天然ワラサの刺身、しゃぶしゃぶを食う

YellowTail_Warasa
某休日、ちょっとした食べ物を買いに近隣の「たかはし」さんに立ち寄り、鮮魚コーナーを見ていると、サクが400円前後で売っている。白身魚で、縁にはエンガワと思しき部分も付いていてヒラメに間違いない。だけど自分の感覚では、このレベルの大きさのヒラメの刺身って、1000円くらい平気でしたはずなので、不思議な気分になった。

記憶ではタイとかヒラメの刺身(サク)なんて、閉店間近の半額セールの時くらいしか手に入らなくて、半額で掴んだもののその夜のメニューはもう決まっているので、大抵は昆布じめにしたものだった。で、翌日、昆布じめによって薄く色づいたタイやヒラメの刺身を食べるのは本当に楽しみだった。

関西でも漁港の近くに住んでいる人はまた違うかもしれないが、大阪市内や近郊あるいは阪神間地域(西宮/宝塚)に住んでいる感覚からするともはや「あり得ない」ヒラメの刺身、ついふらふらと掴んでしまった。けど、刃渡りの長い刺身包丁などあるはずもなく、あるのは多機能ナイフのみ。これでヒラメの刺身を造れってのかよ?

はい、できるわけありませんね。こうなるなって、わかってたんだけど、ヒラメのサクを買わずにはいられなかったんだから仕方がない。もはや人に見せられないほど身はボロボロに崩れてしまったけれど、醤油とわさびをちょっとつけて食べると……もう、甘いのである。それに柔らかくて、臭みというものが全くなく極めて上品な味わいである。

漁港が近いって、こういうことなのか! 近海の天然物にすっかり魅せられてしまった私は、ドジャース男鹿店でも男鹿産や近隣の魚に目がいくようになった。今回、青森産の天然ワラサのサク(背側)が198円で売っていたのですかさず購入した。これね、店やってる人も買いに来るみたいで、ちょっと目を離したらほとんどなくなっていることもある。

そもそもブリとかハマチの類は脂が多くて、とても刺身で食べる気にはなれなかった。魚焼きグリルで塩焼きにするか、フライパンで照り焼きにするか、ほとんど選択肢は存在しなかった。だが鮮度の良い天然ものだったら話は別である。
ブリ・ハマチの類でも刺身で食えるかもしれず、これは是非とも試してみたかった。

小型ナイフと簡易まな板は用意してあるので、しゃぶしゃぶ用として薄くそぎ切りにして皿に並べていく。皿一杯になったけど、分量的には2〜3人前じゃなかろうか。皿に乗り切らなかった分は、先にちょっと刺身で食べてみた。想像していた以上に、脂が少なく、嫌な臭いもなく、刺身として一級品であることがわかった。

自分にとって「魚の鍋」といえば「フグ鍋」のことであり、フグ鍋以外の魚の鍋を思い切り楽しんだ記憶はない。なので今回は、天然のワラサでしゃぶしゃぶを楽しもう、という寸法である。出汁は粉末の昆布だしを用いた。酒、塩を適宜加えておく。具材は木綿豆腐、春菊(菊菜)、天然ワラサのみ。

春菊(菊菜)は食べやすい大きさに切って、水でよく洗っておく。こちら(秋田)では春菊(菊菜)を野菜売り場で見ると、どうも茎になるまでしっかり成長させたものを、根元をカットし、洗って販売しているようだ。好みにもよるが、茎になる前の柔らかい状態を、土が付いたような格好で売っているのが最上である。

木綿豆腐を外して、ほかの野菜にしたほうがいいかもしれない。だが、我が家では、鍋には必ず木綿豆腐を入れることにしている。木綿豆腐をそっと入れ、軽く火が入るまでの間、天然ワラサを箸でつまみ、出汁の中で軽く泳がせるように火を通す。生で食べられるものなので、本当に軽く、さっとくぐらせるくらいでいいと思う。

軽く火を通すことで、余計な脂が落ちて、いくらでもいけそうな気がする。魚の鍋でお腹いっぱいに、なんてまずあり得ないことだったけど、天然ワラサのしゃぶしゃぶ、これは大正解でした。菊菜(春菊)を適当なタイミングで食べれば、口がさっぱりして、再び天然ワラサもおおいに進むわけである。

さあて、天然ワラサで刺身としゃぶしゃぶをおおいに堪能させてもらった。だけど、分量的にはこの半分くらいでじゅうぶんだ。2人あるいは3人で食べたとしても、満足できる分量ではないかと思う。これで198円だから恐ろしい。今後、冷凍保存ができるような環境になるときまで、天然ワラサはしばらくお預けになるでしょうね。


