FC2ブログ

新しいティーチャーズでハイボール

20180810145212e19.jpeg
暑い日々が続いている。秋田はまだマシなほうかもしれないが、それまで冷房なしでなんとかやり過ごせるレベルの暑さだったのに、急に30度を上回る気温になるから困るのである。こうなるとビールとか発泡酒の消費が多くなるのは必定である。単純に冷たい飲み物を体が欲している結果だろう。

だから夏の居酒屋で、とりあえずビールの後にチューハイを飲む人が多いのもわかる気がする。ビールが苦手でもチューハイならいける、という人も多いのではないかと想像する。好んでチューハイを飲むわけではないが、チューハイは料理と合わせてもそんなにひどいことにはならぬようになっていて、とても上手くできているカクテルだと言える。

カクテルは飲むにふさわしいタイミングや場所、状況というものがあって、食前にはこれ、食後にはあれ、といったようにわりときっちり区分のようなものがあるようだ。たとえばジン&トニックはオールタイム・カクテルとされ、食前でも食後でも構わず飲んで良いようであるが、チューハイはそれ以上のエニィタイム・カクテルのような気がする。

ん? なんの話だっけ。別にチューハイ擁護論を展開するつもりじゃなかったんだけど? 本当(?)はね、暑いからウィスキー&ソーダでも飲もうよって話なの。あんたに言われなくてもそうしてるよ、って声が聞こえてくるんだけど、まあ良いではないか。今回は脇本のマックスバリュで〈ティーチャーズ〉を見かけたので買ってみたんです。

ボトルのデザインが変わっていますね。だが相変わらず「HIGHLAND CREAM」を謳っている。そして以前のボトルにはない「HIGH IN PEATED MALT」などどある。取扱業者が変わったと思われるので裏ラベルを見るとサントリーが関係しているようだ。つまり自社の所有するアイラ島蒸溜所のべヴィ・ピーテッド原酒を回したのかな。

つべこべ言わずソーダ割りにします。8〜10オンスのタンブラーを用意しましょう。氷を入れ、ウィスキーを注ぐと軽くステアします。冷蔵庫で冷やしておいたソーダを静かに注ぎます。ウィスキーはソーダより比重が軽いので、あまり掻き回さずとも自然と混ざります。今回はノー・ステアで仕上げてみました。

写真撮影の後、飲んでみると、あ、なるほど。記憶の中にあるティーチャーズより、ピートが効いていますね。どちらかというとピートの効いているほうといえるティーチャーズですが、もはや〈ホワイトホース〉なみというか、それ以上かもしれません。さすがに舌や喉の刺激はきついですが、ストレートで飲んでも面白いですよ。


【付記】
⚫︎ トレンドとしてピーテッド・モルトを意識したのか、かつての味わいではありませんがソーダ・ハイボールには好適といえるでしょう。ですが〈角ハイボール〉のような華やかな甘さがないのが特徴です。奥深いスコッチの甘さを味わうなら、やはりストレートか、トゥワイス・アップまでの加水で楽しむのが良いでしょう。

スポンサーサイト

ハディントン・ハウス(ブレンデッド・スコッチ)

2018062114442518a.jpeg
久しぶりにウィスキーを飲んだ。何もウィスキーを断つとか、大げさな話ではなくて、会社の寮に住んでいる以上、氷を自由にできないということがあって、面倒くさいから飲まなかっただけ、というのが実情だ。この度、氷を自由に扱えるようになったからまた飲んでみようかな、という気持ちになった。

久しぶりに飲むウィスキーは何にしようか、迷うのも楽しいこと。棚に並んだボトルを見て長考するのも楽しみの一つではないかと思う。長らく飲まずにいたので別に飲みたいものもないけれど、船越のアマノでブラックニッカ・スペシャルが1100円で売っているのは知っていた。またウィスキーを飲むようになったら買おうと思っていたのだ。

でもそんなに思い入れはないんです。日本のウィスキーは原酒不足で、以前のものと違うってのは常識なのだから。それでもブラックニッカ・スペシャルが1100円で買えるのはありがたいことで、同じ店(アマノ)でハイニッカがそれより高くなってるってどうなのよ? このあたり、本当に意味不明である。

