FC2ブログ

乾麺の更科蕎麦(五割)を食う

201906051805236a4.jpeg
更科蕎麦は、蕎麦の実の中心部のみをひいて作った白っぽい蕎麦で、江戸の発祥とされているが全国的に広がっているのではないかと思う。関西でも「更科」の看板を掲げた店がわりとあって、よく利用していた。阪急逆瀬川駅周辺の商業施設内の店では、てんぷら蕎麦とそぼろ丼のセットがあって、数えられないくらい食べた。

暑くなってくれば朝やお昼に温かいものを食べると、それだけで汗が出てくる。それも健康のためにはいいのだろうけど、やはり冷たいものでサクッと済ませたい気もする。そろそろ蕎麦を食べたいなという気持ちになって、よく利用するツルハドラッグの食品棚を見ていると、「更科」という文字に目がとまった。

乾麺だけど更科蕎麦とある。しかも五割蕎麦ではないか。二八の更科蕎麦がベストなのだが、経験上五割蕎麦でも満足できる。200gで100円程度なので、1食分ならちょうど半分使えばいい。1食50円だとしても、そんなに贅沢しているわけではないと思うので、つい2袋つかんで買い物カゴに入れた。いや、休日の昼が楽しみではないか。

蕎麦の良いところは酒を立てられるってことだろうか。うどんやラーメンでもできぬではないが、蕎麦なら麺自体がアテになる。うどんだったら、冷やしぶっかけのてんぷら添えなんかだと、てんぷらで酒が飲めるので、この組み合わせにはよく世話になった。でもなぜか蕎麦屋で一杯やるほうが好きで、てんざるとかでビールをやるわけです。

行きつけの店だったら、まずてんぷらを持ってきてもらうんだけど、海老の代わりにレンコンを入れてもらったりとかね。まずてんぷらを楽しんで、その後でゆでたての蕎麦をすするわけだが、蕎麦なら日本酒やビール、焼酎も合うから面白い。ますます蕎麦屋で一杯、というのがやめられ……あ、蕎麦屋があればの話でした。

さて某休日、蕎麦前でビールをやったので、そろそろ更科五割蕎麦、食べますか。ゆでるだけなので、ある意味即席めんより楽かも。麺が細く柔らかいのでロングパスタみたいに折ったりしなくて良いのも便利。だいたい指定時間より早めに上げるのはパスタでも同じ。それがうまさに直結するわけではないのでお好みでどうぞ。

201906051805240c7.jpegゆで上がったら水に入れて軽く洗いながら冷ます。2、3回繰り返して水じめで食べるようにしている。氷水で締めたほうが噛みごたえがあるけど水締めの方が好きかな。いやね、あんまり冷やすと歯にしみるわけですよ。個人的な都合でしっかり噛んで食べられない時もあるわけでござんしょう、そんなときにはね、やっぱり水締めがいいのです。

さて、できましたよ。市販の麺つゆを薄めに伸ばし、ワサビを蕎麦にちょっとつけて、ね。ツユを薄めにしたのなら、蕎麦をどっぷりつけてもだいじょうぶ。乾麺なので挽きたて、打ちたて、ゆでたての蕎麦にはかなわないかもしれないが個人的には満足できる。冷やした日本酒を合わせましたが、文句の付けようはありません。


【付記】
• 家飲み派としては、蕎麦は非常に好都合でもあります。蕎麦前(前菜、アテ)にさほど凝らなくてもいいし、蕎麦でも飲めるわけですから、こんな良いもんはないって寸法です。

スポンサーサイト

しめサバ

201906021750222a4.jpeg
若いときはあまり好きではなかったが歳を経るとともに好きになった食べ物の一つに「しめサバ」がある。関西ではサバのきずし(生鮨)というが、子どもの頃は好きじゃなかった。ま、単純におかずじゃないんだよね。子どもっておかずにならないのは基本的にパス。それに独特の匂いも好きになれなかった。

ご飯のおかずにならないと書いたけど、奈良には「柿の葉寿司」がある。しめサバの押し寿司を柿の葉で包んだもので、柿の葉の香りを移すとともにその殺菌効果によって保存性を高めた名品で、奈良に行くことがあれば出来るだけ買うようにしている(いた)。これね、サーモン(鮭)もあって美味しいので、どちらも入ってるのにしてます。

奈良や京都は昔(太古レベルね)から高度な文化が発達して人口密度が高いのに、周辺からの交通の弁は悪かったのではないか。奈良も京都も都市中央部は四方を山に囲まれた盆地にあって、都入りする際には必ず山越えをしなければならない。外敵、ひいては国防上の理由でそうしたのだろうけど、かんじんの(主なタンパク源である)海の魚はどうする?

