東のどん兵衛を食う

Donbee_01
日清食品の「どん兵衛」は、西と東では味が違う、というのを聞いたことがある。だが東のどん兵衛なんてどこにも売ってなかったし、カップうどんを買うために遠くまで行くなんて考えられなかった。話では、東のどん兵衛は出汁の色が濃い、という。これもよく知られた話だが、東京へ行ってもなぜか蕎麦やうどんを食べ忘れ(?)てしまう。

どん兵衛における東と西の境界線はどこにあるかというと、三重・岐阜は東で、福井・富山・石川は西になっている。えっ、三重が西じゃない? なんだか不思議な感じがするけれどそういうことらしい。でも紀伊半島だよ? 天気予報でもちゃんと三重を忘れずに報じていたじゃないか。でも、本当にそうだったか自信がない。

三重が東の文化圏に属するのは、おそらく東海道とお伊勢参りが大きいのではないかと思う。江戸時代の庶民にとって、お伊勢参りが人生最大のイベント(娯楽?)だったのではないか。お伊勢参りにかける情熱はただ事ではなく、そのために講(互助組織)を結んで資金の積み立てをし、抽選で代表者が出かけた、という。

東海道の終点は京都の三条大橋だけど、庶民にとっては伊勢神宮が事実上の終着点だったのではなかろうか。伊勢神宮を参詣した後、京都や大阪、奈良に足をのばすことができたのは相当な富裕層だけだったのではないか。しかも山越えや迂路が必要なので、庶民レベルにおける東の文化は地続きで東海道沿いに伝播し、三重でストップした、とか。

Donbee_02ネットの受け売りに想像を交えて進めてみたけど、どん兵衛の現物に戻りましょ。関西ではほとんど手に入らない東のどん兵衛が、店に普通に置いてあるのが不思議な感じ。ちなみに、秋田ではどん兵衛より「赤いきつね」とか「緑のたぬき」の方がメジャーみたい。東のどん兵衛を近隣の「たかはし鮮魚店」で買って来ましたよ。

ぱっと見は東も西も良くわかんないですね。でも能書き(?)の最後に(E)とあるのが東のどん兵衛の目印。西だと(W)と書いてあるんだって。これもネットの情報ね。よくさあ、ネット上で言葉の最後に(W)とか付けてるけどそれみたいだよね。よくわかんないけどネット隠語ってやつ?

さて「東のどん兵衛」ができましたよ。あ、確かに出汁の色が濃いね。画像はあぶらげを乗せたまんま撮影したから出汁の色がよくわかんないかな。食べてみると、なるほど、確かに違う。西のよりカツオの風味が強くて、甘みがある。出汁の色は濃いけど、塩分は東も西もほとんど同じ。昆布の味はほとんどしないけど、これはこれでいいよねえ。

Donbee_03だいたいね、関西の(一部の)人ってさぁ、出汁の色が濃いとかそんなことで過剰反応しすぎじゃない? 「うわっ、何やこれ! こんなん、あかん、食えへん」なんて、大きな声で言ったりとか。東の人が関西に赴任して来たら「料理が美味しい」っていう意見が多いから、関西の人の舌が肥えてるって本当だと思うけど、なんか騒ぎすぎてない?

だけどまあ、東のどん兵衛に対する関西人の素直な反応ってそんなものじゃないかとも思う。東のどん兵衛は本当に売っていないのだから。西のどん兵衛って、色は薄いけど昆布の出汁がきいていて、それはそれで美味しいんですよ。たぶん粉末出汁に昆布パウダーが入っているんだと思う。でも東のどん兵衛、私は好きになれそうです。ていうか、それしかないもんね。


【付記】
⚫︎ こちら(秋田)の味付けが関西より甘辛いのは想像していましたが、特にお弁当とか、スーパー市場の惣菜売り場でそれを感じます。肉の照り焼き系とか煮物は塩分(と糖分)過多が多いように感じましたが、漬物は美味しいんです。健康診断は血圧でいつも引っかかるだけに、惣菜売り場では躊躇してしまうことがあります。

