FC2ブログ

乾麺の更科蕎麦(五割)を食う

201906051805236a4.jpeg
更科蕎麦は、蕎麦の実の中心部のみをひいて作った白っぽい蕎麦で、江戸の発祥とされているが全国的に広がっているのではないかと思う。関西でも「更科」の看板を掲げた店がわりとあって、よく利用していた。阪急逆瀬川駅周辺の商業施設内の店では、てんぷら蕎麦とそぼろ丼のセットがあって、数えられないくらい食べた。

暑くなってくれば朝やお昼に温かいものを食べると、それだけで汗が出てくる。それも健康のためにはいいのだろうけど、やはり冷たいものでサクッと済ませたい気もする。そろそろ蕎麦を食べたいなという気持ちになって、よく利用するツルハドラッグの食品棚を見ていると、「更科」という文字に目がとまった。

乾麺だけど更科蕎麦とある。しかも五割蕎麦ではないか。二八の更科蕎麦がベストなのだが、経験上五割蕎麦でも満足できる。200gで100円程度なので、1食分ならちょうど半分使えばいい。1食50円だとしても、そんなに贅沢しているわけではないと思うので、つい2袋つかんで買い物カゴに入れた。いや、休日の昼が楽しみではないか。

蕎麦の良いところは酒を立てられるってことだろうか。うどんやラーメンでもできぬではないが、蕎麦なら麺自体がアテになる。うどんだったら、冷やしぶっかけのてんぷら添えなんかだと、てんぷらで酒が飲めるので、この組み合わせにはよく世話になった。でもなぜか蕎麦屋で一杯やるほうが好きで、てんざるとかでビールをやるわけです。

行きつけの店だったら、まずてんぷらを持ってきてもらうんだけど、海老の代わりにレンコンを入れてもらったりとかね。まずてんぷらを楽しんで、その後でゆでたての蕎麦をすするわけだが、蕎麦なら日本酒やビール、焼酎も合うから面白い。ますます蕎麦屋で一杯、というのがやめられ……あ、蕎麦屋があればの話でした。

さて某休日、蕎麦前でビールをやったので、そろそろ更科五割蕎麦、食べますか。ゆでるだけなので、ある意味即席めんより楽かも。麺が細く柔らかいのでロングパスタみたいに折ったりしなくて良いのも便利。だいたい指定時間より早めに上げるのはパスタでも同じ。それがうまさに直結するわけではないのでお好みでどうぞ。

201906051805240c7.jpegゆで上がったら水に入れて軽く洗いながら冷ます。2、3回繰り返して水じめで食べるようにしている。氷水で締めたほうが噛みごたえがあるけど水締めの方が好きかな。いやね、あんまり冷やすと歯にしみるわけですよ。個人的な都合でしっかり噛んで食べられない時もあるわけでござんしょう、そんなときにはね、やっぱり水締めがいいのです。

さて、できましたよ。市販の麺つゆを薄めに伸ばし、ワサビを蕎麦にちょっとつけて、ね。ツユを薄めにしたのなら、蕎麦をどっぷりつけてもだいじょうぶ。乾麺なので挽きたて、打ちたて、ゆでたての蕎麦にはかなわないかもしれないが個人的には満足できる。冷やした日本酒を合わせましたが、文句の付けようはありません。


【付記】
• 家飲み派としては、蕎麦は非常に好都合でもあります。蕎麦前(前菜、アテ)にさほど凝らなくてもいいし、蕎麦でも飲めるわけですから、こんな良いもんはないって寸法です。

スポンサーサイト

しめサバ

201906021750222a4.jpeg
若いときはあまり好きではなかったが歳を経るとともに好きになった食べ物の一つに「しめサバ」がある。関西ではサバのきずし(生鮨)というが、子どもの頃は好きじゃなかった。ま、単純におかずじゃないんだよね。子どもっておかずにならないのは基本的にパス。それに独特の匂いも好きになれなかった。

ご飯のおかずにならないと書いたけど、奈良には「柿の葉寿司」がある。しめサバの押し寿司を柿の葉で包んだもので、柿の葉の香りを移すとともにその殺菌効果によって保存性を高めた名品で、奈良に行くことがあれば出来るだけ買うようにしている(いた)。これね、サーモン(鮭)もあって美味しいので、どちらも入ってるのにしてます。

奈良や京都は昔(太古レベルね)から高度な文化が発達して人口密度が高いのに、周辺からの交通の弁は悪かったのではないか。奈良も京都も都市中央部は四方を山に囲まれた盆地にあって、都入りする際には必ず山越えをしなければならない。外敵、ひいては国防上の理由でそうしたのだろうけど、かんじんの(主なタンパク源である)海の魚はどうする?

