男鹿半島と周辺を歩く(11)田んぼアート(大潟村)小玉醸造(潟上市)

TanboArt_02
某休日、道の駅ことおかで超大型のエビフライを食べた後、大潟村町田んぼアートを見物した。田んぼアートといえば北秋田市のほうが有名かもしれないが、大潟村でもやっている。大潟村は元の八郎潟を干拓して造成したもので、琵琶湖に次いで日本で二番目に大きな湖だった。広い土地を利用した米の大規模栽培を目指したのである。

八郎潟の干拓事業が完了した時期、日本の米栽培はすでに縮小方向に向かっており、当初は米一本で生計を考えていたが別の何かに方向転換した農家も少なくないという。クルマで走ると、とにかく広いというかでかい。秋田に来た頃、大潟村で巨大トラクターを見かけて軽い衝撃を覚えたほどである。

大潟村の道に詳しくないのだが、姉の案内があるので安心である。姉は信号の少ないショートカット経路をよく使うので、どうやってそこまで行ったのかなかなか覚えることができない。あのね、男って**号線で道を説明するんだけど、なんで女の人は号線バナシができないわけ? というと、だって面倒くさいじゃん、だからモノで道を覚えるんだよ、だって。

TanboArt_01そんな話をしながら走っていると、ほどなく田んぼアートの現地に到着。クルマを停め、二階建ての四阿から見ると、おおっ、どうやら「釣りキチ三平」のようですね。大昔の漫画で、さほど釣りが好きでもない人間からすると「なんで三平なの?」となるけれど、原作者が秋田出身ということで、秋田の人はみんな知っている(?)らしいのだ。

八郎潟町田んぼアートの公式HPによると「2年目となる今年の田んぼアートは『釣りキチ三平』をメインに『うたせ舟』を図柄としました」とある。また「下絵は遠近法を用いて描きます。見る方向によってバランスがとれ自然に見える描き方です」と。なるほど普通に描くと、頭の部分が小さくなってしまうだろう。

実物を見ると「絵が立っている」ようだ。だからたぶん、原画をPCに取り込み、何らかの画像ソフトで逆遠近法*をかけたのではないか。高さがどれくらいで、視点と対象物との距離がわかっていれば、シミュレートすることさえできると思う。そしていろいろな種類の苗を使うことで色表現を可能にした、ということだろう。

KodamaJozo_01まだ少し時間があったので、潟上市にある小玉醸造株式会社のブルーホールに寄ってみることにした。同社は清酒〈太平山〉の蔵元であり、〈ヤマキウ秋田味噌〉や〈ヤマキウ醤油〉も製造している。味噌や醤油が本業(?)で、清酒の醸造は後のことだという。ブルーホールは酒蔵を改造してフォト・ギャラリーにしたものだそうだ。

写真展を見る前に、工場内の売店でチケットを購入する必要があり、買うときにソフトクリームもありますよ、というので食べることにした。米麹ソフト(だっけ?)は全く違和感なく美味しく食べることができた。そして売店に並ぶ〈太平山〉の数々には圧倒されてしまう。さ、米麹ソフトも食べたし、太平山もたくさん見たんで帰りますか。

20170811230352b4e.jpgあ、違うちがう、メインは写真展なのである。 意味不明の現代アートだったら帰っても何の後悔もないけれど、写真展だもんね。たぶんわかると思う。今は米美知子(よねみちこ)さんの「森に流れる時間」と中村征夫(なかむらいくお)さんの「美ら海きらめく」を展示していた。どちらもキレイで、とっても良かったです。

エビフライはともかく、何だかアートな一日だったな。昔は意気って現代アートを無理にわかろうとしてたけど、今はきっちり描かれた「絵」の方が好きだ。たとえば浅井忠とかターナーの水彩画みたいなね。自分で描くんだったら、ふつうの絵がいいな。鉛筆、ペン、水彩絵の具、色鉛筆とか使ってね。

