FC2ブログ

RCサクセション『GOLDEN BEST -UNIVERSAL EDITION-』(2004)

忌野清志郎(とRCサクセション)を知ったのは1982年頃、YMOの坂本龍一との共作「い・け・な・いルージュマジック」が出た時ではないかと思う。忌野の絞り出すような独特のヴォーカル、彼らのケバケバしいメイクに度肝を抜かれた。今はマエストロのような坂本だが、その頃は若きデヴィット・ボウイと渡り合えるほどのイケメンだった。

ウィキペディアによると、忌野自身は1960年代中頃から音楽活動をしており、RCサクセション誕生は1968年とあるが、楽曲をラジオで聞いた記憶はなく、ましてテレビで見たこともなかった。1970年代後半ではライヴでのパフォーマンスが有名だったそうだが、やはり坂本との共演がきっかけで広く知られるようになったのではないかと思う。

その後、RCの楽曲はラジオでも流れるようになり、追いかけなくても向こうから聞こえてくるようになったけれど、政治的メッセージや大手レコード会社との対立などを見ていると、立ち位置としては今でいうインディーズとかアングラが似合ってるのではないかと思う。音源は『GOLDEN BEST -UNIVERSAL EDITION-』(2004)とした。

「ロックンロール・ショー」は仲井戸 ”CHABO” 麗市のリフが印象的で、作詞作曲はRCサクセションとある。こういう時、仲井戸のリフがまずできて、そこに忌野が歌詞を乗せていく感じで出来上がっていくんじゃないかと想像する。「ほら もういっちょう/これはロックンロール・ショー」なんて、いかにもその場で作った感じがする。

画像や映像を見る限り、仲井戸のギターはフェンダーのストラトだと思うが、リフはどこか重さと粘りがあってギブソンのファイアバードのようだ。イフェクターの使い方によると思うがソロに入るとストラト全開になるのが面白く、フレージングも独特だ。スタジオ音源では短めソロが多いけど、ライヴで演奏が聴けなかったのが残念だ。

「サマータイム・ブルース」はエディ・コクランのカバーで、日本語の歌詞をつけている。モロ反原発ソングなんだけど、こういう政治的メッセージをたくさん盛り込んだアルバム『COVERS』は発売中止になったという。当時所属していたレコード会社は東芝EMIで、親会社の東芝が原子炉の供給をしていたため圧力がかかったという。

「サン・トワ・マミー*」はサルヴァトール・アダモの曲で、日本では越路吹雪のカバーがヒットした。題名は英訳すると「Without you my honey (sweetheart)」ほどの意。越路版では女性の立場での歌詞をRC版では男性に書き換えている。原曲や越路版はミディアム・テンポだがRC版はアップ・テンポのアレンジでホーンを入れてファンキーに仕上げている。

RCといえばこれ、ともいえる「雨あがりの夜空に」はライヴ終盤で使われた定番ソング。忌野の愛車のことを歌った曲だが、あまりにもわかりやすい喩えに笑ってしまう。仲井戸のリフに忌野が歌詞を乗せたRC黄金ソングとも言えるだろう。後にカバーしたアーティストの多さにも驚かされるRCの代表曲だ。

最後の「スローバラード」は忌野のヴォーカルがしみじみと切なく、「雨あがりの夜空に」とは対照的。さすがに曲は外部委託しているが、こういう静かな曲を聞かせる忌野の声の力に改めて感心するし、曲に合わせてソロをサクソフォンに任せるセンスにも脱帽。プレイリストに入れるなら「雨あがり…」ではなくてこっちだね。

* 原題はフランス語で「Sans toi m’amie」。「toi」から親しい関係が示され、「m’amie」とは「女の友達」を指す。男友達なら「mon ami」(モナミ)で、この名を冠した喫茶店が以前いくつか存在した。越路吹雪が歌うなら、本当は「サン・トワ・モナミ」にすべきで、そのままでは「女が別れた女を想っている」ことになる。

