卵丼を食う

Tamago_Donburi
昼食にレトルトカレーとか即席めんを食べることはよくあるけれど、何か別の物を食べたくなった場合、さくっと作ることができるのが卵丼(玉子丼)ではないかと思う。材料は米100g(炊いたら約220gのご飯になる。面倒くさい人はご飯パックでOK)、卵2個、玉ねぎ(一人分なら1/6カット)、めんつゆ(濃縮出汁つゆ?)などがあればいい。

本当は出来上がった所に三つ葉をトッピングしたいんだけど、そんな物、男鹿温泉郷にあるわけないでしょ? 「たかはし鮮魚店」(男鹿温泉郷に存在する唯一の食料品店)をなめんなよコラァ、という声が聞こえてきそうだけど、「たかはし」さんはどうも野菜の品揃えが今ひと……違う違う、「たかはし」さんは「鮮魚店」なのである。

電気鍋は一つしかないので、米から料理する場合、まず電気鍋で米を炊き、蒸らしている間に卵丼の具(?)を用意しよう。100円均一店で薄っぺらいカッティング・シート(簡易まな板)を購入したので、もう怖いものはないぞ! あ、だけどまだ、包丁がないので、大阪ガスの印が入った多機能ナイフでカットしていきます。

玉ねぎをカットしたら、電気鍋の「焼き(炒め)プレート」に投入し、めんつゆを入れ、加水して好きな濃度に調節しておこう。分量は「だいたい」とか「テキトー」でいいです。いわゆる「つゆだく」が好きな人は多めにすればいいだけの話。電気鍋を最大の火力にして玉ねぎを煮ていく。これも基準はなくて、シャキッとしたのが好きなら、短めに。

卵2個を器でほぐしていく。店の卵丼を思い出してもらえばわかるけど、わりと大雑把に混ぜほぐしている場合が多く、卵焼きを作る時みたいに黄身と白身を完全に均一化する必要はない。ですが、そういう卵丼があってもいいと思う。玉ねぎが煮上がったところに卵を入れ、弱火〜中火にして蓋をする。

卵に火を通すのも好みがあって、私は完全に固まる前の半熟状態でご飯にかけるのが好きである。うっかりすると、すぐ火が通って卵が固まりすぎになってしまうのでご注意を。家庭なら、お店で使っている専用の「丼用の卵とじ器」より、18cm口径のテフロン加工フライパンのほうがうまくいくと思う。

さて卵丼ができましたよ。でも、やっぱり絵に描いたように綺麗にはなっていませんね。半熟のつもりに仕上げたのですが、火が通り過ぎている。卵は半熟で、出汁つゆと卵が分離されている状態が理想なのだが、つゆに卵が混じってしまった。これは熟練の技が必要な領域ですね。素人ではなかなか、お店みたいには参りません。

久しぶりに卵丼を食べてみると……あっ、うんまっ! え、なにこれ、けっこういけてない? ていうか、ここだけの話、ウチの賄いより……というのもね、賄いの丼物は大人数分を大鍋で作るからどうしても卵が完全に固まってしまうわけです。一人前ずつ作った方が良いのは調理場の人もわかっているけど、仕方ないんですね。

というわけで、じつにテキトーに作った卵丼、猛烈な勢いでばくばく食べてしまったんである。これに具沢山の味噌汁があったりなんかすると、もう完璧、言うことありません。たぶんね、ふだん賄いばっかり食べてる反動だな、こりゃ。えっ、普段ロクなものを……って? いやいやいや、そんなこと、口が裂け……じゃなくて決してありませんよ。


【付記】
⚫︎ 久しぶりに食べた自作の卵丼、たいへん美味しゅう感じました。ウチの賄いがとても美味しく、かつ豪華で文句のつけようがないことはいうまでもありません。なら現物を見せてもらおうじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、そのような要望にはご期待に沿えない旨、どうかご理解のほど宜しくお願いします。
スポンサーサイト

