FC2ブログ

キュウリとトマトのサンドウィッチ

201808031201216f9.jpeg
関西では食パンの4、5、6枚切りが主流だったように覚えている。食パンの4枚切りなんて分厚すぎて食えるかよ、という声が聞こえて来そうだが、その分厚い4枚切りをモーニングセット(トースト、コーヒー、ゆで卵とサラダ)で出す喫茶店がわりとあったのだ。今は喫茶店そのものが絶滅危惧種かもしれないけど。

育ち盛りの頃、5枚切りか6枚切りトーストを2枚食べていた。トースト1枚だけだと、何だか物足りないような気がしたのだ。そこに目玉焼きとかベーコンエッグ、サラダなんかを付けて食べるような高級なことはせず、紅茶とトーストだけの朝食だったからかもしれない。普通はどれくらいなのか、考えもしなかった。

トーストはいいんだけど、4、5、6枚切りでサンドウィッチを作ろうとすると、とても分厚くなりすぎるような気がする。だから、大阪の池田市に住んでいた頃(2011年6月〜2016年3月)、駅前のダイエー内のパン屋さんで8枚切りを注文していた。関西では8枚切りが袋に入って販売されていることはなかったのではないかと思う。

秋田に来てからしばらく会社の寮に住み、賄いご飯を食べていたので、スーパー市場に行く必要がなかったせいかもしれないが、パンの売り場に8枚切り食パンが袋に入って普通に売られているのを見て軽い衝撃を受けた。その代わり、4枚切り食パンは存在していないようである。これぞパンにおける東西文化の違いってもんだろう。

いま朝食はご飯と味噌汁が定番になっており、それで不満は全くないんだけど、流石に7月、8月は秋田でもやはり暑いわけですよ。朝ごはん食べるたびに汗をかくのもどうかと思う。味噌汁の具がなくなった頃合いをみて、サンドウィッチに切り替えてみたくなったんである。冷たい紅茶とサンドウィッチって、なんかいい感じじゃない?

というわけで8枚切り食パン、買って来ましたよ。マヨネーズとからしも忘れずに、と。マヨネーズはあまり使わないけど、サンドウィッチだけは別。レタスが好きだが、当地ではキュウリとかトマトを栽培する農家も多く、産直コーナーにもよく出ている。というわけで、キュウリとトマトのサンドウィッチ*にしてみた。

店で出すわけでもないんで、わざわざパンの耳を切ったりしませんよ。気になるカロリーはネットで調べると、8枚切り食パン一枚=132kcalとある。2枚なので264kcalになるが、いつも食べている米100gでは369.6kcalだから、マヨネーズを塗っても大丈夫と思われる。これで安心して朝にサンドウィッチを食べることができますね。

*キュウリのサンドウィッチといえばイギリスの「キューカンバー・サンドウィッチ」であろう。そしてトマトのサンドウィッチといえばアニメ版『あしたのジョー』で八百屋のノリちゃんがジョーの好物だから、とそれを差し入れしていた。両者に敬意を表してこのサンドウィッチにした。

【付記】
⚫︎ 西では4、5、6枚切りが主流ですが東では5、6、8枚切りなんですね。私としては8枚切り食パンがふつうに売っているというのは、とても都合がいいように感じました。

ただ、パン自体の品質はあまり感心しませんでした(た*やパンとか)。阪神間地域や神戸のパンのレベルは恐ろしく高く、一時そこに住んでいた関係でその味と質を知ってしまったら、もう仕方ないかもしれませんね。

スポンサーサイト

スイカで夏を堪能する

20180803102231c81.jpeg
スイカが好きな人には申し訳ないかもしれないが、私自身スイカに全くと言っていいほど思い入れがない。どうしても食べたい気持ちが起こらないから、自分からスイカを買おうなどと思わないのである。じつはスイカに限らず、果物を買う気持ちになれぬわけで、果物を買うくらいだったら酒を買ってらあ、となる。

