fc2ブログ

男鹿半島と周辺を歩く(256)ベコちゃん潟上(潟上市飯田川)

7A22356B-457F-422A-90EE-A20B0CED4DD1.jpeg
メルシティ潟上で用事がてら焼肉屋〈ベコちゃん〉で昼食を済ませることに。いつもなら〈まるまつ〉で済ませることが多いけどたまにはいいではないか。といって焼肉屋に入って焼肉を食べないってどうなのよ、と自分でも思わぬではないが、このお店にはラーメン、冷麺、ピビンバ(混ぜご飯)、クッパ(汁ご飯)などもある。タッチパネルで塩ラーメンを注文した。

今回はメルシティ潟上のBIG/イオンで牛肉を買うつもり。外国産牛バラ肉の切り落としが140円前後で買えるので、この際思い切って500gくらいまとめて買い、小分けして冷凍保存しようかと思う。いやね、この間ここで買った牛バラ肉を使って肉吸い風の料理を作ったらめっちゃおいしくて。だったら肉豆腐とかすき焼き風煮とか、そういう類の料理を作ってみようと思うの。

やはり牛肉のストックがあるというのが大事だよね。豚肉だったら野菜炒めとか焼きそばに使うので50gずつ透明フィルムで包んで冷凍保存するけど、牛肉だったら100gくらいがいいんじゃないかな。少しの野菜と牛肉を炒めて焼肉のタレで味をつけた肉野菜炒めとかね。そう思っていたら、なんとオーストラリア産の牛バラ肉切り落としがグラム130円台になっている! これ、もう買うしかないでしょ。

これで何を作ろうかな? そうだ冷凍庫に冷凍讃岐うどんがあったはず。ということはだね、牛肉とうどんとくれば「すき焼き風うどん」なんてどうだろう。すき焼きはほとんどしないけど、すき焼きのシメにうどん以上に似合うものってある? でしょう、だからすき焼きはしないけどすき焼き風うどんは食べたい(なんだそれ)。同様にすき焼きはしないけど、すき焼き風煮は好きなのよ。

さて料理が来ましたよ。「お好みでお使いください」と酢、胡椒、すりおろしニンニクのセットを置いてくれる。叉焼、味付け煮卵、メンマ、ネギが乗っている。スープは透明感があって黒胡椒が振られてあるのが見える。飲んでみると動物系のダシが効いていておいしく、濃厚でコクがある。麺は中太の縮れ麺で、弾力は少なめかな。すすった感じや、中華麺っぽい匂いもいいね。

焼肉屋のラーメン、思ったよりいいじゃありませんか。そもそも焼肉屋って大人数での利用を想定した作りになっていて、いま座っているテーブルも4人用、詰め込んだら6人でもいけるような仕様になっている。だから焼肉屋ってひとりで行くことはなかったんだ。焼肉がそんなに好きじゃないってのもあるし、焼肉行くんだったらそのお金でいい肉買って、ステーキを自分で焼いたほうがいいもん。

味付け煮卵の半熟感も上出来で、メンマの味付けもよいと思う。叉焼も柔らかくほろりと食べられるし、全体としてうまくできていると感じた。分量もちょうどよく、軽めにサクッと済ませるにはぴったりかと。濃厚で味もしっかりつけてあるので、追加でご飯を頼んでもおいしく食べられると思う。この分だと、冷麺とか野菜クッパとかもいけるんじゃないかな。今度試してみよう。


【付記】
平日のランチタイム、店にもよるでしょうがこのお店はわりと空いていました。今度ラーメンを食べるなら「味うすめで」を忘れないようにしましょうね。中華料理やコリアン料理は野菜をたっぷり食べられるのがいいですね。

スポンサーサイト



男鹿半島と周辺を歩く(255)亀寿司(男鹿市北浦)

B57B7502-F865-4075-8D4E-AEA8C94AE1E5.jpeg
男鹿市の〈亀寿司食堂〉はすしの他に食堂メニューが豊富で、食堂メニューをコンプリートするだけでかなり時間がかかるように思う。今回は食べたことのない中華丼にしてみよう。すしやの中華丼、かなり不思議な組み合わせのように感じるが、そもそも中華丼を出してくれる店が少ないから楽しみだ。このお店のラーメンから類推すると、あっさり系になるんじゃないかな。

以前この店の醤油ラーメンと塩ラーメンを食べたことがあるが、そもそも醤油ラーメンの色が薄くてあっさりしており、とてもいい感じだった。で、塩ラーメンを頼んだのだが「醤油ラーメンとどう違うの?」と言いたくなる感じだった。でもおいしいんだよね。昔風のあっさりした味わいは今、中々あるようでない。これがすしやなんだから驚くほかないよ。

さて料理が来ましたよ。あまり見かけない様子に少し驚く。なんてあっさりした感じの中華丼だろう。中華料理店だと醤油やオイスターソースを使って褐色の中華あんにすることが多いが、それらをほとんど使っていないように見える。ひと口食べてみると、見た目の通りあっさりした味わい。中華あんは少しゆるめで、食べているうちに少しずつ溶けていくのがわかる。

