トマトジュースでゆでるパスタ(原案:グッチ裕三)

2017093012401928a.jpg
以前グッチ裕三レシピ「にらやっこ」をやってみた記事に少し書いたが、同レシピで是非やってみたいのが「トマトジュースで茹でるパスタ」である。トマトソースを作らず、本格的なものに近いトマト味のパスタを作ろうというもので、手抜き大好き人間としては飛びつかぬわけにはいかない。

トマトジュース(160〜190ml、有塩でも無塩でも可)と同量の水をフライパンに入れ、加熱する。1.4mmのパスタを半分に折って投入する。汁気が少なくなったらオリーブ油とバターを入れて風味を加え、小型トマトも入れる。オレガノを入れて一混ぜしたら皿に盛り、パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろして完成。

完全に同じものを再現するのが本道だと思うが、バターとかパルミジャーノ、小型トマトなんて常備してないし。だからそれらを省いた「偽グッチ裕三レシピ」を作ろう。一般の人は(ってお前は一般じゃないのか?)グッチ裕三レシピ通りにやってみることをお勧めする。レシピ通りにやっていないのに文句を言うのはルール違反である。

用意したのはオレガノとバジルくらいかな。オレガノってそんなにいいのかなと興味が湧いたし、バジルはいちばん好きなハーブである。オレガノがなくても別に構わないけど、バジルがなかったら困るなあ。だってバジルソースのスパゲッティ、食えないじゃん? 後はやっぱりブラックペッパーですね。そして主役のトマトジュース。

グッチ裕三レシピでは後でオリーブ油を加えていたけど、ここでは先にオリーブ油を鍋に入れ、そこでチューブ入りの生ニンニク(または乾燥ニンニクのスライス)を適宜炒めて油に香りを移す。油に香りがついたらトマトジュースを注ぎ、同量より少し少なめの水を加えて加熱し、表面から泡が出てきたらスパゲッティを入れる。

今回は「早ゆでパスタ」を使ったので、レシピ通りの「トマトジュースと同量の水」では汁気がたくさん残ってしまうと予想した。だから少なめの水を用い、様子を見ながら足りないようだったら足せば良い、という作戦である。3分間であれば、たぶん全体で300mlくらいでいけるんじゃないかと思う。

201709301240163bf.jpg実際は3分経っても水気が少し多めのような気がしたのでさらに延長して加熱し、ちょうど良い加減になるまで持っていった。「アルデンテしか認めない」という人は普通の作り方をしましょうね。オレガノを振って一混ぜすると、皿に盛る。ここでいつも、情けない気持ちになるんだよね。だって、電気鍋なんだもん。

鍋、熱くて持てないし、鍋に残ったトマトソース(?)を綺麗に拭えないのがイラっとするんだよね。あーもう、絶対卓上IH調理器具とIH対応フライパン、そしてシリコン製スパチュラ(ヘラ)を買うぞ! スパゲッティとか焼きそば大好き人間がフライパン持ってないって、やっぱダメっしょ。

最後に乾燥バジルをぱらっと(じつはたっぷり)ふりかけて完成。ああ、やっぱりバジルっていい匂いだなあ。オレガノもなんか良い感じだ。噛んでみると、アルデンテじゃないけど落胆するほどではない。思ったほど安っぽくない味になっていて、簡単なわりには結構いける味わいじゃないだろうか。

私はトマトソースが大好きで、よく作っていろんな料理に応用しているから、さほどこのやり方の利点を感じないんだけど、「トマトソースを作らなくてよい」というコンセプトもそれはそれで「あり」だと思う。冷蔵庫がない以上、大量にトマトソースを作っても意味がない私はもう何度もこれをやっていることを正直に書いておこう。


【付記】
⚫︎ 卓上IH調理器具とIH対応フライパン、もう買うしかないですね。なぜ最初からそうしなかったのかな、と思うのはいつもの只野乙山的現象というやつでして、自分でも笑ってしまうしかありません。IH調理器具というよくわからない新しいテクノロジーの導入に二の足を踏んだ、ということなのでしょうか。