* ほぼ正確に描けているが、「はちろうがたへ」の部分の下地両端が「逆ハの字」になっているのがわかる。この部分から、上が広がっている図を想像できる。上空から真下で見ると、かなり歪んだ絵になっているはずだ。

【付記】
⚫︎ 小玉醸造を訪ねるなら、ぜひ酒蔵見学をするべきなのですが、予約が必要なのです。またせっかくなので試飲もしたい。かと言って列車で行くのはたいへん面倒です。だから優しい運転手さんに連れて行ってもらうのがベストでしょう。フォトギャラリー〈ブルーホール〉は予約不要で随時見物できます。

スポンサーサイト

男鹿半島と周辺を歩く(10)道の駅ことおか(三種町)

20170802220412bdf.jpg
某休日、姉と「明日は石釜ピザを食べに行こう」と決めていたので脇本のマックスバリュで集合、その後森岳(三種町)へ向かった。大潟村の農道を走り抜け、森岳へ。寂れ具合では男鹿温泉郷以上とも言われる森岳温泉郷があるらしい。男鹿温泉郷でも廃墟となった元温泉旅館があったりするのだが、怖いもの見たさを唆られてしまう。

店は〈ピエーノ・ディ・ソーレ〉といって石釜でピザを焼いて食べさせるそうだ。ピザが嫌いなわけでは決してないのだが、自分から進んでピザを食うのは想像できない。だからこれは良い機会なのだと思ってクルマを走らせ、店の前まで来ると定休日だった。ふつうは事前に調べて行動するものだが、うっかり者が揃うとこういうことになる。

というわけで国道7号線沿いの〈道の駅ことおか〉で昼ごはんを食べることになった。道の駅ことおかに隣接するレストランの名物が超大型エビフライだというのだ。店内は食堂といったほうがしっくりくる。メニューは定食ものの他に丼物、麺類と色々あるが、今日は名物を食べるために来た、という思い込みがあるためエビフライ定食にした。

姉は冷やし中華を頼んだ。先に冷やし中華が運ばれて来たが、見るとトッピングの具材が皿に別盛りになっており、麺の上には何も乗っていないという変わったスタイル。なんか意味があるのかな、とか言いながら具材を箸でつまんで麺の上に乗せるんだけど、たぶん意味はあまり(というか全く)ないと思う。

20170802220414f11.jpgさて料理が来ましたよ。あっ……で、でかっ! なんという大きさ、写真から伝わるかなあ。姉のiPhoneを隣に置いて撮影したのだがエビフライの大きさ、わかっていただけるだろうか。衣は薄めだが、いかにも手作りした感じがして、噛むとクリスプ感が好ましい。油っぽさがほとんどなく、エビも本当に大きなものを使っている。

残念に思うのは、海老の巨大さに対してレモンのカットが1/8以下になっていること。これくらいエビが大きかったら、1/8カットを2個付けるくらいで丁度良いんじゃなかろうか。もう一つは、タルタルソースの品質と分量かな。タルタルソースはたっぷりつけて食べないとつまんないよね。足りなかったのがなんとも残念。

タルタルソース、できれば手作りだったらなあ。玉ねぎ、ピックルス、パセリのみじん切りに固ゆで卵の小ダイスカットを入れ、マヨネーズとレモン汁、塩、胡椒で味を調える。もしタルタルソースが手作りで分量たっぷり、レモンもけちっていなかったら、きっとノックアウトされていたかもしれない。

エビフライ一本にとんかつを合わせた定食もあるようだから、次回があるならそれにしたい。エビの大きさは半分でいいから、そこに帆立と白身魚(タラかスズキ)の海鮮ミックスフライ定食を食べたいな。そしてたっぷりのタルタルソースがあったら、幸せな気分になるにちがいない。でも鶏のから揚げにはタルタルソースをかける気にならないのが不思議である。


【付記】
⚫︎ エビフライ定食は1400円くらいで、エビの大きさを考えると値段に不満はありません。残念なのはタルタルソースの少なさでしょうか。本当にいい線いっているのに、惜しいなあって感じがしました。