【付記】
⚫︎ いえね、「雨あがり…」は良いんだけどわかりやす過ぎるんですね。一人ならいいんだけど、誰か人が横にいればちょっと困るのです。

スポンサーサイト

寺尾聰『Re-cool Reflections』(2007)

寺尾聰を初めて見たのは1979〜80年頃で、『西部警察』という刑事ドラマだったのではないかと思う。同じ頃、テレビでタイヤ会社のCMに流れた曲が格好良く、てっきり海外アーティストだろうと思っていた。当時の歌謡界ではキャンディーズからピンク・レディーへという流れがあり、ゴダイゴなどもヒットしていたのである。

その種の「歌謡曲」のテイストとはまるで違う格好良さがそのCMにはあったが、それが寺尾聰によるものと知ったのは後になってからだ。とにかく「西部警察の人」がテレビで「ルビーの指環」を歌っていることに驚かされたのである。その後ヒット曲がなかったこともあって、一発屋だと思い込んでいた。

俳優として知った寺尾聰だが、ウィキペディアによると元々音楽畑の人で1960年代からミュージシャンとして活動していた、とある。アルバム『Reflections』(1981)は全曲寺尾自身による作曲で160万枚のセールスを記録し、日本レコード大賞を受賞。そして俳優としても日本アカデミー賞の主演男優賞を受賞。このダブル受賞は寺尾だけだという。

今回は『Reflections』を新たに録音し直した『Re-Cool Reflections』(2007)を聞いてみた。本来ならば旧作と比較して聴き込むのが筋かもしれないが、旧作は入手困難により横着対応をお許し願いたい。一通り聞いた感じではやはり「渋くてクールな大人の音楽」だろうか。バリトン・ヴォイスがヒットした稀有な例でもある。

「二季物語」は題名が示唆するように冬と夏からなる。「凍えた湖 瞼に銀の木洩れ陽/冬に届いた手紙を開けるたびに/貴女が恋しい」とスロー・バラッドで歌われる。低い声域だけどメロディアスで、つい真似して歌いたくなる。後半はジャズ・ピースへと変わり、テンポも上がるのだが主旋律は同一でアレンジ(編曲)の巧みさがよくわかる。

編曲者は井上鑑で、あの大瀧 ”ナイアガラ” 詠一と親交が深く、旧作でも編曲を担当している。本作はラテン風アレンジ多めになっているが、稲垣潤一の「ロング・ヴァージョン」も井上編曲。大ヒット曲「ルビーの指環」ではホーンを導入してよりファンキーな仕上がりになっている。なお旧作アレンジとほぼ同じものが最後に収録されている。

「SHADOW CITY」はどこか鼻歌のようなスキャットから始まるが、これがタイヤ会社のCMソング。聞いていると作曲する際、寺尾はまず鼻歌で大まかに作っているのではないかと想像してしまう。作曲の過程は人それぞれで、モーツァルトのように頭の中でやってしまう人もいれば、ピアノで少しずつ織り上げていく人もいるだろう。

まずコード進行を決めておいて、ギターを弾きながらメロディを作る人もいれば、まず歌詞ありきの人もいるかもしれない。即興演奏で有名なキース・ジャレットも歌いながら弾いていますね。歌うのと手が直結しているわけです。寺尾の場合、本人しかわからないのだけど、あのスキャット(鼻歌)が先行してそうな感じがする。

寺尾が示したスタイルは、当時の歌謡曲とは違ったテイストの都会派ポップ。南佳孝と並んでその先駆者的存在*でもある。このアルバムは(新旧共に)本当に良い曲が詰め込まれていて、少しずつ小出しにするのではなく、まとめてやってしまった感じがしますね。肩の力を抜いて、楽しみながらね。まさに大人の音楽というべきだろう。

* 都会派ポップの先駆者として荒井(松任谷)由実を忘れてはならない。実質は寺尾や南の路線と同じだが、あまりに早すぎたため歌謡曲やフォークに対する「ニューミュージック」として認知された。現在ではそれがほぼ死語になっている。

