海の見える小さな町

2018年2月末日で男鹿温泉郷のホテルを退職した。それで姉と義兄の家にお世話になりながら、住居と仕事を同時に探すことになったのである。会社の寮を出るつもりでいたので、住居を2月中頃からすでに探し始めていて、2月の終わり頃に何とか住めそうな物件が見つかった。

海の見える小さな町の戸建て住宅だが、おばあさんが猫を飼っていたらしく、当初はひどい臭いでどうしようもなかった。ちょうど(?)姉も私も無職だったので毎日その家に通って空気を通し、部屋の片付けと掃除をした。猫が爪とぎをした柱はひどい状態になっていたが、パテを盛ってサンディングを繰り返し、水性ニスで修復した。

生まれて初めてハローワーク(公共職業安定所)を利用した。登録を済ませ、相談員に仕事を紹介してもらうのだが、男鹿市で仕事を見つけるのは難しいことがわかった。秋田市内まで広げたら仕事はあるのだが、男鹿に住むことを決めたので秋田市内の仕事は諦めざるを得なかった。結局、3月と4月で仕事は決まらず、5月に入ってしまった。

家の片付けと掃除は思いの外時間がかかった。とにかくやる事はたくさんあり過ぎて、どこから手を付けたら良いのかわからないような状態である。メインの居間の壁を塗り替えることにして、マスキングテープで養生してローラーを使って水性塗料を塗った。柱の修復と並行して障子紙を張り替え、キッチンの清掃と壁の塗装も進めた。

仕事は決まらなかったけど、家の片付けと掃除をする必要があったので、結果的にはそれで良かったのだと思う。臭いが抜けて、何とか住める状態になったのが4月末頃、5月から実際に住み始めた。ネットにつながっていない状態なのでウェブログを更新できず、スマートフォンのモバイルデータでネット接続する気にもなれなかった。

5月10日頃に応募した仕事の面接を17日頃に終え、連絡があったのがずいぶん後になってからだった。ほとんど内定しているが、取締役が農繁期で出てこられず、決済が進まないのだ、と。なんじゃそりゃ、と思うが、秋田ではさほど珍しいことではないそうだ。正式決定したのが5月末頃で、6月1日から出社するように、と相成った。

ようやく住居と仕事が決まり、5月末頃にはネット開設の工事が終了、やっとウェブログを更新する気になれました。何事もなかったように書いているけれど、実際はかなり精神的にへこんでしまって、ウェブログどころではなかったのが正直なところです。ま、何はともあれ、紆余曲折はあったれど、何とかやってます。

スポンサーサイト

iPadでDVDを見る(DVDミレル&CDレコ)

20180115160757c10.jpeg
久しぶりに映画を見たいなあ、と思った。映画で最後の記事を書いたのは2016年3月のことで、それ以来映画を見ていなかった。Windows機のメインPCが起動不良になってから、iPadをメインにちまちま活動してきたのだが、iPadだけではどうしようもない。かといって、テレビを買うのは大げさなのである。

テレビくらい買えよ、という声が盛んに聞こえてくるし、実際、テレビを買うのはそんなに困難ではない。32型の非4K対応であれば、3万円台で買えるのだから。その辺りの事情は自分でもよくわからないのだが、なぜかテレビを買う気にはなれない。もうすでに、テレビ台はあるにもかかわらず、である。

男鹿に映画館は存在せず、映画館で見ようとすれば秋田市内まで出かけないといけない。本当の映画好きからすれば言語道断なのかもしれないが、もうずっと前からDVDかブルーレイ・ディスクで映画を見たことにしてきたのだから、今更ね。だからiPadでDVDを見る方法を考えないといけない。

「iPad DVD」で検索してみると、いくつか方法があるようだ。中でも「DVDミレル」というDVDドライブが簡単そうだ。おまけにDVDミレルを購入すると、「CDレコ」としても使えるそうで、例えばレンタルCDからiPadに圧縮音源を取り込むことができるのだという。

あ、これ良さそう、というわけでケーズデンキ男鹿店に行ってみたんだけど、ない。やっぱ通販しかないのか(面倒くさい)な、と数日が過ぎた。そして某休日、秋田市内のヤマダデンキに立ち寄って店員さんに相談してみたところ、DVDミレルがあるじゃないか。CDレコなんかも置いてあって、迷ってしまうね。

実は、ちょっとお高めなのである。ボソっと(店員さんに聞こえるように)これ、Amazonで1万3千いくらなんだよね……Amazonで買ったほうがいいのかな、と言ってみたところ、その場で1000円割引きしてくれた。この心意気が気に入って、買うことにしましたよ。

DVDを見られる環境が整ったところで帰り途、レンタルメディア店〈GEO〉の会員登録を済ませた。一番初めに見る映画はすでに決まっている。タルコフスキー『鏡』である。以前ここに来た時、見つけてびっくりしたんだ。で、『鏡』を探すと、なんと、レンタル済みじゃないの!

