FC2ブログ

吟醸酒 刈穂 〈六舟〉

201801141022153ac.jpeg
寒くなると燗酒ばかり飲んでいる、と以前記事に書いたけど、それは当温泉旅館が営業している時の話で、冬季休館になれば話は別である。賄いを作る料理人がいないので、夕食を自分でなんとかしないといけない。あまりの寒さに暖かいものを=鍋になるわけで、電気鍋で燗酒をできなくなってしまう。

他に方法がないわけではない、のだが面倒くさいのである。鍋をつついていると暖まってくるから、燗酒でなくてもいいやって気分になる。そうなると基本横着人間の私である、常温の日本酒をやるか、となるわけです。ちなみにこの季節、ビール(というか発泡酒)も常温で飲んでいます。

今回は刈穂の〈六舟〉である。刈穂酒造は秋田県大仙市、雄物川沿いに位置する酒蔵で、販売は秋田清酒株式会社が行なっているようだ。六舟(ろくしゅう)という名は、販売店のHPによると「全量を六基の酒槽(さかふね)で搾ることからきています」とのことである。

常温で飲む。開栓直後に注いだ酒盃から漂う香りはややフルーティ。口に含むと、穏やかな甘みがまず感じられ、次いで果実を思わせる香り高さに引っ張られながら旨味へ移行し、あえかな酸味が追いかけてくる。口に含んで鼻腔に抜ける香りが良く、何度も味わっていたい気分になる。

推定日本酒度は+3前後だろうか。辛口/甘口の二択で分けろと言われれば、甘口になるのではないかと思う。軽い/重いの二択では、軽いほうだと感じた。香り控えめで旨み重視が多い秋田酒の中では珍しく、香り高さが際立つタイプの酒。特徴はあるけれど、言葉(喩え)を選んでいるうちにあっという間に二合飲んでしまった。

何というか、すっきりしているんだろうか。軽やかですっきり、そして甘さは控えめで香りが良い、と言うべきか。間違いを恐れず敢えて喩えてみると高知の酒〈酔鯨〉に似ているような気がする。私はこの酔鯨で日本酒に開眼したこともあって、大好きなんだけど、流石に秋田では入手しにくい。

値段は吟醸酒の4合瓶=1200円前後(ディスカウント店価格)で、普通酒/本醸造の4合瓶=1000円前後が標準の地域からすると、費用対効果はかなり高い。ただ、困るのは美味しくて酒が進みすぎる(止まらなくなる)ことだろうか。純米酒〈北秋田〉に次いで我が家の標準になりつつある酒だ。


【付記】
⚫︎ 刈穂酒造の側を流れる雄物川、地図を見ると秋田市内まで流れて日本海に注ぎます。とても大きな川なんです。私は大阪の淀川に歩いて行ける町に生まれ育ちましたので、川遊びをよくしたものです。今は無理ですが、気候の良い時、国道7号線を走って雄物川のほとりをのんびり歩いてみるつもりです。
スポンサーサイト

燗酒を飲む(5)北鹿 純米酒〈生酛〉

20171217160120c4d.jpeg
寒さのせいで近頃はすっかり燗酒ばかり飲んでいる。燗酒は滅多に飲まぬ、と公言しているからか、意外な印象を持たれるかもしれないが、過去に「燗酒を飲む」というタイトルで記事を4本書いている。嘘だろ、と思う方は検索フォームに「燗酒」と入れて検索をかけてみると良いでしょう。

秋田県大館市にある北鹿が出している〈北秋田〉は私の常飲酒になっているが、同社は〈北秋田〉の他にも紙パック酒で〈生酛〉というのを出している。これは2リットル=1000円を切るたいへんお買い得な(しかも値段のわりにうまい)酒で、車が手に入る以前はよくお世話になったものである。

スーパーセンター・アマノで由利正宗の一升瓶を買おうとしたら、北鹿の〈生酛〉で純米というのが発売されているではないか。しかも2リットル=980円くらいで、爛漫〈まなぐ凧〉も真っ青になる最安値である。もはやあり得ない価格の純米酒、一瞬心配したけれど北鹿の酒に間違いはないとカゴに入れた。

