fc2ブログ

男鹿半島と周辺を歩く(262)亀寿司(男鹿市北浦)

3E9B3663-D5C7-451E-9E96-C3AD0AFAA305.jpeg
亀寿司食堂の食堂メニューでまだ食べていないものがある。カレーうどんだ。同品はいま住んでいる地域でありそうで、ない。カレーうどんなんて、どこにでもあるじゃないかと思うのだが意外とないのが実情。鍋焼きうどんとカレーうどん、比べてみれば前者のほうが店で出される割合が多いんじゃなかろうか。すしやのカレーうどんは、そばやのそれとどう違うのか、比べてみる?

カレーうどんにはいくつかのやり方があって、ひとつめはそばやうどんのおつゆにカレー粉を溶き、片栗粉でとろみを付けるタイプ。そばやでわりと出されることが多く、懐かしさがある。次にうどんやそばのお出汁を張った上にカレーソースというかルウを乗せるタイプ。最後はゆでるか、温めるかしたうどんにカレールウを乗せて混ぜるやり方で、これが好き、という人もいる。

私の叔父がそうだったな。その際はしっかり辛くしたカレーでないと納得しない人だった。まるでそばやで出される、ゆるめの黄色くてそんなに辛くないカレーうどんが亜流か邪道のような扱いだけど、私はそれが好きだった。ものすごく辛い、本格的なカレーも嫌いではないが、むかし給食で食べたような本格的でないカレーが、なぜか好きで食べたくなるんだよな。

さて料理が来ましたよ。普通にうどんを作り、その上にカレーソース(ルウ)をかけてあるタイプ。ネギとナルトが乗っている。これをね、箸でかき混ぜるとちょうどいい感じにとろみが付いたカレーうどんになるってわけね。うどんのおつゆはダシが効いており、カレーもそんなに辛くないのがいい。ついレンゲですくって飲んでしまうけど、飲み切りはやめておいたほうがいいかも。

うどんはゆでうどんかな。コシがなく、柔らかい感じがするけど、悪くない。ていうか、こういうヤワなうどんが好みだったりする。表面には見えていないが、豚肉バラスライスが使われていて、わりとたくさん入っている。それとうどんを箸で食べながら左手にはレンゲを持ってカレーだしをすくって飲むと、じんわり温まってくる。ありがたいね。こういうのが食べたかったんだ、って感じ。

なんですしやに来てカレーうどんを食べてるのか、自分でもわからない。でもこの店は、いろんな事情ですし専門ではなく食堂メニューも出すんだ。それが意外とおいしかったりするので、つい食堂メニューばかり頼んでしまう。実際、まだ食べていない料理もたくさんあって、食堂メニューをコンプリートするのが難しいくらいなの。観光シーズンじゃない時期は、とくに利用する機会が増えるね。


【付記】
人があまりいない時期に行く店なんです。顔を覚えてくれるのも嬉しいですね。

スポンサーサイト



男鹿半島と周辺を歩く(260)すき家男鹿(男鹿市船越)

B61B7EEF-7AC1-4758-BB3F-DED342B87973.jpeg
すき家で期間限定の新メニュー「鍋焼き海鮮ちゃんぽんうどん」が発売、との情報をスマホがやたら推してくるので試してみる気になった。午後1時過ぎの店内が少し落ち着いた頃を見計らって入店し、タッチパネルで注文した。他のメニューより少し時間がかかるようだ。やがて運ばれてきた料理は、固形燃料が使われており「熱くなってからどうぞ」とのこと。

スマホでもPCのポータルサイトでもそうだけど、ニュースその他を表示してくれる。休憩時間とか外食で料理が来るまでの間とか、わりと見ることがある。トピックごとに例えば「グルメ」とかだと外食店情報を教えてくれるの。「✳︎✳︎の✳︎✳︎を食べたら幸せすぎた」とかね。寒いこともあったのかもしれないけど、何度かすき家の海鮮ちゃんぽんうどんが出てきて「またか」と思った。

熱くなるまでしばらく待つが、痺れを切らして食べちゃった。イカゲソ、小海老が海鮮ね。豚肉、キャベツ、ニンジン、タケノコ、モヤシも使われている。スープの味付けはちょうどよく、少しとろみがついている。ちゃんぽんに明確な定義はないので、これもちゃんぽん。とろみがついていても、そうでなくてもちゃんぽん。やがてしっかり火が通って鍋の中が泡立つようになった。

ちゃんぽんのイメージって、やっぱりその人が生まれ育った地域の影響を受けると思う。長崎周辺の生まれ育ちだったら「長崎ちゃんぽん」以外はちゃんぽんと認めたくないんじゃないかな。私は関西で生まれ育ったので、ちゃんぽんというと中華料理店で普通にメニューにある、醤油ベースのとろみがついたスープでたっぷり具材を煮込んだもので、麺は普通の中華麺だった。