男って普通そうだよね、などとうっかり書くと(ってもう書いてんじゃん)叱られてしまうようになった。果物を自分で買ってしっかり食べ、料理にも取り入れる今時のお洒落男子ではないし、そうなる気にもなれないのなら、古くてダサいやり方を通そうってわけですね。でも高血圧に効く果物があったら買ってもいいな。

そんな私だが目の前にはスイカが! もちろん買ったんじゃない、んなことするわけないじゃんよ。姉がね、持って来てくれたんです。荒地に車ごと突っ込んで廃車にしちまった哀れな弟を気遣ってくれたんですね。背中や肋骨の後遺症に悩まされてあ〜あ、また支払いが増えるじゃないか、と落ち込んでいたわけですよ。

もうね、冷蔵庫でキンキンに冷やしておいたのを切って皿に並べてみました。写真撮影をすませると、すぐにかぶりつきます。うむ、やはり冷えたスイカはうまい。姉は小玉スイカだと言っていたけど、皮が薄いのが特徴だろうか。よくあるスイカに比べて少し得した気分になるけれど、だからといって本当に白くなるまで食べる必要はない。

甘いことは甘いけど、純粋な糖度だけで計測したなら、この間食べたトウモロコシの方が甘いことになるんじゃないかな。だけど、モノには適切な糖度ってものがあるんだと思う。スイカってのはやはりこの程度の糖度で止めておくのが正解で、これ以上甘くなると食べ続けることができなくなってしまいそうである。

冷房なしで自然に通る風だけを受け、セミの鳴き声を聞きながらスイカをかじっていると、いかにも夏、って感じがしていいですね。そう、寒く長くて暗かった東北の冬を思い出すがいい。今こうして夏を感じながらスイカをかじっていられるのは幸せなことなんだぞ。東北(というか北国)の夏は短いのである。


【付記】
⚫︎ 日中死ぬほど暑くても、夜になると気温がグッと下がることもあるのが北国の特徴でしょうか。そしてそれがお盆を過ぎた頃から感じられ、短い夏の終わりを予感させるのです。

朝採れトウモロコシを食う

20180711102604cfc.jpeg
道の駅おがの産直コーナーで見かけたトウモロコシを買わずにはいられなかった。何せ「朝採れ」と書いてあった。朝収穫したトウモロコシが並んでいるわけで、鮮度は抜群。鮮度といえば魚ばかりが注目されがちだが、野菜だって新鮮なものがうまいに決まっている。でも、なんでトウモロコシ?

いやね、料理番組で「夏野菜特集」みたいなのをやっていて、トウモロコシだのズッキーニ、トマトなどが取り上げられていた。見ていると、トウモロコシがめっちゃ美味しそうなのである。自分ではトウモロコシなんてまず買わないんだけど、調理法もじつに簡単で、皮付きのまま電子レンジに放り込んで加熱するだけでいいんだと。

じつに素敵じゃありませんか。500Wで7分くらいでいいらしいので、700Wだったら5分ってところだろう。トウモロコシの皮が、ちょうどラッピング・フィルムの役目をしてくれるようで、本当に何もしなくて良い。テレビでも料理の先生が「今ではこうするのが理にかなっている」と言っていた。

電子レンジで加熱を済ませると、しばらく置いて少し冷ます。横に3等分で切り、縦に4等分に切る、と。途中で外れたトウモロコシの実を食べてみると、あ、甘っ! これは糖度がめちゃくちゃ高いですね。メロンとかスイカより甘いんじゃなかろうか。でも、トウモロコシって、こんなに甘いものだったかなぁ?

