fc2ブログ

雪の茅舎「美酒の設計」(純米吟醸)

03CDA8BD-D4DE-473F-9FC4-AF605C48B578.jpeg
秋田市内ではない某酒店の公式サイトで取り扱い銘柄一覧というのがあって、見ると〈新政〉の欄に「グリーンラベル」とある。これは新政酒造が出す唯一の1升瓶で、緑のラベルだから通称グリーンラベルと呼ばれている。秋田県内限定流通品とのことだけど、一度も見かけたことがない。造り手は近隣の酒店やスーパー市場でも買える感じにしたいようだけど、現実はそうじゃない。

あまりの人気の高さに、新政はもう投機の対象になっているかもしれず、特約店ですら入ってこないこともある、という。入ってきたとしても馴染みの客にしか売らないとも。その馴染みの客が転売してるんじゃないかとか思ってしまうくらいだ。まあ無理(買えない)だろうな、とあらかじめ覚悟を決めて出かける。その酒店の近隣の飲食店で昼食を済ませ、いざ行ってみるとやはり「ない」と。

どういう仕組みでそうなっているのかよくわからないが、一度ハクが付くとこうなってしまうんだよね。ないからといってそのまま何も買わずに帰るのもどうかと思うので、酒の入った冷蔵庫から〈美酒の設計〉の4合瓶を買ったよ。同酒は齋彌(さいや)酒造店が出している〈雪の茅舎〉の限定流通品で、近隣のスーパー市場ではまず見かけることのない酒。買えただけラッキーなわけで。

表ラベルには「兵庫県産山田錦100%」とあり、裏ラベルには精米歩合55%、と。だからこれは純米吟醸酒なんだね。飲んでみると、雪の茅舎にあるほのかなフルーティーさと酸味、そして雑味(それはそれでうまい)の少ない味わい。どちらかというと甘さは控えめでキレが抜群にいい。それでいて米の旨みもある。単独で飲んでもいけるし、食中酒としてもバッチリかと。

これ、たぶんオールドファン向けじゃないかな。昨今のトレンド(低アルコール、微発泡、香りと甘さ高め、とばかりは言えないが)とはちょっと違う感じがする。でも私はこれが好きだな。飲んでいて、楽しいもん。軽やかさもあるので、スルスルいけちゃう感じで、ひとりで4合瓶いってしまうかも、みたいなね。いや、さすがにそれはやらなかったですよ、2合を2日でいきましたけど。

ひと口飲んで「うまい」とか、日本酒ってこんなにおいしいの、とか驚いてもらう層向けじゃないんですね。甘味と酸味、飲みごたえと軽やかさ、それらのバランスがとてもいい。酒飲みとか飲んだくれが思わず唸ってしまうという感じかな。名称がまた、いいじゃないですか。美酒って、それぞれで違うから。何をもって「美酒」とするのかは、ホントに千差万別で面白いよね。

思うんだけど、音と味ってどこか似ている。例えばオーディオ装置で「✳︎✳︎より2倍高い」という機器を使っても、2倍良い音で聴かせてくれるとは限らないから。ていうかね、そもそも「何をもって良い音」というかの、素地というか基準がない場合、判断のしようがないの。お酒もそうで、2倍の高いお金を払ったからといって、2倍うまくなるわけでは「ない」のね。

雪の茅舎〈美酒の設計〉を飲みながらそんなことを思った。だからこれ、どこかの評判だけで飲んで「えっ?」とならないでほしいな。飲めば飲むほどわかってくるタイプの酒だと思う。あなたにとって「美酒」とは何ですか、ていうか「うまい」と「うつくしい」とはどう違うのか、何をもって「うつくしい」とするのか、そんなことを、問いかけてくるような酒だと思う。


【付記】
全部飲んで思うのは「愛(いと)おしい酒」だってことです。

スポンサーサイト



春霞(純米酒)

60A73CAB-F409-4D1F-8E18-04105B5ACAD5.jpeg
秋田県美郷町にある栗林酒造の〈春霞/はるかすみ〉を飲みたいと思っていたところ、近隣のスーパー市場に4合瓶が売っていたので買ってきた。ピンク色の春霞は純米酒だが、公式サイトには掲載されていない。公式サイトにはベーシックの「赤」と「緑」、そしてプレミアムの「白」と「黒」に加えて季節商品、限定商品がある。ベーシックの「赤」は最も春霞らしい酒と紹介されている。

