コエドビール 紅赤(べにあか)

Coedo_Beniaka.jpg
近頃はネット通販で買い物をすることが増えてきた。本(または電子書籍)やCDもそうだし、大きく重たい製品はついネット通販になってしまう。酒類も今ではビールを通販で2ケースまとめ買いするようになってしまった。ウィスキーも目当ての品物が近所の酒店とかスーパーマーケットなどに置いてないこともあり、これもネット通販。

せこい話かもしれないが、どうせネット通販で買うのならポイントとやらがたまるのがよかろうと、ついR天市場ばかり利用することになりがちだ。R天市場のほうでも「あなたは現在**会員で、**会員になるためには云々」と、購買を促すような仕組みになっている。やれ金会員だの白金会員だのと言われても、中身は変わらぬ体たらくのはずなのだが、いつの間にか乗せられているようで苦笑いしたくなる。

「ポイント山分け」だの「エントリーでポイント**倍」だのやかましく、そのようなわずらわしい手続きはほとんど無視しているはずなのだが、どういうわけか「期間限定ポイントの有効期限が云々」というメールが来ていた。見るとどうやら月末で4000ポイントが消失するという。いや本当、どこでどうやって4000ポイント入ったのか全く覚えがないのだが、これはちょっとしたものではないか。

前から欲しいと思っていたニコンとかキャノンの高性能小型デジタル写真機の中古の出物があったらいいなと「中古市場」を探してみた。ファインダー付きで、絞り優先AEが使えるものが欲しかった。それを使ったからといって写真の腕が上がるわけではないし、ウェブ掲載用だからそれほど高画質でなくてもよいのもわかっている。それらをすべて承知でも、つい買ってみたくなるのがカメラというもの。

ところが「確定した段階でポイントが消失している可能性があります」などとあるではないか。もうおわかりだと思うが、先月(2012年9月)の末日は日曜日だったんです。ネット商売とはいえ、日曜日は営業をしていない店も多く、日曜に購入ボタンを押したとしても正式に受理されるのは月曜日以降になり、その時点でポイントは消えてしまっているというのだろう。

これではまったく意味がないので、「土日営業」かつ「カード即決済」の店に限定して商品を探すことにした。そんなドタバタ騒ぎの末購入したのが「コエドビール詰め合わせセット」である。3種類12本セットで5000円の商品だが、4000ポイントすべて投入したのでカードで落ちるのは1000円だけということになった。なんだかショップに申し訳ないような気がしないでもないが、このあたりの仕組みはじつのところよくわからないのである。

コエドビールは地ビールの一つで、同封されていた紙片を見ると「江戸の台所として栄えた埼玉県川越、通称『小江戸』。この伝統の地で培われた素材にこだわりぬいたビールです!」とある。ウェブログ関係でお付合い頂いている東京の方がコエドビールを紹介されていたこともあって、飲んだこともあるので安心して購入に踏み切れた。

さて今回は「紅赤:べにあか」「瑠璃:るり」「漆黒:しっこく」とあるうちから「紅赤」を飲んでみた。これは副材料にさつまいも(川越産の金時さつま芋 紅赤)を使っているという珍しいビール。赤みがかった琥珀色が何とも美しく、光を透過させてグラスを傾けているとついつい見とれてしまうほどである。アルコール度数は高めだが、日本の酒税法上では「発泡酒」に分類されるとのこと。

そうかさつま芋か、と思って飲んでみるが、さすがにさつま芋だとはっきりわかるような味わいではない。さつま芋だと知らされずに飲んだらそれとはまったくわからぬように仕上げられているのではないだろうか。なるほどホップの苦みは抑えられており、ほのかな甘みが感じられるあたりにさつま芋を思わせる何かがあるようだ。うまくできているじゃないか、と思わず感心した。

休日の昼、このコエドビール「紅赤」を胡瓜の浅漬けで楽しんだ後、にんにくとオリーヴ油、唐辛子のスパゲッティ(アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーニ)とハイネケンでしめるという寸法。えっ、飲み過ぎではないかと思う向きもあるかもしれないが、ビール好きから言わせると350mlを2本なんて、ほんの序の口ですよ。ビール好きの人なら、1000mlくらいは飲むのが普通じゃないかなあ。あっ、ちがいました?

