最後の弟子

ホテルの仕事はフロント係を募集していたので応募したんだけど、だからと言って他都道府県出身でその土地に精通していない人間がいきなりフロントに立つのは無理である。チェックアウト時に、宿泊客は様々なことをフロント係に尋ねる。「ここから一番近いガソリンスタンドはどこか」とかはまだ大したことはない。

「JRで**まで帰るのだが何時の列車に乗ればいいか」くらいなら時刻表を見れば済むけれど、「経路はどれがベストか」ならばPCで乗り換え案内を起動して調べる必要がある。途中で乗り継ぎが悪くて時間が空いている場合、「**で時間つぶしをしたいが、どういう施設があるか」となることもある。

男鹿と当ホテルが旅の通過点である時は、次の予定は決まっているので問題はないのだが、男鹿と当ホテルが終着点である場合、宿泊客はただ帰るだけではなく、帰りがてらにも何か楽しい経験をしたいのだ。そんな時、気の利いたプラニングをさっと提案できるのと、「さあ」で終わってしまうのとでは雲泥の差がある。

このように、フロント係は当該地域とその周辺の広範囲にわたる詳細な情報もしくは事情を把握している必要があり、「関西から来た男」は「3ヶ月間は何でもしてもらいますよ」と面接の時に言い渡された。そして実際、ゴミの回収とゴミ出し、布団上げと布団敷き、風呂掃除、ハタキ(膳を下げた後の残飯の片付け)と何でもすることになった。

今だからこうして語ることができるが、8月に生ゴミと可燃ゴミの混合物を入れたビニール袋を野外に放置すればどうなるか、想像していただきたい。現実にはカラスもいるので放置するのではなく、周囲を囲った「ゴミ小屋」に捨てていくわけなんだけど、冷房装置などあるはずもなく、3日も経てばもう、ヤバいくらい臭ってくるんですね。

読んでいる方が食事をしながらではないことを祈るばかりだが、半径20mの範囲に臭いは拡散していると思う。で、扉を開けるともう……書けないですね。ある昆虫とその幼虫が数え切れないほどそこにいるわけ。当初は軽いめまいと吐き気がしたものだが、そのうち慣れてくる。このゴミ出しを、1日に3〜4回もやるんだから、もう……

布団上げと布団敷きを夏季にやると、ものすごい汗が出る。本当にものすごいと書いてもいささかも誇張表現ではなく、ハンパなく汗が出るのだ。ポロシャツの色によっては「びしょ濡れ」になるほど。3ヶ月間で体重が5kg以上落ちたので、「ちゃんとマンマ(ご飯)食べてっか?」といったい何人に言われたことだろう。

布団上げと布団敷きをきちんと出来、人に教えられるようになるには時間がかかる。特に、布団をビシッとキレイに敷くには技術の習得が必要である。私はヒヤマさんという人とコンビを組んで布団敷きと布団上げをよくやった。余裕のある時、布団敷きは二人で行う。頭の部分を上級者が、足の部分を初心者が受け持って行うのだ。

足の担当は頭の担当の動きをよく見て、動きを合わせるようにシーツを引っ張る。初心者は力を入れて引っ張るのだが、コツをつかんでいる人は軽くススッと引っ張るだけでキレイに仕上がる。たったそれだけのことだけど、ヒヤマさんは渋い顔をして何度もシーツを直していた。何も言われなくなったのは3ヶ月目に入った頃だったと思う。

とうとうある日、ヒヤマさんいわく「明日オレいねえからヨ、おめえ一人で敷くべ」となってしまったのである。「ここさ、こうやってヨ、な?」とヒヤマさんがまずやって見せ、できるだけその通りに真似をしてみると、「んだ、んだ」と嬉しそうな顔をした。昔の職人気質の人で、曲がった事ができない人だった。

人が見ていなくても、宿泊客が少なくても常にハイペースで仕事をするので、ヒヤマさんと組んでやる時は、いつも走って後からついていく形になる。私はよく叱られたほうだけど、いつしか「Tちゃん(私)が来てくれてヨ、助かってっぞ、ホントだべ」などと布団敷きをしながらホテルの昔話をしてくれるようにもなった。