公式サイトに「春霞の酒造りで最も心がけているのは、ごはんのおかずとも相性の良い食中酒。特別な料理であっても、そうでなくても、食事をしながら楽しんでもらえるお酒を醸したいと考えています。その意味では、この赤ラベルが最も春霞らしいお酒のように思います」とあるように、この酒蔵だったら間違いないと思わせてくれる酒造りに対する思いがある。

同社は長年、普通酒やOEM提供(桶売り)で日本酒を造っていたが、近年ではそれらをやめ、特定名称酒の生産に切り替えている。だからこのピンクの春霞は、往年の春霞ファンや地元ファンなどに向けた良心の塊というか魂なのだと思う。かの〈十四代〉の本醸造酒に「本丸」という名前が付けられているのと同じようなもの(なのか?)だ。山本酒造が〈白瀑〉をリリースしてくれるようにね。

飲んでみると、一言で「うまい」に尽きる。ほのかなフルーティーさがあり、甘さは控えめでほんの少しの苦味と酸味、軽やかとまでは行かないがどっしりした感じがない。なんと見事なバランスだろうか。いや、これはいいわ。「赤」の食中酒というコンセプトをさらに深く掘り下げた感じで、こういうのがお好きでしょ? てなね。酒飲みが好きなタイプをわかってるな、と思う。

日本酒を辛口と甘口で分け、辛口の酒がほしい、という人が多い(自分も含めて)けど、日本酒は基本的に甘い。だって、もろみの中身は水分と半固形物で、15%前後のアルコールと、あとは糖質からできている。出来立てというかもろみそのもののアルコール度数はもう少し高く、瓶詰めする段階で加水して最終的に15%前後に調整している。甘くて、トロッとした感じがするのが原酒なの。

だからちょっと飲むにはいいけれど、飲み続ける(だからそれすんな、って)にはキツいのが原酒系(生酒/火入れなし、無濾過生原酒/濾過なし火入れなし)の酒なわけ。好みは様々だから、あまり「これが正解」とは言えないんだけどね。無濾過の生原酒を「これが本物」としてありがたがる傾向を悪いとは思わないけど、行き過ぎはちょっとね。純米でないと認めないとかと同じでね。


【付記】
ピンク春霞、好きです。もう少し香りが立ったほうが好みですが、精米歩合60%までいってますから吟醸レベルです。造り手もわかっていて、そうしてるんでしょう。スーパー市場でも買える気安さがピンク春霞のいい所、ていうか「ありがとう」ですね。公式サイトの酒は、特約店でないと買えません。

ど辛純米/白瀑上撰純米

D68795F6-B468-4595-96AD-AD21888401DC.jpeg
NEXT5(現在は「発展的解消」している)の酒蔵の酒を飲んでみようと思っていたところ、近隣のスーパー市場で〈ど辛純米〉があったので買ってみた。同品は秋田県の八森にある山本酒造が出している酒で、名前からもわかるように日本酒度が+15となっている。通年商品で火入れもしてあるので入手しやすい。同社の〈山本ピュアブラック〉や季節商品は特約店に行かないと買えない人気ぶり。

長年〈白瀑/しらたき〉で親しまれてきたが、経営難を機会に杜氏制をやめ、山本氏自らと従業員で日本酒を作り続けているという。さて〈ど辛〉は日本酒度が非常に高く、どんな味なんだろうと引いてしまうけど、飲んでみると意外に甘さもある。だがその甘さが持続することなく、次に来るのは辛さというより酸味と苦味が主体の甘くない味わい。酸味と苦味も強くないので、後味もよい。

飲んだ後に特定の味が舌に残り続けることがなく、このような酒質を「キレがいい」という。甘味、酸味、苦味のバランスが取れているので食中酒として料理に合わせられるし、単独で飲んでもいける。ターゲットはおそらく往年の日本酒ファンや「辛口の酒がほしい」という層ではないかと。〈刈穂〉も日本酒度+10を超える酒を出しているので、ともに辛口の酒が欲しいという向きにお勧めできる。

0EF7D2C8-D551-4273-B1E5-551282805CCB.jpegところで某所(特約店ではない場所)に〈白瀑/しらたき〉があったのでフラフラと買ってしまった。赤地に金で銘柄を書いてあるラベルはインパクトが強く、クラシックというよりモダンな感じがするけど、山本酒造を紹介する文章に同酒蔵ではビートルズなどロック音楽が流れている、との文言もあった。ラベルに「上撰純米」とあり、精米歩合65%とあって期待が高まる。

だって純米酒で精米歩合65%(なので上撰)、しかも1升瓶2000円以下だからね。飲んでみると……うまい!ほのかにフルーティーさもありながら、甘味と酸味のバランスが取れていて重たくない。だからスルスルと飲めてしまう。ものすごく高い費用対効果で、本当にこれでいいのかと言いたくなる。〈雪の茅舎/山廃本醸造〉の隣に置かれても全く引けを取っていないと思う。