男鹿半島と周辺を歩く(9)カフェKENTA(男鹿市船越)

KafeKenta
休日、何もなければすぐ昼酒に走ろうとする自堕落な男である。だが今回、姉と寒風山に行った後、カフェで昼食。カフェなどという所は自分一人ではまず行かないだろうから、良い機会だと思う。男鹿市船越の〈カフェKENTA〉は〈スーパーセンター アマノ〉の対面に位置し、花屋さんが隣にあるせいか、どこかお洒落な感じがする。

隣の花屋さんはカフェ店主の娘さんがやっているようで、店内には観葉植物がたくさん置かれている。店主と思われる初老の男性と女性スタッフで切り盛りしている店内に昭和の香りは漂っておらず、よくあるお洒落カフェだろうか。ちなみに今日は姉が予約を入れておいた整体師(女性)の方も同席しているので、少し行儀よくしないとね。

個人的には「明るくキレイでお洒落なカフェ」よりも「薄暗く薄汚れた昔ながらの喫茶店」のほうが居心地がいいのだが、後者はもはや存在が危ぶまれる絶滅危惧種のようなものであり、大阪ならともかく秋田(特に男鹿)では見つけることすらままならないだろう。しからば、腹を括ってカフェ飯と参ろう。

生パスタがお勧めなんだよ、と姉から聞いていたのでそれにするつもりでいたけど、メニューを見ると、何やらたくさんあるじゃないですか。あっ「チャーハン」という文字が! めっちゃ惹かれるんだけど、今日は生パスタの気分である。おやおや、平然と「ジェノベーゼを」なんて言ってるよこの男。だけど秋田の人って瞳の色が淡いなあ。

特に今日のように自然の間接光のもとで見るとまるでガラス玉のようである。ツァイスのビオゴンとかホロゴンを思い出すな。私の瞳はたぶん栗の皮みたいな色だろうけど、彼女のはヘーゼルナッツっていうのかな、至近距離からずっと眺めていたい感じ。もし彼女が明るい時間にベッドで仰向けになっていたら、最も具合が良いんじゃなかろうか。

あ、違ってました。ったくもう、何を書いているんだか。ジェノベーゼでしたね。バジルソースの緑色にトッピングはちりめんじゃこ(しらす?)、これでいいのかな。よくわかんないけど、松の実とか小型トマトの小ダイスカットのほうがそれっぽいんですけど……まあいいか。生パスタ、モチっとしていて、なかなかいい感じではないか。

自分としては平麺(フェットゥチーネ?)のようなのを想像していたので、意外な気分がしたけど、食感も良く、バジルソースの味も良い。粉チーズはあまり好きではないが、ひょっとしたらパルミジャーノ・レッジャーノをおろし器で粉末にして混ぜ込んでいるかもしれない。いや、そこまでやるかな? ふつうに市販の業務用ソースだったりして。

食後にアイス・コーヒーが運ばれてきましたよ。小さな容器に入ったシュガー・シロップとフレッシュ・クリームが添えられているのが嬉しい。もう慣れたけど、プラスティック製のポーションだったりすると、ちょっと幻滅してしまう。飲んでみると、かなり濃く感じる。あ、良いな、この感じ、と思っていると、姉も同意見だった。

そして私が**さん(男鹿の某有名カフェ)のアイス・コーヒー、いまいちなんだよなぁ、というと、本当にそうだよ、あれはちょっとね……という話になった。気づかなかったんだけど、氷に注目。アイス・コーヒーを凍らせたものを使っているのだ。これ、関西でも滅多に見かけることはない、っていうか見たことない。また来たくなる店ですね。


【付記】
⚫︎ コーヒーを凍らせた氷、じつに素晴らしいものでした。そうすると、アイス・コーヒーが薄まることはないですからね。次回は是非チャーハンを、しかも大盛りで食べてみたいですね。女性ターゲットのようで、気持ち小盛りなんですね。

男鹿半島と周辺を歩く(8)寒風山(男鹿市脇本)