電気鍋で炒飯もどき

FriedRiceE--Flyingpan
某休日、昼近くになって腹が鳴り出したので即席めんでも食おうか、と袋を確かめると、あれほどあった即席めんが底をついている。あれま、いつの間に、という感じである。何しろトップバリュの5個入り袋麺を4種類買い込んでおいたのだ。4種類とはもちろん、醤油、味噌、塩、とんこつ。

全部食べてみて、良かった順にあげると、醤油、塩、味噌、とんこつだろうか。醤油は間違いない感じで、塩はあの有名な製品には届かぬかもしれぬが健闘している。味噌はもっと味噌っぽさとか深みがあればなあ。とんこつは、粉末スープと調味油が付属しており、調味油に「とんこつ臭さ」が凝縮しているけど、スープ自体が……ね。

即席めんがなくても騒ぐ必要はない。米100gを炊いて食品用透明フィルムで包んだものが保存してあるのだ。あれを使って、何かすれば良いではないか。あっ、レトルトカレーもないんですけど! え、そうなの? 8個も買ったのに? てか、あんた、どんだけ即席めんとレトルトカレーに頼ってるんだよ。

そっか、じゃもう、しそわかめとご飯、味噌汁といくか。だけど休日である、なにかこう、昼ビールでもいきたいじゃん? ご飯とふりかけ、味噌汁ではちょっとねえ。そうだ、以前「たかはし」さんで買った「五目チャーハンの素」があったんじゃないか? テーブルの上に重なった幾多の書類に埋もれて、それは確かにあった。

では、電気鍋を使って炒飯と参りましょうか。材料は米100gを炊いたもの(なければご飯パック)、ゴマ油、卵、ネギだけ。五目チャーハンの素に裏面には作り方が書いてあるけど、面倒臭いので全て混合して一気に炒めてしまおう。冷蔵(冷凍)庫からご飯を取り出し、電子レンジで温めて(または解凍して)いる間に用意する。

と言っても、卵1個(リッチに行きたいときは2個)をボウルに溶きほぐし、チャーハンの素を入れ、ネギも刻んで投入するだけ。最後に粗熱の取れたご飯を入れてよくかき混ぜる。ちょうどご飯用しゃもじがあったので、それでかき混ぜた。電気鍋にゴマ油を入れ、火力を最大にセットして、鍋がある程度熱せられるのを待ち、投入する。

後は、ご飯しゃもじとかターナーで時々すくってはひっくり返してやるのをくりかえすだけ。取っ手がないので「鍋振り」はできない。卵かけご飯を炒めていく感じなので、初めは「大丈夫だろうか」とか思ってしまうが心配はいらない。テフロン加工の製品なら、新しいうちは滅多にくっついたりしない。

もうね、パラっとした炒飯とか考えず、なんかテキトーに混ぜているうちに卵が固まり、だんだんそれっぽくなってくるのね。強火で一気に、というのは理想だけど、それができない環境だったら、それなりにやり方を変えて対応すればいい。火力が弱い電気鍋でも、炒飯もどきの物なら作ることができるってわけ。

さて料理(と言えるのか?)ができましたよ。もう面倒くさいので皿に盛らず、そのままスプーンで食べる。でね、これ、私だけかもしれないんだけど、けっこうビールに合うんです。熱のおかげ(?)か、終わりのほうはパラっとしていました。いや、これ本当でしてね、決して見栄を張っているわけじゃあござんせんよ。


【付記】
⚫︎ 「五目チャーハンの素」は永谷園の物を使いました。この手の商品を使うのは初めてですが、なかなか便利でした。お味のほうは、一切調味料を加えず、悪条件での調理ですので、そこそこの物でした。誇張表現をわりと好んで用いる乙山ですが、いくらなんでも……ね。

味ぽんを見直す

Ajipon
関西人はおおむねソースとかぽん酢の類が好きである、と書いてもそんなにお叱りを受けることはないと思う。ウスターソースだけでもかなりの種類があり、さらに焼きそば、お好み、たこ焼き、とんかつ、など用途別に幾多の種類がある。また、関西地元の小さなメーカーのソースや、広島のオタフクソースとか東のブルドッグソースまである。