確かに〈山本ピュアブラック〉や季節商品、限定商品はうまいんだろうけど、普段飲みというか家飲みならこれで充分だ。火入れしてあるので1升瓶で買って冷暗所に置いておけばいつでも楽しめるから。これ、山本酒造の公式サイトに載っていない銘柄なんだけど、こういう酒を作り続けてくれるのは本当にありがたい。どこでも気軽に買えるうまい酒を、酒飲みは好む。


【付記】
〈ど辛純米〉より〈白瀑上撰純米〉のほうが好きかもしれません。いずれも良心的価格で、入手しやすいのがありがたいですね。今どきの日本酒ファンなら〈山本〉と銘打った酒を選ぶといいでしょう。

爛漫 特別純米

896F9227-A311-49B8-B688-2F0CDBEEBBAA.jpeg
秋田の酒を飲んでいくにあたって「NEXT5の銘柄から飲んでいく」みたいなことをどこかで書いたように思うが、NEXT5以外がダメというわけではないのは言うまでもない。そうでなくても、あっても、どの酒蔵でも一生懸命に自分の仕事をしている。だから真人間のフリを、ちゃんと仕事してるフリしてさ、本気になるのは趣味だけってそれ、あんたじゃないか。社会不適合者の烙印、押してあげようか?

いや、別に烙印押してもらわなくたってすでに「変人&大酒飲み」として認知されてますから。一度たりとも「私、酒飲みです」とか吹聴したわけではないのに、いつの間にか大酒飲みと思われていて、いつだったか新入社員歓迎会だか何かで私は夜勤明けだった。で、酔うのがいつもより早くて「ヤバい」と思ったので水を飲んでたら、真顔で「どうしたんですか?」って心配されちゃった。

というわけ(どんなわけだ?)で爛漫/秋田銘醸ね。爛漫(らんまん)だけは秋田に来る前から知っていた。それはゴールデンタイムに全国ネットのテレビ番組でCMを打つのは爛漫くらいだったから。だから秋田に来ても爛漫はわりと早く飲んだ気がする。記事にも〈香り爛漫〉や〈爛漫まなぐ凧〉を上げた。今回は〈爛漫 特別純米〉といこうじゃないか。

よく特別本醸造とか特別純米とかあるけど、その「特別」ってなんなの? 本醸造だと精米歩合70%以下にする規定があり、特別本醸造だと精米歩合60%または特別な醸造法(低温による長期発酵など)でないといけない。特別純米も精米歩合以下同文なんだけど、この爛漫特別純米は精米歩合50%になっている。ということは、中身は純米大吟醸と名乗ってもいい品質だってことじゃない?

これ、すごくない? で、4合瓶で1200円くらいって……いったいどうなってるの、としか言いようがない。だって普通酒とか本醸造クラスで4合瓶1000円くらいが相場だからね。それがBIG/イオンにポン、と置いてあるの。近隣のマックスバリュでも見かけたので買ってきたんだけど、あり得ないよね? 恐ろしいことに、生酛純米の紙パック2リットルが1000円くらいというのもあるんだよ。

飲んでみると、ああいい香り。それでいて軽やか。いくらでもスルスル飲めちゃう感じで、4合瓶にしといて良かったと思う。火入れしてあるので常温保存でき、今の寒い時期だったらリビング以外のどこに置いても大丈夫。ラベルのデザインは「いかにも」という昔ながらの感じにしてあるけど、かえってそこに蔵元の意地というか心意気が感じられるような気が、しないでもない。

だってどこからどう見てもクラシック酒にしか見えないデザインだからね。同社の公式サイトにはこの酒が4つのコンペで受賞したことが書かれており、冷やしても燗酒にしてもおいしい、とある。低アルコール、微発泡、スィートさ、(無濾過)生原酒という最近のトレンドとは違うクラシック酒かもしれないが、私は好きだ。尚、香りが飛ぶのは早いので、早めに飲み切るのをお勧めする。


【付記】
1升瓶でも流通していますが、個人消費なら4合瓶がベターかと。2、3人で4合瓶を一晩で飲み切る、そんなパターンに向いている酒でしょうね。

天の戸(精選/純米酒)