もうね、最後のほうは中華雑炊でも食べている感じになった。中華粥とは違う。中華粥は米の粒が半分以上崩壊してねっとりした感じになっているけど、雑炊は米のデンプンが汁に出ない状態で止められている。出汁雑炊といって、ご飯に出汁をかけたものがあるがほとんど出汁茶漬けと同じだろう。雑炊とおじやの区別はほとんどないが、ある程度煮込んだものがおじや、そんな感じだ。

ラーメン用の器に盛られているので、分量はわりとある。人によってはかなりのボリュームに感じるのではないだろうか。熱々なので、ふうふうやりながらゆっくり食べ進めると汗がじわっと出てくるほどで、やがて小汗をかいてしまった。本当にお腹いっぱいになって店の人に「あったまったっす」というと笑顔を向けてくれた。これだからまた来たくなるんだよね。で、すしは?


【付記】
このお店はすしやですので、本当は寿司を食べたいところですし、夜に何かをつまんで飲み、最後に少し寿司を食べてシメる。いつかそうできれば、と思います。

男鹿半島と周辺を歩く(253)まるまつ(潟上市飯田川)

7B877608-280D-46ED-B82A-81EB9172CA4F.jpeg
とある日、メルシティ潟上に用事があるので和風レストラン〈まるまつ〉でお昼を済ませることにした。冬限定メニューにカレーうどんがあるという情報を得ていたので、もうそれしかない気分だ。まだかなり寒いので熱々のカレーうどんで温まろうじゃないか。熱いだけでなくカレーのスパイスもなんだか身体に良さそうな気がする。店員さんが来たのでそれを注文した。

メルシティ潟上のBIG/イオンが想像以上に良かったんだ。マックスバリュとかイトク、アマノ(地元スーパー)ではあまり見かけないアメリカ産やオーストラリア産の牛バラ切り落とし(スライスの時もある)がグラム140円前後で買えるの。こういうのがあると、牛の肉じゃがとか、肉吸い、肉豆腐、すき焼き風煮とかやろうかなという気になるんだよ。

ちょうど冷蔵庫にゴボウがあるので、それに牛肉を合わせて「肉ゴボウ」(牛肉とゴボウの炒め煮)なんてどうだろう。ゴボウの野趣いっぱいの風味と、牛肉の持ち味がすごく合いそうな気がする。また十割そばが200円台で買えるってのも大きい。それだけでなくて、いまメインで飲んでいるトップバリュのバーリアル・グランが買えるのもね。豚バラや豚肩ロースのブロックもあるし。

さて料理が来ましたよ。おお、なんだかとてもいい感じだ。とくにカレーつゆの色がいい。黄色に近い感じで、そうそうこんなのが食べたかったんだ。白ネギの細切りがたっぷり乗っている。画像ではよく見えないけど、具材は玉ねぎと鶏肉が使われている。カレーつゆをひと口飲んでみると、ダシが効いておりそんなに辛くないのも良かった。とろみがさほど強くないのもいいね。

店によっては色の濃い(深い茶色の)どろっとしたカレールウみたいなやつをうどんに絡めたタイプもあるよね。そういうのが好き、って向きもあるだろうけど個人的にはなんか違うんだよな、と思う。うどんやそばに使うつゆにカレー粉を入れ、片栗粉で軽くとろみを付けたようなのがいいんだ。トマトとか赤ワインとかいらないんだよね。

メニューに「最後の一滴まで飲み干したくなる美味しさです」とあるのもわかる気がするけど、塩分表示を見ると7gなのでカレーつゆは半分くらいにしておこう。うどんは熱々だし、鶏肉は思ったよりたくさん入っていた。カレーのスパイスもじわっと効いてくる感じであったまる。カレーつゆを最後まで飲み干してしまいたい誘惑に耐えながら食べ終えた。いいカレーうどんだった。


【付記】
なんかふと食べたくなるのがカレーうどんです。でもカレーそばは食べたことがありませんし、今後も食べることはないでしょう。それで後悔することもありません。

男鹿半島と周辺を歩く(254)三吉(五城目町)

8CAC20ED-97BC-4682-9B22-99FB31A2C4AB.jpeg
某休日、五城目町で用事を済ませた後に立ち寄ったのが〈三吉〉。朝市通りの秋田銀行の向かい側にあるひっそりした佇まいの店で、過去に何度か利用して気に入っている。今回は寒いので鍋焼きうどんにするつもり。客席の中央に対流型ストーブが置いてあり、上にケトルが乗っているという昭和感もいい。店の人がお茶をくれたので鍋焼きうどんを注文し「味は薄めで」とお願いした。

五城目町では福禄寿酒造の併設カフェで一泊水成の良心(純米酒)を買うつもりだった。他でも書いたけど、カフェの公式サイトに一泊水成のフルラインナップが掲載されており、それを見たらカフェに行けば一白水成が買えると思っちゃうんじゃないかな。で、行ってみたんだけど買えなかった。同カフェの冷蔵庫には一白水成の限定酒しか置いていなかった。