久しぶりに飲んだブラックニッカ・スペシャル、とても良かった。気のせいだと思うが、モルトが減って熟成グレーンの甘さが際立っているように感じた。そのままでも、氷に注いでも、水や炭酸で割っても美味しく飲めるのは流石であるが、どこかバーボンを思わせる甘ったるさに飽き始めたら、スコッチを飲みたくなる。

でも近所に〈やまや〉とかないし。唯一の店 nicot(ニコット)で入手できるもので妥協するしかない。で、あったのが〈ハディントン・ハウス〉である。1000円以下の低価格スコッチ。〈ティーチャーズ〉とか〈インヴァーハウス〉があってくれたらいいんだけど、無い物ねだりをしてもどうしようもないもんね。

まずはストレートで、次いでトゥワイス・アップでとか、そういうことはやりません。詳細なレポートは、味覚が確かな方がたくさんいらっしゃると思うので、そちらを参考になさってください。オーバー・アイスでやりましょうか。グラスに氷を入れた状態から香る匂いは弱く、ピート香は微弱だが、口に含むと甘みを感じる。

この甘みはモルト由来のもので、口の中で転がして最後に麦の風味に落ち着くから、安い価格とはいえ、かなり出来はいいのではないかと思う。後でストレートでも飲んでみたが、ストレートのテイスティングに耐え得るだけの力を持った一本ではないかと思う。絶賛するほどではないが、さほど悪くなく、むしろ価格を考えると良い出来といえる。

ブレンデッド・スコッチの、表面にはあまり見えない中核を味わっているような感じ。ニッカ(アサヒ)所有であるスコットランドの蒸溜所が出している目立たないスコッチにわりと似ている。若いけれど、ストレートで飲んだほうが持ち味がわかるかもしれない。ハチミツを思わせる甘さの中に、ハーヴ類の芳香もあって、けっこう楽しめますよ。


【付記】
⚫︎ 写真のグラスは飲み終わった後の残り香とか、口に含む前の香りを楽しむのにちょうどいい感じで気に入っています。大きさもちょうど良く、ストレートにもオーバー・アイスにも運用できて便利です。

竹鶴ピュアモルト(新ボトル)

TakePureMalt.jpg
今回は竹鶴ピュアモルトを試飲した。色は余市や宮城狭より深く、琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発に混じってフルーティーな香りがするが、どこかウッディでかすかにスモーキーさを感じる。口に含むとモルトの若さを感じるけれど、ストレートで十分楽しめる味わいに思う。モルトの糖度はそう高くなく、意外にスパイスを強く感じるのが面白いところ。香りで期待したスモーキーさは舌にほとんど感じることはない。

フィニッシュの余韻はそう長くはないがわりと続く。スパイスが舌に残り続けるのが後を引くのだろうか、それが引いた後はモルトの甘味が舌に残り、麦芽香が鼻に抜ける。飲み終わったグラスからはキャラメルやヴァニラ系に混じって木質香が漂ってくる。若干の加水をしても味わいのバランスは崩れないが、ほんのわずか加水したほうが甘みをより感じるような気がした。

トゥワイス・アップまでもっていくと、薄まった感じはするものの、まだ伸びている。ただ、この味わいは「ジャパニーズ・ウィスキー」ではあるけれど、ブレンデッド・スコッチのような感じでもある。ブラインドで出されたら、「ああ、これは竹鶴ピュアモルトですね」と、一発で当てることは本当に難しいのではないだろうか。自分が長年存在すると信じてきた「日本のウィスキーらしさ」って何だろう、と改めて考えさせられてしまう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、香りの広がりは抑えられてしまうけれど、甘みとスパイスをしっかり味わうことができる。ストレートで飲んでこそウィスキーの本当の味わいを楽しむことができるという意見もあるだろう。けれどこれはこれでいいではないか。申し添えておかないといけないのは、飲んでいて「これ何だろう」とか、ふと思ってしまうことで、今確かに竹鶴ピュアモルトを飲んでいる、という感じはあまりしない(おいおい)。