スポンサーサイト

エースコックのワンタンメン

Acecock_Wangtangmien01.jpg
休日の前夜、駅前のスーパーマーケットで買い物をしているとき、そうだ明日はラーメンでも食べよう、と思った。明日は休みだと思って調子に乗り、酒を過ごしてしまうことはままあることで、翌日起きたら昼前になっていた、なんてこともわりとある。そんなとき、米を研いでご飯の支度をするのが面倒くさく、即席めんで済ませてしまおうという魂胆である。

家に買い置きの即席めんがないとわかっていたので、即席めん売り場に行った。いま流行の「生麺の食感」を追求した新しいものがたくさん並べられている。なるほどそれらは美味しいに違いないのだが、どういうわけか食べたいなあという気になれなかった。で、結局手にしたのはエースコックのワンタンメン。これはもう、チキンラーメンに次いで古典的ラーメンと言ってもいいほどのロングセラー商品。

ウィキペディアで調べてみるとチキンラーメンに遅れること5年、1963年の発売だという。チキンラーメンも好きなのだが、体調によって胃もたれするというかいささか胃に重たいこともある。その点、ワンタンメンはとてもあっさりしていて胃にやさしい気がするのは私(乙山)だけだろうか。しかもワンタンメンのスープはなぜか松茸を思わせる独特の香味が効いている。

予想通り、起きたのは午前10時を過ぎたころ。前夜帰ってくるのが遅かったので風呂は翌日になることが多く、昼風呂を済ませて残りの風呂水で洗濯するというのも予定通り。まったく、これをしたいがために午前中に風呂に入っているかのような不思議な気持ちになるが、そうやってあれこれしているうちにもう昼前である。すると腹が鳴ってくるので即席めんの食べごろだとわかる。

冷蔵庫に卵と葱があるので入れることにした。だれか他に食べる人がいたら、簡単な野菜炒めを作って乗せることもあるのだが、一人だったらやる気が起こらないのが不思議だ。人にもよると思うけど、ワンタンメンはサッポロ一番の塩ラーメンと並んで卵とじがよく合うと思っている。ふつうのしょうゆラーメンとかみそラーメンだとあんまり卵とじをやらないが、ワンタンメンと塩ラーメンはぜひやりたくなるのが面白い。

Acecock_Wangtangmien02.jpgさて料理ができましたよ、とか言うと大げさなほど簡単にできるのがいいところだ。乾燥わかめもあるのでそれも乗せることにしよう。卵と葱とわかめ、これでなかなか豪華な感じがするではないか。スープを飲んでみると、ああ、これこれ、と言いたくなるあっさり味で、例の松茸香味は少し抑えられているのかな、と感じた。以前のワンタンメンはもう少し松茸香味が効いていたような気がしないでもないが、勘違いかもしれない。

久しぶりに食べてみたワンタンメンは何とも懐かしい味わいで、やはりこれだなあと改めて思った。ほとんどしょうゆを使っていないかのような薄い色のスープが好きで、これがまたあっさりしていて胃にやさしいような気がする。なんだこれ、と言いたくなるワンタンの皮はご愛嬌。食べていると、神戸の中華料理店で本物の雲呑麺を食べたくなってきた。よくできた雲呑麺って、本当にいい食べ物だと思う。


【付記】
● たまに無性に食いたくなるのがエースコックのワンタンメンです。サッポロ一番のみそラーメンもそうですが、ふと食いたくなる即席めんって、ありそうでないんですよね。ところでエースコックのワンタンメンって、全国区、ですよね?


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

アベックラーメンで焼きそば

FriedAvecRamen_02.jpg
休日の昼食。買い物の予定がある場合は早めに外に出て外食をすることがあるけれど、多くは自宅で済ませるようにしている。近頃は怠慢を決め込み、出来合いのたらこスパゲッティのペーストをゆでたスパゲッティに混ぜるだけ、などと横着をやっている。この日もその伝で100gのスパゲッティを量り、1リットルの水を湯沸かしポットに入れてスイッチを入れた。

台所の食料品置き場からたらこスパゲッティのペーストを取り出そうとすると、あるはずのそれがどうにも見当たらない。あれえ、と少年探偵コナンみたいな声が出そうになったのである。もう一度食料品置き場を点検したが発見できず、近所のまだ行っていない蕎麦屋でも行こうかな、などと思ったとき、食料品置き場に「アベックラーメン」の袋があるのに気がついた。