結局、〈由利正宗〉と純米酒〈生酛〉を買ったのだが、後者が気になって仕方がない。由利正宗は再購入で、あの〈雪の茅舎〉を出している齋彌(さいや)酒造による。一升瓶=1500円くらいなのが信じられない旨さがあって惚れ込んでしまった。これの後に、北鹿の純米酒〈生酛〉を飲んだらどうなるだろうか。

いつものように電気鍋に水を張って熱燗用徳利を煮るようにして準備する。沸騰したら由利正宗一合を注ぎ、湯煎でぬる燗に仕上げる。ああ、やはり良いですね。次はいよいよ、北鹿である。紙パック酒だからといってぞんざいに扱ったりせず、丁寧にぬる燗に仕上げる。

飲んでみると、あっ、いける! 香りも旨味、そして酸味もしっかりあって、由利正宗の後であってもいささかも品質が落ちる感じがしない。甘みは抑えられている方で、由利正宗より辛口に感じるくらいだ。由利正宗も北鹿もどちらも旨く、交互に飲み比べて都合4合(おいおい)飲んでしまった。

これ、冷や(常温)とか冷酒だったら多分ぶっ倒れてると思うんだ。温められている分、アルコールの消化が多少とも早くなっているのだと想像する。だけどいくら安いからといって4合は飲みすぎだろ。発泡酒と合わせて、できれば2〜3合で抑えておきたいところである。


【付記】
⚫︎ ちなみに、常温で飲んでもとても美味しく飲めました。さすが北鹿、良い酒出してくれますね。なんでこんなに安くできるのかというと、箱の裏に精米歩合が82%とありました。

純米酒〈爛漫 まなぐ凧〉

2017102113272839a.jpg
どういう経緯か定かでないが、YouTubeの番組を見ていたら、〈爛漫〉の蔵元である秋田銘醸株式会社の紹介番組があったのでなんとなく見てしまった。杜氏のインタビューの最後で、「(御社で)一番好きなお酒はなんですか?」という質問に「まなぐ凧です」と答えていた。その時、すぐにそれとはわからなかったが、確かそういう酒があったと思う。

後日、ドジャース男鹿店に行った折に酒売り場を見てみると、ありましたよ。えっ、でも4合瓶で1000円を切っている、ていうかたぶんこれ、純米酒の中で最安値ではなかろうか。なのに、ちゃんと箱に入って棚に並んでいる。高清水の大吟醸とか北秋田の純米大吟醸がボトルのまま並んでいるのに、である。

これはもう買うしかないでしょう。おそらく純米酒の中で最安値、しかも秋田銘醸の杜氏が勧める自信作(?)、迷うことなく買い物カゴに入れた。もう一本はもはや我が家のスタンダードとなった純米酒の〈北秋田〉である。まずこれを買い物カゴに入れ、その後「どれにしようかな」と迷う時間がこれまた楽しい。

冷蔵庫で冷やして飲む。開栓直後に注いだ酒杯から立ち上る香りは控えめだが、口に含むとフルーティというよりも米麹をしっかり感じる。穏やかな酸味があるためかさほど甘い感じはせず、すっきり、さっぱりした味わいになっている。そしてどこまでも軽やかで、つい酒杯を重ねてしまう。

推定日本酒度は+2前後か。体感的には意外と辛口に感じる。まず感じる穏やかな酸味から米の旨み、そしてくどくない甘みが残ってフィニッシュ。後に雑味が残ることはなく、まことにキレが良い、ある意味危険な酒である。あれっ、もう二合も飲んじゃったの? という感じである。

つまりそれほど飲み口も後味も良い、ということだろうか。ちなみに、同社公式の日本酒度は−0.5である。えっ?となる数値。しかも同社公式HPにある甘辛濃淡によるマッピング図では「辛口」よりに配置されている。そうなのだ、飲むとそんなに甘く感じなくて、日本酒度がマイナス側になっていても、そうだとはわからぬ飲み心地。