スポンサーサイト

近海・天然・地元産のイナダを食う

20171002160638f76.jpg
某休日、午前10時過ぎになるといそいそと近隣のたかはし鮮魚店に赴く。いつものようにヒラメもいいけど、ソイとアジの盛り合わせも味わってみたい。で、店の前まで来て呆然と立ち尽くす。たかはし鮮魚店の定休日であった。完全に近場でサクッと済ます昼酒モードになっていたため、クルマで遠くまで行く気がしない。

仕方がないので伊藤酒店でお菓子のイカフライ(5枚入り=100円前後)とキリン一番搾りを購入、昼ビールにした。たしかこの男、以前記事で「イカフライを5枚も食べたら胸焼けする」とか書いたはずである。なのに、何故かというと、他に食べるつもりはないからである。お菓子のイカフライだけで、昼を済ませることにした。

昼寝をして、夕方になるとクルマで出かける。時間に余裕があるのでメルシティ潟上のユニクロに行ってもいいし、久しぶりに散髪してもいいんじゃない? 男鹿温泉郷から脇本や船越に出るには「なまはげライン」がいちばん近いんだけど、なぜかいわゆる「バス道」をちんたら走る方が好きである。

国道101号線から県道304号線に入り、最後は県道54号線を走ると脇本のマックスバリュに着く、というコース。ツルハドラッグでトップバリュの最安醤油ラーメンと缶コーヒーを買い、レジで財布を取り出そうとして焦ってしまった。どうやら財布を部屋に置いて来たようなのだ。ったく、何でこうなってしまうんだろう。

あのう……すいません、これキャンセルできますか? などと意味不明なことを言って店員を困惑させた後、フェイド・アウトするように速やかに退去した。喫煙所でタバコを吸いながら己の間抜けさに呆れ果てていたが、まてよ、財布がないってことはだね、ここまで***不携帯で来たってことなの? と気づいてまた落ち込んだ。

やれやれ、全く、なんて日なんだろうね。男鹿温泉郷まで戻ると、潟上まで出かける気力など失せてしまった。ドジャース男鹿店にすら行きたくなくて、でもnicot北浦店では品揃えが……ということでイトク男鹿店で妥協することにした。テキトー鍋の具材を買いながら今日は魚を食べようとしていたことを思い出したけど、イトクではね……

メバチのサクの高値とビンチョウの身の色にちょっと閉口し、もういっか、と帰ろうとしたところ、魚の販売コーナーの隅にイナダのサクが置いてあるのを見つけた。三枚下ろしの半身=150円程度。しかも北浦産とあるから、まさに地元の魚。近海、天然、地元と三拍子揃った間違いないものである。

だけどこれ、三枚下ろしの背側と腹側が一緒になっているんですね。小さな魚だから当然なんだけど、個人的な好みからすると断然、背側だけを食べたい。ご存知と思うが、腹側は脂が多く、マグロのトロも腹側にあるわけです。ちょっと迷ったけど、魚を食べたい気分には抗えず、買い物かごに入れてしまった。

サバでもそうだけど、イナダ級だったら三枚下ろしの背側と腹側を分離せず、一緒に引いてしまう方が見栄えが良い。でも私は背側はそれだけで食べたいのだ。よって背骨のあった所に包丁を入れ、分離した。腹側には骨が残っていることがあるので、手で触って骨があったら取り除いておこう。

背側だけを引いて皿に盛り付けると……あっ、やっぱり小さいねえ。見栄え悪いし写真を撮るのをやめた。全部引いてみると、結構な分量ですね。少食の家庭だったら2人前になるのではないか。背側から食べてみると、臭みを感じない。青物はショウガ醤油で食べるのが良い、とされるがその必要はなく普通にわさび醤油でいける。

一方、腹側は背側より白っぽくなっており、脂が多くなっていることが予想される。食べてみると、かなりハマチの味に近くなっていることがわかる。どうもこの脂に人気があるようだけど、好みとしてはやはり背側。青物は刺身で食うものではない、という根深い思い込みがあったけど、こちらに来てから刺身で食べられるようになった。


