる仕上がりで、新しいブレンドのスーパーニッカより、こっちのほうが好きかもしれない。ニッカウヰスキーのホームページを見ると、「余市蒸溜所のモルト原酒と熟成に達した宮城峡蒸溜所の『カフェグレーン』をブレンドしたもの」とあり、なるほど納得の味わいだ。

なるほど納得の味わいなんだけど、現在(2012年12月)G&Gの価格はだいたい1600~1800円(750ml)くらいのようで、売り場によってはむしろサントリーオールド(1600円≒700ml)のほうが安いこともあるくらいだ。これは微妙なところで、時代が変わったんだということを感じさせられる事実だろう。味わいからいうと、フロム・ザ・バレルやピュアモルトの次に好きなニッカで、味が変わってしまったスーパーニッカに代わって、これがニッカだと思える味わいを残してくれている、たいへんいいウィスキーだと思う。G&Gのファンがわりと通人に多そうだというのも、なんとなくわかる気がする。


≪ ブラックニッカ8年へ  ブラックニッカ スペシャルへ ≫


【付記】
● G&Gは、いいウィスキーでした。分量はフロム・ザ・バレルやピュアモルトの1.5倍ありますので、500ml換算すると1000~1200円ちょっと、ということになるのです。これはここだけの話。

年末は何かと多忙で、たぶん今年最後の記事になるでしょう。
それでは皆様、よいお年を。
元旦に(?)お会いしましょう。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)