fc2ブログ

茎わかめ梅しそ味

041E899C-8F20-4505-A85F-6FD74F4CAADD.jpeg
とある機会に「茎わかめ 梅味」なるものを知った。ワカメの茎の部分を使ったおつまみ、珍味の類で、食べてみると「この味、好き」と思った。いつか、どこかで食べたと思われる懐かしい梅干しみたいな味。食感がまた楽しくて、シャキシャキというかコリコリ? どっちでもいいけどとにかく気に入った。たぶんどこでも普通に売っているんじゃないかと思っていたんだ。

だけどよく利用するドラッグストアにはないし、近隣の商店に同じようなものはあったけど「梅味」がない。どこにでもありそうなのに、欲しいと思って買おうとすると「ない」ってわりとあるような気がする。でもマックスバリュに行くと、あった。あの時食べたのと同じかどうかわからないけど、「梅しそ味」とある。もう買うしかないでしょう。

ワカメを食べるというのがいいね。夜勤明けの昼飲みでスナック菓子をつい食べてしまうことが多いが、それだとやはり糖質と脂質が含まれているから。この茎わかめとナッツ類でスタートし、チーズ(プロセスチーズ)を挟んで豆腐で締める。豆腐は3パック100円くらいの充填豆腐で、それに冷凍きざみネギを乗せ、ぽん酢かめんつゆをかけて食べる。代わりにサバ缶水煮にすることもある。

サバ缶はドラッグストアと水産業者の共同開発品で、190gあたりの食塩量が1gという減塩タイプを選んでいる。最近では食塩不使用のサバ缶も出回っており、試したことがある。メーカーの標準品だと190gあたり1.8gの塩分でいちばんうまい。減塩タイプの煮汁を少し捨て、リンゴ酢を加えて食べている。食塩不使用タイプは、ぽん酢かめんつゆを加えてやらないとおいしくない。

豆腐やサバ缶がない時は、蕎麦(干しそば)をアテに飲む。えっ、と思う向きもあるかもしれないが、盛りそばは意外とアテとしていける。私だけかもしれないが、焼きそばとか炒飯でビールを飲むのも悪くない。そんな時、まずナッツ類と茎わかめを最初にすると、一応「ナッツ・ファースト」とか「ベジ・ファースト」みたいになるんじゃないかと思う。

いきなり炭水化物を食べるより、野菜類とかナッツ類を最初にしてやると、血糖値の上がり方が穏やかになるのだという。ヘルスケア系のネット動画を見ると、うどんやそばを食べて血糖値を測るという、体を張ったガチのコンテンツもある。高血圧、糖質制限、血糖値という生活習慣病関係の動画を見ると、お勧めでいつの間にか見てしまうというわけだ。

なんだかいいことずくめの「茎わかめ梅しそ味」だけど、塩分の点ではアウトなのを書き添えておきたい。100gあたり7.4gの塩分だからね。高血圧が気になる人は手を出さないほうがいいかもしれない。今回買ったお買い得パックは内容量83gとあるけど、まさか全部食べる人はいないよね? 珍味やつまみなどは、意外と塩分が多く含まれている場合が多いので食べ過ぎは要注意といえる。


【付記】
ジャンク系スナック菓子をわりと食べてしまう自分としては、久しぶりに「当たり」の良いおつまみではないかと思います。

スポンサーサイト



煮干し粉

46EE607A-DEDF-4DC2-A2C2-9FDBA73BCE35.jpeg
いりこ(煮干し)粉末がきれたので、煮干しその他を買おうと思ってイトク男鹿店に行った。同店はマックスバリュやドジャース(地元スーパー)に比べて調味料の品揃えがいいから。その日は白だしを買うつもりで商品棚を見ると、ヤマサ、ヤマキ、創味などいろんな種類が置いてあるのでワクワクする。今回は汎用性の高さから昆布白だしにした。昆布ベースだが混合節その他も含まれている。