それはともかく、コエドビールはなかなか良くできている。我が家の定番は銀河高原ビールの「小麦のビール」で、いつも2ケースまとめ買いしているほどなんだけど、価格面でもう少し安くなったとしたら、それを脅かすようになるかもしれない、出来のいいビールだった。


【付記】
● コエドビールもおいしいけれど、エチゴビールもなかなかいいものです。この調子で、もっと日本のビールが面白くなればいいなと思います。今までが独占体制だといってもいいくらいのものでしたからね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト

エチゴビール ビアブロンド&ホワイトエール

EchgoBeer_BeerBlonde.jpg
世の中にはいかなる場面においても自分はビールしか飲まないという徹底したビール党である、という人が存在する。かなり以前に飲食店でアルバイトしているとき、そのような人と知遇を得る機会があって、飲みに連れて行ってもらったことがあるけれど、その人はやはり本当にどの店でもビールを飲み通していた。そんなに水っぽいものばかり飲んで大丈夫なのかと思ったが、本人はいたって平気だった。

さすがにそれほどではないかもしれないが、私(乙山)もまず最初の一杯はとなるとビールを必ず飲むようにしているので、ビール好きの端くれくらいにはなると思う。ビール好きと言ってもいろいろあって、これと決めたらいつもそれにするという人もいれば、いろんなビールを飲んでみたいという人もいて様々だ。私はどちらかというと後者の部類に属するのではないかと思う。

規制緩和とやらが進んだおかげで、それまで巨大醸造所しか生産が許されていなかったビールが、小規模の醸造所でも生産できるようになり、いろいろなビールが飲めるようになった。これはいろんなビールを飲んでみたいと思っている者にとっては願ってもないことで、日々ささやかな幸せを感じている次第である。

さてそんなわけで休日ともなれば変わり種ビールを仕入れに近所のスーパーマーケットやら酒の量販店に自転車を走らせているのだが、そのうちの一軒が新装開店している様子である。全く新しい店になったかと思いきや、系列店をやめて直営店にしただけのようなんだけど、見れば結構な種類の酒や食品を扱っているではないか。

EchigoBeer_WhiteAle.jpg本坊酒造の〈マルスウィスキー〉や江井ヶ嶋酒造の〈ホワイトオークあかし〉もあるじゃないか。もう品切れかと思っていたのだが、この日のためにとっておいた、ということなんだろう。そしてビールのコーナーを見ると、ハイネケンのダークなんてのもあるし、日本の地ビールも何種類か置いてあるのを発見。その中で興味を持ったのが〈エチゴビール〉である。なんでも日本の地ビール第1号とかで、四種類のビールが揃っていた。すかさず全種類、買い物籠に入れていましたよ。

そんなわけでまずは〈ビアブロンド〉。上面発酵とか下面発酵など詳しいことはわからないけれど、とにかく香りがいい。色もブロンドと命名されていることからわかるように輝くばかりの黄金色である。これはいいビールだなあ。1缶280円と大ブルワリーのビール(実勢価格200~220円前後)に比べると少々お高いけれど、地ビールの相場からするとかなり頑張っているんじゃないかと思う。

他日(というか翌日。じつは5月の黄金週間の話です)、〈ホワイトエール Weizen〉を飲んでみた。ヴァイツェンとあることから、南ドイツで造られている白ビールを模したと思われるが、グラスに注いでみるとなるほど白っぽい。飲み口もホップの苦みを抑えてあり、果実を思わせる風味が感じられる。これは飲みやすいビールで、ビールのあの苦みがちょっとねえ、という方にも受け入れられやすいビールじゃないだろうか。

とりあえず二種類の〈エチゴビール〉を飲んでみたが、どちらもなかなかよくできている良いビールだと感心した。どこにでも置いてあるわけではないことと、値段が少々高いことがネックになっていると思うが、ネット通販で直売しているようだし、手に入らないわけではないだろう。同じ種類の24缶箱入りもいいけれど、6缶×4種類の詰め合わせセットなどを用意してくれたらなあ、と思う。


【付記】
● 旅行に行ったときなど、とにかく地ビールを見かけたら飲むようにしています。たいていの地ビールはおいしいと思いますが、どうしてもまた飲みたくなるというほど印象が強く残った地ビールはそう多くはないのです。
乙山がやみつきになってしまった地ビールは〈銀河高原ビール 小麦のビール〉で、〈エチゴビール〉もなんだかそんなふうになりそうな雰囲気を持ったいいビールです。

銀河高原ビール三昧

GingakogenKomugi_2010_11.jpg
休日の昼食にどんなビールを飲もうかとあれこれ考えるのがちょっとした楽しみである。いつも飲んでいるビールでも十分おいしく、もうそれ以上美味しいビールを飲む必要は全くないとわかっているのだが、いつもと少し違うビールを飲む楽しみはまた格別なのだ。そんなとき、まず選ぶようにしているのが銀河高原ビール。

もうかなり以前になるのだが、はじめてその名前を耳にしたとき、なかなかいい名前だなと思った。そしてボトルのデザインの良さに感心した。それまで茶色一辺倒だった日本のビールだが、銀河高原ビールは濃い紺色(コバルトブルー? ウルトラマリン?)のボトルに、鹿が星空のもとを駆けている絵の美しいラベルだった。そしてグラスに注がれたビールの色もインパクトがあった。