一心太助(おい?)だったら「ふざけんなてめえ、オイラにあの山越えて魚運べってのかよ? バカ言ってんじゃねえ、魚が腐っちまう!」と断られてしまうだろう。なので奈良や京都の都に魚を運ぶなら、塩でしめてから運んだはずだ。冷蔵庫のない時代のほうがずっと長かったわけで、柿の葉寿司という名品もかくのごとく歴史があってこそだろう。

ちなみに、いわゆる江戸前寿司が全国区(寿司といえば江戸前のそれを指すこと)となった今では知名度は低いと思われるが、箱寿司というかね、押し寿司こそが大阪寿司なんですよ。船場とか淀屋橋などオフィス街の片隅でひっそりやっている「すしや」があって、周辺を通るとお酢の匂いがしたものである。

てかね「ばってら」のことを書いておきかたったんだ。ばってらは、しめサバの押し寿司で、祖母が事あるごとに「ばってら、ばってら」って言うもんだから、言葉だけ幼い頃に覚えた。それってなんなの、ってことで分けてもらったけど、子どもの舌には馴染まなかったように覚えている。でも今なら、本当に良いばってらを食べてみたい。

で、しめサバ。これね、ウェブログでお付き合い頂いている方の記事で見かけて、絶対真似したいと思ったんである。しめサバに生姜甘酢漬けと大葉を添えたもので、旨いに決まっている。本当は刺身でいけるようなサバを買って来て自分でやるのが一番だけど面倒である(おいおい)。エア料理(脳内シミュレーション)はできてるけど……

暑くなってくるとね、魚の可食外部が困るのよ。生ゴミの収集日まで冷凍保存してピンポイントで出さないといけないの。んなこと、この男がするわけないじゃん? だからイトクとかドジャース(地方スーパーね)で作ったしめサバを買って来ました。生姜の甘酢漬けはイトクで100円で売ってるのが便利ですね。

しめサバを食べるとき、皆さんはどうしてますか? 好みで何かをつけてもいいと思うけど、私は何もつけずにやります。もう塩は入ってるんでね。付け添えにした生姜の甘酢漬けと大葉が本当にいい仕事をしてくれる。ビールもいいが冷蔵庫で冷やした日本酒がいちばん合うと思う。いささかシメが進み過ぎているかも、でした。


【付記】
• 塩と酢のシメが進みすぎると身の全体が白っぽくなりますね。それもそれでいいのですが最上のしめサバは、やはり自分で作るべきなのでしょう。刺身でもいけるくらいのやつを塩でしめ、酢でしめて冷凍(寄生虫対策)します。この段階を踏むのが面倒で……自己流で大丈夫とは思うのですがやはり、ね。

ホタテ貝(小)の串焼き

20190414192239145.jpeg
先日、ウェブログでお付き合い下さっている方の記事で青柳(バカガイ)の串焼きを見た。これがもう、とてつもなく旨そうで、居ても立っても居られなくなってしまったんである。ていうか私ってば皆さんご存知のように単純バカでござんしょう、こういうのを見てしまったらもうダメなのである。

とにかく貝を喰わなくちゃ、できれば青柳があればいいな、とか思ってクルマに乗った。てかそうするしかないの。わかる? 広域限界集落(過疎地域)に住んでるとね、移動手段はクルマ以外にほぼなくて、最寄りのコンビニが車で25分って、なんなん(何なの)? はい、愚痴はもう終わりね。現実を受け入れましょう。

本当の最寄りで品揃えを期待できる〈いとく男鹿店〉に行ってみた。なるほど、たしかに貝はたくさんあるけど……青柳はない。生ホタテ貝は沢山あって魅力的なんだけど、今回は串焼きにしたいわけ。記事にあった青柳のむき身に近いものは、と物色していると、ホタテ貝で小さいのが目にとまった。すでに茹でてあって、そのまま食べられる、と。

