『マルタの鷹』 (1941)

『マルタの鷹』 アメリカ (1941)

TheMalteseFalcon_01.jpg
原題:The Maltese Falcon
原作:ダシール・ハメット
監督:ジョン・ヒューストン
出演:ハンフリー・ボガート、メアリー・アスター、ピーター・ローレ、シドニー・グリーンストリート、エライシャ・クック・ジュニアほか


いちばん好きな映画俳優はと訊かれたら、たぶんハンフリー・ボガートだと答えてしまうかもしれない。もちろん、ロバート・ミッチャムやショーン・コネリーも好きだし、スティーヴ・マックイーンやポール・ニューマン、ジェームズ・スチュワートにグレゴリー・ペック、ジャック・レモンとかヘンリー・フォンダ、そしてブルース・リーなどもお気に入りなんだけど、どうしても一人だけ挙げよ、となるとやはりハンフリー・ボガートになってしまう。

どうしてか、と訊かれると困ってしまうのだが、とにかく一切の理屈抜きで格好いいのである。だからどれだけ時代錯誤とか前時代的だとか思われようとも、ハンフリー・ボガート主演の映画にどっぷり浸っているのが好きだ。その際、自分がどれだけハンフリー・ボガートからかけ離れているか、などということは一切考慮しないことにしている。本来映画とは、そのような卑小な自分とか煩雑な生活などを忘れさせてくれる装置ではないかと思う。

TheMalteseFalcon_02.jpg『マルタの鷹』(1941)はハンフリー・ボガートの出世作ともいえるもので、ダシール・ハメット原作のいわゆるハードボイルド小説を映画化したもの。それ以前にそれほどたくさん映画出演しているわけではないボガートだが、主人公サム・スペードの冷徹なタフガイぶりがじつに様になっているというか、板に付いているというべきなのか、まさにぴったりのはまり役である。これが、初めからボガートを想定しておらず、打診した俳優が断った結果ボガートに配役が回ってきたというから不思議なものである。

サンフランシスコで私立探偵事務所を開いているサム・スペード(ハンフリー・ボガート)のところへ、サーズビーという男と駆け落ちした妹を取り戻してほしい、と依頼する女性(メアリー・アスター)が現れた。サムの相棒、マイルズは女性の美貌に惹かれ、仕事を引き受けるが、彼は何者かによって射殺されてしまう。マイルズの妻とサムの仲を怪しんだ警察によって、サムはマイルズ殺しの容疑者として扱われる羽目になる。

サムは自らの容疑を晴らすため、何か隠し事をしているらしい依頼人の女性を問いただし、彼女は本名がオショーネシーであることを話す。事務所にはジョエル・カイロ(ピーター・ローレ)と名乗る男が現れ、黒い鷹の置物を探し出してくれたら5000ドルの報酬を出すという。隠し事の多いオショーネシーやカイロは、どうやら鷹の置物をめぐる競争相手であるようで、その背後にはガットマン(シドニー・グリーンストリート)という黒幕がいて、手下のウィルマー(エライシャ・クック・ジュニア)らも動いている。

TheMalteseFalcon_03.jpgあまりにも有名でパロディも多い映画なので筋がわかると困る、などということもないと思うが、「マルタの鷹」とはマルタ騎士団がスペイン国王に献上するため、黄金の鷹の像を作り、それを黒く塗り込めたという設定。ネットで調べてみると、マルタ騎士団というのは実在するようで、十字軍のころから活動しているという。いまでもローマ市内に本拠地としてビルを所有していて、ビル内は治外法権になっているというから驚きだ。

ハンフリー・ボガートはピン・ストライプのダーク・スーツを着ており、それがウェストをしっかり絞った6ボタンのダブル・ブレストなのがたまらないですね。ピン・ストライプのスーツ、ましてや6ボタンのダブルなんて着てみようとも思わないくらいなのだが、それがまた本当に似合っているのが羨ましい。そして外出時にはしっかり帽子をかぶるのだが、これがまた本当に様になっている。

黒幕ガットマンの用心棒として登場するウィルマーは、ハンフリー・ボガートよりちょっと小ぶりで、グレーと思われるダブルのスーツを着ているのだが、ちょっとサイズ大きめでだぶついて見える。これもおそらく、計算済みでそうしているのだと思うけれど、日本人がダブルのスーツを着ると、ちょうどウィルマーみたいになってしまうことが多い。

1980年代の後半、ちょっとだぶついているけど肩をやたら強調したジョルジオ・アルマーニのコピーみたいな、しかも変な色のダブルのスーツを着ている人をやたら見かけましたね。薄紫というかなんとも言えぬ色のダブルのスーツに、茶色の房飾り付きのスリッポン(紐なし靴)をよく合わせていたあの人たちは今、どこでどうしているのだろう。

TheMalteseFalcon_04.jpgハンフリー・ボガートの格好良さが光る映画なんだけど、それをより一層引き立てているのがカイロ役のピーター・ローレと用心棒ウィルマー役の俳優。どちらもちょっと小柄で、どこか間抜けな感じのする演技だが、とくにピーター・ローレはなんとも言えない、いい味を出している。ハンガリー出身の人らしいけど、ジョエル・カイロという人物はいったいどこの国の人なんだろう。カイロだけにエジプト系の人、なんだろうか。謎の人物としか言いようがないけれど、こういう脇役の人たちがいてこそ、ハンフリー・ボガートが光るのではないかと思う。


【付記】
● 画像一枚目でボガートは紙巻きタバコを自分で巻いています。二枚目がジョエル・カイロことピーター・ローレ。いったいどこの国の人の設定なんでしょうね。三枚目が用心棒とボガート。服の着こなし方にご注目ください。ただしウィルマーが着ているのはコートです。四枚目の女性がオーショネシー役のメアリー・アスターです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)