ビールと言えば透明で黄金色というイメージがあるが、「銀河高原ビール 小麦のビール」の色は不透明な淡い黄色、とでも言えばいいのだろうか。ふつうは濾過してしまうビール酵母が、銀河高原ビールのボトル(缶)の中で生きているのだという。だから独特の色と味わいが生まれるわけで、私はそれまで流通していたビールと全く違う銀河高原ビールのファンになってしまった。

いつもは「小麦のビール」だけ販売されているのだが、今回は「ペールエール」もあったのでついでに買ってきた。今日は銀河高原ビール三昧じゃ! というわけで「小麦のビール」を飲む。ううむ、やはりうまいなあ。何にも言わずに「これ、ベルギービールなんだよね」などと言って出してもだれも疑わないのではないかと思う。それくらい個性の強い、日本では希少で稀有なビールだと思う。

GongakogenPaleAle_2010_11.jpgさてもう一つのビールは「ペールエール」である。「エール」とは英国の代表的なビールということで、「Bass Pale Ale」などを見かけた方も多いのではないかと思う。エールは上面発酵ビールで、日本でよく飲まれているラガーは下面発酵タイプのビールだそうだ。色は少々濃いめの琥珀色で、これがまたいい雰囲気を醸し出している。

「小麦のビール」が苦みを抑えたフルーティなビールだとすれば、「ペールエール」は苦みをわりと効かせたタイプのビールだと言えるだろう。だが、苦みばかりが際立って香りが少ないタイプのビールとは違って、ほのかな甘みや香りがきちんと感じられるのがうれしいところ。琥珀色の秘密は、焙煎したモルトを使っているからだそうだ。

本格的なドイツ式の醸造法を模索している同社としては、英国式のエールの醸造をするのは不思議な話だが、同社ホームページによると、日本ではドイツ式のラガービールが普及して英国式の「エール」はほとんど飲まれなくなったわけであるが、日本のビールの先駆けは英国式のエールだったという。

そういったことを考慮してこその「エール」というわけで、どうせ醸造するなら違ったコンセプトのものをやろうじゃないか、という同社のビール造りに対する情熱が感じられるビールだと思う。いや、なかなかおいしいビールですなあ……というわけで、そんなふうにして休日は「銀河高原ビール」三昧で過ごしました。


【付記】
● ちなみに銀河高原ビールには「ヴァイツェン」というシリーズがあります。ヴァイツェンとは小麦(weizen)のことだそうで、同社によると「『小麦のビール』シリーズのさらにプレシャスなバージョンとして、『ヴァイツェン』シリーズをご用意しています」とのこと。他に期間限定醸造品の「白ビール」というのもあるそうですが、今回は残念ながらその二つを飲むことはできませんでした。

シメイ・ブルーを飲む

Chimay_Blue.jpg
以前シメイ・ルージュ(レッド)を買ったときに、隣にシメイ・ブルーがあるのを確認済みである。あそこにあるんだな、と安心してしまうと、どういうわけか急いで買う気がなくなってしまう。これは本当、どういう心理が働いているのかよくわからないのだが、つくづく不思議(というか勝手)なものだと思う。そのくせ、面白いビールがない、ビール売り場はつまらん、などと思うことが多いのだ。

10月某日、仕事は休み。こういうときはだいたい、昼間から飲んでいる。いやあ、昼酒というのがまた、旨いのである。土・日・祝に仕事が入ることが多いせいか、昼食のときにビールを飲んでいる人をよく見かける。中華料理店で餃子とか焼きそばをつまみながらビールを飲んでいるのを見ると、本当に幸せそうだ。別にそのときの恨み(?)を晴らそうというのではないけれど、休日は昼から飲むことが多い。

今回はシメイ・ブルーがもう買い込んであって、冷蔵庫で冷えている。明日はシメイ・ブルーを飲もう、と昨日から楽しみにしていたのだ。シメイ・ブルーはベルギーのシメイ地区スクールモン修道院で醸造されたトラピストビール。黄金色の普通のビールと違って、何か香辛料や果実を加えているようで、独特の風味とこくがある。

とくにシメイ・ブルーはボトルにヴィンテージ(製造年)が記載されていて、いつ醸造・瓶詰めされたものか一目でわかるようになっている。ちなみに私(乙山)が飲んだのは2010年のヴィンテージである。おそらく酵母がまだ生きていて、瓶詰めされた後でも醗酵とか熟成が進むのだろう。そのため瓶内には「滓」のようなものができ、透明感はない。ビールは透明でないと、という人には受けないビールかも知れぬ。