【付記】
⚫︎ 天然ワラサにしても、鳥の胸肉にしても、一人分としてはちょっと多かったですね。無理して全部食べたんだけど、今後はちょうど良い分量だけにしたいものです。昼は刺身と何かを作り、夜はしゃぶしゃぶにするとか、うまくやりたいものですね。

スポンサーサイト

鶏胸肉の黒胡椒焼き マスタードソース

ChickenBreastMeat
鶏肉は好きな方だと思う。近頃でこそ豚肉で鍋をすることも多くなったけど、鍋といえばもっぱら「鶏の水炊き」だった。鶏もも肉に塩をもみ込み、魚焼きグリルで焼いたものはかなり美味しく、変なから揚げよりよほど良いものに思えた。鶏のから揚げも、良いものに当たれば本当に幸せな気持ちになるものだ。

思い返せば、それら鶏肉料理は全て「もも肉」である。鶏のもも肉以外で食べるのは「手羽先」とか「手羽中」あるいは「手羽元」だろうか。よほど気の向いた日には鶏のささみを買ってきて、湯引きしてあっさり食べることもあるけれど、ほとんどの場合、鶏料理=もも肉だったのは事実である。

鶏肉にはもも肉や手羽先以外に「胸肉」があるのはみんな知っていると思う。私も特にそれを毛嫌いしているわけではないが、なぜか「見て見ぬ振りをする」感じだった。いや、目の隅に捉えさえしかなかったかもしれない。嫌いではないのだ、でも、目の前にもも肉があったら、誰だって(?)もも肉を選ぶんじゃないだろうか。

YouTubeで中華料理とか釣りのチャンネルを見ていたら、おすすめ動画になぜか鶏胸肉料理が入っていたようで、何気なしに見ていた。すると、鶏胸肉は低脂肪高タンパクで、必須アミノ酸のナントカやらビタミン類が多く含まれていて、栄養的に優れた食品だという。しかも鶏もも肉に比べてかなり安いというではないか。

栄養のことなど、正直どうだって良いのである。最後の「安い」という部分に惹かれてさらに次の鶏胸肉関係の動画を見た。鳥の胸肉を塩水につけておき、取り出したら皮を剥いで黒胡椒を振り、フライパンで蓋をして2分焼く、と。裏返してもう2分焼いたら火を止め、蓋をしたまま15分間放置する。

時間になったら鳥の胸肉を取り出し、フライパンに残った肉汁に粒入りマスタードとオリーブ油を加え、混ぜる。加熱する必要はない。そぎ切りにした鶏胸肉を皿に並べ、マスタードソースをかけて完成、とな。へえ、なんだか良さそうじゃないの。今度休みの日にやってみようかな、という気になったではないか。

というわけで、某休日、クルマで脇本まで行ってHomacで小型包丁を買った。刃渡りの小さな多機能ナイフでは限界ってものがある。1000円以下のステンレス製だが、包丁からハサミまで研げるから、別になんだっていいの。ついでにダイソーであれこれ買って、最後にドジャース男鹿店という定番コース(?)になった。

まず、肉売り場に行って鳥の胸肉をチェックしてみる。あ、本当だ、鶏胸肉って300g=200円くらいだよ! 一番安くて小さなものを買っても、一人だと多すぎるくらいだ。でも冷凍保存できないから仕方なく買い物カゴに入れた。次に、魚売り場を見ると、青森産の天然ワラサのサク(背側)が198円だったので買った。

帰って来てから、鶏胸肉を塩水で保存するための袋を買い忘れたことに気がついた。塩水処理こそがこの料理の肝だと思うけど、肝を見事に外す男である。ていうか、もう12時過ぎてんだよ、だれが今から肉を塩水につけてしばらく待つなんてするかよ。かわりに(なってないけど)鶏胸肉の周りに粗挽き黒胡椒をたっぷりなすりつけて焼くことにした。

電気鍋の火力を最大にセットし、オリーブ油を入れて鍋が熱せられるのを待つ。あとは、上記の通り進めていく。電気鍋を使っているので余熱がかなり強いのが注意点で、発熱体から離して放置する。15分後、取り出して切ろうとすると、かなり熱い。これね、調整すれば好みの最良点が見つかると思うけど、それこそが「肝」なんでしょうね。

さてパクリ料理ができましたよ。完全に火が通っており、これはこれで悪くないが、もう少し浅めに仕上げたいものだ。食べてみると、なかなか美味い。特に、マスタードソースはいい感じではないだろうか。まあ正直、うま過ぎてヤバいとか、ノックアウトされたとかいうようなことはありません。ちゃんと作ってないもんね。