でもいいんだ。そういう旨を店員さんに述べて苦情を言うつもりは、ない。ちょうど冷蔵庫には〈十五代彦兵衛〉があったのでそれを買った。ここで買うより他で買ったほうが安いとわかってるけど、わざわざ来ておいて手ぶらで帰るのもなんですからね。もうね十五代彦兵衛の純米酒でじゅうぶんうまいの。後日、某所で一白水成を飲んだが個人的には十五代彦兵衛のほうが好きだ。

さて料理が来ましたよ。ステンレス製の鍋には蓋がかぶせられており、取ると表面いっぱいに敷き詰められた具材たち。中央に卵、カマボコとナルト、上から時計回りに麩、ちくわ、セリ、ネギ、そして薄揚げが乗っている。画像ではわかりにくいが具材のいちばん下にてんぷらが敷いてある。五城目によくある「てんぷら中華」のそれか、あるいは店でこしらえた巨大てんかすかもしれない。

「てんぷら中華」とは、中華そばに「てんぷら」を乗せたもの。そのてんぷらは駅そばなどによくある、オキアミなんかを入れて揚げた「大きなてんかす」で、今でも駅そばで出している店もあるんじゃなかろうか。市販品ではマルちゃん(東洋水産)が出しているので、スーパー市場などで見かけることもできる。地元の慣れた人が「天中、大」と注文するのを聞いたことがある。

おつゆは薄めでお願いしただけあってちょうどいい。これは私にとっての話で、人によっては「これでは物足りない」となるかも。おつゆを吸ってふやけたてんぷらがいい仕事してますね。うどんは熱々なので、ふうふうやりながらゆっくり食べるのが幸。セリを使っているのがなんかいい。てんぷらを回収するのに夢中になっていると、おつゆをわりとたくさん飲んでしまった。おいしかった。


【付記】
やっぱりこの店、好きです。五城目に来たらまた行ってしまいそうです。

男鹿半島と周辺を歩く(252)ドライブインこまち(潟上市昭和)

F9D335C9-EE26-49D8-A0D8-D64F2646610A.jpeg
忘日、メルシティ潟上に用事があったので途中のドラこま(ドライブインこまち)で昼食を済ませることにした。なぜか利用する機会がなかったけど、利用すると中々いい感じだった。めっちゃおいしいとかボリュームがあるわけでもなく、これといった特徴もないんだけど、その寂れた感じがなんか好きだ。寒いので入店直後に券売機で鍋焼きうどんを買った。

さて料理が来ましたよ。「熱いのでお気を付けくださいね」と店員さんがいうんだけど、おつゆの縁が泡立ってるよ。卵、エビてん、ナルト、ネギ、キノコ、ニンジン、画像には見えてないけど鶏肉が沈んでいる。卵の状態から蓋をしないで煮込んだみたいだね。それはそれでいい。でも鍋焼きうどんは、うどんが見えないくらい具材で覆ってしまったほうがいいような気がする。

ここ本当に重要でね、実際は具材を煮ながら作るんだけど、煮た具材を回収して上に乗せてやるといい。少しの具材で、できるだけ豪華に見えるようにするのが幸。せっかく作るんだから、スカスカに見えるようではもったいない。私なんか、鶏肉を別の鍋で煮てうどんの上に乗せるようにしてる。薄揚げと水菜とかそんなんでいいの。それらを後乗せにしてうどんをしっかり隠してやる。

卵とかてんぷらはマストじゃないの。もちろんあったほうが豪華に見えるから、ぜひ使ったほうがいいんだけど、なくてもやり方次第でゴージャスに見せることができる。鍋焼きうどんって、冬の風物詩みたいになってるんで、他の食べ物より少し割高になってるんじゃないかな。だったら、見た目が貧相じゃいけないやね。なんでもいいんだ、うどんが見えないようにできればね。

ホントに熱々だから気を付けて食べないとね。おつゆを飲んでうどんをすすっていると温まってくる。個人的にはおつゆの色はもう少し薄いほうがいいし、甘さももう少し控えめであってほしいけど、これはその地域の味付けなんだから文句をいっちゃいけない。この地域ではこれが普通なんだ。次に頼むときは「味薄めで」とお願いするといい。たぶんちゃんとやってくれると思う。


【付記】
値段のことはあまり気にしないほうがいいかもしれません。これ900円オーバーです。許せる云々とかではなく、飲食店が存在してくれるだけで「有り難い」、そんな時代というか状況になってしまったわけです。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2024/03 (1)

2024/02 (15)

2024/01 (17)

2023/12 (15)

2023/11 (15)

2023/10 (15)

2023/09 (15)

2023/08 (16)

2023/07 (15)

2023/06 (15)

2023/05 (16)

2023/04 (15)

2023/03 (16)

2023/02 (14)

2023/01 (16)

2022/12 (16)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)