夏目漱石 「門」

夏目漱石 「門」 (1910年より朝日新聞に連載、翌年刊行)

NatumeSoseki_Mon.jpg
ちくま文庫版『夏目漱石全集』が本棚にあるため、ようし夏目漱石を読むぞ、と気合を入れて読み始めたものの、「門」で一気にペースダウン。このウェブログで漱石の「それから」を取り上げたのは2012年の1月29日のことだから、「門」一編を読むのに三カ月も要したことになる。

どうしてそういうことになったのか、自分でもよくわからないけれど、読んでいて思ったのはドライブ感が少ないことだろうか。次はどうなるんだろう、と頁をめくりたくなる感じが足りないのだ。宗助と御米という夫婦だけでひっそりと暮らしている日常を描いていくのだが、筋があるようでない感じで、ヤマがない、オチがない、とまではいかないにしても、まるで現代小説を読んでいるような雰囲気の前半部分だった。

これは人によってさまざまだと思うが、私(乙山)の読んだ感じではそんなふうだった。ひょっとすると「門」がいちばん好き、という人もいるかもしれないけれど、想像するに「門」は漱石の中でもあまり人気の高くない作品の部類に入るんじゃないだろうか。ちがうかなあ。「猫」や「坊っちゃん」、「三四郎」あたりではだれかと話ができるかもしれないが、「門」でそれはあまりなかったような気がする。

「三四郎」「それから」「門」をして漱石の三部作だという。夢見る青年の淡い恋と女性の結婚による恋の終わり、既婚女性への恋慕と彼女との結婚、そして不義不徳を背負って生きる夫婦のその後、というわけで登場人物こそ違えどもそれとなくつながりがあるように見えるので「三部作」といわれるのだろうと思う。「門」の宗助と御米の夫婦はさすがに所帯じみていて、「それから」の華やかさがそこにはないんですね。あからさまに「続いている」という感じは正直言ってあまりしなかった。

「門」の中頃から宗助の若い頃と御米との出会いが回想で描かれるのだが、安井と御米がいわゆる内縁関係であったとか、どのようにして宗助と御米が近づいたのか、などという部分がかなり省略されて書かれており、いったいどういうことなんだ、と読み返してみないと(読み返してみたとしても)あまりよくわからないのが腑に落ちぬところだ。前作「それから」の続きということでよろしく、ということなんだろうか。

後半部分で大家の坂井との交流が書かれ、そこで安井の話が大家の口から出る。ここで宗助と安井が対峙する、話の中では最も緊張の高まる瞬間なのだろうけど、先に書いたように宗助と御米、安井の三角関係があっさり書かれ過ぎているように思えるためか、テンションの高まりが読者によってはあまり感じられないのではないかと思う。おまけに宗助は唐突に禅寺にこもって何かを得ようとして禅寺の門を叩く、というわけで「門」なのだろう。

詳しいことはわからないけれど、登場人物の三角関係の捨象、最も緊張が高まるべき部分での主人公の唐突な禅寺籠り、そしてなんともゆるい感じのする収まり方などは漱石の設定によるものだと考えざるを得ない。さらに体調の悪化もあったことだろう。「門」連載終了後、漱石は胃の調子が悪くなって入院しているという。なんだかいまひとつだなあ、という感じを持った「門」だけど、世の人たちはどういう感想をお持ちなのかちょっと気になるところです。


【付記】
● 「夏目漱石を読む」というのがなんだか企画じみているためか、なんとか放り出さすに読み通したわけですが、もしこれが他の作家の本だったら、ひょっとしたら途中で放り出していたかもしれません。どうも気になって読みたいな、という感じがあまりしなかった「門」。読むのに時間がかかったのも、そのあたりに原因があるのでしょうか。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)