もうね、このままかぶりつくだけで十分おいしいんですが、むかし屋台で食べたみたいにですね、醤油の香りとか焦げ目がほしいわけですよ。なのでフライパンに実を下にして並べ、中火にして酒と醤油を同量入れる。まあ、どちらも大さじ一杯くらいでいいでしょう。醤油と酒は、トウモロコシがあっという間に吸収*してしまいますね。

20180711102443e5b.jpegなので醤油と酒はほんの少しにしておきましょう。好みにもよるが、トウモロコシの糖度が非常に高いので、砂糖やみりんは不要です。表面に美味しそうな焦げ目がついたら出来上がり。皿にこんもり盛って、写真撮影といきましょう。食べるときは、もう手で持ってかぶりつくわけです。たぶん、それが一番いい方法でしょう。

なんて甘いんだろう。トウモロコシは飼料になることもあるそうだけど、エサとしては極上だよね。トウモロコシとジャガイモは、度々人類を救ってきたそうだが、何だかよくわかる気がする。むかし食べた屋台のトウモロコシとは少し違う気がするんだけど……ていうか、朝採れのトウモロコシがあまりにも甘くて、美味しかったんだよね。

*実際はトウモロコシの実がしょうゆを吸収するのではなくて、実と実の間の隙間にしょうゆ(水分)が入り込んでいる。つまり毛細管現象によって「吸収」されたかのように見えているだけである。

【付記】
⚫︎ 朝採れトウモロコシ、極上でした。甘過ぎて、糖分の取り過ぎが心配になったほどです。旬のものですから、トウモロコシを見かけたら、また食べてやろうかと思っています。

天然近海の真鯛を食う

201806281046173a8.jpeg
某休日、所用でメルシティ潟上へ赴いた。ニトリに注文しておいたテレビ台を受け取り、ユニクロでエアリズムのノン・スリーヴシャツとかポロシャツ、ボーダーTシャツなんかを買って帰途についた。国道7号線から天王、船越経由のコースである。GoogleMapによると、この経路が最短なんだけど、同じ道の往復ってつまんないじゃん?

だから行きは男鹿半島の北岸沿い、国道101号線を走って県道303号に入り、若美経由で大潟村を横断して国道7号線に入るコースをとった。こっちの方が近いよ、という人もいるくらいだが、GoogleMapに嘘はなかろう。でもGoogleMap推奨の最短経路だと、信号機が無数にあるんですよね。で、北岸コース若美経由は信号機が少ないんです。

船越経由にするとアマノがあるから、ついでに寄っていくか、となる。男鹿に住んでいるんだったら、アマノに来たら大抵のものは手に入る。私の場合、北鹿の〈北秋田〉純米とか、ブラックニッカ・スペシャルだったりするんだけど、他では買えないわけですよ。イトク男鹿店とか脇本のマックスバリュにないものでも、アマノだったらあったりする。

で、ぼんやり買い物カゴをカートに乗せて歩いていたら、なんと、天然近海物の真鯛のサクが売られているではないか。最後の一つだったので、その場で思わずつかんでしまいましたよ。男鹿でも真鯛は揚がるんだけど、上物は温泉旅館とか、秋田市内なら大町あたりの料亭や料理屋に流れてしまうようで、スーパー市場に真鯛が並ぶことはないんです。

漁港が近い町に住んでいながら見逃しているだけかもしれないが、アマノに来るたびチェックしており、いつも見るのは養殖のタイ。この度、初めて天然で船川産の真鯛を見かけた。これはもう、買うしかないんだけど、タイにはあまり良い記憶がないんです。タイって、どちらかというと、弾力が強くて「かたい」ような気がする。

いつぞや神戸でタイの活け造りをご馳走になったけど、噛んだらゴリっとするし、油臭いような気もするし、あまりおいしいとは思えなかったのである。刺し猪口(さしちょこ)の醤油につけた途端、脂が広がるようだったら、腹側または養殖と思って間違いない。だいたい、脂が乗っている=美味しい、と思わないタチなのである。

2018062810461510f.jpegだからこそ、天然で近海物の真鯛を味わってみたい。小さめの柵ですね、だから250円なんですよ。小さいけど、平造りではやりたくなくて(硬いイメージがある)、削ぎ造りまたは薄造りでいきたい。なので薄めの削ぎ造りでいきました。醤油につけても、脂がパアッと広がらないのがいいですね。

ところで、今回のようにサクの腹側と背側が分離している場合は問題ないが、小物で腹側と背側が一緒になっているときは、真ん中に小骨が残っていることがあるので注意したほうが良い。手で触ってみると、小骨がある場合はすぐにそれとわかるので、骨抜きで除去しておきましょう。

食べてみると、うむ、うまい。予想していた硬さはあまりなく、ヒラメほどの甘さはないけれど、旨味はじゅうぶんで、これぞタイ、って感じでしょうか。本物のタイを食わず嫌い状態だった自分が情けないような気持ちもする。でも、言い訳させてもらえるなら、本当に良いタイって、滅多にない……ですよね?