近頃は生麺風の即席めんが大流行しているが、マルタイや五木食品、そしてサンポ―食品などが出しているストレート極細麺が個人的に好みである。上にあげた三者はどれも好きで、その都度気に入った物を買っては食べている。今回は五木食品の「アベックラーメン」があったのでそれを食べようかという気になった。いやね、ニンニクを切らしていて、いつものニンニクとオリーヴ油、唐辛子のスパゲッティができぬのです。

FriedAvecRamen_03.jpgしかし、である。せっかくの休日ではないか、何かこう、乾いた麺類でビールを一杯やりたい気分なのだ。ふつうにラーメンを作ってしまっては、ビールをやれぬではないが今一つだろう。ううむ、とアベックラーメンの袋を手に考え込んでいたが、ふと「焼そば」という文字が袋の左下に見えた。なに焼きそば、だって? これぞ「渡りに船」ではないだろうか。

袋の裏側には焼きそばの作り方まで指南してある。写真二枚目がそれだが、なるほど、固めにゆでた即席めんを冷水にさらし、肉と野菜を炒めたところにスープを入れ、即席めんを投入する、と。好みでその他調味料を加えるべし、とある。冷蔵庫を見ると豚肉の細切れと葱がある。うむ、これくらいでちょうどいい、そんなに野菜はないけれど、豚肉と葱だけの焼きそばもおいしいものである。

即席めんは硬めにゆでるとあるので約2分30秒くらいでいいだろう。ゆで上がると水にとり、軽く洗ってざるか穴あきボウルに移しておく。フライパンを熱してゴマ油を入れ、豚肉と葱の根元の部分を炒める。豚肉に火が通ったら酒、なければ水(40~50ml)を入れ、それでラーメンスープをといてしまう。そこにゆであがった即席めんと葱の青い部分を入れ、全体をかき混ぜながら汁気がなくなるまで弱~中火で加熱すれば、出来上がり。

FriedAvecRamen_01.jpg指南によれば「お好みにより、醤油、ソース、みりんを適宜加えて」とあるが、予想ではその必要はなく、ラーメンスープでじゅうぶん塩気はあるはずで、ひょっとすると塩気が強いかもしれぬと思っていた。なので調味料は一切用いず拵えた。皿に盛りつけ、さて食べてみると、やはり、いささか塩気が強いように感じた。これも人それぞれだろうから難しいところだが、次に作るとしたら半分、または2/3くらいでやるんじゃないかと思う。

ちょっと塩気は多いけれどなかなかおいしく、良い感じでビールを楽しむことができた。ふつうの即席ラーメンを焼きそばにするというのはどこか違和感があるかもしれないけれど、理屈は同じなのでできぬことはないと思う。アベックラーメンは他に「ちゃんぽん」や「冷やしラーメン」の提案をしているところがいい。乾麺で75gだから、すこうし、物足りぬ感じがしないでもないが、これくらいで止めておくのがある程度の年齢に達した者にはぴったりかもしれぬ。


【付記】
● アベックラーメン、ふつうに作ってもなかなかのもので、乙山はこれの隠れファンです。駅前のスーパーマーケットには置いていませんが、池田在住の方は府道113号線と国道171号線の交差点を中国自動車道方面に向かったところにある〈やまや〉で入手することができます(2014年4月現在)。

ちなみに、たらこスパゲッティのペーストは、台所の引き出しにちゃんとありました。置き場所を変えたがためにこうなってしまったのですが、これも典型的な只野乙山的現象の一つで苦笑するしかありません。「置き場所は常に一定にする」のが家やクルマ、そして自転車の鍵、あるいはパス、財布などをあれこれ探し回らずに済む鉄則ですね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