【付記】
⚫︎ 今回は背側と腹側を分離しましたが、イナダ級の小ささだとやはり背と腹を一緒にして引いたほうが良いとわかりました。尚、背骨のあたりを指で触ってみると骨が残っていたので、できるだけ除去しておくようにしました。

ソル・レオーネ「エスプレッソ・パスタ」を食う

201709191316040ac.jpg
「トマトソースで茹でるスパゲッティ」や「山流スパゲッティの食べ方」に惹かれるのは、味がどうこうよりも大量のゆで汁という問題があるからだ。スパゲッティ指南によると、麺100gに対して水1リットルが標準で、美味しいスパゲッティを食べるにはたっぷりの水(湯)と塩を用意せよ、とあるのがほとんどだ。

なぜ大量のゆで汁を出したくないかといえば、我が家の電気鍋が原因なのである。小型で多機能、じつに便利な電気鍋ではあるが、一つだけ欠点がある。それは鍋に取っ手がないことだ。まったくないわけではないけれど、鍋本体の延長として小さな取っ手が付いているだけで、かなり熱いので必ず鍋つかみを使わないといけない。

これ、困るんだよなあ。即席めんを作った時なんかでも、ラーメン鉢に移し替えようとするたびに鍋つかみがいるんだもん。だから無論、他の麺類全てを茹でたときでも同じことが起きるわけである。そうか、この鍋の設計者は即席めんを作ったら鍋からそのまま食べるという発想なんだね。

便利な電気鍋だけど取っ手がないことに悩んでいるのだが、頂き物に「エスプレッソ・パスタ」なるものがあるのを思い出した。よくわかんないのでキューブ・ボックスに放り込んだままになっていたのだ。よく見ると、鍋に300mlの水を入れ、沸騰したらエスプレッソ・パスタを入れ、7分間煮込むと出来上がり、とある。

つまり即席パスタってことか。湯切りをする必要がないというのが良いじゃないか。ふむソル・レオーネですと。日欧商事という輸入商社が取り扱っているもので、イタリア製だという。本場イタリアの味をお手軽に、ときたもんだ。ポルチーニ茸のペンネなんだって。なんか凄いなあ、という感じである。

じゃあ早速やってみますか。水300mlを電気鍋に入れ、最大火力でスイッチオン。沸騰したところでペンネとその他を入れる。火力を少し弱め、たぶん中火くらいでたまにかき混ぜながら茹でる。7分なので、しっかりタイマーもセットしておいた。あ、なんか良い匂いだな。これぞ本場の**って感じ?

20170919131606f81.jpgタイマー終了、ある程度煮詰まってきたので器に移し替えますか。あ、熱っ! やっぱ不便だわ、鍋に取っ手がないと。でさあ、こういうソースに気合が入ったのって、シリコン製のスパチュラ(ヘラ)かなんかで、ぜんぶ綺麗にとってしまいたいんだけど、鍋に取っ手がないとダメなんだよなあ。

鍋の話なのか、即席パスタの話なのか、もうよくわかんないね。食べて見ると、かなり濃厚な味わいで、なかなか美味しい。たぶん生クリームとチーズ、ニンニクなんかをしっかり使っているのがポイントで、やはり「和風きのこ」では到達できぬ濃厚さとこってり感を味わうことができると思う。

気になるのはお値段で、ネットで調べて見ると一袋250円(ポルチーニ茸のペンネ、楽天市場価格)くらいだった。トップバリュの5袋入りラーメンで、もといトマトジュースで茹でたパスタで満足している男には、ちょっとお高い感じがしないでもない。それにこういうお洒落な感じがするものって男鹿に売ってるわけない(おいおい)もんね。

ソル・レオーネ「ポルチーニ茸のペンネ」は、なかなか美味しいけど衝撃を受けて再購入というほどでもないように思う。でも確かに手軽で便利なのは間違いない。自分で買うことはないけど、タダでくれるんなら食べてやってもいい、って感じかな。え、なんか偉そう? まあいいじゃない、普段は平身低頭なんだしさ、ネット上だけでもね。


