FC2ブログ

男鹿半島と周辺を歩く(47)なか卯(秋田市土崎)

20190531063349b6d.jpeg
生きていて実感できることの一つに「良くないことは続いて起きる」がある。皆さんとは違うだろうけど、私自身の経験として自信を持って断言できる。できたところでいささかも偉大ではなく、もっとポジティヴで建設的というか明るい前向きな事柄がないのか、と自分でも思わぬでもないが、人生ってそもそも差し引きゼロ設計になってないんだよ。

つい先だって、疲れから体調を崩してしまい、それが長期に及んで心が折れてしまいそうになっていた矢先、車の空調ノブが崩壊したのである。5月の終わり頃だけど、秋田でも快晴だったら車内はかなりの高温になるわけですよ。走るだけなら窓オープンでいいけど、車内で休憩時間を過ごすことも多い関係上、困った問題でもある。

早速、取扱業者に空調ノブを外して持っていくと、「よくあるんです。常習部品ですね」とのこと。数日すると着信があったので、電話してこれから行くと伝えた。出かけるのはいいとして、その後どうする? いつものことだが予定はない(おいおい)しね。そうだ、土崎の〈なか卯〉で関西風うどんとかいいんじゃないかな?

てなわけで〈なか卯〉土崎店にやって来ました。国道7号線沿いで、対面に〈やまや〉があって、近所に〈すき家〉もある。タッチパネル式で食券を購入するようだけど中国語とか英語もある。あまり利用しないのでよくわかんないけど、なんとか「ハイカラうどん」と「親子丼ミニ」を注文した。やっぱ関西風のうどんを食べなくちゃ、ってことで。

ほどなくして料理が来ましたよ。ハイカラうどんとか言ってますけど、てんかすを乗せただけで、東で言うところの「たぬき」でしょうね。おつゆの色が薄くて、ちょっと嬉しくなったし、親子丼の卵の具合がね、何だかとっても良さそうじゃありませんか。これ、火が通り過ぎていると、学食みたいでちょっと、ね。

おつゆを飲んでみると、意外なほど塩分濃度を高く感じる。たぶん1.5%以上ありそう。でもうどんは良い意味で柔らかく、これはとても良い。大阪在住以外の人に大阪うどんを説明するのは難しいんだけど、このうどんは、大阪うどんの感じにかなり近いと思う。柔らかいんだけどもっちりしていて、すぐ切れたりしないんですね。

親子丼はかなり美味しい。でも甘辛さが自分の基準を超えていて、常食するのは無理。関西の〈なか卯〉とは少し違う気もするけど、その地域に合わせた味作りをしていると想像する。ハッキリした味を好む地域だろうし、特に甘さ控えめはNGかな。砂糖をケチるのは名折れに直結するかもしれない大事なことなの。ここではね。

せっかくの「関西風」なんだけど味付けが濃すぎるのが、ね……でも外食チェーンって、出す前から周到に段階を踏んで厳密に味決めをしているはずだし、該当地域の味覚的平均とか把握してると思うんだ。おつゆの色だけで「関西風」になるようだけど、いくら関西でもここまでおつゆの色を薄くしませんよ?


【付記】
•余所者が御託を並べても仕方がないのです。こういう味付けでないと売れないわけですから。安心して食べられる薄味のお惣菜はもはやコンビニのおでんしかないのかもしれません。えっ、病人は引っ込んでろ、ですか? そうか、そういうことだったんですよね。

スポンサーサイト



男鹿半島と周辺を歩く(46)はまぐり食堂(三種町)

20190507131445245.jpeg
三種町(八竜)に〈はまぐり食堂〉というのがあるのを知って、一度行きたいと思っていた。本当に存在するのかネットで調べてみると、あるではないか。位置的には男鹿市の北部で、車で40分以内で行けることも確認した。経路としては、とにかく国道101号線を能代方面に向けて北上して最後にいくつか曲がるのだが、そこはスマホに任せよう。

スマホは目的地に着きました、と報告してくれるがそれらしい店は見当たらない。仕方がないので来た道をUターンしてゆっくり走ってみると、小学校の近くまで来た。そして〈はまぐり食堂〉も発見できた。最後のカーブを曲がってすぐの所にあるので、うっかり見過ごしてしまったのだ。確かに〈はまぐり食堂〉とあるのだが……

左隣に〈清水精肉店〉とあるね。入り口の形は全く同じだし、どうやら〈清水精肉店〉が〈はまぐり食堂〉も経営しているようだ。しかしそれにしても「肉屋さんのはまぐり」ってどういうことなんだろうね。はまぐりが名物なのか……いやそれは桑名でしょう? わけわかんない(あんたもね)けど、付近の駐車場に車を停めて店に入ってみました。