【付記】
⚫︎ これ、やっぱり昼飯向きじゃありませんね。塩水につけてしばらく置くってのがネックでして、昼前に買って来て下ごしらえをしておき、夕方に食べるのがベストでしょうか。調理法や加熱時間を工夫すると、もっとよい料理になると思います。

カット野菜でテキトーサラダ

CutVegetables
休日になると、いつも迷ってしまうことがある。クルマでちょっと遠出して、男鹿半島と周辺のことを記事にしたい気持ちが多分にある一方で、休日なんだし昼ビールでも楽しみたいという気持ちもあるのだ。遠出をした後で飲めばいいじゃないか、と自分でも思うのだが、お昼ご飯を済ませた後でビールだけって、なんか興醒めなんだよね。

以前、いろんな所でラーメンと炒飯のセットを記事にしてきたけど、それは仕事中の話で、昼ビールのことは最初から捨象されている。なのであれだけ記事にできたわけだ。平日にランチでラーメンと炒飯のセットを食べ、休日は好きなように自堕落を決め込んで昼ビールを楽しむ、というスタイルが定着していたのである。

今は、平日に賄いを食べるので特記事項はない。だが休みになると自由にできるから、昼ビールにするか外食するか、の二択を迫られ、それで迷ってしまうことになるんだね。今日もどうしようかな、って朝から考えていて、昼ビールを断念する方向で検討していた。ところがネットで調べてみると、行く予定にしていた店が定休日だった!

よっしゃあ昼ビールじゃい!って、あんたはガキか? なんで嬉しくなるんだか、自分でもわけわかんないよ。たまったシャツの洗濯を済ませ、あれこれ雑用を片付けて、クルマでイトク男鹿店へ。あきぎんのATMでお金をおろして、霧吹(スプレーボトル)を買わないとならぬ。今日は面倒くさいからイトクで全てを済ませてしまうつもり、だった。

Prosciutto霧吹とかカット野菜、厚揚げだったらイトクでもあるでしょ? と思っていたのだが、カット野菜の分量と値段が今ひとつ、しっくりこないのだ。厚揚げも気に入ったものがない。おまけに霧吹が見当たらない。あれえ、なんでなの? 中途半端に買い物カゴに放り込んだ商品を全て元に戻し、脇本のダイソーへ向かった。

ダイソーで200mlの霧吹とかプラスティック製の皿(ボウル?)、100円で2本入りのサインペンなどを購入した。サインペンは、年季の入った中居さんたちのことが頭をよぎったから。品出しのチェック、ボールペンじゃ見にくいって言ってたんだよね。ペンは1日で消える(なくなる)かも知んないけど、これは何だろう、いわゆる愛ってやつ? ま、どうでもいっか。

そんなこんなでまたしてもドジャース男鹿店に来てしまったんです。ああ、「イタリアンサラダ」が素晴らしい。なんでイタリアンなのかよくわかんないけど、分量がね、もうバッチリなの。で、また吉元豆腐店の厚揚げ買っちゃった。さらにね、天然物のワラサ*の三枚おろしの半分のサクが380円で売っているではないか!

わけわかイタリアン・サラダ、ドレッシングなどなくても困る必要はない。塩・胡椒・酢・醤油を好みでテキトーにかけて、かき混ぜれば食べられる。塩は公益財団法人・塩事業センターの「卓上塩」。酢はミツカンの「やさしいお酢」、油は味の素のオリーブ油で、醤油は亀甲萬の「特選丸大豆醤油」を使っているが、他の物でもいいと思う。

Tekito_Salad何もワインビネガーとかバルサミコ酢、エクストラ・ヴァージンオイル、あるいは「なんとかの塩」である必要はない。できるだけ小さな瓶を買って、早めに使い切り、また新しい製品を買うほうが、単身者としてはいいのではないかと思う。大人数の家族ともなれば、別のやり方があるのはいうまでもない。

さて、カット野菜のテキトーサラダができましたよ。今日は「うす切りロース生ハム」を添えてある。生ハムは休日だけの料理ごっこだから、使い切りサイズがいい。160円するんだけど、それだけでなんか贅沢をした気分になるのが不思議。肉は生ハムだけで、炭水化物なしのお昼なんだけど、これでじゅうぶん満足である。

* ブリの前身で、体長40cm以上、60cm未満の個体を指す(のかな)。いわゆる出世魚で、東北ではツベ→イナダ→アオ→ワラサ→ブリと呼ばれるようである。関西でいうハマチはアオに相当するが、養殖物は大きさを問わずハマチと呼ぶこともある。