開栓してグラスに注いでみる。泡立ちがよく、しかもきめが細かい。ビールの色はかなり濃いのだが、黒というよりは赤みがかったワインに近い色といったほうがいいかもしれない。飲んでみると、かなりこくのある味わい。ごくごくっと喉越しを味わうタイプのビールではなく、少しずつちびちび飲むのが似合っているような感じだ。数種類の香辛料や果実を使っているようで、なにがどう、と表現するのは難しいが、「芳醇/豊潤」な香りとこくがある、いいビールだ。

この濃厚な味わいは、いつ飲んでもいいのだろうけど、私の個人的感想では夏よりは秋、冬向きのビールじゃないかと思う。それも冷蔵庫できりっと冷やして飲む必要はなくて、常温で、食後にチーズなんかをつまみながらちびちび飲んで談笑するのに似合っている感じだ。料理と合わせるなら、やはり濃厚な味のものがよくて、たとえば牛肉の赤ワイン煮なんかとばっちり合うんじゃないだろうか。そうそう、このあいだフィレステーキを食べたんだけど、そういうときにこそ、シメイ・ブルーがふさわしい。


【付記】
● ここぞ、というときのシメイ・ブルー。ふだん飲みつけるにはちょっと濃厚すぎる感じです。ふだん飲むとしたら乙山はシメイ・ルージュを選ぶかなあ。せっかく違うビールを作るんだから、コンセプトをはっきり分けたほうがよい、これはわかりやすくてよい醸造態度(?)でしょう。

ハートランドビール

HeatlandBeer1.jpg
ビールだったら何でもいいではないか、という気持ちもわからぬではないが、多くの店にキリンラガーとアサヒスーパードライしか置いていないという状況を残念に思う者である。ファンの方には申し訳ないが、キリンラガーは苦味を感じるだけで香りがないように思う。アサヒスーパードライもあまり好きではない。端麗辛口などとまるで日本酒の宣伝文句みたいで、料理の味を引き立てるビール、ということなんだろうけど、料理もおいしく、ビールもおいしく味わいたいものである。

そういう観点からすると、料理よし・ビール(酒)よし・値段よし、の三拍子そろった店は本当に珍しいのではないかと思う。まず料理ありき、の店は酒にあまり関心がないことが多いようだ。ビール醸造会社直営系の、旨いビールまずありき、の店はビールには満足できるがどこにでもあるわけではないし、値段も高めのことが多い。理想の店は店主=料理人が自身でも酒好きで、うまい酒と料理に考えが及び、なおかつ客の懐にも思いが及ぶような店なんだろうけど、そういう店はめったにないように思うのだ。

そんなわけで(本当は主に経済的理由からなんだけど)家飲みが非常に多い私である。好きなビールや日本酒、ワインなどを買っておいて、それに料理のほうを合わせればいいのだし、適合範囲の広い酒を買っておけば、料理はまあ、何だっていけるというのが本当のところではないだろうか。家でなら、少々高いビールであっても経済的打撃は大きくないと思う。

HeartlandBeer2.jpgで、今日は「ハートランドビール」。
先にキリンラガーの悪口を書いてしまったが、これは麒麟麦酒株式会社が出しているビール。たしか1980年代の中頃から目にして、飲んでみておいしかったのでファンになった。考えてみると、麒麟麦酒株式会社はハイネケンをライセンス生産できる大ブルワリーなわけで、おいしいビールを造ろうと思ったらいくらでもできるはずなのだ。なのになんでキリンラガー……ってもう止めよう。ぐちゃぐちゃ文句ばっかりゆうとらんで、あるもん飲んどいたらそれでええんじゃ! という声が聞こえてきそうである。

しっかり冷蔵庫で冷やしておいたハートランドを飲んでみる。程よい苦味に本来のビールらしい香りが立ってくる。ううむ、これだよ! といいたくなるおいしさ。麒麟麦酒株式会社、うまいビールがちゃんと造れるじゃないか、と改めて感心する。茶色のびんが多い日本のビールの中で、緑色のびんは美しい。しかも、ラベルを貼らずにびん自体にエンボス加工したデザインロゴがなかなか秀逸。ビール好きにはたまらない、「ビールを飲む幸せ」を感じさせてくれる、いいビールだと思う。

ハートランドも、スーパーマーケットのビール売り場にふつうに置いてあるビールではなく、取扱店も限られているようだ。関西だと成城石井とか阪急オアシス、またはイカリのようなところでないと手に入らないかもしれない。たまたま近所の阪急オアシスで入手できたからいいものの、こういういいビールがいつまでも生産・販売され続けることを願うばかりである。


【付記】
● ビールなんてどうでもいいじゃないか、という悟りの境地に到達したいものですが、おいしいと思うビールと、そうでないビールというものが確かにある、と修行不足の乙山は常日頃思っております。店だって、いろいろ置いても誰も飲まないから在庫がはけない、という現実もあるでしょう。文句ばっかり言っても仕方がないのかもしれません。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)