FC2ブログ

久しぶりに「壁当て」やってみた

20181210115816e55.jpeg
新しい職場で働き始めてから、どうも体重が増加傾向にある。部署によってはガチの肉体労働もあるのだが、私の部署はどちらかというと頭脳派で、あまり体を動かすことはない。なのでどうしても運動不足になりがちなのだ。食事制限は自主的にしているが、酒の量は変わらない。もし好きなだけ食べたなら、肥満一直線になっていただろう。

運動不足をなんとかしないといけない。だがどうすれば良いのか? 私は腹筋とか腕立て伏せなどの筋肉エクササイズが苦手である。無理なく続けるのは難しいだろう。私にもできそうな運動はウォーキングだが、クルマ社会での歩行は危険が多すぎる。本当に勝手だけど自分が運転者だと「なんでこんな所を歩いているのか」とか思ってしまう。

阪神間地域に住んでいた頃はガードレールに守られた「歩道」がほぼ完備されていたので、安心して歩くことができた。だが秋田ではその種の整備は遅れていて、実情を文字にしてみると「車道(兼歩道)」だろうか。飽くまで車がメインであり、そのオマケのような形で歩道としても使える、という感じなのである。

ある程度の雪が降る地域(男鹿)に住んで2度の冬を経験し、今年の冬で3度目になるが、どれだけガードレールで守られた歩道があったとしても、雪が積もれば通行不可になる。除雪は車道に対して行われるので、邪魔な雪は歩道に捨てられ堆積し、歩行者は仕方なしに車道を歩くことになり、これがまた危険極まりないのである。

なんか暗い話になっちまったね。あれこれ考えているうちに、「壁当て」のことを思い出した。私、これでも野球少年だったのね。「壁当て」は硬いコンクリート製の壁にボールを当て、跳ね返ってきたボールを受けてまた壁に当てる単純な遊び(?)なんだけど、野球大好き少年にとって一人で出来るこの上ない楽しみだった。

でも場所の問題がある。人がほとんど通行せず壁が存在している場所、例えば都会だったら高速道路の高架下なんかが狙い目だ。だが田舎では高架式の道路は存在しない。安心して壁当てができる場所はないものか、と思案していると、近所にもう使われなくなったガソリンスタンドがあるのを思い出した。

しかも二つもあるのだ。通勤がてら覗いてみると、なかなかいけそうではないか! ロープが張ってあり、そこを無断で使うのは法律的にはアウト(不法侵入罪?)だろうけど、所有者がそこにいるわけではないし、問題なかろう(おいおい)。一応場所は確保できたとして、あとは道具である。最低でも野球用グローブとゴムボール(軟球)が必要だ。

まさか壁当てのために新品のグローブを買うなんてあり得ないよね。なので例によって〈万sai堂〉へ行ってみた。あまり種類はなかったが、ローリングス製の内野手用と思われる比較的小さめのがあったのでそれにした。800円で買えたけど、ローリングスの新品はけっこう値段がするのである。ゴムボールはなかった。

スポーツ専門店を探すのも面倒である。アマノ(スーパーセンター)に行けばあるんじゃないかと思い、行ってみるとやはりあった。2個入りで800円以上しており、軟球って意外と高価なんだなと再認識した。確か「A健」とか「L健」なんてあったんじゃないかな? さて役者は揃った。中古のグローブとゴムボールがあれば、壁当てができるぞ。

周囲の目をちょっと気にしながら壁に向かって軽くボールを投げてみる。跳ね返ってきたボールを捕ろうとすると、身体が思うように動かず、軽いショックを受けた。そうか、もう何十年ぶりだもんな……調子に乗って力を入れたボールを投げようものなら、翌日の身体の痛みが予想できる。ほんの軽い運動でやめておいたのは正解だったと言える。


【付記】
⚫︎ ですがそれで「運動」になったのかは疑問です。とにかく体が思うように動かぬのはショックでした。コンクリートと石で固められた地面も意外にデコボコがあって、バウンドも不規則になりがちでした。でもこれなら続けられるかも……ていうか、もう雪が……

スポンサーサイト

冷凍枝豆にハマる

20181106082417b2a.jpeg
11月にもなると秋田ではかなり冷え込みが厳しくなってくる。昨年(2017年)は11月19日に初雪が降って、翌20日の朝には道路が凍結するという最悪の事態になった。気が早いのかもしれないが、そろそろ冬タイヤに交換するのを意識しないといけない。なのに晴れの日では車内温度が高くなって暑く感じるのってどういうわけだ?