一心太助(おい?)だったら「ふざけんなてめえ、オイラにあの山越えて魚運べってのかよ? バカ言ってんじゃねえ、魚が腐っちまう!」と断られてしまうだろう。なので奈良や京都の都に魚を運ぶなら、塩でしめてから運んだはずだ。冷蔵庫のない時代のほうがずっと長かったわけで、柿の葉寿司という名品もかくのごとく歴史があってこそだろう。

ちなみに、いわゆる江戸前寿司が全国区(寿司といえば江戸前のそれを指すこと)となった今では知名度は低いと思われるが、箱寿司というかね、押し寿司こそが大阪寿司なんですよ。船場とか淀屋橋などオフィス街の片隅でひっそりやっている「すしや」があって、周辺を通るとお酢の匂いがしたものである。

てかね「ばってら」のことを書いておきかたったんだ。ばってらは、しめサバの押し寿司で、祖母が事あるごとに「ばってら、ばってら」って言うもんだから、言葉だけ幼い頃に覚えた。それってなんなの、ってことで分けてもらったけど、子どもの舌には馴染まなかったように覚えている。でも今なら、本当に良いばってらを食べてみたい。

で、しめサバ。これね、ウェブログでお付き合い頂いている方の記事で見かけて、絶対真似したいと思ったんである。しめサバに生姜甘酢漬けと大葉を添えたもので、旨いに決まっている。本当は刺身でいけるようなサバを買って来て自分でやるのが一番だけど面倒である(おいおい)。エア料理(脳内シミュレーション)はできてるけど……

暑くなってくるとね、魚の可食外部が困るのよ。生ゴミの収集日まで冷凍保存してピンポイントで出さないといけないの。んなこと、この男がするわけないじゃん? だからイトクとかドジャース(地方スーパーね)で作ったしめサバを買って来ました。生姜の甘酢漬けはイトクで100円で売ってるのが便利ですね。

しめサバを食べるとき、皆さんはどうしてますか? 好みで何かをつけてもいいと思うけど、私は何もつけずにやります。もう塩は入ってるんでね。付け添えにした生姜の甘酢漬けと大葉が本当にいい仕事をしてくれる。ビールもいいが冷蔵庫で冷やした日本酒がいちばん合うと思う。いささかシメが進み過ぎているかも、でした。


【付記】
• 塩と酢のシメが進みすぎると身の全体が白っぽくなりますね。それもそれでいいのですが最上のしめサバは、やはり自分で作るべきなのでしょう。刺身でもいけるくらいのやつを塩でしめ、酢でしめて冷凍(寄生虫対策)します。この段階を踏むのが面倒で……自己流で大丈夫とは思うのですがやはり、ね。

歳をとると疲れが遅れて来る、のか?

歳をとると疲れが遅れて来る、という。何人かの知人が口を揃えてそう言うところをみると、確かにそうなのかもしれない。でも、ただなんとなくそんな気がするだけで、実感として体験した覚えはないのである。大型連休中、私は1日の休みをとっただけで連続出勤だった。業務上避けられないことで、しんどいのは私だけではない。

連休の後、休みを取ったはずなのだがどうも疲れが残っているような気がしていた。「遅れて来る疲れ」とはこのことだろうか、などと思いながら寝てしまったが、その際、かなり薄めの布団だった。すっかり春だと思っていたのだが、朝晩は急に温度が下がることがあるのを忘れており、どうも風邪を引いてしまったようだ。

5月12日にはっきり自覚症状が出始めた。私はたいてい、風邪を喉と鼻で受け止める。鼻詰まりや鼻水、くしゃみに悩まされると同時に、咳が出て痰が絡むようになる。その代わり、大熱が出て寝込むことはないのだが、喉と鼻の不調に加えて微熱が出る症状が10日以上続くのである。お陰で(?)風邪で欠勤することはないんだけどね。