アラビヤン焼きそば

Arabian_Yakisoba_01.jpg
いつぞや〈ホンコンやきそば〉の記事を書いたときに、〈アラビヤン焼きそば〉というのがあるぞ、と教えてくださる方がいらしてずっと気になっていた。ネットで調べてみると本当だ、ターバンを巻いた青い目の人物がデザインされたパッケージに「アラビヤン焼きそば」とあるではないか。その字体は「はらい」の最後をくるんと巻いた、どこかで見たような懐かしさ。思わずネット通販で発注していた。

しかしですね、5袋入りパッケージの値段が送料より安いという本末転倒になっているのに気付いたのは発注をかけた後だった。ううむ、これはなんとも無様なことをしでかしたものだとしばらく自己嫌悪に陥ってしまったが、これはなんといいますか、いつもの只野乙山的現象とでもいうしかないもので、この種のうっかりは私とは切っても切り離せないもののようである。

さて商品が届きましたよ。袋の上部に「サッポロ一番」というブランド名が! これはあのサンヨー食品が出しているのだとわかって意外な感じがした。なんでサッポロ一番でアラビヤンなんだよ、と言いたい気分である。しかもターバンを巻いた人物はどうもアラビア人というよりインド人のように見えるではないか。「不思議な位おいしく出来ます」てな宣伝文句、ちと大げさに思えぬでもない。

しかもそれだけではなくて「摩訶不思議!? 香ばしくスパイシー」だとか「たまらない味わいアラビヤン」などとも書いてある。あの塩、みそ、しょうゆの大ヒットシリーズ三種でさえ、せいぜい「うまさ、サッポロにあり!」くらいであって、ここまで大胆に言い切った宣伝文句は使われていないのだ。いったい、何がどうなってこういう誇大広告と言えぬでもない(失礼)コピーが生まれたんだろうか。

袋を開けてみる。フライされた即席めんはどうみても「サッポロ一番」シリーズの物と同じように見える。ひょっとしたら違う製法がなされているのかもしれないが現物がないので比較検証してみることはできない。粉末のソース、そして青のりが添付されており、どうやらこれは日清の焼きそばと同じように、200mlほどの水を入れて麺をゆで、水気がなくなったところで粉末ソースを入れる料理法らしい。

Arabian_Yakisoba_02.jpg〈ホンコンやきそば〉のように味付け麺ではないので、厳密な水加減は必要ないかもしれないが、一応表示してある分量にしたがって調理を進める、といって大したものではないので詳細を書く必要もないと思う。ほどなくしてできましたよ。皿に盛りつけ、青のりをふって出来上がり。うむ、こんなものでしょう。

食べてみると、ごく普通のソース焼きそば。「アラビヤン」な味わいとやらを期待していたが、そもそも自分の中でアラビア風の味というものがまったく理解できていないので、何がどうアラビヤンなのかもさっぱりわからぬ。だけどまあ、おだやかな味わい、なのかなあ。日清のソース焼きそばはソースが決め手、みたいなところがあるけれど、これはそこまでソースに違いを求めてはいないような気がする。

うむ、そんなに悪くない味わいだと思う。だけどあの宣伝文句を思えばいささか拍子抜けというか期待外れというか、ふつうのソース焼きそばとはなにか違った味わいを期待していただけに、あれ、という感じだ。発売当初は全国販売していたようだが、「サッポロ一番」シリーズほどにはヒットせず、関東の一部でのみ販売が続いて現在に至ったという経緯がなんとなくわかる気がする。

要するにこれは、宣伝文句と実物とのギャップが大きすぎるのだろうと思う。なにかちょっとだけでもいい、アラビアを思わせる何かがあれば、もう少しヒットしたのかもしれない。だけどアラビア的な味って、いったいどんなものでしょうね。日本って驚くほどいろんな国の料理が流れ込んできてはいるけれど、まだアラビア料理って見たことがない。というかトルコ料理(?)が、おそらくアラビア料理のイメージにいちばん近いのかもしれない。


【付記】
● 「アラビヤン焼きそば」と表記していますが、正しくは「アラビヤン焼そば」です。

あんまりいいようには書けなかったのですが、実際、アラビヤン焼きそばは悪くない味です。だけどまあ言ってみればふつうのソース焼きそばでしかありませんので、味のインパクトからすればやっぱりホンコンやきそばの方が印象に残るんです。ホンコンやきそばはもう一度買いたい気になりますが、アラビヤン焼きそばは微妙な感じですね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