え、あり得ない、なんで男鹿でタルコフスキーの『鏡』がレンタル中なんだよ! って、男鹿を舐めてないか? ごめんね、だって広域限界集落なんだもん。絶対借りられるって思ってたんで、つい……まいっか、他にも色々あるみたいだし。何を借りたかは、今後の「映画」の記事で。

さて、DVDミレルとCDレコのアプリをダウンロード&インストールする必要があるが、そんなに面倒ではない。DVDミレル本体とiPadはWiFi接続するらしいので、手順に従って行う。すべての準備ができた後、再生してみると、おお、いけるじゃないの! 本当にiPadでDVDが見られるんだ。

ケーブル接続のほうが確実なのはわかっていて、WiFi接続に心配したけれど、そんなにストレスなく映画を楽しむことができた。使ってみると、バッテリーの減りがものすごく速くて、できれば充電しながら見るのがベスト。そうでないと、その後iPadを使うのもままならない状態になってしまう。

なるほど、なぜ本製品がWiFi接続になっているのか、しかと理解することができた。ライトニング端子は、バッテリーの補給&充電にどうしても使う必要があるのだ。電車とか車の中で本製品を楽しむなら、予備バッテリーを用意しておいて、ライトニング端子から給電しないと、使い物にならないのである。


【付記】
⚫︎ CDレコも使ってみると、CDの圧縮音源をiPadに取り込むことができました。CDレコアプリはiTunesと同期するので、iTunes音源も聞くことができるようです。ただ〈GEO〉のCDライブラリはあまりに貧弱で、レンタルCD音源を集めるなら、やはり蔦屋でないとダメかもしれません。

チャラいけど、ニコン

20180115160755470.jpeg
汎用デジタル写真機を持たなくなって久しい。以前はだいたい常にカバンに入れて持ち運び、必要とあらばおもむろに取り出して撮影していた。ついに壊れて使い物にならなくなり、手放すことになったがそれほど困ることもなかった。ウェブログは休止状態だったし、撮りたいものも特になかった。

ウェブログを再開するにあたって、メイン機はiPadにし、PCとデジタル写真機なしでどこまでやれるか、みたいなことを試してみたかった。カメラアプリとリタッチアプリをインストールしてカメラ代わりにするのが一番手っ取り早いこともわかった。でも、やはりメイン機を持ち運びたくないのだ。

充電の問題もあるし、撮影中に落としてしまった、などの事故もないとは限らない。だって私(只野乙山)でしょ? どんな間抜けなことをしでかすか、わかったものではない。iPadは比較的携行性の良いものだけど、それでも持ち出すのは面倒だ。あ、またあの子がいるな、と猫を見かけても写すこともままならない。

そんなわけで、意を決して新たにデジタル写真機を買うことにした。といっても、所詮ウェブログの記録画像用として必要十分な物であれば、何でもいいのである。一眼レフ機とかミラーレス機など無用の長物である。中古でなるべく小さい物であれば、どれだけチャラくてもOK。紫色とかね。

で某休日、土崎の〈万SAI堂〉(まんさいどう?)へ行って来ましたよ。これ、「中古の何でも屋さん」とでも言うべきだろうか。普通のリサイクルショップの雰囲気とは違う何かがあって、とっても面白いんだ。服とかもね、ミリタリー系とかたくさんあって、見てるだけでも時間つぶしができると思う。

じつは先日、出張研修の帰りしな、面白い店があるって同僚に教えてもらったんだ。だからもう下見済みなんだよね。リコーのCX-5とか惹かれたんだけど、もっと小さくてちゃちいの(?)でもいいんだ。で、見つけたの。思いっきり小さくて、安くて、チャラいやつをね。

あ、チャラっ! って思うけど、ニコンだよ? ニコンのカメラ、いっぺん使ってみたかったんだ。なんかさぁ、ニコン使ってたらいかにも通って感じじゃん? 報道系のプロフェッショナルが使っているイメージがあって、なんか手が出せなかった。特にニコンF3とかF4なんてとにかくデカくて、カニみたいだよね?

あ、違うか。ま、どうでもいっか。本当は絞り優先AEで撮るのが好きで、できればAEロックできるのが理想なんだけど、設定は全て「自動」にして、シャッターボタンを押すだけでもいい。それと電子フラッシュは必ず発光禁止にします。あとで露光補正できるし、ホワイトバランスも調整できるもん。

お値段は4000円でした。どうせデジタル写真機なんて使い捨てだもんね。だいたい2年くらい持ってくれたら、それでじゅうぶんだよ。まずレンズの蓋がちゃんと閉じなくって、それからズームの動きが不穏になる。しまいにはどれだけ充電してもうんともすんとも言わなくなり、ただのゴミとなるのがデジタル写真機なのである。


【付記】
⚫︎ ずいぶん冷たい扱いですが、事実だから仕方ありません。往年の名機をはじめフルマニュアル機が素晴らしいのは、とにかく「フィルムを入れたら使える」ことだと思います。極寒極暑の地でも、たぶん大丈夫でしょう。そんな過酷な環境で使い物になるデジタル写真機がどれだけあるでしょうか。

ちゃんぽん調査隊(12)