風邪の症状だけならいい(?)のだが、よほど疲れていたらしく、抵抗力が弱まった時に出る持病が頭をもたげて来たのである。内腿の表面にヒリヒリッと痛みが走った時、それが帯状疱疹であるのを悟った。水疱瘡を患った際のウィルスが体に残存しており、抵抗力が弱まったときに悪さをする、と医者に聞いている。

名状しがたい痛みが悪寒を伴って襲ったとき、流石に観念しましたよ。といっても、風邪は回復を待つだけだし、帯状疱疹はせいぜい抗生物質を投与するくらいで、結局は時間と身体に任せるしかないのである。幸運なことに、帯状疱疹はそれ以上進行せず、初期の痛みで食い止めることができたんだけど、休日はほとんど寝てました。

もう何の疲れか、わかんなくなっちまったよ。で、最後の最後にとっておきの持病、奥歯の(歯肉の)腫れが来たんである。歯が浮いてしまって、痛くて噛み合わせもできないの。鎮痛剤(ロキソプロフェン系)を投与して耐えるしかない。豆腐、プディング、アイスクリームとか、高栄養で噛まなくてもいける食品で何とかしのぎましたね。

だいたいね、色々食べて力をつけるというか、気分だけでも上向きに持って行きたいときに思い切り食べられないって何なのよ? この文章書いてるの29日だけど、いったい何日間、調子悪いのが続くのかな……てか他人には言えなくて、やたら咳き込んでるのを不審がられたりしてね。ま、そんなこんなですけど……


【付記】
• 齢を重ねると疲れが遅れて来る、ことについて書きたかったのですが、長くなりすぎて何の疲れかわからなくなってしまいました。長時間寝すぎた疲れ、なんてのもあるんでしょうかね。

ホタテ貝(小)の串焼き

20190414192239145.jpeg
先日、ウェブログでお付き合い下さっている方の記事で青柳(バカガイ)の串焼きを見た。これがもう、とてつもなく旨そうで、居ても立っても居られなくなってしまったんである。ていうか私ってば皆さんご存知のように単純バカでござんしょう、こういうのを見てしまったらもうダメなのである。

とにかく貝を喰わなくちゃ、できれば青柳があればいいな、とか思ってクルマに乗った。てかそうするしかないの。わかる? 広域限界集落(過疎地域)に住んでるとね、移動手段はクルマ以外にほぼなくて、最寄りのコンビニが車で25分って、なんなん(何なの)? はい、愚痴はもう終わりね。現実を受け入れましょう。

本当の最寄りで品揃えを期待できる〈いとく男鹿店〉に行ってみた。なるほど、たしかに貝はたくさんあるけど……青柳はない。生ホタテ貝は沢山あって魅力的なんだけど、今回は串焼きにしたいわけ。記事にあった青柳のむき身に近いものは、と物色していると、ホタテ貝で小さいのが目にとまった。すでに茹でてあって、そのまま食べられる、と。

あ、これいけるかも。難しい内臓とかなくて、そのまま串打ちしてフライパンで焼けばいいじゃない? そう思った瞬間、買い物カゴに入れていた。どうせ串焼きやるんなら、ネギもあったほうがいい。ネギのイカダっていうのかな、ただネギを串打ちして焼くだけなんだけど、なんかああいうのが好きなんだ。変かもしんないけど。

味付けはね、ほとんどしなくていいと思う。ホタテをキッチン紙で水気を取り、なにかそれらしい「つゆ」に浸けておくだけにする。もちろん、みたらし団子みたいな「タレ」があっても良いと思うし、そこは好みでいけば良いと思う。冷蔵庫にあった「昆布つゆ」をかけてしばらく放置しておく。

その間に白葱を切って串打ちし、フライパンで焼く。味付けは何もしない。適切に火が通った白葱は甘みさえ感じるもので、そこにホタテから出た汁を合わせるともう……それは好みですかね。白葱が焼けたら、次にホタテを焼いていく。そのままでも食べられるので、ここでは「軽く温める」ほどの感じでいいのではないかと思う。