あ、これいけるかも。難しい内臓とかなくて、そのまま串打ちしてフライパンで焼けばいいじゃない? そう思った瞬間、買い物カゴに入れていた。どうせ串焼きやるんなら、ネギもあったほうがいい。ネギのイカダっていうのかな、ただネギを串打ちして焼くだけなんだけど、なんかああいうのが好きなんだ。変かもしんないけど。

味付けはね、ほとんどしなくていいと思う。ホタテをキッチン紙で水気を取り、なにかそれらしい「つゆ」に浸けておくだけにする。もちろん、みたらし団子みたいな「タレ」があっても良いと思うし、そこは好みでいけば良いと思う。冷蔵庫にあった「昆布つゆ」をかけてしばらく放置しておく。

その間に白葱を切って串打ちし、フライパンで焼く。味付けは何もしない。適切に火が通った白葱は甘みさえ感じるもので、そこにホタテから出た汁を合わせるともう……それは好みですかね。白葱が焼けたら、次にホタテを焼いていく。そのままでも食べられるので、ここでは「軽く温める」ほどの感じでいいのではないかと思う。

でも、かなり軽く火を通したつもりでも、しばらく置いていると中から白濁した汁(おつゆ、ダシ、ジュース?)が出てくるんです。それはたぶんホタテのエッセンスなのでしょうね、そのまま味わってもうまいし、ネギと絡めて食べてもうまい。パスタに絡めると、それはもうたまらないんじゃないかな、アサリがそうであるように。

だけど、青柳は北の海ではとれないのだろうか。機会ある度に魚介系売り場をのぞいてみるのだが青柳を見ていないような気がする。ホンビノス貝という、わりと大きめの貝があったけどあれは美味いのかな。知らない貝や魚を食べるのはけっこう勇気がいるのだが、ホンビノス貝を試してみる価値はありそうだ。


【付記】
⚫︎ ベビーホタテ(ボイルした物)は思ったより良い素材でした。生のホタテ貝柱を蒸し焼きにしてうっかり火を通しすぎると、「えっ」というくらいおつゆが出るのです。その貝汁を味わうのが醍醐味なのですが、串焼きにするのなら、サッと火を通してから焼いたほうがいいのかもしれませんね。

じゃがビー「うすしお味」を食べてみた

20190225164210d84.jpeg
ウェブログでお付き合い頂いている方の記事を見て気になっていたのがカルビーの〈じゃがビー〉である。なんでも塩分がかなり控えめになっており、塩分摂取が気になる人でも安心して食べて良さそうなようだ。近隣の商店で見つけたので、早速買い物カゴに入れてしまったのだが、スナック菓子を買うのは久しぶりだ。

色んなタイプがあるようだけど、ここはやはり「うすしお味」一択でしょう。ただの「血圧高めの人」ではなくて「重度の高血圧症の人」なもんでして。どうでもいいことだけど〈Jagabee〉とあるよ? 〈Jaga〉とはジャガイモのジャガで、残るは〈bee〉なんだけど、それって昆虫のハチってこと?

なんでそんなことが気にかかるのか、自分でもわけわかんないね。大事なのは塩分だろうが。そこで成分表示を見ると、塩分相当量は1カップ40gあたり0.2gとある。これはかなりいけそうだぞ! だって全部食べても0.2gでしょう、変に高塩分なものを食べるより、じゃがビー2カップ食べたほうがいいんじゃね?

ちょっと待った! 塩分はOKとして、カロリーはどうなってる? 成分表に目を戻すと、熱量は1カップあたり233kcalとある。冗談じゃない、2カップやると466kcalとなって完全アウトでしょ? てか、そもそも紹介記事ではカップタイプではなくて、袋タイプだった。小さな袋5個入りになっていて、その一つを食べる、というものだったはず。

20190225164209d2b.jpegでもまあ、もう買ったんだし、1カップだけならギリセーフ(?)ということで食べてみますか。開けてみると、スティックタイプですね。同じスティック状でも練り上げて形成した〈じゃがりこ〉とは違ってジャガイモの皮が付いていますね。うすしお味とあるが、そんなに物足りない感じはなくて、むしろしっかり塩味がする、といえる。