【付記】
⚫︎ 「ルビーの指環」しか聞いていなかったことを後悔しました。当然、プレイリストに入れて車で聞くようにもしています。

中島美嘉『BEST』(2005)

いつものように車で音楽を聴こうとスマホを繋ごうとしたら、バッテリーが底を尽きかけていた。仕方なくラジオに切り替えようとすると、「CD IN」という表示が見えたが、記憶が正しければ、乗り換えてからCDを持ち込んでいないはずだ。怪訝に思いながらCDの再生ボタンをおすと、やはり聴いたことのない音源が流れてきた。

おそらく元の所有者が忘れていったものだと思うが、こういう出会い方もあるんだね。聞いたことのない日本の女性ヴォーカルで、しばらく聞いていると「あ、これは」と思う楽曲もあった。いつか、どこかで何かの機会に耳に入ったのではないだろうか。気になってCDを回収し、調べてみると中島美嘉だとわかった。

ウィキペディアによると、モデル業からスタートしたが、もう一つの夢「歌手になる」のを目指してレコード会社にデモ音源を送り、注目されオーディションに合格。女優としてもオーディションでヒロインに抜擢され、1stアルバムをリリースするとオリコン初登場1位、ミリオンセラーを記録(筆者による要約)とある。

紅白歌合戦に何度も出場し、女優としても日本アカデミー賞で幾多に渡って受賞した人で、もはや「知らないほうが変」レベルだが私は知らなかった(おいおい)。CDは2005年発売の『BEST』で、発売後1ヶ月でミリオンセラーを達成したという。一通り聞いた感じでは低めソプラノかと思うが地声は低そうな感じがする。

高域の伸ばし方が上手いので声域は2オクターブ半以上の広がりがあるのではないか。曲によってはかすれて聞こえる声も魅力につながっていると思う。またブレス(息継ぎ)が控えめなのも好感を持った。今ではそれが表現の一部となっている(?)ようであるが未だになじめないものがある。全部は無理なのでピックアップしてみよう。

「STARS」は2005年に新しく録音したヴォーカルとある。歌詞が抽象的なせいか、まるで外国の女性ヴォーカルを聞いているようだが、声とメロディーで聞かせる曲。後からネットで歌詞を調べて「そうか、こういうことを歌っていたのか」と納得した。高域が伸びているのでカラオケで低めアルトの女性が歌うのは難しいだろう。

「CRESCENT MOON」は逆に歌詞が印象に残る曲で、作詞は松本隆による。「三日月の寝台に寝転び/黙って添い寝して/言葉で話しかけずに目で問いかけて」なんて大人の女性ですね。でも「私の中の猫は鋭い爪隠してじゃれる/未来を裏切ったならたぶん許さない」とくるから油断できない(おいおい)。手強いひと、でもある。

「Love Addict」はジャズですね。とても複雑なリズムに聞こえるのはドラムスがかなり自由に振舞っているせいで、ピアノとベースラインを辿ると3拍子で進行しているのがわかると思う。歌詞は中島本人によるものでかなり大胆。いきなり「潜るベッド 息切らしてヤツがやって来る/腕の中で 明日の男を想う」とくるわけですよ。

圧巻はサビの部分で「探し出せその手で欲望/打ち焦がせその手で愛情/信じて宿る愛は美しい」に続いて「解き明かせその身で唇/突き上げよその身で感情/愛に狂う女は美しい」と畳み掛けるようにハイスピードかつフェイク・ヴォイスによる高音で歌われ、唖然となりながらなぜか「エクスタシー」という言葉を思い浮かべた。

イントロを聞いて「アッ」と思ったのが「雪の華」で、いつか、どこかで耳にしたのだと思う。そっと囁くように歌いだされる歌詞は中島作で、男性の立場で女性に歌いかけている。開かれた心が、聞き手の心に沁み入ってくる曲で、もう歌詞を書き写す必要はないでしょう。割愛したけど他にも良い曲がたくさん入っている良質の盤です。