【付記】
⚫︎ 以前はカット野菜なんて見向きもしなかったのですが、冷蔵庫がなく、調理器具も不備である以上、便利なものを利用しない手はありません。出来合いのお惣菜がいささか甘辛くて、なんとかならないかなって思っているうちに、カット野菜が目に留まったわけです。で、ハマっちゃいました。

揚げ出し豆腐もどき

FriedTofu
とある休日の午前、通販で買ったユニクロのノンアイロン・シャツを返品するために潟上市のユニクロに車で行った。返品の理由はメーカーではなく、勤務先にあるのだが、普通の感覚だと笑っちゃうようなものだ。だけどその詳細をこの場で書くのはフェアではないし、私の趣味にも合わない。一言だけ書かせてもらうなら、こういうのが田舎臭いってこと。

返品は郵送でもできるのだが、送料はこちら持ちだし、返金の時間もかかる。まあ、そんなわけなんだけど、案内装置は持っていないので、事前にgoogelマップで調べておく。ふむ、国道101号線を走って棒沼台で左折、しばらく行って7号線に入り、285号線を右折、と。これをメモに書いて、出発。

思ったよりすんなり到着できた。「メルシティ潟上」っていうショッピング・モールなんだけど、巨大な多層構造のハコを作らず、各店舗の集合体。平屋の寄せ集め、つまり土地が余ってるってことだな。ユニクロの店舗で返品手続きをすると、その場で現金を返してくれるから良いね。わざわざ車でやって来た価値があるってもんだ。

せっかくだからメルシティ潟上をぶらっとすれば良いのだが、今日は色々やることがある(って本当かよ?)。そんなに買い物をする必要もないけど、靴屋さんがあるので寄ってみた。暑い季節に向けてエスパドリーユみたいなのが欲しかった。買う気がないのがバレバレなのか、店員さんも近寄ってこなかった。

Ajidoraku帰り道、秋田に来てからいつも利用している理髪店に立ち寄ってみたが、待っている人が5人以上いたので、即パス。あとは、昼と晩に食べる食材を買うだけになった。船越のアマノとか脇本のマックスバリュでもいいのだが、なぜかドジャースに行ってみたくなる。ちょっと遠回りになるけど、ドジャース男鹿店まで車を走らせた。

101号線沿いにラーメン店がたくさんあって、そこで昼食を済ませてもいいのだが、せっかくの休日なんだし、昼ビールでもやりたい気分なのだ。ドジャース男鹿店で、夜のテキトー鍋の材料(豚バラ肉切り落とし、モヤシ、水菜、木綿豆腐)を買い、昼ビール用として厚揚げ(3個70円)とサラダ用カット野菜(150円)、ミニトマト4個(50円)を買った。

厚揚げは船川の吉元豆腐店のもの。以前買ってぽん酢(味ぽん)をかけて食ったらうまかったので再購入。ぽん酢もいいけど、これ、ひょっとして揚げ出し豆腐みたいになるんじゃない? 出汁は秋田の読者の方に教えていただいた「味どうらくの里」を用いた。秋田で有名なら、ぜひ味わっておくべきでしょ?

用意するものは厚揚げ(既製品)と、味どうらくの里だけ。えっ、それだけでいいの? もちろん、いいんです。豆腐は「揚げ」てあるし、つゆに「だし」も入っているから、それだけで「揚げ出し豆腐もどき」になるわけです。ただ、豆腐を揚げる時に片栗粉をつけておらず、葱・生姜・鰹節などトッピングがないだけじゃん?

厚揚げを電子レンジ対応の器に入れ、味どうらくの里をお好みで希釈して同じ器に投入、あとは電子レンジで加熱するだけ。舐めてないか、という声が聞こえて来そうだけど、本気である。これとカット野菜のサラダで、昼ビールを楽しもうという魂胆である。カット野菜のサラダは、後日ウェブログで記事にするつもり。

Agedashi_Tofuさて揚げ出し豆腐もどき(ここポイントね。揚げ出し豆腐、とは言ってないからね)ができましたよ。トッピングがないのが寂しいけど、毎日使うならいざ知らず、休日だけの料理ごっこでしょ、だからこんなのでいいの。食べてみると、うん、それっぽくなってる。本物には届かないけど、もどきだったら上出来だよ。

揚げ出し豆腐は、つゆを全て飲み切ることができる薄味タイプと、濃いめのつけつゆにして、つゆを飲まないタイプがあるんだけど、どちらもそれぞれ、いいところがあって、甲乙つけがたい。個人的には飲み切るタイプが好きなんだけど、味どうらくの里は、つけつゆにするのが似合っているのかもしれない。