これだから日本酒度って、アテになんない(おいおい)数値なんだよね。辛口と言われる灘の酒はだいたい日本酒度が+6前後で、私(乙山)が基準にしているのが±0度の〈呉春〉。灘の酒からすると随分甘口に思えるが、実際に飲んでみるとそう甘口でもない。〈まなぐ凧〉もそうで、マイナス側に振れているにもかかわらず、辛口なのである。

まことに不思議な酒、と言うしかない。秋田の人(や他の地域の人)の多くが「爛漫は甘口」と思っていると想像するけど、思っているほど甘くないのが爛漫〈まなぐ凧〉。空前絶後の費用対効果といえるが、これが我が家の定番になるかどうかはわからない。不思議なもので、定番になるものは自然に購入回数が増えてそうなるんですよね。


【付記】
⚫︎ 甘口のようでいて、実はそうではない、それが〈爛漫〉なのかと思いました。ブラインドで出したら、これが〈爛漫〉だと見抜くことのできる人はそう多くはないのではないかと想像します。自分も含めて、人は思い込みと一緒に酒を飲んでいるわけで、たぶんこれはオーディオにも通ずるのではないでしょうか。

大吟醸〈高清水〉

2017101921303394b.jpg
秋田酒類製造社が出している〈高清水〉の中で、普通酒と本醸造、そして純米酒を飲んでみた。日本酒としての最低品質を保っており、たとえ紙パックで買ったとしても失敗のない酒であると以前記事に書いた。それはその通りなのだが、日本酒本来の旨味を考えると、いささか物足りぬ感じがしないでもない。

そこで今回は大吟醸〈高清水〉を飲むことにした。訳あって必ず飲まないといけないとわかっていたが、なぜか乗り気になれなかった。たぶん経済的な理由が大きいのだろうけど、気分的にそんな気になれなかった、などと思い込もうとしている節もある。自分でもなんだかよくわかんないが、買ってしまった以上飲むしかないよね。

冷蔵庫(共用)で冷やして飲む。開栓直後に注いだ杯からの香りは米麹由来のもので穏やか。フルーティさが際立つタイプではない。口に含むとまず甘口に感じ、旨味へと移行した後から穏やかな酸味が追いかけてくる。酒自体より、口に含んで鼻腔に抜けるときの方が香り高い感じがする。フィニッシュは旨味と酸味で、キレが良い。

推定日本酒度は+2前後だろうか。体感的にはわりと甘口に思うのだが、秋田酒類製造社の公式HPによると「やや辛口」になっており、少し不思議な感じがする。「やや甘口」ではないのか、とツッコミを入れたくなってしまうのだが、基準がどこにあるのかわからないし、味覚は人それぞれだし……

やはり普通酒や本醸造の高清水では味わうことのできぬ香り高さと旨味があって、高清水を語るのならこの辺りからかな、と思う。値段は4合瓶=1200円前後で、普通酒/本醸造の4合瓶=1000円が標準の関西からすると、費用対効果は高めといえる。だが秋田の人に言わせると「高清水は高い」という意見もある。

確かに秋田では純米や吟醸クラスで1000円前後のものもたくさんあって、その価格帯の高清水は「純米」なのだが、他と比べると少し存在感が薄いような気もする。4合瓶=1000円前後というのは、たぶん最も鎬を削る価格帯ではないかと思うので、そこで飲み手を唸らせるモノがない、というのが高清水の辛いところ(?)だろうか。

開栓直後は甘さが立っている感じがするけれど、2日目になるとこなれて来て、甘さが後退して酸味が前に出てくるように思う。ふだん4合瓶を2合ずつ、2日に分けて飲んでいるからこうなるのだが、呑兵衛は1日で4合瓶くらい平気で空けてしまう人も普通にいるんじゃないかと思う。でもこれ、けっこう来ます。甘くみると痛い目にあるかも。

日程の都合(?)で、2日連続アテなしで大吟醸〈高清水〉を飲んでみたが、単独で飲み続けることのできる味わいだと思う。「高清水しか飲まない」というコアなファンがいるのも頷ける。ただし、おもてなしをするのなら、客に出すのはこのクラスの高清水からでしょう。普通酒、本醸造、純米と全て飲んだ上での話です。