でも、かなり軽く火を通したつもりでも、しばらく置いていると中から白濁した汁(おつゆ、ダシ、ジュース?)が出てくるんです。それはたぶんホタテのエッセンスなのでしょうね、そのまま味わってもうまいし、ネギと絡めて食べてもうまい。パスタに絡めると、それはもうたまらないんじゃないかな、アサリがそうであるように。

だけど、青柳は北の海ではとれないのだろうか。機会ある度に魚介系売り場をのぞいてみるのだが青柳を見ていないような気がする。ホンビノス貝という、わりと大きめの貝があったけどあれは美味いのかな。知らない貝や魚を食べるのはけっこう勇気がいるのだが、ホンビノス貝を試してみる価値はありそうだ。


【付記】
⚫︎ ベビーホタテ(ボイルした物)は思ったより良い素材でした。生のホタテ貝柱を蒸し焼きにしてうっかり火を通しすぎると、「えっ」というくらいおつゆが出るのです。その貝汁を味わうのが醍醐味なのですが、串焼きにするのなら、サッと火を通してから焼いたほうがいいのかもしれませんね。

机上のカーオーディオ計画

車で通勤時間が片道約30分というと、「近くていいですね」とよく言われる。職場でも片道1時間を超える人がわりといて、事情を聞くと気が遠くなりそうである。電車通勤していた頃、読書をして時間を有効利用できたものだが、車だとそうもいかない。運転に集中するのが第一で、音楽を聞くなどしか浮かんでこない。

運転中にテレビを見るとか、DVDで映画を見るのはあり得ない。ましてスマホの操作などもっての他である。やはりここは音楽かラジオに落ち着くのではないかと思う。私の車は2004年製の軽自動車で、当時の純正オーディオ装置である。FM/AMラジオにCD、MDが付いているけど、AMラジオかCDしか使い道がない。

仕方ないのでFMトランスミッターとスマホ(マイクロSDカード)をつないで音楽を聞いているが、田舎では電波の行き届かぬ地域がわりとあって、不快なノイズとともに音楽が中断されることもある。しかもスマホのイヤフォン端子から出しているので、一定時間を経過すると「耳は大丈夫ですか?」と心配してレベルを勝手に下げてくれるのだ。

さらにメールが届くと、音楽を中断して知らせてくれるという気配りまでしてくれるからありがたくて涙が出そうになるよ。音質はFMラジオ品質だから、たまにCDをかけると「こんなにいい音だったのか」と驚いてしまうほどである。いやはや、まったくもってこのような環境は改善しないといけないわけだが、どうしたもんだろう。

話は変わるけど、たまに会社の営業用車に乗ると、その滑らかさと静かさに驚きますね。これだと良い音で聞きたくなるってもんですよ。でも車好き(とくにクラシック車好き)から言わせるとエンジン音やハンドルの重たさ、振動さえも乗り心地のうちに入るので、どこで折り合いをつけるかとか、カーオーディオも奥が深いですね。

道案内はスマホに任せ、DVDとか見るつもりはないから1DINタイプでいいと思うんだ。CDはどうせ聞かないから非回転システムにする。USBメモリに入れたFLACファイルを再生してくれたらそれで良し、とする。スマホと接続する気はないからbluetooth対応もいらない。要するにUSB入力とFLACに対応しているミニマム機がベスト。

だいたいね、バリバリの営業職でもない限り、手放し電話対応とか要らないと思うな。電話の履歴を見るとつまんない勧誘とか多いでしょ。私はふだん電話を無視してる(おいおい)けど、本当に大事な電話って、なぜか繋がるもんなんですよ。パソコンもスマホも、不要な機能とかアプリ多すぎっていつも思う。

だからね、カーオーディオもシンプルなミニマム機でいい。夢がないなあ、という声が聞こえてきそうだけど、豪華な装置は高級車が似合うと思うんだ。あ、本当に大事なのって、各ファイルごとの録音レベル差で、これをある程度合わせてくれるイコライザーじゃないかな? いろんな音源をシャッフル再生する度にそう思うよ。


【付記】
⚫︎ 秋田に来て、初めて暖房費がどれほどかかるのか体験しました。不測の事態に、備えがなかったために思わぬ出費に苦しんだのが事実でした。ある程度の余裕がないと、オーディオにお金を回すことは難しいですね。このカーオーディオ計画も、計画だけにならずに済めばいいのですが。


プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2019/06 (5)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)