今でもそうなのかわからないけど、だいたい600〜700円までで食べられるので、秋田に来た時は800円オーバーなのにびっくりしてしまった。でもそれには理由があって、使われている具材も豊富で、分量も関西のに比べて1.5倍くらいあるの。名物料理として有名なくらいでね。どこの中華料理店にでもある、たかがちゃんぽんという感覚とはどうしてもズレがあるわけですよ。

もうめっちゃ熱いのでダイレクトに食べず、付属の器に移して食べた。いや熱いねえ。うっかりするとうどんその他を焦げ付かせてしまうくらいなので、時折レンゲでかき混ぜる。正直、めっちゃおいしいとは思わないが悪くない。分量的には充分で、単品でOKだった。私にとっての話なので、人によってはミニ牛丼とかご飯をセットにしても大満足じゃないかな。

だけど固形燃料を使った鍋焼きスタイルは微妙だね。最後のほうは汁がなくなりかけてたし。なぜそのやり方にしないといけないか理由は簡単で、そうしないと鍋とか使って温めないといけないからね。これはとても面倒なことだ。パウチに詰められた汁と具材をうどんにかけるだけ、後は客と固形燃料に任せることで「だれにでもできる」になるんだね。


【付記】
ちゃんぽんは、やはりラーメン店や専門店で食べたほうがいいです。

男鹿半島と周辺を歩く(257)若葉食堂(男鹿市若美)

D40098E0-F747-4A49-AEEB-924EEEC34A50.jpeg
とある平日、昼食を寒ドラ(寒風山ドライブイン)で済ませるつもりで車を走らせていたが、移動距離と時間を考えると少し余裕がないとわかった。近隣の商店でおにぎりを買ってもいいとも思ったけど、ある店のことを思い出した。ネットの情報ではその店が営業しているらしいのだが、看板も暖簾も出していない。近くのガス・ステーションの人に訊くと「やっている」という。

ただし土日祝はやっていない、とも。今日は平日なので情報が確かなら営業していることになる。予定を変更してその店を利用してみることにした。近隣に余裕のあるスペースがあるので車を停め、「店」の前まで行ってみると、ほぼ正面に軽自動車が停めてあり、おそらく「店」の人のかと思われた。わりと躊躇したが思い切ってドアを開けると本当だ、店の形になっている。

入って直ぐの左側に厨房があり、奥には座敷席があってテレビからニュースが流れている。厨房には高齢の女性がいるのだがこちらには背を向けていて入店に気が付いていないようだ。すみません、とか、もしも〜し、とか言っても背を向けたままで、あたかも時間が止まっているかのような錯覚を覚えてしまう。埒が開かないので、悪いとは思うが厨房に入っていって彼女の肩をトントンしてみた。

すると高齢の女性はビクッとしたので、こちらもなんだかびっくりしてしまった。店は営業しているのか、とか、何かそのような意味のことを話しても反応がない。どうやら彼女はほとんど耳が聞こえないようだ。でもこの感じだと店は営業しているようなのでカウンターに備えてある紙と鉛筆で筆談することに。紙に「しおラーメン」と書いて渡すと、頷いて料理を始めた。

スマホをいじりながらしばらく待つと、料理が来ましたよ。かなり心配したけど、来るんだ。叉焼、ナルト、メンマ、ネギ、黒いのはなんだろう刻み海苔かな。スープは澄んだ色で脂は浮いていない。飲んでみると、動物系(たぶん豚)と思われる優しい味わいで甘さ控えめになっている。おいしいわけではないけれど、まずいわけでもない。なんだかとっても不思議な感じだ。

麺は中太の縮れ麺で、多少伸び気味かもしれないが悪くない。叉焼は豚モモ肉で味はちゃんと付いているし、メンマの色も綺麗で良好。想像した以上にマトモなのに不思議な感じがしたが、刻み海苔はシケてるね。最初にすくって全部食べたよ。ああでも、こういう昔のスタイルのラーメンのほうが個人的には好みなんだよな。今どきの味が濃くて脂がキツいのよりもね。

お店の人に千円札を渡すと、ちゃんとお釣りを渡してくれた。それがいくらだとか数えはしないし、メニューの値段と違うとか騒いだりしない。値段に見合った価値があるかとか考えもしない。ただ、こういう店が2024年現在において存在してくれるだけでありがたいのだ。看板や暖簾もなく密やかに営業している「店」、これは間違いなく心の友だ。店がうまくいかなかった私にとって。


【付記】
行って良かったと思いました。でもいつまで続けてくれるのかわからない謎の店ですね。出てきたラーメンが意外に(おい)マトモだったのに驚かされました。

男鹿半島と周辺を歩く(255)亀寿司(男鹿市北浦)

B57B7502-F865-4075-8D4E-AEA8C94AE1E5.jpeg
男鹿市の〈亀寿司食堂〉はすしの他に食堂メニューが豊富で、食堂メニューをコンプリートするだけでかなり時間がかかるように思う。今回は食べたことのない中華丼にしてみよう。すしやの中華丼、かなり不思議な組み合わせのように感じるが、そもそも中華丼を出してくれる店が少ないから楽しみだ。このお店のラーメンから類推すると、あっさり系になるんじゃないかな。