【付記】
⚫︎ 男鹿でもトラフグが揚がるそうですが、聞くところによると揚がったらそのまま九州へ行って下関産として陸揚げ(?)するとか。雑魚フグでもあまり見かけませんが、男鹿産のフグを食べてみたいものです。

豚レバーの生姜焼き(原案:土井善晴)

20180624082656b04.jpeg
いま現在(2018年6月)テレビがないけれど、YouTubeとかGYAO!あたりで済ませている。それでけっこう事足りているのだが、職場でサッカーのワールドカップ予選の話題を振られて返答できずにいると、まともな人間ではないかのように受け取られてしまうのもいささか困りものである。

いや、私は一度だってまともな人間であった試しはない(おいおい)し、じつはテレビや携帯電話がなくてもビクともしないヤツなのである。でもね、せっかく新しい職場で働いてるわけですから、一応真人間のフリをしたほうがいいかも知んないの。たぶん手遅れっていうか無効だろうと思うけど、フリだけはしたいのよ。

だから今度こそテレビを買う。もうニトリでテレビ台を買ったんですよ。あとは本体を買ってですね、台の上に置くだけ。テレビはなくても困らないけど、あるとブラックアウトしたノート型PCのモニターとして使えるでしょ? 大型のテレビだと、老眼が進行した目にもいいってわけで、一石二鳥じゃありませんか。

この台詞は何度かウェブログに書いたので「またか」と思われるかもしれないが、今度は本気である。家のルーターにNASストレージを有線LAN接続し、androidスマートフォンにfoobar2000をインストールしたら、ちゃんと読み込んで再生してくれた。このNAS音源(FLAC)を、スマホのマイクロSDカードに移植するにはどうしてもPCがいるわけ。

あれ何の話だっけ? 本当はGYAO!で見た土井先生の料理を追試してみたのを書こうと思ってたのね。豚レバーの生姜焼きですよ。豚レバーを醤油で漬け込み、小麦粉をふって焼き、生姜・ニンニク・醤油のタレで絡めて出来上がりっていう簡単料理。土井先生はしゃべりも面白く、見ているだけで楽しくなってくるのがいいですね。

コツはね、なぁんもせんとほっとくことですわ、とか、ほら料理ってなんもすることあらへんでしょ、こないしてほっといたら自然と熱が入ってほぐれてくるんですわ、と関西弁が懐かしい。最近の土井先生はできるだけ簡単に、家庭でもできる方法でおいしいものを作る方向でなさっているので、横着者の私でも真似することができる。

しかも、土井先生はニンニクと生姜をちゃんとすりおろしているのに、チューブのニンニクと生姜でしれっと済ませる呆れたヤツである。まあ、そないしたかったら、しはったらええんですよ、と土井先生の流儀を勝手に解釈した結果とも言える。とにかく私は簡単かつ横着を極めたいわけではないが、「勝手にそないなりよる」わけでして。

はい、できました。じつに簡単、でもそこそこ(ここ重要ね)おいしい。生のニンニクと生姜をちゃんとすりおろせば、もっと香りも立って美味しくなるはず。なんでレバーかというと、ほら私、酒好きでござんしょう、うっかりして過ごしてしまうことが多々あるわけで。少し肝臓をいたわってやろうという寸法でござんすよ。


【付記】
⚫︎ 内容のない話題をどこまで伸ばせるかという試み、ではないんですけど……要は豚レバーの生姜焼きを作った、ってことだけですよね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)