【付記】
⚫︎ 味どうらくの里、とても使いやすくて気に入りました。ラベルにも書いてある通り、本当に色々なことに使える「万能つゆ」ですね。最後の画像は同品を使った揚げ出し豆腐もどきですが、これでもまだ甘辛いかな、というくらいの味付けです。つけつゆタイプとしてバッチリで、飲み切りタイプにするなら、希釈と同時に出汁の成分も薄れますので、ほんだしなどを加えると良いでしょう。

東のどん兵衛を食う

Donbee_01
日清食品の「どん兵衛」は、西と東では味が違う、というのを聞いたことがある。だが東のどん兵衛なんてどこにも売ってなかったし、カップうどんを買うために遠くまで行くなんて考えられなかった。話では、東のどん兵衛は出汁の色が濃い、という。これもよく知られた話だが、東京へ行ってもなぜか蕎麦やうどんを食べ忘れ(?)てしまう。

どん兵衛における東と西の境界線はどこにあるかというと、三重・岐阜は東で、福井・富山・石川は西になっている。えっ、三重が西じゃない? なんだか不思議な感じがするけれどそういうことらしい。でも紀伊半島だよ? 天気予報でもちゃんと三重を忘れずに報じていたじゃないか。でも、本当にそうだったか自信がない。

三重が東の文化圏に属するのは、おそらく東海道とお伊勢参りが大きいのではないかと思う。江戸時代の庶民にとって、お伊勢参りが人生最大のイベント(娯楽?)だったのではないか。お伊勢参りにかける情熱はただ事ではなく、そのために講(互助組織)を結んで資金の積み立てをし、抽選で代表者が出かけた、という。

東海道の終点は京都の三条大橋だけど、庶民にとっては伊勢神宮が事実上の終着点だったのではなかろうか。伊勢神宮を参詣した後、京都や大阪、奈良に足をのばすことができたのは相当な富裕層だけだったのではないか。しかも山越えや迂路が必要なので、庶民レベルにおける東の文化は地続きで東海道沿いに伝播し、三重でストップした、とか。

Donbee_02ネットの受け売りに想像を交えて進めてみたけど、どん兵衛の現物に戻りましょ。関西ではほとんど手に入らない東のどん兵衛が、店に普通に置いてあるのが不思議な感じ。ちなみに、秋田ではどん兵衛より「赤いきつね」とか「緑のたぬき」の方がメジャーみたい。東のどん兵衛を近隣の「たかはし鮮魚店」で買って来ましたよ。

ぱっと見は東も西も良くわかんないですね。でも能書き(?)の最後に(E)とあるのが東のどん兵衛の目印。西だと(W)と書いてあるんだって。これもネットの情報ね。よくさあ、ネット上で言葉の最後に(W)とか付けてるけどそれみたいだよね。よくわかんないけどネット隠語ってやつ?

さて「東のどん兵衛」ができましたよ。あ、確かに出汁の色が濃いね。画像はあぶらげを乗せたまんま撮影したから出汁の色がよくわかんないかな。食べてみると、なるほど、確かに違う。西のよりカツオの風味が強くて、甘みがある。出汁の色は濃いけど、塩分は東も西もほとんど同じ。昆布の味はほとんどしないけど、これはこれでいいよねえ。

Donbee_03だいたいね、関西の(一部の)人ってさぁ、出汁の色が濃いとかそんなことで過剰反応しすぎじゃない? 「うわっ、何やこれ! こんなん、あかん、食えへん」なんて、大きな声で言ったりとか。東の人が関西に赴任して来たら「料理が美味しい」っていう意見が多いから、関西の人の舌が肥えてるって本当だと思うけど、なんか騒ぎすぎてない?

だけどまあ、東のどん兵衛に対する関西人の素直な反応ってそんなものじゃないかとも思う。東のどん兵衛は本当に売っていないのだから。西のどん兵衛って、色は薄いけど昆布の出汁がきいていて、それはそれで美味しいんですよ。たぶん粉末出汁に昆布パウダーが入っているんだと思う。でも東のどん兵衛、私は好きになれそうです。ていうか、それしかないもんね。


【付記】
⚫︎ こちら(秋田)の味付けが関西より甘辛いのは想像していましたが、特にお弁当とか、スーパー市場の惣菜売り場でそれを感じます。肉の照り焼き系とか煮物は塩分(と糖分)過多が多いように感じましたが、漬物は美味しいんです。健康診断は血圧でいつも引っかかるだけに、惣菜売り場では躊躇してしまうことがあります。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)