トゥワイス・アップを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルはどうだろう。ここでは竹鶴ピュアモルト20mlに対して水20mlを氷に注いで飲んでみた。うむ、悪くない。甘味は薄まっているけれど、まだかなり伸びているし、スモーキーさと錯覚させるような木質香も感じられて面白い。だが、これ以上薄めることは断念しようと思う。何度も書いているが、これは「竹鶴ピュアモルト」とわかって飲んでいるからそう言えるだけのことである。

TakePureMalt_Soda.jpg最後に「竹鶴ハイボール」を試してみよう。何しろ、竹鶴ハイボール用として専用グラスがあるくらいなのだから、メーカーとしても推奨している(?)飲み方ではないかと思う。いわゆる「角ハイボール」に対抗するというか、さらに上級のハイボールを提案した、ということだろう。専用グラスがあるので、せっかくだからそれを使って竹鶴ハイボールを作った。なるほど、すっと背が高めのグラスは高級感がある。

店によっては、金属製のタンブラーを使って竹鶴ハイボールを出す場合もあるようだ。さてそのお味は……うむ、なかなかうまいじゃないか。甘味はちょっと後退して、ソーダによる酸味と拮抗している感じがする。ソーダ割りにすることによって、竹鶴ピュアモルトの良さを引き出しているのかどうか、自分では判断できない。そんなに甘くない「キリッとしたハイボール」になっているのではないかと思う。


【付記】
● エントリークラスのジャパニーズ・シングルモルト(とブレンデッド・モルト)の主な銘柄を飲んでみて思うのは、仕上がりの傾向(味にあらず。宜しく)が奇妙に似ているということでしょうか。一言でいうと「品質ぎりぎりを保った高価格」ということです。

原酒不足だから仕方がない、ということでしょうが、高い金を払ってまで飲む必要があるのかな、とも感じます。これを機に、スペシャル・リザーヴやローヤル、あるいはスーパーニッカを見直す(それこそ re-spect, to look at something again:もう一度見る)動きがあってもいいように思いました。


≪ 響JHへ   終


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

響ジャパニーズ・ハーモニー



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Hibiki_JH.jpg
今更という気もするが、響が「ジャパニーズ・ハーモニー」として熟成年数無記載ものになったので試しておこう。山崎や白州より少し濃い目の琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発をわりと強めに感じる。有機接着剤とバナナ、レーズン、チョコレート、カカオなどの香りが漂ってくるが、スモーキーさやピート香は感じられない。口に含むと、モルトその他の甘みを感じ、微弱だがスパイシーさもあるように思う。

フィニッシュの余韻はそう長くないが、甘みが口の中に残って旨味に変わっていくのがわかり、ヴァニラやキャラメルのような甘い香りが鼻腔に抜ける。塩(潮)気はそれとわかることはなく、ほとんど感じることができなかった。飲み終わった後のグラスから、木質香に加えて赤ワインを思わせる香りが漂ってくる。

若干の加水をしても味わいのバランスは崩れない。ほんの少しだけ加水すると、何だか甘みをより強く感じるような気がするが、これはあまりあてにならない。何かスポイトのような物を用意して、少しずつ加水しながら飲んでみるのも面白いかもしれない。店でも、そういうスポイトのような道具を置いてみようかな、という気にさせるほどだ。

飲み終わったグラスからキャラメルやヴァニラの甘い香りや木質香が混じって漂ってくる。トゥワイス・アップまでもっていっても、まだ甘さがしっかり残っているのに驚かされる。なんてよく伸びるブレンデッドだろう。ブレンデッドとはいえ、私たちはもう〈知多〉を知っているわけで、単体で楽しめるグレーンあればこその響なのだろう。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、やはり甘みを強く感じる。さすがに冷却によって香りの広がりは抑えられてしまうけれど、真夏などはこうした飲み方も良いのではないかと思う。氷が溶けて加水が進んでも甘みはしっかり残っているので楽しむことができると思う。ただし、かつての〈響12年〉と比べるべきではないだろう。

1:1水割りを氷に注いだ「ハーフ・ロック」スタイルを試してみる。さすがに甘みは残っているけれど、香りの広がりはなく、飲み物として悪くはないけれど、水割りにすることで〈響〉の良さが引き出されるわけではない以上、積極的に勧められる飲み方ではないと思う。よって、1:2水割りを試飲するのは断念した。