〈じゃがりこ〉の食感も良いものだけど、〈じゃがビー〉のそれもなかなか捨てがたく、どちらかというと後者のほうがイモ本来の味を楽しむのに向いているような気がするし、前者はいろいろ練りこんで味のバリエーションを楽しむのに向いているように思う。本当に甲乙付け難く、あとは好みの問題ってことになるんじゃないかな。

さて後日、カップをやめて袋タイプのじゃがビーにしてみた。1袋16gあたりの成分を見ると、熱量93kcalで塩分相当量0.1gだった。これをね、2袋で止めておくんだったら常食してもOK? どうなのかな、結局はフライドポテトなんだから、やっぱ常食はまずいでしょ。そう思いながらも、ついふらふらと買ってしまうんですよね。


【付記】
⚫︎ 飲み始めのお供を何にするか、酒好きにとっては大事な問題なんです。とくにアテを作ってくれる同居人がいない人間にとっては。理想は「低塩分・高タンパク・低脂肪」でしかも「スナック感覚でですぐ食べられる」モノなんですが、そんな都合のいい食べ物があるんでしょうかね。

コンビニのコロッケパン

20190220161216787.jpeg
とあるホームページでニュース欄を見ていたら「手軽で腹持ちも十分*! コンビニのコロッケパン…」というのがあった。へぇコロッケパンね、と思って見てみると、なかなかの物ではないか。しかもいくら高くても200円以下で手軽に購入できて、そのうえカロリーもけっこうあって腹持ちがいいのだという。

でも秋田で高カロリーパンといえば「たけや製パン」の「小倉フォー」なんですね。男鹿温泉で働いていたとき、派遣の男の子が教えてくれたのだ。えっ、只野さん小倉フォー知らないんですか? ってびっくりされたほどで、秋田県民ならだれでも知っているソウルフード(?要確認)らしい。「県民ショー」に出るかも知んないくらいにね。

砂糖をたっぷりまぶしたデニッシュにアンコが入ったパンで、4分割できるのが名称の由来だと思う。130円くらいで購入でき、1袋あたり709kcalという驚くべき高カロリー食品である。怖くて(肥満系ね)食べたことはないが、ニセ秋田人としては小倉フォーがあるかぎり、コンビニのコロッケパンなど話にならないのである。

どうでもいいけど、べつに食べてやってもいいかな(なんか偉そうだぞ)と思わないでもない(ふつうに言えんのか)。買い物のついでに近隣のコンビニ店に立ち寄ってコロッケパンとやらを買ってみました。ローソンで買ったもので税込150円。コロッケを半分に切ったのをコッペパンに挟んであって、おまけに卵もついてますね。

これをですね、電子レンジでごく軽く加熱してやるわけです。そうしますと、これなかなかの食べ物でございますね。休日の昼など、これとビールで軽く済ませるってのも乙なものでござんすよ。どれどれ、成分を拝見しますと、熱量371kcalで、これはもうおやつ以上ですね。でも……塩分相当量2.3g……もう食べちゃったんですけど!

20190220161217c2e.jpegけどまあ、食べてみると、なるほど腹持ちはわりといいみたいである。塩分はともかく、低収入高支出の人間からすると経済的にはとても助かるわけ。何しろ社員食堂より安いんだからね。で他日、今度はセブンイレブンの「芳醇なソースで味わうコロッケパン」も試してみた。こちらは税込128円で、しかも熱量445kcalとある!

ローソンのみたいに卵は入っていないけど、コロッケ自体がとても大きい。これは、イモと油でカロリーを稼いでいるわけですな。芋のデンプンとパンでほぼ炭水化物のみ、しかもたっぷり油を使ってあるので健康的にはそんなに良くないだろうと思う。わかっちゃいるけど、便利なんでつい再利用してしまったよ。

* ここで「十分」を使うと、10分しかもたないのか(10分経つとお腹が減るのか)ともとれる。期せずしてダブル・ミーニングになっているわけで、同音異議や同訓異字が多い日本語では「あるある」な話である。

【付記】
⚫︎ コンビニのコロッケパン、なかなかのものでした。軽め昼食で済ませたい人にはお勧めでしょう。塩分控えめにしたい方は避けたほうがいいかもしれません。他に何も食べない場合はギリギリOK(?)でしょうか。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2019/06 (5)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)