Kanpuzan_01
とある休日、姉と寒風山へ行った。秋田にきて間もない頃、車に乗せてもらいながら、「あれが寒風山だよ」と姉に教えてもらった。山頂に何か建築物らしきもの(回転展望台)が見えるので、すぐ覚えることができた。寒風山の東側を走りながら、勤務先はあの向こうだから、と姉が言うと、思わず「ええっ⁉︎」と言ってしまったものだ。

そんなわけで、寒風山はクルマに乗るようになったらまず行ってみたい所になっていた。ところが、いざクルマが手に入ったにもかかわらず、なぜか寒風山訪問は後回しになっていた。理由は自分でもよくわからない。遥か昔、トヨタのスターレットで奈良の生駒山に行ったことがあり、うっかりオーバーヒートさせてしまったのだ。

クルマで山に行きたくないのか、山でなくても出かける気がないのかよくわからないが、とにかく今回、姉に背中を押してもらって寒風山へ行ってきました。途中まではいいんだけど、段々アクセルを踏み込んでいるのに速度が出ず、後ろからクルマが来たら嫌だなあとか思いながら走る。

Kanpuzan_03ねえ、オートマのDモードで大丈夫なの?と姉に訊いたら、「うん、私はそれで行ってるよ」と。でも最後の方で2ndにシフトしました。かなり慎重にやったつもりでも、なんか臭いがするではないか。そう、これはもうオーバーヒートの一歩手前まで来ているな。最頂部までクルマで行くつもりだったけど、その手前で断念した。

周囲に遮断物がないことは理屈でわかっていた。でもこの眺め、本当に気持ちがいいですね。360度、ぐるっと見渡すことができ、パラグライダーで空に浮かんでいる人も見える。「あれが男鹿温泉郷で、行き着く所が入道崎。でね、あっちに見えるのが船越の橋ね、風車があるのが八龍でその向こうが能代ね」と、男鹿の全てが見える感じ。

奈良の若草山みたいに定期的に山焼きをしているのか、背の低い草しか生えておらず、見晴らしが良いのもそのせいかもしれない。山頂部の手前で駐車したので、そこから歩いて頂上へ。二人ともいい歳なので、途中で休憩してゆっくり歩いた。なるほど、本当に回転している展望台がある。

Kanpuzan_02だけどこの眺め、本当に良いですね。つい似たものとして奈良の若草山を挙げてしまうけど、人がいないのが何かもったいない感じがする。人がいるのが当たり前の若草山と、人がいないのが当たり前の寒風山。似ているけど、ちょっと違うぞ。あ、そもそも一緒にするな、と言う声も聞こえて来そうだな。

八望台、入道崎、そして寒風山。まだ見ていない男鹿半島西海岸の鍾乳洞群など、なるほど国定公園になってもおかしくないものだと思う。だけどそのわりには「人がいない」なあ。この景観を独り占め(ではないがそれに近い)にするには、ちょっともったいなさすぎる感じがしないでもない。


【付記】
⚫︎ 画像一枚目の看板、多少見にくいのですが「世界三景」と書いてあるのです。自称なのか本当に世界に認められているのか不明ですが、たぶん前者ではないかと思います。いささか大げさではありますが、そう言いたいくらい眺めは良かったです。けっこう暑くて、なぜかソフトクリームが食べたくなるんですよね。

男鹿半島と周辺を歩く(7)八望台・入道崎(男鹿)

20170628203952f80.jpg
某休日、姉と北浦の〈金栄堂シャポー2号店〉で昼食を済ませた後、ドライブ。今回はクルマを買ったらまず行ってみたいと思っていた入道崎へ行くことができた。が、その前に八望台へ寄ることになった。場所的に八望台と入道崎はそう遠くなく、クルマで廻ってみるにはちょうどいい感じなのだと思う。

男鹿温泉郷からもクルマで「ご近所」の距離。道路を走っていれば「八望台」への道はすぐわかる(?)と思う。少し走らせると、程なくして八望台に到着。なんかやたら大きな駐車場があるんだけど、クルマが全くないのは笑ってしまう。姉いわく「だから人のいない国定公園なんだよね」ということである。