関西におけるスーパー市場のソース売り場はまさに百花繚乱のごとくだが、私はどういうわけか自宅(自室か)にソースを置いていない。職場の賄い料理でもわりと揚げ物、フライがよく出るが、たいていそのまま食べる。同僚には不思議がられるけど、ソースがなかったら死ぬわけでもあるまい。どう見ても関西人失格の男である。

そんな私だが、ぽん酢は大好きである。さすがに飲んでもいいくらい好き、とまではいかないけれど、鍋でぽん酢が薄くなったら豆腐などと一緒に全部口に入れてしまっても平気だ。冗談で、毎日鶏の水炊きでも良い、と言うと、飽きないですか、とよく言われるんだけど、たぶん飽きない予感がするのもぽん酢のおかげと言える。

ぽん酢ではてっちり(フグ鍋)、てっさ(フグ刺し)、または水炊き用で、つけて食べるタイプの「濃くて酸っぱいぽん酢」がいちばん好きかもしれない。柚子胡椒を知ってからは、ソップ炊き(寄せ鍋)にして、出汁に柚子胡椒を溶いて食べるのも好きになった。そこにタバスコを振ってレモンを絞り、ほんの少しぽん酢を垂らして食べるのが乙山流つけダレ(?)である。

製造者で大別すると、ぽん酢は三種類ある。醤油屋さん(亀甲萬、ヤマサなど)、お酢屋さん(ミツカンなど)、そしてぽん酢専門メーカーが作ったものではないかと思う。関西では最後のぽん酢専門メーカーのものに人気があって、「ぽん酢は**でないとダメ」という人も多い。少々高いけど、ファンになってしまうのもわかる気がする。

調理場の人がいない(1〜3月上旬)関係で、週末の夕食に鍋をすることが多くなった、ていうか、それしかする気が起きないから鍋ばっかり食べているけど、不思議と飽きることがない。粉末昆布と柚子胡椒があると、安心して水炊きができるのだが、ないのでヒガシマルうどんスープを使った寄せ鍋(具材は少ないけど)を作る。

ヒガシマルうどんスープである程度の下味は付いているので、器に取ったらぽん酢を少し垂らして食べる。醤油屋さんのはさすがに醤油の味が生きているなあ、とか、お酢屋さんのは柑橘系の香りが強くて良いねえ、などと些細な「ちがい」を楽しんでいると、いつの間にかぽん酢がなくなってしまった。

さて、どうする? って、近所には「たかはし鮮魚店」しかないのである。まさか、「あのう、ぽん酢を買いたいんで、車貸してもらえませんか」なんて会社に言えないでしょ? どうしても、の緊急事態でもない限り、私用で会社の車は使えないのだ。だったら「たかはし」さんに行ってみるしかないっしょ。たぶん、あるかも。

で、行ってみると、〈味ぽん〉しかなかった。なんだ、味ぽんか……と一瞬思ってしまったけど、それしかないんだから仕方がない。これ、自分で買った記憶ないんですよね。いつか、どこかで使ったかもしれないが、美味しいと思った記憶もないし。関西にいれば、もっと良いぽん酢はいくらだってあるので、つい……ね。

あまり期待もせず器に取って垂らして食べると……あ、意外と、ていうか、けっこういける? うそっ、もう一度食べるね……あれ、普通においしいわ、これ。もっとダメかと思っていたけど、醤油と酢がじつに「良い加減」にブレンドされている。確かに柑橘類の際立った香りとか、生醤油の旨みが、とかいうリッチさは全くないけど、これはこれでいい。

この懐の深さは何だろう? 例えば醤油の旨味が足りないんだったら、それなりの醤油を後から加えれば良いし、柑橘類が欲しければ、すだち、柚子、レモンなどを絞れば良いわけである。好みはそれぞれあると思うけど、とりあえずぽん酢一本で済ます、できれば安ければ安いほど良い場合、味ぽん以上のものがどれだけあるか、逆に考えてしまいそうになる。