以前この店の醤油ラーメンと塩ラーメンを食べたことがあるが、そもそも醤油ラーメンの色が薄くてあっさりしており、とてもいい感じだった。で、塩ラーメンを頼んだのだが「醤油ラーメンとどう違うの?」と言いたくなる感じだった。でもおいしいんだよね。昔風のあっさりした味わいは今、中々あるようでない。これがすしやなんだから驚くほかないよ。

さて料理が来ましたよ。あまり見かけない様子に少し驚く。なんてあっさりした感じの中華丼だろう。中華料理店だと醤油やオイスターソースを使って褐色の中華あんにすることが多いが、それらをほとんど使っていないように見える。ひと口食べてみると、見た目の通りあっさりした味わい。中華あんは少しゆるめで、食べているうちに少しずつ溶けていくのがわかる。

もうね、最後のほうは中華雑炊でも食べている感じになった。中華粥とは違う。中華粥は米の粒が半分以上崩壊してねっとりした感じになっているけど、雑炊は米のデンプンが汁に出ない状態で止められている。出汁雑炊といって、ご飯に出汁をかけたものがあるがほとんど出汁茶漬けと同じだろう。雑炊とおじやの区別はほとんどないが、ある程度煮込んだものがおじや、そんな感じだ。

ラーメン用の器に盛られているので、分量はわりとある。人によってはかなりのボリュームに感じるのではないだろうか。熱々なので、ふうふうやりながらゆっくり食べ進めると汗がじわっと出てくるほどで、やがて小汗をかいてしまった。本当にお腹いっぱいになって店の人に「あったまったっす」というと笑顔を向けてくれた。これだからまた来たくなるんだよね。で、すしは?


【付記】
このお店はすしやですので、本当は寿司を食べたいところですし、夜に何かをつまんで飲み、最後に少し寿司を食べてシメる。いつかそうできれば、と思います。

男鹿半島と周辺を歩く(251)レストランしらやま(男鹿市払戸)

733BA059-6BCE-4403-AAF7-55670E3D365E.jpeg
とある日、払戸(ふっと)に用事があったので近隣のレストラン〈しらやま〉で昼食を済ませることに。とても寒い日だったのでメニューの中から鍋焼きうどんにした。どうでもいいことかもしれないけど、この〈しらやま〉と寒風山の中腹というか頂上の手前にある〈寒風山食堂〉の経営者は同じで、スマホのローカルニュースで「寒風山食堂がリニューアル」とあった。どうなるんだろうね。

寒風山食堂は食堂と土産店が一緒になった、見るからに昭和なていうか昭和で時が止まっているとしか言いようがない商店なんだけど、利用したことはない。メニューは〈しらやま〉とほぼ同じと思うけど、リニューアル前に利用してみようかな。あ、でも今は冬季なので休業しているんだった。寒風山食堂は12月から3月まで休業するんだよね。男鹿ではそういう店やホテルがわりとある。

さて料理が来ましたよ。エビ、卵、ナルト、ネギ、そして表面には見えていないけど鶏肉が沈んでいる。おつゆはちょうどいい塩梅で身体が温まる。表面に何か薄茶色の泡みたいなのが浮いているようだけど……これは取ってしまったほうがいいかもしれないね。なんだろう卵に含まれるタンパク質の成分が、熱によって固まったのかな。まあいいか。

それにしてもこのスカスカ具合はどうなんだろうね。おつゆ表面の変なアクを除去するとその感じが強まると思う。鍋焼きうどんって、うどんが見えないくらい具材で占められている感じにしないと貧相に見えるんだよね。そうだなんでカマボコがないんだろう? あってもなくてもいいものだけど、うどんにはカマボコでしょう。エビもてんぷらだったらカバーできたのにね。

おつゆ、おいしいんだけど甘味が立ちすぎている。ある程度の甘味がないと味が決まらないのはわかるが、これは効きすぎ。私だって、自分で澄まし汁を作るときはみりんを加えるが、甘味が強すぎるとおつゆを楽しめなくなるんだよ。地域というか東北ではだいたい甘みと塩気が効いた味付けになる傾向があるんじゃないかな。日頃うす味にしているので余計そう感じるのかもしれない。

画像の中央奥にミニサラダ、右奥に大根の漬物が見えていると思うけど、これはラーメンなどを頼んだときにも付いてくるサービス(?)だろうか。ミニサラダとか中々おいしくて、定食にしたらご飯が進むと思う。大根の漬物も厚めのカットで、これもご飯に合わせたらとってもいいんじゃないかな。だけど鍋焼きうどんでは合わせるものがないので、単独でいつでも自在に味わうのが幸。


【付記】
思う所は何かとありますが、存在してくれるだけでありがたいのです。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2024/04 (8)

2024/03 (16)

2024/02 (15)

2024/01 (17)

2023/12 (15)

2023/11 (15)

2023/10 (15)

2023/09 (15)

2023/08 (16)

2023/07 (15)

2023/06 (15)

2023/05 (16)

2023/04 (15)

2023/03 (16)

2023/02 (14)

2023/01 (16)

2022/12 (16)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)