【付記】
⚫︎ ちょっとだけ飲んでテキトーに書いているように見えますが、初試飲は「テイスティング・ノート」に書いておき、後日記事にするとき確信が持てないようならもう一度買って飲み直して確かめ、記事を起こします。その時、自分で作った料理があるのなら、「料理に合わせて」みることができるわけです。

純米酒〈十五代彦兵衛〉

20171011162020e2e.jpg
今回はドジャース男鹿店で見つけた純米酒〈十五代彦兵衛〉を飲んでみた。〈十五代彦兵衛〉を出しているのは秋田県五城目町にある福禄寿酒造株式会社である。五城目町は大潟村(八郎潟)の東側に位置しており、同社のすぐ近所に矢田津世子文学記念室がある。秋田にきて間もない頃、姉に案内してもらった。

矢田津世子(やだつせこ)は秋田県五城目町出身の作家で、坂口安吾に詳しい方ならば忘れられない名前ではないかと思う。理由(わけ)あって筑摩文庫版の坂口安吾全集を全て読んだ私にとってもそうである。両者について、ここで語るのは割愛させていただくが、福禄寿の蔵元のそばにそういうものがあることだけ。

冷蔵庫(共用)で冷やして飲む。開栓して注いだ酒杯からは有機溶剤とバナナを思わせる香りがほのかに漂う。口に含むとはっきりした甘味から旨味へと移行し、微弱な酸味が後を追う。どちらかといえば軽いほうだがある程度の重みも感じる。この重みは飲みごたえに通ずるもので、良い方向に傾いているといえる。

推定日本酒度は+2前後だろうか。酸味が比較的微弱なためか甘口が強調される傾向があり、飲んでいて意外と引っかかるところがあって面白い。これね、甘口だからってグイグイやると、あとで急に泥酔してしまう酒じゃないかな。でも、この手の酒って、やっぱりどこか惹かれてしまう危険な所がある。

酒飲みのための酒、かもしれない。これはやはり、料理をしっかり用意してやるクチではなくて、ちょっとした乾き物でちびちびやるのが合っているのかな。もう、はっきりした甘口なんだけど「甘口です」だけでは語り尽くせない面白さがたくさんあって、興味深い。秋田ではちょっと珍しいタイプ(?)かもしれない。

単独で飲むのがいいかもしれない本酒だが、あえて料理と合わせてみよう。と言っても、カット野菜のテキトーサラダ(ビアソー入り)、吉元豆腐店の厚揚げに味どうらくの里をかけてチューブの生姜を添えたもの。うむ、やはり秋田酒、料理の味を損なうことなく自らの存在を主張している。料理も酒もうまいのが秋田酒なのだ。

不思議なことに同社HPの「純米酒」リストには緑色ラベルの本酒がなく、青ラベルの純米吟醸〈十五代彦兵衛〉があるだけ。ところが販売店のサイトを見ると本酒がしっかりあって、「ぬる燗がオススメです」などと書いてある。ひょっとして、はっきり感じた甘さが、燗酒にすると抜けて「燗上がり」するとでもいうのだろうか。

そうだとすると、これはヤバいことになるなあ。厳寒期は常温、夏は冷蔵庫で冷やしたものを飲んできたのだが、秋田の酒の多くが、じつは「燗酒にした時にバッチリ」になっているかもしれない。そりゃそうですよ、寒い地域でござんしょう、そもそも燗酒にするのがスタンダード……いや、もうこれ以上考えるのはやめておきましょう。


【付記】
⚫︎ 燗酒、嫌いではないのですが面倒くさくて(おいおい)。燗酒ファンの方にはお叱りを受けるかもしれませんが、よほどのことがない限り、燗酒にしません。ですが今後、秋田の酒を飲み続けて行くのであれば、燗酒もやる、のかも……もしかすると秋田酒に対する認識が変わってしまうかもしれません。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/12 (5)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)