【付記】
⚫︎ 電気鍋以外となると、卓上IHクッキング・ヒーターが便利なのかな、と思います。それと20cmくらいのフライパンと小型ソースパン、シリコン製のスパチュラも欲しいですね。いわゆるカセットコンロもいいのですが、ガスボンベを買わないといけないってのが面倒くさいんですよね。

秋ナスを食う

2017092113191912a.jpg
ナスが美味しい季節を迎えた、のかどうか、本当のところはよくわからないが、安値で出回っていることだけはわかる。秋ナスは嫁に云々、というのもよくわからないけど、おいしかったらそれでいいじゃん? てなわけで某休日、近隣の「たかはし鮮魚店」で秋ナスを一本、ヒラメの小さいサクとカンパチの小さなサクを買って来た。

ナスはてんぷらにするのがいちばん好きかな。エビとか魚のすり身、または挽肉なんかを挟んで揚げるのも最高だ。含め煮にしても良し、焼きナスにしても良い。まさに「揚げて良し、煮て良し、焼いて良し」の優れものなんだけど、野菜炒めの中に混ぜ込んだりすると、精彩を失ってつまんないものになる気がする。

今回は電気鍋で手軽にできるナス料理(?)として、焼きナスにしてみよう。といっても、皮ごとコンロにかけて焦げ目が付くまで炙り、皮を剥いて食べるんじゃなくて、薄く切ったナスを油でじっくり炒める(焼く)やり方。輪切りにするんじゃなくて、縦に大きく、だいたい4〜5mmくらいにスライスする。

面倒臭いから洗ったりしません。電気鍋にゴマ油(普通の油でもOK)を入れ、中火で焼いていく。一度に全部入らないから、少しずつ焼いていくわけです。家に大型のホットプレートがあるとベストかも。オイルスプレーで油を薄く引き、全面にナスを並べると一気にできるんじゃないかな。

ナスを入れたら蓋をして、片面2〜3分焼き、裏返して同時間焼くと、だいたい出来上がる。小さな電気鍋でちまちま焼いていくしかないから、1回目のナスを入れたら蓋をして、その間にヒラメとカンパチのサクを引いておきますか。カンパチは青物だけど、たかはし鮮魚店でアジのサクを買ったところ、めっちゃ美味しかったのね。

だからカンパチでも全然心配はない。ヒラメと一緒に並べて、わさびと醤油でいっちゃいますよ。あ、やっぱり臭みがまったくない! ていうか、これ凄いわ。小さめのサクで140円、ヒラメのサクは250円、それでここまで楽しめるなんてもう最高。休日になったらたかはし鮮魚店、が最近の定番になってしまった。

刺身をつまみながらビールをやっているんだけど、焼きナスも出来上がりましたよ。生姜醤油がベストかも知んないけど、ここはミツカン味ぽんをドバッとかけ、チューブの生ショウガを乗せて食べよう。醤油ばっかりじゃ、さすがに塩分取りすぎになっちゃうよね。だから酒と醤油、ショウガを混ぜてフライパンに入れて仕上げるのも良いかも。

焼きナスにチューブの生姜を乗せて、クルッと巻いて食べる。いや、別に巻かなくても良いですよ。うむ、ナスが甘くて口の中でとろけるのが最高。まるでケニー・Gのソプラノ・サクソフォンみたいにね。あれ、なんか違う? ま、いっか。だけどナス一本65円でここまで楽しませてくれるなんて、ちょっと嬉しいじゃありませんか。

これね、店でやったら刺身だけで1000円オーバーでしょ、焼きナスで500円、酒は中瓶2本で1000円かな。安く見積もっても2500〜3000円だわな。家飲みだと全部込みで1000円くらいでできるわけで、ますます外飲みから遠ざかってしまうよね。つくづく懐かしいのは大阪の立ち飲み屋である。


【付記】
⚫︎ 焼きナス、久しぶりにやったけどうまかったです。刺身に負けないくらいの満足感でしたね。負け惜しみ言ってんじゃねえよ、という方もいらっしゃると思いますが、本当なのです。実際にやってみると、おわかりになるのです。同感さなる時が、くるのです。あれ、なんか、どこかで聞いたような……つまりはご機嫌さんなのかな。