では最後に、響ハイボールを試してみよう。実際にやる人はいないと思うが、だからこその試飲である。だいたい1:2くらいになるように仕上げ、飲んでみた。ソーダによる酸味と、ウィスキーの甘みがちょうど拮抗する感じで、後からふっと甘い香りが口と鼻腔に広がる。ハイボールとしてはかなり高級なものだと思うけど、普通こういう飲み方はしないだろう。


【付記】
● どうしてもかつての〈響12年〉と比べてしまい、その結果、辛い評価になってしまう「ジャパニーズ・ハーモニー」ですが、虚心に飲むとふつうにうまいブレンデッドではないかと思います。

≪ 白州(新ボトル)へ   竹鶴(新ボトル)へ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

シングルモルト白州(新ボトル)



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Hakushu.jpg
今回はシングルモルト白州(熟成年数無記載)を飲んでみた。小さなグラスに注ぐと、ブロンドに近い琥珀色。蓋をとると、アルコールの揮発に混じってリンゴ、洋梨、レーズンなどのフルーティーな香りが漂ってくる。スモーキーさやピート香は感じられないが、木質香(ウッディさ)がある。口に含むと、モルトの甘味を感じ、次いでスパイスが舌に来る。時間の経過とともに、カカオやヴァニラの香りも混じってくるようだ。

フィニッシュの余韻はそう長くはない。スパイスが引いた後にモルトの甘みが舌に残り、旨味に変わって引いていくのだが、引き際はあっさりしていると言える。鼻腔には麦芽香と木質香が混じって抜けていく。若干の加水をしても味わいのバランスは大きく崩れることはない。加水によって白州の核にある「硬さ」とでも言うべきものが後退し、飲みやすくなる印象を受けた。

トゥワイス・アップまでもっていくと、まだモルトの甘味は残っているけれど、香りの複雑な広がりが失われてしまう。あまり薄めずに飲むほうが良いと言えるが、予想ではミキサー(割材)を使用することも前提にした方向に仕上げているのかな、と思っていたので意外だった。飲み干した後のグラスからは木質香にヴァニラやキャラメル系の香りが混じって漂ってくる。

オーバー・アイスで(氷に注いで)飲むと、モルトの甘みが凝縮されるわけではなく、木質香とかすかに樽由来と思われる煙っぽさの痕跡のようなものを感じるのが面白いところ。氷が溶けて加水が進むにつれて、リンゴのような味わいが出てきてスペイサイド・モルトのような印象を受けるが、このあたりは山崎(の熟成年数無記載)とよく似ている。

オーバー・アイスの結果から、「ハーフ・ロック」スタイルや、1:2水割りを試してみることを断念した。えっ、ひょっとしたらうまいかも? なるほどそうかもしれないが、今回はスキップしておこう。そんなわけで、最後に白州ハイボールを飲んでみた。ここでは、だいたい1:2のソーダ割りになるように仕上げた。

ソーダによる酸味と白州のウッディさの組み合わせはなかなかだと思う。確かに、飲み物として悪くはないけれど、ソーダ割りにすることによって白州の良いところを引き出せたかどうかは疑問である。むしろ、四千円を超えるウィスキーをソーダ割りにするか? という気持ちのほうが強いのではないかと思う。

この高価格は、原酒不足と需要の拡大が重なった結果の「希少性」によるもので、ウィスキー自体の「品質」によるものではない。だけど、ストレートで飲む限り、スコットランドのシングルモルトに負けていない品質は保っていると思う。価格と品質を天秤にかけ、さらに過去の状態も含めて価値を問うてしまうのは、自分も含めてみなさんそうだと思うのだが、これはもう仕方のないことなのではないだろうか。


【付記】
● 以前飲んだ経験から、甘く華やかな山崎、そしてウッディで硬質な白州、という印象を持っていましたが、それらの特徴は両者に残されているようです。ただし以前ほどはっきりした違いは感じられず、どちらも似ているといえば似ていると感じました。


≪ 山崎(新ボトル)へ   響JHへ ≫


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)