3ヶ月も終わりが近づいた頃、「オレと組んでヨ、文句言わねえで済むのはTちゃんだけだべ」とヒヤマさんが言った。そして自分は年金をもらえる歳になったから、この冬で辞める、だけどTちゃんがいるから心配ない、という内容を口にした。いやそうじゃなくて、俺ね、この仕事すんの3ヶ月だけだから、とはどうしても口にできなかった。

3ヶ月が終わった11月から、私と数名のホテルスタッフは、秋田市内の某食品工場へ出張研修として勤務することになった。週末の夜だけホテルで布団敷きをするのだが、ヒヤマさんは「おっ、Tちゃん、来たか! よし、やるべ!」となんだかとても嬉しそうに見えた。11月いっぱいでヒヤマさんは来なくなったが、辞めたのではなく「休み」に入ったと聞いた。

そして4月。ホテルにヒヤマさんの姿はなかった。そして私も服装自由の裏方から、制服組の配属になった。もうヒヤマさんはいないのか、と寂しい気持ちになったけど、ちょっと待てよ、ってことは、布団をまともに敷ける人間、いないじゃん? Sさんという達人がいるけれど、Sさんが休みの日だけ制服を脱ぎ、私はヒヤマさんの最後の弟子として、布団敷きをしている。


【付記】
⚫︎ 宿泊客が少ない場合、一人だけで布団敷きをすることがありますが、20件以上になると厳しいですね。1件を6分間で終えたとしても2時間かかるわけですから。一部屋の宿泊人数にもよりますが、一人で3人部屋を5分以内に敷けたら、もうマスター・クラスでしょう。

スポンサーサイト

懲りない人間

MultideviceKeyboard
世の中には「懲りない人間」なるものが存在している。何度も同じ失敗を繰り返すのだが一向に反省と学習がなく、同じ過ちを繰り返してしまうタイプ。いったい何回言ったらわかるんだ、と会社だったら降格あるいはクビ間違いなしの人間だが、じつは私、会社じゃないけどプライヴェートで懲りない人間なのである。

恥ずかしい話だが、キーボードの上に液体をぶちまけてしまい、ノート型PCにUSBキーボードを付けて書いていた。これね、一度や二度のことじゃないのである。初代のWindowsVista機にぶちまけ、次のWindows8.1機にもぶちまけてしまった。いいかげん学べよ、と自分で自分に言っていたのだが、これで終わりじゃないのです。

最近はWindowsのノート型PCに起動トラブルが生じ、もっぱらiPadを使っている。ロジクールのウルトラシンというキーボードを付け、なかなか快適にタイピングできていた。ところが某日、またしても液体をキーボードにこぼしてしまい、とうとうiPadでキーボードを打てなくなってしまった。

同じことを普通、三回もやるかな? と、ここまで読んでくださった方は思うに違いない。だがこれは現実で、私の作り話ではない。そこで、自分への罰も兼ねて、キーボードなしでしばらく過ごすことにした。いやホントね、指で文字を入力するのがどれほど面倒臭いか、痛いほどわかりましたよ。

やはりどう考えてもキーボードは必要である。指入力でウェブログの記事を書くなんて考えられない。iPad用で防水機能付きのがロジクールから出ているので「これしかない」とか思ったけど、ちょっと待てよ、初代ノート型PCは画面がブラックアウトしているだけで、モニターにつなげば使えるんじゃないか?

だから未だに捨てずに後生大事に抱え込んでいる。初代ノート型PCがブラックアウトした時、テレビを導入しようかなと本気で考えていた。HDMIでテレビとPCをつないだら、テレビがPCのモニターになるから。せっかくテレビ台まで買ったのに、結局テレビを導入しなかったのは自分でもわけわかんない。

これ、今度こそ実現してみようかな、とか思っている。というのもね、いま4K対応じゃないテレビが激安になってるんですよ。フルハイビジョン40型液晶テレビ(4K非対応)が、6万円台で買えちゃうなんて、もう信じられないよ。地デジに切り替える時に買った32型だって10万円くらいしたのにさ。

ということは、WindowsもiOSも、あるいはMacOSとかAndroid、ChromeOS、たぶんLinuxまで使えるマルチデバイス・キーボードがいいんじゃないのかな。キーボード一つで、色んなデバイスが使い回せたらとても便利でしょ? 色々製品はあるけど、とても良さげなのがロジクールにあったので、早速通販で買ってみましたよ。