ともかく寒くなってくると料理するのが億劫になってしまう。QBBのベビーチーズとかチルドシウマイばかりもいけない。なんとか野菜類を食べようと思うが妙に割高になってしまうのである。しかも調理しないといけないし(当たり前だろうが)。どうしたものか、と品揃えの少ない野菜売り場から冷凍食品のコーナーへと歩いて行った。

冷凍食品ってあんまりピンとこないので期待せずにぼんやり眺めてる感じだったけど、おや「すぐ食べられる えだまめ」なんてのがあるではないか。今や我が家にも電子レンジがある、ていうかおばあさんが遺してくれたのだ。そうかこの冷凍枝豆を電子レンジで加熱すればすぐ食べられるんだよな、と気付いてとりあえず買ってみることに。

400g入りで230円くらいなのでそんなに高直なものではない。しかもこれは「野菜」である。肉類ばかりで食事を済ませる貧相な食卓をなんとかしないといけない、ってこともある。100gくらい取り出して電子レンジで加熱してみると……あら本当だ、もう食べられますよ! しかもすでに塩が入っているからそのままでいけるみたい。

20181106082418b03.jpeg食べてみると……うむ、塩味がほんのり付いている。これでいけるけど、人によっては塩をパラっと振って食べてもいいんじゃないかな。食べだすと止まらなくなるのが枝豆ってやつで、お代わりしてもう100g食べちまいました。200g食べても100円ちょっとだもん、贅沢じゃないよね。QBBチーズと枝豆、これってバッチリ*じゃね?

あーもう、なんでこれに気づかなかったかなあ? 冷凍枝豆はずっと売り場にあったわけでしょうに。電子レンジがない生活が長かったものですから、冷凍食品はまずパス、みたいな感じになっていたのかもしれません。冷凍インゲンや冷凍ほうれん草など、活用できそうな冷凍野菜がたくさんあるようなので、今後は積極的に使っていこうかと。

* 確かに高タンパク低カロリーで、ビタミンやミネラルが豊富なんだが……いつかそのうち、ふつうにナチュラルチーズ(カマンベールチーズ1/2カットとか)が食べられるようになろうな。

【付記】
なんか貧相な話ですけど、魚もこれから美味しくなってきますよ! 青物なんか特にそうだと思います。秋刀魚も「刺身用」として売られており、できれば自分で捌いてみたいのですが……

遠洋冷凍マグロを食う

2018102109074320c.jpeg
幼少の頃、マグロは赤かったような記憶がある。ワサビをたっぷり使って食べるのが好きで、刺身についてくる大根の極細切りさえご飯のおかずにしていたほどだった。だがいつのまにかピンク色のキハダマグロと呼ばれるものが出回るようになった。阪神間地域だと、ほとんどキハダマグロだけ、というのも珍しくない。

味もそんなに悪くないキハダマグロだが、やはりマグロは赤色でないとマグロという感じがしない。その点、秋田ではキハダマグロよりメバチマグロのほうが出回っているようで嬉しい。メバチマグロなら天然近海物が食べられることもあり、宮城産の天然近海の生メバチマグロを食べたことがあるが実においしかった。

でも天然近海のメバチマグロをいつも食べられるわけではない。どうしても今日はマグロを食いたいという時に限ってなかったりするのはよくあることだよね。あまり期待しないでドジャース男鹿店に行くと、遠洋冷凍のメバチマグロが出ていた。タイムサービスとやらでずいぶんお安い値段ではありませんか。

どうせ冷凍マグロなんて、と思うけど本マグロはほとんどが冷凍なのはご存知の通り。築地のセリをしている映像を見たことのある人も多いと思う。確かに生のマグロは最上だろうけど、ないものは仕方がない。というわけで遠洋冷凍メバチマグロを買い物カゴに入れた。冷凍ものを食べると、生の良さがよくわかるってもんだ。

2018102109074251c.jpeg見ると本当に赤いですね。これこれ、こういうのが食べたかったんだ。みんな大好きなトロではないが、私の好みは脂の少ない赤身なので申し分ない。しかも安いからなおさら嬉しい。マグロはそう硬くないのでザックリ平造りで引いていきます。これだったら何も刺身包丁である必要もなく、ステンレスの三徳包丁でじゅうぶんでしょう。

マグロの赤身は血の味がするし生臭くて嫌だ、という人もいると思うけどその気持ちなんとなくわかる気がするな。確かにこれは血の味だ。あまり血の味がするようだったら醤油とみりんでヅケにしたほうがいいかもしれない。うーん、確かに生のマグロのほうがうまいような気がするけど、今日はこれで満足しようではないか。