しかも安いところが良い。庶民というか貧民の味方、ケチらずドバッとかけても許されるような気安さがあって、とても使いやすい。高級ぽん酢なら、こうはいかないものだ。もっと前から使ってもよかったんじゃないか、とも思う。でもこれは、今になって初めてわかるようなことなのかもしれない。ミツカン味ぽんをちょっと見直した。


【付記】
⚫︎ 味ぽんって、こんなに美味しかったっけ、というのが正直な気持ちでした。確かに、もっと良いぽん酢はいくらでもあるのですが、期待以上だったのです。食べるときに、それが想像以上だったら、何だか嬉しくなってしまいますが、実際は「それほどでもない」または「そんなにおいしいの?」くらいではないでしょうか。

ラーメン+漬物=秋田流?

秋田に来て間もない頃、JR秋田駅周辺をよく歩いた。知らない街を歩く時、なぜか酒屋と中華料理店、そして蕎麦屋を探してしまうのが癖だけど、秋田市民市場の周辺に中華料理店やラーメン屋がわりとあって、気に入ったのを覚えている。7月の終わり頃だ。水面いっぱいに蓮で埋め尽くされた池があり、その裏側には学校と立派な図書館がある。

某日、西武百貨店が入っている商業ビルに入り、涼をとりながら昼食を済ませることにした。飲食エリアに赴き、いつものやつが食べたいなあ、と思ってラーメン店に入った。たしか〈南秋ラーメン〉という店だったと思う。残念ながらラーメンと炒飯のセットはなかったけれど、ラーメンといなり寿司のセットがあった。

ラーメンといなり寿司か……なんか妙な組み合わせだな、いなり寿司の相手はうどんかそばじゃないのかな、とか思ったけれど、まあいいか、ということでそのセットを注文した。しばらくして料理が来ると、醤油ラーメンの横にいなり寿司があって、いなりには生姜の甘酢漬けが添えられている。

そこまではいいのだが、もう一つ小さな器があって、そこには漬物が入っているのだ。はてね、これ、どうやって食べるんだろう? ていうか、何に合わせて食べるんだろうね? このセットにはいなり寿司があるけれど、それは生姜の甘酢漬けで完結している。つまり私にとって、漬物は合わせる相手がない余計なものに思えたのだ。

ラーメンに漬物があり得ないわけではなくて、キムチとか大根キムチ(?)はラーメンと一緒に食べても不思議ではない。九州ラーメンに高菜漬、紅生姜の組み合わせもある。それらはもはや「普通」として受け入れられていると思う。だけど、ごく普通の菜っ葉の刻んだ漬物をラーメンと食べることって、あまりしないんじゃなかろうか。

これが秋田流なんだろうか。どうやら不思議に思っているのは私だけで、周囲の人たちは何もなかったかのように静かに食べている。だけど、何に合わせて、いつ漬物を食べるのか、どうも気になって仕方がない。ちょうど、隣に若い男性が座っているので、彼がどうやって食べるのか、ちらっと観察させてもらうことにした。

彼はなかなか漬物に手を出さない。私もさり気なくゆっくり食べながら、その瞬間を逃さぬように心を引き締めて見守る(?)。おおかた麺を食べ終わった頃、彼はおもむろに漬物の器を左手に持ち、まるで流し込むみたいにガッと一気に漬物だけを平らげたのである。ウワォ、そう来るか! ていうか、そうするものなのか!