ロジクールのK780 マルチデバイス・キーボードってやつね。Bluetoothのペアリングはすぐできて、すぐ使える。でもマニュアルがないって、あんたはアップルか? おお、打てる打てる、やっぱりいいねえ! キーボードがある生活って素敵。私はカギカッコ(これね→「」とか〈〉)を多用するのでボードの表記と違って戸惑うけど、すぐ慣れる。

ようし、これでWindowsでもAndroidでも何でも来やがれってもんだ。だけどこの男、本当にテレビ導入する気あんのかな。テレビないけど、って言うと、同僚はドン引きしてたっけ。だけど最大の問題は、今回買ったキーボードが防水型じゃないってこと。テレビを導入する前にキーボードに液体をぶちまけてしまうかも、って、それはないないない、絶対ないの。


【付記】
⚫︎ ああもう、完全防水仕様のマルチデバイス・キーボードが売ってたらなあ、などと夢想します。どうしようもない場合、食品用ラッピング・フィルムでキーボードを包んでみようかな、とかバカなことまで考えてしまいますね。

卵丼を食う

Tamago_Donburi
昼食にレトルトカレーとか即席めんを食べることはよくあるけれど、何か別の物を食べたくなった場合、さくっと作ることができるのが卵丼(玉子丼)ではないかと思う。材料は米100g(炊いたら約220gのご飯になる。面倒くさい人はご飯パックでOK)、卵2個、玉ねぎ(一人分なら1/6カット)、めんつゆ(濃縮出汁つゆ?)などがあればいい。

本当は出来上がった所に三つ葉をトッピングしたいんだけど、そんな物、男鹿温泉郷にあるわけないでしょ? 「たかはし鮮魚店」(男鹿温泉郷に存在する唯一の食料品店)をなめんなよコラァ、という声が聞こえてきそうだけど、「たかはし」さんはどうも野菜の品揃えが今ひと……違う違う、「たかはし」さんは「鮮魚店」なのである。

電気鍋は一つしかないので、米から料理する場合、まず電気鍋で米を炊き、蒸らしている間に卵丼の具(?)を用意しよう。100円均一店で薄っぺらいカッティング・シート(簡易まな板)を購入したので、もう怖いものはないぞ! あ、だけどまだ、包丁がないので、大阪ガスの印が入った多機能ナイフでカットしていきます。

玉ねぎをカットしたら、電気鍋の「焼き(炒め)プレート」に投入し、めんつゆを入れ、加水して好きな濃度に調節しておこう。分量は「だいたい」とか「テキトー」でいいです。いわゆる「つゆだく」が好きな人は多めにすればいいだけの話。電気鍋を最大の火力にして玉ねぎを煮ていく。これも基準はなくて、シャキッとしたのが好きなら、短めに。

卵2個を器でほぐしていく。店の卵丼を思い出してもらえばわかるけど、わりと大雑把に混ぜほぐしている場合が多く、卵焼きを作る時みたいに黄身と白身を完全に均一化する必要はない。ですが、そういう卵丼があってもいいと思う。玉ねぎが煮上がったところに卵を入れ、弱火〜中火にして蓋をする。

卵に火を通すのも好みがあって、私は完全に固まる前の半熟状態でご飯にかけるのが好きである。うっかりすると、すぐ火が通って卵が固まりすぎになってしまうのでご注意を。家庭なら、お店で使っている専用の「丼用の卵とじ器」より、18cm口径のテフロン加工フライパンのほうがうまくいくと思う。

さて卵丼ができましたよ。でも、やっぱり絵に描いたように綺麗にはなっていませんね。半熟のつもりに仕上げたのですが、火が通り過ぎている。卵は半熟で、出汁つゆと卵が分離されている状態が理想なのだが、つゆに卵が混じってしまった。これは熟練の技が必要な領域ですね。素人ではなかなか、お店みたいには参りません。

久しぶりに卵丼を食べてみると……あっ、うんまっ! え、なにこれ、けっこういけてない? ていうか、ここだけの話、ウチの賄いより……というのもね、賄いの丼物は大人数分を大鍋で作るからどうしても卵が完全に固まってしまうわけです。一人前ずつ作った方が良いのは調理場の人もわかっているけど、仕方ないんですね。