たぶんもうクロマグロなんて食べる機会はないと思うし、メバチマグロさえも食べられないようになっていくんじゃないかな。健康志向とやらでスシが外国でもたいへんな人気で、中でもツナとサーモンが好まれており、日本以外でもマグロをとる国が増えているという。マグロがなくなってしまう日が本当に来てしまうかもしれない。


【付記】
⚫︎ 遠洋冷凍マグロはそんなに悪くないものでした。ですがこの品質なら関西で食べる刺身定食とそんなに変わらない気もします。やはり天然近海の生のマグロが最上なのですが、とれないものは仕方ありません。

天然近海のヒラマサ(小物)を食う

20181013183028670.jpeg
某休日、今日こそ男鹿と周辺の飲食店に訪れて新規開拓をしようと思う気持ちと、休日だから飲んじゃえという気持ちがせめぎ合う。なんて書くと大げさになってしまうけど、要するに外出するか、しないかで逡巡しているわけですね。でも家にこもって過ごすには食料がちょっと……みたいだしね。

じゃあとりあえず外出するか、みたいな感じで出ると目的がないんで困るんですね。ふいっと入ってきてトロトロ走る軽トラックに「またアンタらかよ」とうんざりする*と、なんの考えもなしに方向転換してしまう。何やってんだよ俺、とか思うんだけど集めた音源をクルマで再生してみたい気持ちもあってまあいいか、となる。

結局、少し走って(クルマでね)スーパー市場で買い物をして帰ってくるというパターンになったけど別にいいんだ。本当は自分の足で歩いて運動するのがベストだとわかっているんだけど、クルマ社会だとうっかり歩いていると危ない。普段は自分がクルマに乗るんで、そしたら「なんでこんなとこ歩いてるんだよ」とか思っちゃうからね。

ホント勝手だよな。少し距離はあるけどドライブがてらだったら問題ないよ、ってなわけで男鹿温泉郷の「たかはし鮮魚店」に行きました。一目でわかるヒラメはないが見慣れない柵が並んでいるので、何かと訊くと「ヒラマサです」という。瞬間、これはもう買うしかないな、と思った。カンパチとかヒラマサは男鹿でも一般では見かけないから。

よく見ると背と腹が一体になっている小さな柵。なるほど小物だからこの値段なんだね。よく青物は大きいほど良いと言われるが、小物にはすっきりした味わいがあって私は嫌いではない。青物は刺身では食いたくないのが本音だが、それは関西にいた頃の話。漁港が近いと、秋刀魚でもイワシでも刺身でいけるんですね。

ただ寄生虫に注意しないといけないのは鮮度に関係ない。では引いていくんだけど、内臓周辺の小骨はしっかり除去してくれているみたい。血合い骨をチェックすると、指で触る限り問題なし。さすが「たかはし」さんである。食べやすいようにきちんと仕事をしている。店主はエッと思うくらい無愛想だけどこの人が魚を捌いているわけで。

2018101318302763f.jpegもう平造りでいきますか。小物だし、血合いの部分で離れやすいのだ。ちょうどサバのきずし(シメサバ)を作る感じで少し厚めに引いていく。小物は大きめに引くといいんじゃないかな。盛り付けはただ並べただけのいい加減なものだけど、これはいつものこと。客に出すわけでもないのでこれでじゅうぶんである。

血合いの部分と白身の色合いが絶妙ですね。食べてみると嫌な臭みは感じられず、ある程度の濃厚さはあるのになぜかあっさり、さっぱり食べられて醤油につけても脂はほとんど浮かない。養殖ハマチだとほんの少しでもういいとなるけど、これなら一皿ペロッといける。小物だけどヒラマサが出るとは本当に予想外だった。

* 大阪出身の私がいうのもなんだが、秋田の運転マナーは良くないと感じる。おそらく「車に乗っている」のではなくて、無意識の「身体の延長として車がある」のではないか。つまり自転車に乗るのと同じ感覚で車に乗っているので、交通ルールや運転マナーが「悪い」というより、それらに無頓着なのだ。高齢運転者が多いのも関係あるかもしれない。

【付記】
⚫︎ 男鹿でもスーパー市場にヒラマサが出ることはほとんどなく(というか見たことがない)、せいぜいカンパチの養殖物で、タイでもいつも置いてあるのは養殖物です。小物とはいえ、天然近海のヒラマサが300円で楽しめたというのは有難いことです。