その出来事は印象に残っていたので、ある日、秋田人の同僚たちに事の顛末を話し、どうですか、ラーメンに漬物って秋田では普通なんですか、と訊いてみた。すると、若い女性が「ラーメンと一緒に漬物、普通に食べますよ」というではないか。中年男性も「俺もラーメンと漬物、普通に食べますよ」と。

一応念を押して、いやこの場合ね、ラーメン屋さんによくあるキムチとかじゃなくて、ごく普通のタクアンとかみたいな漬物ですよ、本当に? というと、彼らはやはり「そうするのだ」と断言した。そうなのか、これで疑念が晴れたというか、一つの謎が解けたような気がした。ラーメン+漬物=秋田流(?)なのである。


【付記】
⚫︎ いやあ、すっきりしましたね。ただ、サンプルが2名で決めつけるというのもどうかと……あ、それでね、漬物をどうやって食べたかっていうと……残しちゃいました。ネットで調べてみると、ラーメンに漬物を添えて出す店がいくつか存在することがわかりました。なのでラーメン+漬物=秋田と決めつける必要もなさそうです。


卵かけご飯

RiceWithRawEgg.jpg
卵かけご飯。だれもが食べたであろう昔からある食べ物で、ご飯と卵と醤油があれば成立するので手軽にできて、しかもなかなか美味しい。すでに旅館や民宿における朝食の定番となっており、外食チェーン店〈すき屋〉では「卵かけ定食」として朝食メニューになっている。近頃では外国人観光客にも人気があり、なんとTKG(Tamago-Kake-Gohan)などと呼ばれているようだ。

要は「ご飯に生卵と醤油を混ぜるだけ」なんだけど、そのまぜ方、食べ方が色々あるようで面白い。まず考えられるのは、ご飯の中心部に軽いくぼみをつけて(つけなくても)、そこに生卵を落とし込み、醤油をかけて全体を混ぜるやり方ではないかと思う。おそらくもっとも簡単で、多くの人が採用しているのではないかと想像する。

だがこれだと、白身と黄身の混ざり方が不十分で、どうしても白身の塊がそのまま「ずるっ」と口に入ってしまう時がある。それが嫌いだ、という人と、それが好きなんだ、という人にはっきり分かれてしまいそうな感じがする。白身もそのままなら、黄身の濃厚さもそのままなので、黄身のおいしさを味わうには一番いい方法かもしれない。

次に、別の容器に生卵を割り入れ、箸で黄身と白身をかきまぜ、そこに醤油を垂らしてご飯にかけ、全体を混ぜて食べるやり方も、わりと採用している人がいるのではないかと思う。この方法で白身と黄身をしっかり混ぜてしまえば、白身がそのまま口に入ってくることはない。白身の塊が苦手な人はおそらくこのやり方をしているだろうし、潔癖な人は「カラザ」まで取り除いていそうだ。

この方法の難点(?)は、やはり黄身と白身を均等に混ぜ合わせるのが難しい所ではないかと思う。白身が苦手な人はどうしても長めに混ぜてしまいがちで、それは所作として美しいかどうか、ということだ。ネット上で「黄身と白身を均等に混ぜるには、箸で白身をつまんで持ち上げるようにして塊を寸断してから、黄身と混ぜるようにすると良い」とあるのを見たけれど本当のことである。

これは上記二つのやり方どちらにも言えることだが、醤油の分量を一発で決めるのは意外と難しいのではないか。多少入れ過ぎても食べられるから問題はないが、塩分のとりすぎを考えると醤油をどぼどぼやりすぎるのは考え物。醤油を入れて全体を混ぜると、茶色の食べ物となって色彩的にもいま一つではないかと思う。これは個人的な感想なので、ちょっと行き過ぎているかもしれない。

そんなわけで、自分は白身と黄身を混ぜたものをご飯にかけて混ぜ、「黄金飯」(?)を作っておき、そこに食べる分だけ醤油をちょっと垂らす方法を採用している。まあ、単なる自己満足にすぎないんだけど、最後まで綺麗な色で、塩分のとりすぎに注意しながら食べることができるのではないかと思う。念の為に書いておくが卵かけご飯の「正しい」食べ方など存在しないので、くれぐれも噛みつき無用でお願いしたい。


【付記】
● 卵かけご飯。しょせんB級グルメと考えられている食べ物ですが、もしも米、卵、醤油を(できれば水も)それぞれしっかり吟味し、炊きたてご飯でやったならば、かなりA級グルメに近付くことができるかもしれませんね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)