AF6EAB36-7D54-496E-850E-A79C50C03183.jpeg
浅舞酒造(秋田県横手市)の〈天の戸〉がうまいのはわかっている。以前〈天の戸 吟泉〉を飲んで記事にしたくらいだ。なら、どこまで安くできるか(なんでそうなる?)がポイントになる。同社公式サイトに「浅舞酒造は日本一の広さを誇る横手盆地の真ん中で、米作りから始まる酒造りの気持ちを大切に『全量横手盆地産米による純米酒製造』を守り続けます」とある。

凄いすごい、もうアイラモルトのレベルじゃない? これでこそ「ジャパニーズ」を前面に出して胸を張れるんだよ。原料は全て地元産で、麹米と掛米、水と酵母だけで作った酒。もう応援せずにいられない、ていうか「ありがとう」だね。だから最低ランクでも保証されてるって感じがする。そんなわけで同社エントリークラスの精選〈天の戸〉純米酒をね、飲んでみたいって思ったの。

精選とは普通酒のこと。そして上撰だと本醸造を指す。もう今ではあまり意味をなさない表現だけど、普通酒(精選)は精米歩合とかその他の規定が「ない」酒で、言ってみれば「なんでもあり」なんですね。現行法では以前のようなインチキ酒はまかり通ることができないので安心してくださいね。本を読むと戦中戦後にはとんでもない日本酒やウィスキーが流通して、けっこう人気があったとか。伝説だよね。

だけど、近隣の商店、スーパー市場、酒店を探しても「ない」。土崎の〈やまや〉にもないしイオンでもない。仕方がないので製造元にメールで問い合わせたら、数日後に買える店を紹介してくれた。地元(横手市)だったら、たぶんどこにでも置いてあると思うんだけど、それこそ地元の昔ながらのファン向けの酒だからね。休日になるのを待って、それを買いに出かけたよ。

取り扱い酒店は小さな店舗だけど、全ての日本酒を冷蔵庫に入れて保管してあるいい店だった。入店して冷蔵庫を外から見て欲しい酒がなかったので「天の戸 精選純米酒」はありますか?と訊くと、並んだボトル(1升瓶)の奥から出してくれた。瓶に緩衝材(プチプチ?)を巻いて、袋も付けてくれるありがたいサービス。てか、これ日本では昔から当たり前だったよね?

買い物がてらに「爛漫(らんまん)の特別純米はありますか?」と訊いたら「以前はありましたけど今はもう……」と。そうか最先端いってる酒屋さんだからね。このお店は秋田の酒ばかりで県外酒は扱っていないんだけど、それこそゆきの美人とか一白水成もある。でも今日はそれじゃない。今後、それらを買うとしたらここだね。冷蔵庫をチラ見したけど、わりと品揃え良い(秋田酒のみ)んだよね。

B3AE23AA-4A2E-4299-8C75-EEB17470C64A.jpegさて帰ってきたら早速飲んでみますかね。ここぞという時に「とっておく」とかしないのが酒飲みというものさね。常温OKの普通酒(なのに純米酒)だけど、店では丁寧に冷蔵保存されてたから、即開栓、即飲みできる。ホントはそれ、燗向けなんですけど、とかいわないでね。わかってても飲む、それが酒飲みってものでして。少し冷えた常温で飲むと、「?」な感じ?

いやね、想像というか予想と違ったのね。甘さと香りがなくて、苦味と酸味が立っている。ああもうこれね、昔からの「辛口の酒がほしい」というオールドファン向けの、クラシック酒ど真ん中じゃないかな。わかってて、わざとそういう方向に振っていると思う。蔵元公式サイトには「精米歩合65%、日本酒度+1、酸度1.7」とあるけど、数値だけではわからない「味」がここにある。

たぶん苦味(コハク酸)が出る酵母と、酸味(リンゴ酸)が出る酵母を、敢えて混ぜてあると想像する。日本酒度だけでは語ることのできない「辛口」な酒。燗酒にしても激変することなく、己が姿を保っている。それでいて1升瓶を税込1700円台で買えるというありがたさよ。甘さとフルーティーさが重んじられるトレンドにおいて、決して表舞台には出ることがない酒だけど、こういうのが好きなんだ。常温保存できるのもね。


【付記】
苦労して(?)せっかく買った酒だから、というバイアスはかかっていると思いますが、こういう酒が、ある所にはあるんだな、と思った次第です。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2024/04 (8)

2024/03 (16)

2024/02 (15)

2024/01 (17)

2023/12 (15)

2023/11 (15)

2023/10 (15)

2023/09 (15)

2023/08 (16)

2023/07 (15)

2023/06 (15)

2023/05 (16)

2023/04 (15)

2023/03 (16)

2023/02 (14)

2023/01 (16)

2022/12 (16)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)