というわけで、じつにテキトーに作った卵丼、猛烈な勢いでばくばく食べてしまったんである。これに具沢山の味噌汁があったりなんかすると、もう完璧、言うことありません。たぶんね、ふだん賄いばっかり食べてる反動だな、こりゃ。えっ、普段ロクなものを……って? いやいやいや、そんなこと、口が裂け……じゃなくて決してありませんよ。


【付記】
⚫︎ 久しぶりに食べた自作の卵丼、たいへん美味しゅう感じました。ウチの賄いがとても美味しく、かつ豪華で文句のつけようがないことはいうまでもありません。なら現物を見せてもらおうじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、そのような要望にはご期待に沿えない旨、どうかご理解のほど宜しくお願いします。

乙山、久しぶりに車に乗る

FromInside
辺境の地で暮らす者にとって、車がないのは致命的である。大阪市内や阪神間地域(宝塚/西宮)、あるいは大阪近郊(大阪府池田市)で暮らしていた時は、車の必要性が全くなかったといっても過言ではない。本当にそうなのだ。むしろ必要なのは自転車で、都市部とその近郊に住むのなら、自転車ほど便利なものはないだろう。

私用で会社の車を借りるのも気が引けるし、同僚にお願いするのも度重なると心苦しいものである。自分用の車が欲しい、だが中古車といってもそれなりの値段がするもので、おいそれと買うわけにもいかない。もはや八方塞がりか、車なしのサバイバルを本気で考えないといけないな、とか思っていると、姉から連絡があった。

息子(私からすれば甥っ子)が乗っているのがあるんだけど、3月で車検が切れたら廃車にするつもりだ、という。もしあんたが良かったら、車検代だけでいけるから乗ってみないか、その気があるんなら車を見に来てはどうか、と。これってタナボタ、っていうか渡りに船? こんなうまい話、乗らないわけないよね?

というわけで某日、甥っ子の車を見に行きましたよ。もう、自分の身体を運んでくれる箱だったらなんでも良い、たとえそれがピンクや赤、黄緑色であったとしても。だいたい、ポンコツの軽トラックで町中を走っても何とも思わない、ていうか軽トラがやたら多いんだよね。車でさえあれば、何でも(どうでも)いいつもりだった。

で、見てみると、実物は思った以上に良かった。ダイハツのミラ "ジーノ" という車で、とても小さく、車高が低めで、他の車で例えるとローバー・ミニ(ミニ・クーパー)にちょっと似ている。色はメタリック・シルバーで、所々にサビや傷が見えるけど、大人しすぎるほどだといっても良く、たいへん気に入った。

なんか良いんじゃない、俺、乗ってみたいな、と姉に伝えた。じゃ、車検出しとくから、と話を終えた数日後、車検が無事終わったから納車できるそうだよ、と連絡があった。は、なんか早くない? 3月って卒業シーズンで車を持とうとする人も多いだろうに、どういうこと? だけど、もうすぐにでも乗れるよ、って話である。

住民票、運転免許証、引き落としの口座番号と印鑑を忘れずに、とディーラーまで乗せていってもらった。以前はこういう手続きの時はあれこれ書きまくらないといけなかったが、近頃は全て先方で入力してくれるから助かる。最後に署名をして、捺印を済ませれば、手続き終了と相成った。もちろん、1年間の分割払いである。

その後、自動車の任意保険の手続きも行なった。姉が紹介してくれる業者なので心配はない。車両保険を外し(廃車寸前だし)本人限定の対人対物保険のプランにしてもらったが、わりと高齢でゴールド免許証保持者であるからか、比較的少額で収まった(と思う)。無事故で再来年まで行くと、もっと安くなるという。

すでに会社の軽トラックとかライトバンで予習を済ませてあるけど、じつに久しぶりの運転である。マニュアル派としては、左足がぶらんと暇なのは何とも不思議な感じがするが、すぐに慣れ、オートマティック車ってじつに便利だなあと感心。あ、これはもう戻れないな、と思ったけど、今はフェラーリでもATなんだって。

帰ってから自動車検査証を見ると、車の型式も全て書いてあるので検索してみると、2004年発売で排気量659cc、ドア数5、シフト4AT、フルタイム4WD、燃費17.6km/l、とある。甥っ子の話によると「燃費はかなり悪い」そうであるが、そんなの気にしないよ。とにかくこれで一安心、なんか、ちょっとラッキーかも?