大型観光バスが何十台も駐車できるスペースにぽつんとクルマを停め、外に出る。風が強くて少し寒さを感じるほどだ。売店兼食堂があるようだが閉まっており、なんだか廃墟のようにも見える。土日はやってるみたいだよ、と姉はいうけどちょっと信じられない。その隣に展望台がある。

20170628203946088.jpg螺旋階段になっているようで、上り詰めたところから戸賀湾、二ノ目潟が見える。これは火山活動によってできた「マール」といって「世界的にも珍しい特殊火山湖」であるという。なんでそんな珍しい物が男鹿にあるんだ、と不思議に思ったが、「三ノ目潟は目視できない」という話のほうがもっと不思議である。

なるほどニノ目潟はすぐ目の前にあるし、振り返ると一ノ目潟を見ることができる。だが三ノ目潟は少し離れて男鹿水族館GAOの近くにあって、ここ(八望台)から見ることはできない。森に囲まれているのが原因だと思うが、三ノ目潟の近くの道路や建築物からでも見られないというので、存在しているが誰も見たことがない「幻の湖」だとか。

面白いじゃないの。八望台からの景色も素晴らしいんだけど、むしろ三ノ目潟の不思議のほうが興味を唆られてしまうな。ちょっとした高台、例えば帝水ホテルの辺りに小高い建築物あるいは塔のような物を設置して三ノ目潟を見られるようにする「三ノ目潟目視計画」みたいなのがあるといいなぁ、なんて想像してしまうではないか。

20170628203949966.jpgあ、八望台からの景色、とっても良かったです。って、あんたはガキか? で、次に向かったのは入道崎。これまた、だだっ広い駐車場にクルマがほとんどない! でもさすがに八望台とは違って売店兼食堂が営業している。小さな灯台があるのでそちらに向かって歩いていると、ふとヴァージニア・ウルフ*を思い出した。

せっかくだから入ってみようか、と見物料200円を払って灯台の中へ入る。すぐに螺旋階段を登らないといけないが、しばらくすると「あと80段」という文字が見え、二人で思わず「ええっ?」と声を出してしまった。ていうか、すでに太もも、熱っぽくなってるんですけど……いやはや、200円払って足の運動とはね。

で、灯台のてっぺんまで上り詰めて景色を見ると、確かに眺めはいいんだけど風が強すぎてもう寒いくらい。あっ無理、これ以上絶対無理、とか言いながら灯台の中に避難するって何なんだろうね。もう苦笑いするしかないんだけど、既視感というか、どうもこういうパターンが多いんだよな、とか思いながら螺旋階段を下りた。

20170628203948025.jpg入道崎の海岸沿いを歩く。草原が一面に広がっていて、写真や映像で見たイギリスの風景にどこか似ている。縁は切り立った崖のようになっていて、そこから先へ進む気になれない。縦に切れ目を入れた石がいくつか置かれていて、北緯40度線を示しているという。石の切れ目から眺めると、なるほど切れ目がきれいに重なって見える。

太古における男鹿半島は「島」だったようで、だからこそ「男鹿にしかない**」がいくつかあるのだという。でもそれなら日本自体が島じゃん? そうか、東アジアにおける日本はまるでガラパゴス諸島みたいだから、男鹿は「ガラパゴスの中のガラパゴス」の一つなんだろう。そんな場所が、日本にはたくさんあるんじゃなかろうか。

*ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』という本がある。家族親類で灯台へ行く、という話なのだが、読んでいると猛烈な催眠作用が起きる(個人差あり)ので、寝つきが悪いという人にお勧めする。

【付記】
⚫︎ 八望台と入道崎、とても気に入りました。とにかく眺めが良く、そして人がいないというのが特徴でしょうか。平日、クルマでやってきて考え事をするには最適の場所かもしれません。もちろん、気候の良い時期限定であるのはいうまでもありません。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)