【付記】
⚫︎ 中島美嘉を見たことがないので、検索して「画像」を見てみました。お前が言うな、と言う声が聞こえてきそうですが、かなり変わった人(?)のように思えます。謎めいたひと、でもあります。

キャロル『THE★BEST』(2003)

はっぴいえんどを取り上げたのならこれを忘れてはいかんでしょう、というわけでキャロルである。名前は知らずとも「君はFunky Monkey Baby…」は大阪万博を知る年代の人なら、どこかで聞いたことはあると思う。今回は2003年発売のコンピレーション盤『THE★BEST』を聴いてみた。全部は無理なので少しだけピックアップしてみよう。

メンバーは矢沢永吉(v, b)、大倉 “ジョニー” 洋一(v, g)、内海利勝(g, v)、ユウ岡崎(ds)の4人。ほとんどの楽曲は大倉作詞、矢沢作曲による。一通り聴いて感じたのはトリビュートと言っていいほど初期ビートルズ色が強いことだろうか。それがスローテンポの曲になると、どこかグループサウンズみたいになってしまうのが興味深い。

日本語と英語の混ぜ合わせの歌詞はサザン・オールスターズみたいに思えたが、これは先にサザンを聞いてしまったことによるもの*で、実際にはキャロルのスタイルをサザンが継承したんですね。変な発音の日本語と怪しげな英語なんだけど、ロックになっている。1975年までに日本語でロックをここまでやれたバンドは他になかったのではないか。

「ファンキー・モンキー・ベイビー」はシンプルなロックンロールにわかりやすい(?)歌詞を乗せている。「楽しい 君といれば」の後のシャウトは格好いいし、長過ぎないギターソロも計算されている。「君がいなけりゃ Baby I’m blue no...」でテンポを落とさずたたみかけるように歌い、最後までアップテンポで歌い切った傑作だ。

「ルイジアンナ」は彼らのデビュー曲で初期ビートルズの影響がモロに出ている。ていうか普通はここまではっきりわかるようにはやらないものだと思うけど、正面からドーンとやられるとね。でも彼女の名前はルイジアンナじゃないとダメなんだろうね。これが「山田花子」だったり「鈴木松江」だとなぜかうまくいかなさそうな気がする。

「二人だけ」はアコースティック・ギターにヴォーカルが乗った曲だけど、びっくりするくらい甘い内容。「今夜君 二人だけ/愛の唄 捧げたい」と歌うのは大倉のヴォーカルだと思うが、意外と(失礼)高音まで伸びているし、飛びっきりの甘い声。だからグループサウンズみたいに聞こえてしまうのだろうか。コーラスもきちんと気合が入っている。

元のコンテクスト(文脈)から切り離して音楽だけ聞いてグループ・サウンズみたいだ、とか言っているけど、コンサートでアップテンポの曲が続いた後で「二人だけ」とか甘い声で聞かされるとまた違ってくるんじゃないかと思う。そこには矢沢でさえ羨ましく感じずにはいられない場の雰囲気があったのかもしれない。

ところでキャロルのサウンドは初期ビートルズの影響が濃厚だが、ファッション・スタイルは残された画像や映像などを見ると革ジャンパーにリーゼント(?)が多い。これは「ロッカーズ」と呼ばれるスタイルに似ており、メジャー・デビューした時のビートルズの「モッズ」スタイル**とは敵対するもので、このスタイルを提案したのは大倉だそうである。

そして日本語と英語を混ぜ合わせた歌詞も大倉によるもの。先に「ルイジアンナ」でも触れたけど、日本語だけでロックにするのはかなり難しかったようで、英語を排した(日本語に拘った)はっぴいえんどは十全にはうまくいかなかったように思える。やり方はともかく、日本語ロックを最も成功させた形で提示できたのはキャロルではないだろうか。

* このような逆転現象はジャズの古い音源を聴いているとしばしば体験すると思う。例えば私は、アート・テイタムを聴いて「あ、セロニアス・モンクみたいだな」と思ってしまった。