【付記】
⚫︎ 給油計が4分の1ほどになっていたので、帰りに最寄りのガス・ステーションで給油しました。「給油口開けてください」に、「?」となってしまい、ドアを開けて外に出て、女性店員さんに教えてもらいました。ついでに、あの……これ(サイドのガラス)どうやって開けるんですか? と訊いて、全部教えてもらいました。「なんか……大変ですね」と苦笑い(ドン引き)していた彼女に感謝します。

電気鍋で炒飯もどき

FriedRiceE--Flyingpan
某休日、昼近くになって腹が鳴り出したので即席めんでも食おうか、と袋を確かめると、あれほどあった即席めんが底をついている。あれま、いつの間に、という感じである。何しろトップバリュの5個入り袋麺を4種類買い込んでおいたのだ。4種類とはもちろん、醤油、味噌、塩、とんこつ。

全部食べてみて、良かった順にあげると、醤油、塩、味噌、とんこつだろうか。醤油は間違いない感じで、塩はあの有名な製品には届かぬかもしれぬが健闘している。味噌はもっと味噌っぽさとか深みがあればなあ。とんこつは、粉末スープと調味油が付属しており、調味油に「とんこつ臭さ」が凝縮しているけど、スープ自体が……ね。

即席めんがなくても騒ぐ必要はない。米100gを炊いて食品用透明フィルムで包んだものが保存してあるのだ。あれを使って、何かすれば良いではないか。あっ、レトルトカレーもないんですけど! え、そうなの? 8個も買ったのに? てか、あんた、どんだけ即席めんとレトルトカレーに頼ってるんだよ。

そっか、じゃもう、しそわかめとご飯、味噌汁といくか。だけど休日である、なにかこう、昼ビールでもいきたいじゃん? ご飯とふりかけ、味噌汁ではちょっとねえ。そうだ、以前「たかはし」さんで買った「五目チャーハンの素」があったんじゃないか? テーブルの上に重なった幾多の書類に埋もれて、それは確かにあった。

では、電気鍋を使って炒飯と参りましょうか。材料は米100gを炊いたもの(なければご飯パック)、ゴマ油、卵、ネギだけ。五目チャーハンの素に裏面には作り方が書いてあるけど、面倒臭いので全て混合して一気に炒めてしまおう。冷蔵(冷凍)庫からご飯を取り出し、電子レンジで温めて(または解凍して)いる間に用意する。

と言っても、卵1個(リッチに行きたいときは2個)をボウルに溶きほぐし、チャーハンの素を入れ、ネギも刻んで投入するだけ。最後に粗熱の取れたご飯を入れてよくかき混ぜる。ちょうどご飯用しゃもじがあったので、それでかき混ぜた。電気鍋にゴマ油を入れ、火力を最大にセットして、鍋がある程度熱せられるのを待ち、投入する。

後は、ご飯しゃもじとかターナーで時々すくってはひっくり返してやるのをくりかえすだけ。取っ手がないので「鍋振り」はできない。卵かけご飯を炒めていく感じなので、初めは「大丈夫だろうか」とか思ってしまうが心配はいらない。テフロン加工の製品なら、新しいうちは滅多にくっついたりしない。

もうね、パラっとした炒飯とか考えず、なんかテキトーに混ぜているうちに卵が固まり、だんだんそれっぽくなってくるのね。強火で一気に、というのは理想だけど、それができない環境だったら、それなりにやり方を変えて対応すればいい。火力が弱い電気鍋でも、炒飯もどきの物なら作ることができるってわけ。

さて料理(と言えるのか?)ができましたよ。もう面倒くさいので皿に盛らず、そのままスプーンで食べる。でね、これ、私だけかもしれないんだけど、けっこうビールに合うんです。熱のおかげ(?)か、終わりのほうはパラっとしていました。いや、これ本当でしてね、決して見栄を張っているわけじゃあござんせんよ。


【付記】
⚫︎ 「五目チャーハンの素」は永谷園の物を使いました。この手の商品を使うのは初めてですが、なかなか便利でした。お味のほうは、一切調味料を加えず、悪条件での調理ですので、そこそこの物でした。誇張表現をわりと好んで用いる乙山ですが、いくらなんでも……ね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (7)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)