煮干しを物色しようと思うがどれがいいのかよくわからない。ぶっちゃけどれでもいいんだけど、頭とワタを取り除いてフライパンで乾煎りし、それをミルで粉砕することを想像すると心が折れそうになる。余裕とやる気があるときなら何なくこなせる作業なのだが、いろんな理由で疲れが溜まっている。もう煮干しを買うのをやめようか、とも思う。ふと棚のいちばん上を見ると……

粉末煮干しがあるじゃないか。なになにサカモトの純煮干し粉「だしはこれ」だって。裏を見ると「水500cc入ったペットボトルに『だしはこれ』を小さじ2杯(約4g)を入れ、冷蔵庫で一晩保存して下さい。朝にはおいしい『だし』が取れます」とある。私の場合、ラーメンだと水250mlなので小さじ1でちょうどいいわけだ。いや、適正分量まで教えてくれてありがたいじゃないか。

もうね、買い物カゴに入れたのは言うまでもありませんよ。この煮干し粉でおいしい出汁をとって煮干しラーメンといこうじゃないか。といっても流行(?)のセメント系にするつもりは一切ない。あっさり煮干しラーメンというか、昔あった懐かしい中華そばの感じにしたいんだ。できればあまり醤油を使わないやつで、少し動物系のダシも混ざっているようなのをね。

しからば塩ダレを作ろうではないか。ていうか今日昆布白だしを買ったのもそのためなの。酒、みりん、白だしを同割で加熱して煮切り、塩を加えて溶かして作るもので、ネット動画で紹介されていたのでそれにした。塩ダレも凝れば凝るほどいろいろなやり方があるけど、できるだけ簡単なものにしないと長続きしないしね。液体と塩だけで完結するのもありがたい。

ところで夏のスーパー市場とかショッピングモールの話なんだけど、25度を超える暑さから冷房の効いた施設に入ると涼しくて嬉しくなる。でもそれは入った瞬間だけで、しばらくすると寒気がしてきて鳥肌が立ち、くしゃみが出そうになるんだけど、周囲には半袖Tシャツに短パンで平気な人がいてびっくりする。これはその人が屈強というわけではなくて、私がひ弱なのだと思う。

だから真夏でも長袖で薄手のアウターは必要だ。あるいはシャツ・オン・シャツで羽織るシャツを腰巻きしたりたすきがけしたりして用意しておき、寒くなったら取り出して羽織る、とかね。それはさておき、指南にある通り水と煮干し粉の分量を間違えずに測定し、指南には「ペットボトル」とあるけどもっと広い口の容器に水と煮干し粉を入れて、冷蔵庫にそっと入れた。


【付記】
これと塩ダレで乙山流煮干しラーメンと参りますかね。

ラーメン用の器

28B17319-416B-49E0-80C0-FB5912988454.jpeg
ラーメンや汁物を食べるときいつも愛用しているのは100円ショップで買った樹脂製のボウルである。軽くて丈夫、落としたりぶつけたりしても割れないという利点があってもう何年も愛用している。それだけでなく、熱伝導率が低いのか熱いスープを注いでもボウル自体はさほど熱くならず、手で持って食べるのが容易にできる。これは私にとってうれしいポイント。

普段はそれでいいんだけど、なんというかラーメンの器には「これでなくちゃ」という理想(イデア?)のようなものがあって、そういうのがないかなあと思っている。それで100円ショップとかニトリ、ホームセンターのような店に行ったときは物色してみるのだが中々見つからない。雷紋や龍が描かれた「いかにも中華」という器も捨てがたいが、サイズ感も重要なのである。

というのも、現在私が作るラーメンはスープの量をだいたい250mlと定めており、麺も大盛りとかしないので、そんなに大きな器は必要ない。むしろ普通のサイズのラーメン用器より少し小さめのほうがいいくらいだ。色はスープの色がよくわかる白に近いものがベスト。装飾はないほうがいい。だけどそんなに都合のいい器がこの世に存在するのだろうか?