いや、これは見事なまでの昭和的な雰囲気が残っていますね。小さなテーブルが二つ、あとは奥に座敷があるけれど、店の規模としては最小ではないかと思う。カウンター席があるだけの屋台も真っ青になるほどだ。メニューは壁に貼ってあり、「MMセット」なる未知のメニューもあるようだが、よくわかんない。ちゃんと調べるべきだったね。

あまりにもゆったりと時間が流れているようで、私が入ってしばらくしても何の反応もなく、先客が「お客さん来てるよ」と奥に声をかけてくれたお陰で店の人が姿を現した。MMセットって何ですか、と訊こうかとも思ったが面倒くさい(おいおい)のでしょうゆラーメンを頼んだ。だ・か・らぁ、あんたはダメだ(うだつが上がんない)っての。

20190507131442b70.jpegさて料理が来ましたよ。本当にしょうゆラーメンなのか、と言いたくなるスープの色。たっぷりの白ネギに豚肉の薄切り、これはチャーシューの代わりということだろう。中央にナルト、手前にメンマ、左側に見える丸い物体は麩だった。関西ではまず見かけないが、北海道や東北では「ラーメンに麩」はさほど珍しいことではないという。

スープを飲んでみると、ウワォ、と声が出そうになる超高濃度の塩分で、たぶん1.6%以上だと思う。甘さがほとんどないのが意外だけど、今まで味わったラーメンの中では最高の塩分濃度と断言できる。スープ自体の味は悪くないんだけど、水とか白ご飯が欲しくなりますね。スープを飲むのは危険だが、クセになりそうな不思議な味わいだ。


【付記】
⚫︎ 後日、MMセットを調べてみると、ラーメンに肉皿(豚バラ肉の煮込み)とご飯が付いたものだそうです。これが看板メニューのようで、注文する客が多いとか。でも私は……たぶん無理。ちなみにはまぐり食堂にはまぐり料理はありませんでした。

男鹿半島と周辺を歩く(45)六順園(秋田市飯島)

20190430210727755.jpeg
秋田市内に在住の人なら、ほぼ北端の土崎や飯島にわざわざ行くことも少ないと思うが、男鹿からするとそのエリアはとても便利なのだ。飯島には〈万sai堂〉や〈ツタヤ〉、〈2ndストリート〉があり、土崎には〈やまや〉とかイオンの他多数の飲食店が集まっている。もう少し走れば市内中央なんだけど、そこまで行かなくても、となる。

さすがに家電販売店は少ないけど、CDやDVDをレンタルするとか、古着を物色するとかにはちょうどいいのである。そんなわけで何度か土崎や飯島周辺を走っていると、中華料理店らしき看板が見えた。気になって調べてみると、台湾料理の店らしい。中華料理店がない広域限界集落に住んでいる者にはたいへん魅力的に映るわけです。

DVDのレンタルついでに台湾料理を楽しむ小ドライブ、なんかいい感じですね。片道だいたい1時間前後が目安かな。なので北は能代市、南は秋田市あたりが限界で、それ以上のロングドライブは余程のことがない限りしない(というかできない)。なので青森や山形、岩手に行くのは1泊するつもりで臨まないと無理である。

てなわけで台湾料理の店〈六順園〉にやって来ました。午後1時過ぎを狙って入店。比較的客は少なく、ゆったりできそうな雰囲気だ。どうも居抜き店舗のようで外観とか室内は中華料理店ではない感じ。メニューを見ると、定食の多さに圧倒されますね。たくさんありすぎて、どれにするか迷ってしまうよ。

定食の他に日替わりランチもあるし、セットメニューも豊富で、大陸系の中華料理店にあるまじき(?)様子。あ、台湾は「大陸」ではなかったんだよね。大陸と一緒にされると不機嫌になる人も少なくないというではないか。本当に迷うけど、台湾炒飯(大)と台湾ラーメン(小)のセット(750円)にした。

でもね、台湾ラーメンってたぶん台湾にはないと思うな。ナポリタンがナポリになく、天津飯が天津にないようにね。たしか台湾ラーメンは名古屋の中華料理人が始めたものではなかったかしら。台湾料理はやっぱりイカ団子とか台湾ソーセージ(?)などのイメージがあって、大阪の店ではどれを食べてもうまかった記憶がある。