One more that “red” wienner sausage

20180928125637ba7.jpeg
食料品や酒などを買う店として男鹿市船川のドジャース男鹿店をよく利用している。ここでは吉元豆腐店の厚揚げオリジナルパック(?)があったり、麦とホップの黒が常備してあったりする他、地元産の良い魚があったりして助かるのである。だが職場環境が変わって以来、最近隣のnicot(ニコット)ばかり利用するようになってしまった。

原因は色々あると思うが、とにかく疲れがたまって活動的でなくなったのが大きいのではないか。別に健康を損なう劣悪環境下で働いているわけではないのだが、私、都会育ちのためひ弱(?)でござんしょう、なのでぐったり疲れ切って伸びていることが多くなってしまったんである。慣れてくればそのうち何とかなる、とは思うんだけどね。

いや、何とかしないといけないよ? 私のような低きに流れやすいタイプはどこまでも堕落してしまう傾向があるんだよ。休みだからといっていつも昼酒キメ込んで不貞寝してていいのかって話。好きな曲をスマホに詰め込んでドライブしようよ。ガソリンは高いけどさ、ブルーになりがちな気分を転換しようじゃないか。

てなわけでローカルな話になるんだけど、自宅から国道101号線北岸ルートで大潟村を通過して五城目町のイオンモールへ。缶コーヒーを飲んで一服したら国道7号線へ出てメルシティ潟上に行き、ユニクロその他で買い物を済ませたら、再び7号線を秋田方面へ走り、船越経由で船川へという「ぐるっと一周」コースを走った。

船川まで戻ってくると、久しぶりにドジャース男鹿店でも行ってみようかという気になった。しばらく見ないうちに配置が少し変わっており、私の好きな「イタリアンサラダ」も見えないようですけど? ま、いいか。吉元豆腐店の厚揚げパックはあるので安心(買わないのかよ)。あるから安心、ってパターンで755E*をゲットできなかった男です。

だからそんなオタ話すんなよ、ってか。だよね。でもまあ、そうやって商品が並んだ棚を見ているうちに「赤ウィンナー」があったわけ。おやっ、って感じでちょっと驚いたね。デリカテッセン大メーカーじゃないみたいで正体不明**の一品だ。これはかなり危険な香りがするではありませんか。こういう時、なぜか手を出してしまう男なのである、私。

本当は「手を出しても書かなきゃいいじゃん」って話だよね。でも話のタネはあんまりないの。もう捻出する感じなんだど、ここ(ウェブログ)が最後の繋がりじゃないですか。真人間のフリしてるとこ見てもらわないと本当にダメ人間になってしまうような気がするんだよね。えっ、そうじゃなかったのか、とか言わないの!

201809281256388a4.jpegつまんないこと言ってないで赤ウィンナー食べようね。タコとかカニとか作る気分じゃないんで、切れ目だけ入れてフライパンで焼きます。たぶんそのままでも食べられると思うけど、オカズとか酒のアテにするなら少し塩を振ったほうがいいでしょう。カマボコと同じでそのまま食べても大丈夫だけど、少し焼いたほうが美味しいと思う。

食べてみると、意外や意外、予想したよりずっとおいしいよ? んー何だろうな、味付けが上手いってことなのかな。魚肉ソーセージとかあるじゃん、あれって食べた後舌に残る何かがあって苦手なのね。でもこれはそんなに悪くないっていうか、わりといける。14本入りで全部は無理なので半分にしたけど、残りが楽しみに思えるくらいだった。

* アメリカの業務用音響機器メーカーであるアルテック社によるスピーカー・ユニットで、形状から見ると用途はシーリング(天井)または壁用と思われる。原型はウェスタン・エレクトリック社の755Aだそうで、伊藤喜多男氏は自作の平面バッフルシステムの推奨スピーカーとしてJBLのLE8THと755Eを推していた。

** 後日、同店に足を運んでみた際、赤ウィンナーが「東北ハム」製であることが判明した。同社HPを見ると、創業75年になる老舗で、真面目な製品づくりをしているように思えた。製品一覧に赤ウィンナーはなかったが、同社が赤ウィンナーを製造していることはウェブで確認することができた。味は良いが、赤い皮は破裂しやすく、タコやカニなどの細工には不向きであろう。

【付記】
⚫︎ わりといける、とか書いてますけど低レベルでの話であることは間違いありませんね。それをいかにも高レベルであるかのように扱うのが庶民の知恵とか申すものでしょうか。「赤いウィンナー」は世界でも類を見ない日本独自のものだそうで、ガラパゴス的進化の一つの典型と申せましょう。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/12 (5)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)