いつもこんなことを考えているわけじゃないですよ。買い物をするとき、ラーメン用の器のことなんか忘れている。その日も、とあるドラッグストアでプロセスチーズと素焼きナッツを買った際、ついでにくらいの気持ちで食器コーナーに寄ってみると、ひとつの器に目が吸い寄せられてしまい、つい手にとってしまった。「スープボウル」とあるんだけど、ラーメン用にも見える。

手に持った感じがね、もうちょうど良い感じで即席めん1個食べるのにぴったりのサイズ。しかも「こういうのが欲しい」と思っていた少し小さめのサイズで装飾が一切ない。色も白に近い色で申し分なく、スープの色をよく表現してくれると思えた。予定外の買い物だったけど100円ショップだからね。外国製だけど、一応陶磁器なので客にも出せる。

こういうのを買うと、すぐ使いたくなるもの。翌日の昼にラーメン作りましたよ。前の夜から豚清湯スープと生中華麺の冷凍ストックを冷蔵室に移してあるわけで。いつものように「完食できるラーメン」にした。写真をご覧になると白よりいくぶん青みがかっているのがおわかりかと。器が熱いので両手で端のほうを持って器から直飲み、そう、これが昔からのやり方ってもんよ。


【付記】
ついレンゲなんぞ買ってしまいがちになるのですが、家ではひとつでも食器は少ないほうが正しい(?)のだと思います。今回のラーメンは、塩味のベースを創味シャンタンに任せ、ギリいけるところまでラーメンのタレを薄くしてみたのですが、おいしい。でも一般にはお勧めできないかと。

ノザキのコンビーフ

6E2B4C94-216F-4504-837A-9066EE7F730B.jpeg
オイルサーディンが今や高級品になった、という文章を書いたが、それ以上に高級かもしれないのがコンビーフ(corned beef)である。近隣の商店に国産コンビーフ第1号の「ノザキのコンビーフ」があったので値段を見ると398円(税抜)。内容量は80gなのでオイルサーディンより高いといえる。だがこれでも安いほうで、明治屋だと450円くらいだし、缶つまだと500円なのだ。

現在販売されているノザキのコンビーフは2020年にリニューアルされた新パッケージになっており、ブリキ缶を巻き取りカギで開けるというお馴染みの方式ではなくなっている。YouTubeでノザキのコンビーフのメイキング動画を見ることができるが、こちらはパッケージのリニューアル以前に撮影されたもので昔の製造工程が紹介されている。

使われている牛肉はオーストラリアやニュージーランド産で、モモ肉の巨大なブロック。膜やスジなどを包丁で取り除いたら適当な大きさにカットし、塩水漬けにする。それを蒸気で蒸し、粉砕した後にスジなどを取り除いて選別する。牛肉の繊維に牛脂や挽肉などを加えて配合したら缶に充填し、巻き締めという方法で蓋をする。最後に加熱殺菌し、冷却したら倉庫で熟成させて出来上がり。

90BD4CE6-EC3D-476E-88F7-93126276ED3C.jpegこの工程は公式ホームページ「コンビーフができるまで」のコーナーでも紹介されている。では、本当に久しぶりにコンビーフを開けてみますか。もう塩味がついているのでそのまま食べることができる。食べてみると、うん、コンビーフだ。ってなんやねん、そのまんまじゃねえかよ! まあなんつーか、そんな特においしいわけではない(おいおい)が昔からの変わらぬ味がする。

これをね、箸で少しつまんでビール味リキュールとかBNCハイボールをやるわけです。なんとまあ、ちまちました飲みだなあと自分でも呆れるほかない。日本だとほぐしたタイプのコンビーフしかないんだけど、外国ではブロックの肉のままで塩漬けしたのが主流のようだ。たぶん塩もすごく効いているだろうから、塩抜きしないと食べられないかもね。