〈遊歩者 只野乙山〉 冬季限定企画
【ちゃんぽん調査隊】



ラーメン関係の記事が続くことを恐れず書く。好きな食べ物の一つに「ちゃんぽん」がある。中華料理店で供される、醤油ベースのスープにとろみがついた、豚肉の細切れとたっぷりの野菜が入ったもので、普通の中華麺を茹でたものが使われる。おそらく北海道と九州を除く広範囲で普及しているものと思われるが、どちらかというと西日本のほうが普及率が高い。他との混同を避けるため「中華ちゃんぽん」とする。

広く普及しているわりには発祥の地は不明で、同じちゃんぽんでも「長崎ちゃんぽん」とは別物である。長崎ちゃんぽんは〈四海樓〉の発祥とされ、豚骨ベースと思われる白濁したスープにとろみは付いておらず、極太の「ちゃんぽん用の麺」が使われるのが特徴。野菜や豚肉のほか、イカの足やかまぼこの細切りが使われる。

中華ちゃんぽんの野菜はキャベツ、モヤシ、人参、ネギ(玉ねぎ)、ニラなど比較的安めのものが用いられ、キャベツなども細めのざく切りになっていることが多い。店によってはキクラゲなどを使うこともあるけれど、よくある安めの野菜をたっぷり使うほうがよりちゃんぽんらしい感じになる。

なんとなくいつの間にか普及したちゃんぽんに比べ、長崎ちゃんぽんの方がブランド力(?)があるのだろうか、近年では「ちゃんぽん」と言えば長崎ちゃんぽんタイプを指すようになってきている気がする。関西の中華料理店でも長崎ちゃんぽん風のものを出す店が増えているように思える。

関西ではちゃんぽんが多いのに対して、関東では「タンメン」が多いのではないかと想像する。タンメンは横浜の中華街の発祥とされ、豚肉の細切れとたっぷりの野菜を使うのが似ているが、スープは鶏ガラの塩味で、とろみが付いていない。ちゃんぽんとタンメンは、ほぼ同じ具材を使っているが、スープが違うといえる。

鶏ガラのあっさり塩味という味わいの面から、タンメンに一番近いのは関西の五目麺(五目ラーメン)ではないか。関西で五目麺を頼むとなぜか醤油を使わぬあっさり味になっている。ところが関東で五目麺というと、醤油ベースのしかもとろみが付いている中華麺のこともある。「五目あんかけラーメン」のほうが通りが良いかもしれない。

また東では「広東麺」という食べ物があって、上述の「五目あんかけラーメン」と混同されている場合もある。広東料理を意識したのか、わりとしっかり甘みがつけられており、ここもちゃんぽんと違う所か。関西のちゃんぽんは、甘みを出さず、生姜を効かせる店もあって、それが冬にぴったりなのだ。

ちゃんぽんと長崎ちゃんぽん、タンメンに五目麺、そして広東麺。いずれも似ているけれど、やはり違うんだ、自分はこれでないと、という好みがあるのではないか。私は昔ながらの中華ちゃんぽん、醤油ベースでとろみがあって(生姜が使われているとなお良い)、野菜がたっぷりあるのが好きである。


【付記】
⚫︎ 秋田にちゃんぽんは少ないのかもしれませんが、国道13号線沿いを走っていると、秋田市牛島あたりでいつも「名物 秋田チャンポン」という看板を目にするのです。〈チャイナタウン〉という店のようですが気になって仕方ありません。同僚の手前、素知らぬ顔をしていますが、一人で通勤する機会があると思いますので、その時こそ帰りに、と企んでいます。


≪ ちゃんぽん調査隊(11) へ ちゃんぽん調査隊(13)へ ≫

謹賀新年(2018年)



【謹賀新年】



謹んで年頭のご祝辞申し上げます
旧年中はご訪問いただき
コメント賜りましたこと厚く御礼申し上げます

20180101122059c34.jpeg

さぁて、お堅いのはやめにして、っと。
一年ぶりに雑煮を作ってみました。
去年はそれどころではありませんでした。

これは関西風の雑煮ではなく、
こういうものが食べたい、というだけでして、
乙山風雑煮、とでもいうべきものだと思います。

大根と人参は下ゆでし、昆布出汁で煮ておきます。
鶏肉は酒、みりん、醤油、水を同量で煮ます。
餅はなぜか角切りを焼いたのが好きですね。
カマボコは笹かまぼこにしてみました。

これ、美味しいんですよね。
何しろ酒を飲むための雑煮ですから。
三つ葉は欠かせません。
そして柚子の皮は乾燥したものを使いました。
北国では、南国の物が高直なのです。

削り節はなにも鰹節である必要もなく、
サバ節だの色んなのが混じったものでもいけます。
それに塩、みりん、醤油で味を調えます。

20180101122058700.jpeg

今年の正月の酒は、
齋彌さんの山廃純米〈雪の茅舎〉にしました。
鶏肉とカマボコでやると、美味いですね。

今年もどうぞ宜しくお願いします。
じゃ、これから昼酒と不貞寝を決め込みますかね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/06 (2)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)