にらやっこ(グッチ裕三レシピ)

20170909145208ee5.jpg
YouTubeで番組を見ていると、「あなたへのおすすめ」で勝手にプログラムが入り込んでくるのはご存知かと思う。どういう経緯か忘れたが、なぜかグッチ裕三の料理番組が入って来たようで、つい見てしまった。相当料理ができる人で、以前からテレビの料理番組で料理を紹介していたのを何度か見た記憶がある。

見た目はいささか暑苦しい(失礼)ところもあるけれど、ものすごく器用で多才な人ではないかと思う。本当の(?)本業はたぶん歌手で、歌はもちろん上手いんだけどコメディアンの資質がありすぎたのだろうか、モト冬樹とのコンビで音楽付きお笑いステージ(お笑い付き音楽ステージ)を展開している。物真似もかなりいけてるんじゃないだろうか。

この人の料理は「手抜きなんだけどかなり本格的に見えてしかも味が良い」というもので、つい真似をしてみたくなる魅力がある。グッチ裕三いわく「これ、プライドのある人だったら絶対やりませんよ。僕はね、背負っているものが何もないから反則技バンバンいきますよ」と。この人のこういう所がなんか好きなのである。

今回は「にらやっこ」を真似してみた。材料は木綿豆腐、ニラ、塩、ごま油だけ。ニラを小口切りにして、塩を振ってもみ込み、5分ほど室温で放置。豆腐を「ジェラートみたいに」皿に盛り付け、ニラを絞り、豆腐の上に乗せる。ごま油をたっぷりかけ、仕上げにゴマを捻るようにしてかけると出来上がり。

某休日、昼は近所でサクッと済ませて昼ビールでもいきたいところである。そこで「たかはし鮮魚店」で豆腐とニラ、ヒラメのサクを買って来た。豆腐は武田豆腐店の木綿豆腐しかなかったのでそれにしたが、個人的には船川の吉元豆腐店の方が好きかも。ニラは店頭に並んでいないけど、ニラはありますか、と訊くと奥から出してくれた。

経験上、この手の豆腐料理は豆腐から水が出ると面白くないので、早めに取り出し、水気を切っておく。次にニラを半束、小口切りにして塩をふり、もみ込んでおく。その作業を済ませたら、ヒラメのサクを引いていく。できるだけ薄いそぎ切りにするが、そんなに薄くする必要はない。素人でも柔らかく、甘い刺身ができる。

2017090914521026a.jpgジェラートのように盛るのは難しいように思うが、スプーンなどを使って適当に済ませてしまおう。別にジェラートにこだわる必要は全くなくて、買って来たものをパックから取り出してそのまま皿に乗せてもいいんじゃないかと思う。ニラの水気を絞り、豆腐の上に乗せ、ごま油をたっぷりかける。いりゴマはないから省略。

味付けは塩とごま油だけなんだけど、食べてみるとかなりいけてますよ。でもしばらくすると水が豆腐から出て来るのが難点かな。秋田というか男鹿の木綿豆腐は総じて柔らかめ、つまり水気が多いという感じがする。電子レンジを軽くかけて水気を飛ばしてしまうか、吉元豆腐店の揚げ豆腐を使うといいかもしれない。

ニラ半束、余っちゃいましたね。夕方、クルマで出かけた際に豚肉とカット野菜を買って「ニラ野菜炒め」にしましたよ。完全にうまくできなかったけど「にらやっこ」は再度挑戦してみる価値があると思う。ただ、生ニンニクを食べると胃にこたえる人はやめておいた方がいいかも。私も、お腹が空くまで時間がかかりました。


【付記】
⚫︎ グッチ裕三レシピで是非作ってみたいのが「トマトジュースで茹でるスパゲッティ」です。これぞ「山で作ってみたいパスタ」かも。紙パックのトマトジュースがあるといいですよね。早ゆでパスタを使うと茹でる時間が短縮されますので、「少なめで茹でて様子を見ながら水を足す」作戦でいくのがいいかもしれません。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)