【付記】
オージービーフのモモ肉、イオン系列店でたまに見かけますがグラム300円くらいしてますからね。加工代を考えると80gで398円はギリギリかもしれません。

サバ缶200円時代

5E3BF238-8F15-4C7E-82FD-271AE2CC0BE7.jpeg
昔の話でなんですが、長らくサバ缶は98円くらいで買うものだった。関西だとダイエーなんかの特売で89円になることもあったくらいだ。なんで89円かというと、昔ダイエーが球団を所有していた時期があり、当時の監督の背番号が89だったからじゃないかと思う。98円であっても容量は190gくらいあったように覚えているし、内臓部分に小さな身を入れた見事な缶詰だった。

それが今やサバ缶、おいしいのを買おうとすると200円以上するようになってしまった。極上サバ缶ともなると300円を超えてくるから驚く他ない。今の人なら違和感はないと思うが「たかがサバ缶」という気持ちが根強く残っている世代の人間である。なのでサバ缶に200円とか出したくはないが、サバだけでなく魚全体が高級化してしまったのだから仕方ない。

現在(2022年)100円台で買えるサバ缶は、生産拠点を海外に移したものがほとんどで、国内生産のサバ缶は軒並み200円オーバーになってしまった。写真のサバ缶は某所で100円台で購入したものだがこれには理由があって、内容量が150gとなっている。内容量190gのフルサイズ(?)国産サバ缶はたいてい200円以上になっているけど、200円台前半なら良品を購めることができる。

2014年には長らく家庭における魚缶詰の人気1位だったツナ缶を抜いて、サバ缶の生産量が上回ったのだが、その背景には「青魚の栄養効果」と「実はおいしいサバ缶」など度重なるテレビ放映があったこと、またサバ味噌やサバ味付けの缶詰だけではなく、カレー味やトマト味などの新いサバ缶の開発が進んだこともあるだろう。だけどあの独特の臭いが苦手な人もいるのではないか。

サバ缶というか青物に特有の臭い成分は特定されており、主成分はトリアチルアミンという(らしい)。ていうかね、前から知っていたわけではなくて、ネットで調べたら出てくる。アルカリ性で、揮発性もあるという。だったら、酸性の液体、酢とかレモン汁をかけて中和してやればいいじゃん? 実際にやってみると、煮汁が白濁するのがわかると思う。

臭い成分に揮発性があるなら、アルコールを加えて加熱してやれば、アルコールの蒸発とともに生臭さも軽減されるはず。本気でやるならアルコールを完全に飛ばすまで加熱する必要があるのだが、サバ缶の有効成分であるオメガ3脂肪酸(DHA/ドコサヘキサエン酸、EPA/エイコサペンタエン酸)は、加熱や酸化に弱いという。なのでアルコールを振りかけたら軽くレンジでね。

サバ缶はたいてい1%くらいの塩味がついているのでそのまま食べられる。減塩志向を反映して190gの内容量に対して1gの塩加減という、ドラッグストアとの共同開発のサバ缶もある。その場合、昆布醤油などを少し垂らした大根おろしを添えて食べるといい。焼いたサンマに大根おろしが合うように、サバ缶にも大根おろしは合う。だからみぞれ煮にするのもいいかも。

できれば缶詰から出してそのまま、汁ごとすべて食べ切るのがベストとか。サバ缶の有効成分は煮汁に溶け出しているらしいので。塩分控えめサバ缶だったら汁を飲んでも大丈夫。でもあの生臭いのが苦手な人には難しいでしょうね。サバ缶を丸ごと使ったアレンジ料理にするといいかも。サバ缶には生のサバよりカルシウムが数10倍も多く含まれているそうですよ。


【付記】
国産のサバ缶が100円くらいで買えたのが夢のようです。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2024/04 (8)

2024/03 (16)

2024/02 (15)

2024/01 (17)

2023/12 (15)

2023/11 (15)

2023/10 (15)

2023/09 (15)

2023/08 (16)

2023/07 (15)

2023/06 (15)

2023/05 (16)

2023/04 (15)

2023/03 (16)

2023/02 (14)

2023/01 (16)

2022/12 (16)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)