20190430210724d40.jpegさて料理が来ましたよ。台湾炒飯は、豚挽肉や唐辛子、ニラなどが入ったものでなかなか美味いけど、これも台湾にはないような気がする。量はたっぷりあって、ご飯は300gくらい使われているんじゃないか。台湾ラーメンはおなじみ(?)のもので、日本のラーメンで喩えるなら天理のスタミナラーメン(彩華ラーメン)がいちばん近いものではないかと思う。

ただ、麺は透明感のあるもので業務スーパーで売っているような感じがして今ひとつに思う。近隣の製麺業者に伝手がないこともあるだろうけど、アチラの人ってたぶん合理的なやり方を採ると思うんだ。味を追求した結果ではなくて、利益の追求を第一とした結果なのだと想像する。かなりいい線をいっているけどこの麺は残念。

台湾の本格料理ではなく、かなり日本人の好みを研究しているのがわかるし、一人でも利用しやすいメニュー構成になっている。あの麺はセット用の小ラーメン専用であると思いたい。せっかく日本人好みにふっているのに、最後の最後で外してしまっているような気がしないでもない。惜しいなあ、と思うのである。

スープと麺が良ければ、具はネギだけでも売れますよ(おいおい)。別にドレッシングのサラダとか漬物とかなくてもいいから、麺自体の品質を上げたら良いのにね。全体がピリ辛になっているから漬物がなくても大丈夫だし、中華風サラダでもないのに不調和なんだよなぁ。本当はもっと違った方向に持っていけるのに、なんだかね。

台湾料理、とあれば何かそれらしい本格的なものを期待したんだけど、町の中華料理屋さん以上に日本的になっているのが不思議。ローマ帝国の料理人がシチリア島民の嗜好に合わせた(?)みたいにね。でも中華料理店がない地に住む者にとってはありがたいものなんです。ラーメンの麺だけで判断しないで他の料理も味わってみたいと思います。


【付記】
⚫︎ 男鹿に中華は「ない」のですが、土崎から秋田市内にかけて中華料理店が多くなってくるのです。

男鹿半島と周辺を歩く(44)パンダ大潟寿司(大潟村)

20190414165637a51.jpeg
男鹿半島の付け根ともいうべき部分に大潟村がある。昔ここは八郎潟といって琵琶湖に次いで二番目に大きい湖だった。海水が流入する汽水湖で、浜名湖や宍道湖のように多様な水棲生物がいて、漁業も盛んだったと聞く。水深が比較的浅かったことから農地拡大と米の増産を目指した国家プロジェクトとして干拓事業が行われ今日に至っている。

その大部分が農耕地として使用されるためか商店がほとんどなく、飲食できる所は村内ホテルや隣接する日帰り温泉のレストラン、道の駅おおがた内の飲食コーナー、そして今回行ってみた〈パンダ 大潟寿司〉だけ。村内唯一の居酒屋〈紀ノ屋〉は2019年3月末で閉店したらしい(?)ので、〈パンダ〉は事実上唯一の民営飲食店だろう。

入店してみると、ファミリーレストランというより民芸居酒屋といったほうがいい感じだ。中央に独特の形をしたカウンター席があり、テーブル席は3つ、あとは全て座敷席になっている。一人だったのでいちばん小さなテーブル席に座った。メニューを見ると、各種定食に寿司もありますね。というかこの店はたぶん寿司がメイン、と思うけど……

洋食としてスパゲッティやドリアの類、カレーなどがあるけど、チャーハンって……もしかしてピラフのこと? ていうかヤキメシ*? ま、いっか。中華メニューはラーメン類限定のようで、メニュー展開は潟上の〈戸田苑〉とか五城目町の〈松竹〉に似ている。何にするか迷ってしまうので、醤油ラーメン(500円、税込)にしました。

20190414165636807.jpegさて料理が来ましたよ。スープの色は濃い目だけど秋田では普通かと。焼豚、ネギ、メンマ、ナルト、そして煮卵1/2個、その横に海苔に見える黒い物体がありますが、これは海藻の一種で、独特の風味があって面白い味わいでした。つまんない味付け海苔一枚を添えるよりよっぽど良いですね。スープは予想通りの味わいだった。

塩分、糖分ともにかなり強く(推定濃度1.4%以上)、典型的な「秋田あまから醤油ラーメン」といえる。焼豚は分厚くてしっかり味が付いているがメンマも同様で、麺さえも色と味がしっかり染み込んでいるような錯覚を覚えてしまう。ほぼ全ての食材が甘辛く、もう「おかずラーメン」なのでご飯(とか水)がほしくなりますね。