** ビートルズのモッズ・スタイルはマネージャーのブライアン・エプスタインのアイディアによるもので、ハンブルグ時代のビートルズがロッカーズ・スタイルだったのはよく知られた話である。

【付記】
⚫︎ 日本語ロックにしても、ファッションにしても、後の世代に与えたキャロルの影響は計り知れないものがありますね。今日改めて聞いてみると、「おっ、そうくるか」とか、「それはちょっと……」となったり、とても興味深い体験ができました。

プリンセス プリンセス「Diamonds/M」(1989)

プリンセス プリンセスを初めて聴いたのは、カラオケ酒場でのことだったか、当時交際のあった女性が聴いていたのをそばで聞いたのか、今となっては思い出せない。でも「Diamonds/M」のカップリングだったような気がするから後者の可能性が高い。プログレにのめり込みながらジャズとクラシックを好むひねくれ男がノックアウトされたんです。

メンバーは奥居香(v, g)、中山加奈子(g, v)、渡辺敦子(b, v)、今野登茂子(kd, v)、富田京子(ds, v)の5人。ほとんど全てを作詞作曲して自ら演奏、そして商業的に最も成功して長期にわたり活動した(おそらく世界的に見ても唯一無二の)ガールズ・バンドである。ということを私が知ったのは、もっと後になってからの話。

「Diamonds」は中山加奈子の作詞、奥居香の作曲。軽快なアップテンポの曲だが一つ一つの言葉がよく伝わってくる。「ブラウン管じゃわからない景色が見たい/針が降りる瞬間の 胸の鼓動 焼き付けろ」はさすがに今では古いけど、作詞者が音楽好きだったのはよくわかる。針とは、LPレコードのピックアップ(カートリッジ)ですね。

何層にも重なる溝が入った黒い円盤からどんな音楽が飛び出してくるのか、けっこう高いお金を払って買ったこともあってか本当に針を下ろす瞬間はドキドキしたものです。「ダイヤモンドだね/いくつかの場面/うまく言えないけれど宝物だよ/あの時感じた予感は本物/いま私を動かしてるのはそんな気持ち」だ、と。

自発的ではない芸能事務所主導のバンドだけに、アイドル的な活動が嫌だったり不本意なこともしなければならなかったろう。だが自分が大切にしているのはお金で買えないものだ、そして自分はそのダイヤモンドみたいな宝物のために動いているんだ、と歌う彼女たちに意気地と誇りを感じる。

「M」は富田京子の体験を歌詞にしたものに奥居香が曲を付けたという。今野のピアノに奥井のヴォーカルが乗って始まるが、途中で入ってくる渡辺のベースラインが美しく印象的。「あなたを忘れる勇気だけ 欲しいよ」でギターとドラムスが入ってきてイン・テンポとなるが、その後のコーラスとか本当に上手で感心してしまう。

「今でも覚えている/あなたの言葉/肩の向こうに見えた景色さえも」なんて、無防備で心に入ってくると涙腺が緩んで困るほど。そして「星が森に帰るように/自然に消えて 小さな仕草も/はしゃいだあの時の私も」で詩心の巨きさと深さを見せられる。叶わぬ恋も、あれやこれやの仕草も小さなものとして自然に消えて行く、だからこそ「いま」が限りなく愛しく、そして切ない。

女の子の心情を真っ直ぐに歌い上げた曲だけど、なにか普遍的なものに到達している、といえる。「M」も「 Diamonds」も、わりと多くのアーティストがカバーしているようで、時代をこえて歌い継がれる歌って性差とか年齢を超えて心に届くんだね。プレイリストに入っているんだけど、本当に聞きたいときに宝物のようにそっと取り出して聴きたい曲だ。


【付記】
⚫︎ 音源は2012年発売の『THE REBIRTH BEST 〜再会〜』をリッピングしたものです。上記2曲以外にもプリンセス プリンセスの楽曲はたくさんあるのですが、2曲のインパクトが強すぎて……

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2019/06 (5)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)