マルちゃん〈正麺 塩〉を食う

MaruchanSeimenSio_Packaged.jpg
「遊歩者 只野乙山」を訪問して下さる方でウェブログを運営なさっている方にはできるだけそのウェブログを訪問するようにしている。FC2限定だけど「訪問者リスト」なるものがあって、そこにリストアップされているから便利である。そんなふうにウェブログを訪問していると、さるウェブログにマルちゃんの正麺(せいめん)の記事を見かけた。なんでも麺がなかなかおいしいようである。これは面白そうだ、と気になっていた。

某日、近所の小さな寂れたマーケットで日水のオイル(ド)・サーディンとかマルシンハンバーグなどを目的に買い物をしていると、あの正麺が5袋パックで販売しているではないか。まだ食べたことがないものをいきなり5袋も買うのはどうかと思ったが、お値段が330円くらい。これはたいへんお得である。まったく、このマーケットのこういうところ、好きだなあ、などと思いながらマルちゃん正麺の「塩」を買い物籠に入れた。

よりによってなんで塩? と思った方もいらっしゃるかもしれないが、別に醤油ラーメンが嫌いというわけではない。醤油ラーメンが大好き、という方には申し訳ないのだが、あまり醤油が効き過ぎているのには閉口する。それこそ食べてみないとわからないので、醤油ラーメンを買うときは5袋パックはどうしてもできない。味が安定していて初めてでも躊躇なく買えるのは味噌ラーメンだろうか。

なにをぬかすか只野乙山、醤油ラーメンこそ王道であろう、哀れもここに極まれリ、本当に旨い醤油ラーメンを食したことがないのだな、とか、安定しているというならとんこつこそがそれではないのか、と意見もあろう。いや本当、味覚とか趣味というのは人それぞれであるよなあ、などと改めて思う。実のところ、私は流行の工夫を凝らしたラーメンはほとんど食べたことがない、あてにならぬ男である。

さて正麺の袋を開けてみよう。ちょっと太めの麺がまるく成形されており、これはどうもフライ麺ではないようだ。そこに液状スープが付属している。あらかじめ丼(鉢)にスープを入れておき、できあがった麺を湯とともに投入せよ、とある。とりあえずその通りにしてみることにした。水は500mlとあるが、この方式にした場合、多めの湯でラーメンを煮ても最後に捨ててしまえるところは理に適っていると思う。

MaruchanSeimenSio_Cooked.jpgラーメンのお供は白葱と唐辛子だけである。冷蔵庫に野菜がなかっただけの話だが、インスタントラーメンというものはあまり手間をかけずに、さっとできて食べてしまえる方がいいのではないかと密かに思っている。もちろん、本当は野菜炒めみたいなものを作ってラーメンにのっけて食べるのが栄養的に優れているのは言うまでもない。

とにかくこのラーメンは麺がおいしい、生麺のようであるというのが特徴だというので、早速麺をすすってみる。うむ、本当だ、なかなか良くできているのではないだろうか。即席ラーメンで麺が抜群においしかったのは〈熊出没ラーメン〉だと思うが、それには及ばないにしても値段を考えると健闘していると言える。スープもあっさりしているけれど色々と何かが入っているようで、たいへん好感が持てた。

マルちゃんの正麺、やるではないか。インスタントラーメンもたしかに進歩を遂げている、と実感した。これなら残りの醤油、味噌、とんこつもおいしいであろうことが想像できる。食べ終わった後も胃もたれすることなく、これも若いとは言えぬ年齢の者にとってはうれしいところ。気が向いたらまた買ってもいいかな、と思わせる、なかなかのものでした。


【付記】
● インスタントラーメンの進化、ということを強く感じた次第ですが、一方では昔から存在しているクラシックラーメンにも捨てがたい魅力がありますね。サッポロ一番の塩ラーメンなど、同じ塩ラーメンでもずいぶん違うのですが、あれはあれで、なぜか猛烈に食べたくなることがあるのが不思議です。長の年月を通して体に刷り込まれた何かが、呼んでいるとでも言えばいいのでしょうか。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)