もちろんスープ飲み切り厳禁なんだけど、これが秋田の基準の味なんだと思う。客(地元の人)は、ある程度の塩分と糖分がないと満足してくれないのでそういう味付けになっているのか、あるいはそうした要望なしに自ずとそのような味付けになっていったのか、もはや不明であるが、趣味嗜好にはこういう部分があるのではないか。

そしてそれは「譲れないもの」でもある。たとえばね、秋田以外のどこかで、秋田人以外の誰かがきりたんぽ鍋を作って、秋田人に味見をお願いした、とする。おそらく味見役は何度もダメ出しするだろうし、最後にたどり着くのがやはりあの「あまから鶏ガラスープ」になるはず。でないと「きりたんぽ鍋」じゃないんですね。

* ちなみに私は秋田に来てから一度も「ヤキメシ」という言葉を耳にしたことがない。大阪ではヤキメシ=炒飯で通るようで、中華料理店に入った客が「ヤキメシ」というと、炒飯が出てくるのを何度も目撃した。興味深いことに、喫茶店でも「ヤキメシ」を注文する人がいて、いわゆるピラフが出てきたのも見たことがある。

【付記】
⚫︎ 確率的には「関西人が秋田で醤油ラーメンを食べるのはやめたほうがいい」で決まりです。ですが、もしかしたら、という期待(というか妄想)の力は相当なもので、どうしても捨てきれないのです。しかも、後には塩と味噌の楽しみがあるでしょ? ていうかウェブログの話の種が、ね。あ、もちろん、ここだけの話ですよ。

男鹿半島と周辺を歩く(43)はなまるうどん(秋田市土崎)

20190409203627c85.jpeg
プル・パーカ(フーデッド・スウェットシャツ)でも買おうか、と土崎(飯島)へ向かった。またもや〈2ndストリート〉や〈万sai堂〉を利用するつもりである。前者の近くまで来たらイオンの看板が見えた。そういえば、イオン周辺に飲食店がいくつかあったはず。ウェブログのタネにするのにちょうどいい! というわけで買い物もしないのにイオンに駐車(おいおい)した。

すぐ近くに〈はなまるうどん〉と称するうどん店がある。ここらでうどんも食べられるんだってことを見せておかないとね(?)。ラーメンばかり食べているお子ちゃま味覚の持ち主だと思われてはコトである。あ、もう手遅れか。魚卵とか内臓系、ある種の発酵食品はダメとか公言してるし。じつは豚足も無理なんだ。

こういうセルフの店、あんまり利用したことないんでよくわかんないよ。トレイだけ持って立っていたら、見かねた店員さんが「そのお皿にお好きなてんぷら取ってくださいね。うどんはこちらでご注文ください」と教えてくれた。てんぷらって必ず取らないといけないもんなのかな、とか思いながら見ると、ちょっとがっかり。

だってね、レンコンのてんぷらがないんだよ? 紅生姜のてんぷらだってないしさぁ。別にえびてんとか鶏てんなんて、なくたっていいんだよ(おいってば)。そうか文化の違いなんだね、これは。仕方ないので野菜のかき揚げにしました。うどんを注文し、はいどうぞ、と置かれたモノを見て「えっ」と声が出そうになってしまった。

違うちがう、そうじゃない、私はおつゆだけの「かけうどん」を注文しようとしたはずなのだが、うっかりして「ぶっかけうどん」のしかも「温」を注文してしまった! ぶっかけうどんなら「冷」にしないとコシや噛みごたえを楽しめないではないか。かき揚げをおつゆに沈めて油の旨味をもらう「てんぷらうどん」にしたかったわけですよ。

本当にどうかしてるよね。どうもこういう「うっかり」が多すぎるんだよあんたは。だけど野菜のかき揚げは、上手に隙間が作ってあって極上の「業務用」で軽く、カラッと揚がっている。下手な店でかき揚げを頼むと全体が固まったヘンテコなのが出てくることがあるけど、これは良かった。でもうどんが……せっかくの「讃岐」なのにね。

ぜんぶで500円くらいなんだから文句は言えないね。てか悪いのは自分だよ? 今度はちゃんと頼もうね……ってあんたはガキか!ったくもう、なんなん(何なのだ)つっかごめん、自分でもワケわかんないよ。老化とか劣化かもしんない、でも昔からこういう傾向なの。いい店だと思うので、土崎(飯島)に行ったらまた利用しようと思います。


【付記】
⚫︎ なんでかな?という、自分でも訳がわからない、でも私にはよくある現象でした。やはり「ぶっかけ」は「冷」にすべきで、「温」にすると、うどんがおつゆを吸収するのが半端じゃないんですね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)